アガメムノーン (アイスキュロス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アガメムノーンの一場面

アガメムノーン』(: Ἀγαμέμνων, Agamemnōn、: Agamemnon)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇の1つであり、「オレステイア」三部作の中の一篇。

文字通り、トロイア戦争におけるギリシア側の総大将であるミュケーナイアガメムノーンを題材とした作品であり、彼の帰還から死の直前までを、殺害者である妻クリュタイムネーストラー等の言動を中心に描く。

紀元前458年アテナイにおけるディオニューソス祭にて、「オレステイア」三部作の他の二篇、およびサテュロス劇『プローテウス』と共に上演された[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『アガメムノン』 呉茂一訳、岩波文庫、1951年
    • 『アガメムノーン』 呉茂一訳、筑摩書房、1975年。改訳版
  • 『ギリシア悲劇 1 アイスキュロス』「アガメムノン」 呉茂一訳、ちくま文庫、1985年
    • 元版 『世界古典文学全集8 アイスキュロス ソポクレス』「アガメムノン」 筑摩書房、1964年
    • 『世界文學大系 2 ギリシア・ローマ古典劇集』「アガメムノン」 筑摩書房、1959年
    • 『ギリシア悲劇全集 1 アイスキュロス』「アガメムノーン」 人文書院、1960年
    • 『筑摩世界文学大系 4 ギリシア・ローマ劇集』「アガメムノン」 筑摩書房、1972年
    • 『世界文学全集 1 オデュッセイア 古典悲劇集』「アガメムノーン」 集英社、1974年
  • 『ギリシア劇集』、中村善也訳「アガメムノン」 新潮社、1963年。田中美知太郎
  • 『アガメムノーン』 久保正彰訳、岩波文庫、1998年
    • 元版「アガメムノーン」、『ギリシア悲劇全集 1 アイスキュロスⅠ』 岩波書店、1990年
  • 『悲壯劇 アイスキュロス』「アガメムノーン」 内山敬二郎訳、生活社、1943年
  • 『ギリシャ悲劇全集 1 アイスキュロス』「アガメムノーン」 同上、鼎出版会、1979年
  • 『古典劇大系 第一巻 希臘編 1』「アガメムノーン」 村松正俊訳、近代社、1925年
  • 『世界戯曲全集 第一巻 希臘編』「アガメムノーン」 同上、近代社、1927年

翻案[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集1』 岩波 p.269

関連項目[編集]