雲 (戯曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

』(くも 古希: Νεφέλαι, ネペライ: Nubes)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇ソフィストたちを風刺した。実在の哲学者ソクラテスが登場する。

オリジナル作品は紀元前423年大ディオニューシア祭で上演されたが、最下位の3等で終わった。優勝はクラティノスの『酒壺(ピューティネー)』、2等はアメイプシアスの『コンノス』だった。その後、数年以内に手が加えられて改作され、現在の形になったが、上演されることはなかった[1]

あらすじ[編集]

借金苦の田舎紳士は、乗馬にうつつを抜かす息子に、ソフィストたちの道場で詭弁を習って来いと勧めるが、ぐうたらな息子は言うことをきかない。やむなく、紳士本人が道場に赴く。そして事態は思わぬ方向に……。

その他[編集]

宮本百合子の『人間性・政治・文学(1)―いかに生きるかの問題―』によると、岸田國士三島由紀夫福田恒存木下順二らによって結成された『雲の会』の名の由来はこの喜劇である。

日本語訳[編集]

  • 高津春繁訳『雲』(1949年、生活社)
    • 1957年、岩波書店<岩波文庫>(1977年に改版)
  • 田中美知太郎訳「雲」(『ギリシア喜劇全集』第1巻収録、1961年、人文書院)
    • 『ギリシア劇集』収録(1963年6月、新潮社)
    • 『田中美知太郎全集』第13巻収録(1977年、筑摩書房)
  • 橋本隆夫訳「雲」(『ギリシア喜劇全集』第1巻収録、2008年7月、岩波書店)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集1』 岩波 pp.355-357

関連項目[編集]