三島由紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三島 由紀夫
(みしま ゆきお)
Yukio Mishima.jpg
31歳(1956年)
誕生 平岡 公威(ひらおか きみたけ)
1925年1月14日
日本の旗 日本東京府東京市四谷区永住町2番地(現・東京都新宿区四谷4丁目22番)
死没 1970年11月25日(満45歳没)
日本の旗 日本・東京都新宿区市谷本村町1番地(現・市谷本村町5-1)
陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地
墓地 日本の旗 日本多磨霊園
職業 小説家劇作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 法学士
最終学歴 東京大学法学部
活動期間 1941年 - 1970年
ジャンル 小説戯曲評論随筆
主題 古典美、日本の
超越的な美意識悲劇
肉体精神
大和魂文武両道
文学活動 日本浪曼派第二次戦後派
耽美派
代表作 仮面の告白』(1949年)
潮騒』(1954年)
金閣寺』(1956年)
鹿鳴館』(1956年)
鏡子の家』(1959年)
憂国』(1961年)
サド侯爵夫人』(1965年)
豊饒の海』(1965年-1970年)
主な受賞歴 新潮社文学賞(1954年)
岸田演劇賞(1955年)
読売文学賞(1956年・1961年)
週刊読売新劇賞(1958年)
フォルメントール国際文学賞第2位(1964年・1967年)
毎日芸術賞(1964年)
文部省芸術祭賞(1965年)
フランスツール国際短編映画祭劇映画部門第2位(1965年)
デビュー作 酸模――秋彦の幼き思ひ出』(1938年)
花ざかりの森』(1941年)
配偶者 平岡瑤子
子供 平岡紀子平岡威一郎
親族 松平乗尹(五世祖父)
三好長済永井尚志松平頼位橋一巴(高祖父)
平岡太吉永井岩之丞瀬川朝治橋健堂(曾祖父)
平岡定太郎橋健三(祖父)
平岡なつ、橋トミ(祖母)
平岡梓(父)、倭文重(母)
平岡千之(弟)、美津子(妹)
橋健行橋行蔵(伯父)
平岡萬次郎(大伯父)
大屋敦(大叔父)
平岡萬寿彦磯崎叡永井三明(父の従兄弟
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年大正14年)1月14日 - 1970年昭和45年)11月25日)は、日本小説家劇作家随筆家評論家政治活動家皇国主義者。血液型はA型[1][2]。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である[3][4]。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある[5]

満年齢と昭和の年号が一致し、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっているため、「昭和」と生涯を共にし、その時代の持つ問題点を鋭く照らした人物として語られることが多い[6][7][8]

代表作は小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』など、戯曲に『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴[9][10]

晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織楯の会」を結成。1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁バルコニークーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生れるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を及ぼした[11][12][13](詳細は三島事件を参照)。

目次

生涯[編集]

出自[編集]

家族・親族も参照のこと。

祖父・平岡定太郎
樺太庁長官時代)

1925年(大正14年)1月14日東京市四谷区永住町2番地(現・東京都新宿区四谷4丁目22番)において、父・平岡梓(当時30歳)と母・倭文重(当時19歳)の間の長男として誕生[2]。体重は650(約2,400グラム)だった[14]。「公威」の名は祖父・定太郎による命名で、定太郎の恩人で同郷の土木工学者古市公威にあやかって付けられた[15][16]

家は借家であったが、同番地内で一番大きく、かなり広い和洋折衷の二階家で、家族(両親と父方の祖父母)の他に女中6人と書生下男が居た。祖父は借財を抱えていたため、一階には目ぼしい家財はもう残っていなかった[17]。兄弟は、3年後に妹・美津子、5年後に弟・千之が生れた[2]

父・梓は、一高から東京帝国大学法学部を経て、高等文官試験に1番で合格したが、面接官に悪印象を持たれて大蔵省入りを拒絶され、農商務省(公威の誕生後まもなく同省の廃止にともない農林省に異動)に勤務していた[18]岸信介我妻栄三輪寿壮とは一高、帝大の同窓であった[19][20]

母・倭文重(しずえ)は、加賀藩藩主前田家に仕えていた儒学者・橋家の出身。父親(三島の外祖父)は東京開成中学校の5代目校長で、漢学者橋健三[16][21]

祖父・定太郎は、兵庫県印南郡志方村上富木(現・兵庫県加古川市志方町上富木)の農家の生まれ。帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)を卒業後、内務省に入省し内務官僚となる。1893年(明治26年)、武家の娘である永井夏子と結婚。福島県知事、樺太庁長官等を務めたが、疑獄事件で失脚した(後に無罪判決)[22]

祖母・夏子(戸籍名:なつ)は、父・永井岩之丞大審院判事)と、母・高(常陸宍戸藩藩主・松平頼位側室との間にもうけた娘)の間に長女として生まれ、12歳から17歳で結婚するまで有栖川宮熾仁親王に行儀見習いとして仕えた。夏子の祖父は江戸幕府若年寄の永井尚志[16][21]。なお、永井岩之丞の同僚・柳田直平の養子が柳田国男で、平岡定太郎と同じ兵庫県出身という縁もあった柳田国男は、夏子の家庭とは早くから交流があった[23]

