アイアース (ソポクレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイアース』(: Αἴας, Aias、: Aiax)は、ソポクレスによるギリシア悲劇の1つ。

文字通り、トロイア戦争におけるギリシア側の武将の一人であるサラミスアイアースを題材とした作品であり、オデュッセウスと共にアキレウスの遺体を確保した彼が、アキレウスの武具分配の審判でオデュッセウスに敗れ、正気を失って家畜を屠り、挙句に自死する様、そして従兄弟のテウクロスやオデュッセウス等がそれを弔う様を描く。

上演年代は分かっていないが、現存するソポクレスの7作品の中では最古のものであるという見解が一般的である[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集4』 岩波 p.390