作家・永井荷風の永井家と夏子の実家の永井家は同族(同じ一族)で、夏子の9代前の祖先永井尚政の異母兄永井正直が荷風の12代前の祖先にあたる[24]。公威は、荷風の風貌と似ている父・梓のことを陰で「永井荷風先生」と呼んでいた[20]。ちなみに、祖母・夏子は幼い公威を「小虎」と呼んでいた[21][25]

祖父、父、そして息子の三島由紀夫と、三代に渡って同じ大学の学部を卒業した官僚の家柄であった。江戸幕府の重臣を務めた永井尚志の行政・統治に関わる政治は、三島家の血脈や意識に深く浸透したのではないかと推測される[6]

幼少年期――詩を書く少年[編集]

三島6歳。初等科入学の頃(1931年4月)

公威と祖母・夏子とは、学習院中等科に入学するまで同居し、公威の幼少期は夏子の絶対的な影響下に置かれていた[26]。公威が生まれて49日目に、「二階で赤ん坊を育てるのは危険だ」という口実の下、夏子は公威を両親から奪い自室で育て始め、母親の倭文重授乳する際も、懐中時計で時間を計った[14][16]。夏子は坐骨神経痛の痛みで臥せっていることが多く、家族の中でヒステリックな振舞いに及ぶこともたびたびで、行儀作法も厳しかった[26][16]

公威は物差しはたきを振り回すのが好きであったが没収され、車や鉄砲などの音の出る玩具も御法度となり、外での男の子らしい遊びも禁じられた[16][26]。夏子は孫の遊び相手におとなしい年上の女の子を選び、公威に女言葉を使わせた[26][27]。1930年(昭和5年)1月、5歳の公威は自家中毒に罹り、死の一歩手前までいく[14][16]。病弱な公威のため、夏子は食事やおやつを厳しく制限し、貴族趣味を含む過保護な教育をした[14][26]。その一方、歌舞伎谷崎潤一郎泉鏡花などの夏子の好みは[28]、後年の公威の小説家および劇作家としての素養を培った[29]

1931年(昭和6年)4月、公威は学習院初等科に入学した。公威を学習院に入学させたのは、大名華族意識のある夏子の意向が強く働いていた[2][30]。平岡家は定太郎が元樺太庁長官だったが平民階級だったため、華族中心の学校であった学習院に入学するには紹介者が必要となり[2]、夏子の伯父・松平頼安上野東照宮社司。三島の小説『神官』『好色』『怪物』『領主』のモデル[31])が保証人となった[30][注釈 1]

しかし華族中心とはいえ、かつて乃木希典が院長をしていた学習院の気風は質実剛健が基本にあり、時代の波が満州事変勃発など戦争へと移行してゆく中、校内も硬派が優勢を占めていた[32][33]。級友だった三谷信は学習院入学当時の公威の印象を以下のように述懐している[34]

初等科に入って間もない頃、つまり新しく友人になった者同士が互いにまだ珍しかった頃、ある級友が 「平岡さんは自分の産まれた時のことを覚えているんだって!」と告げた。その友人と私が驚き合っているとは知らずに、彼が横を走り抜けた。春陽をあびて駆け抜けた小柄な彼の後ろ姿を覚えている。

三谷信「級友 三島由紀夫」[34]

公威は初等科1、2年から俳句などを初等科機関誌『小ざくら』に発表し始めた。読書に親しみ、世界童話集、印度童話集、『千夜一夜物語』、小川未明鈴木三重吉ストリンドベルヒ童話北原白秋、フランス近代詩、丸山薫草野心平の詩、講談社少年倶楽部』(山中峯太郎南洋一郎高垣眸ら)、『スピード太郎』などを愛読する[35][36]。自家中毒や風邪で学校を休みがちで、4年生の時は肺門リンパ腺炎を患い、体がだるく姿勢が悪くなり教師によく叱られた[27][16]

初等科3年の時は、作文「ふくろふ」の〈フウロフ、貴女は女王です〉という内容に対し、国語担当の鈴木弘一先生から「題材を現在にとれ」と注意されるなど、国語(綴方)の成績は中程度であった[37]。主治医の方針で日光に当ることを禁じられていた公威は、〈日に当ること不可燃(しかるべからず)〉と言って日影を選んで過ごしていたため、虚弱体質で色が青白く、当時の綽名は「蝋燭」「アオジロ」であった[27][34][38]

初等科6年の時には校内の悪童から、「おいアオジロ、お前の睾丸もやっぱりアオジロだろうな」とからかわれているのを三谷信は目撃した[34]。その時、公威は即座にサッとズボンの前ボタンを開けて一物を取り出し、「おい、見ろ見ろ」とその悪童に迫った[34]。それは揶揄った側がたじろく程の迫力で、濃紺の制服のズボンをバックにした一物は、貧弱な体に比べて意外と大きかったという[34]

この6年生の時の1936年(昭和11年)には、2月26日に二・二六事件があった。急遽授業は1時限目で取り止めとなり、いかなることに遭っても「学習院学生たる矜り」を忘れてはならないと先生から訓示を受けて帰宅した[39]。6月には、〈非常な威厳と尊さがひらめいて居る〉と日の丸を表現した作文「わが国旗」を書いた[40]

1937年(昭和12年)、中等科に進んだ4月、両親の転居に伴い、祖父母のもとを離れ、渋谷区大山町15番地(現・渋谷区松濤2丁目4番8号)の借家で両親と妹・弟と暮らすようになった[27][2]。夏子は、1週間に1度公威が泊まりに来ることを約束させ、日夜公威の写真を抱きしめて泣いた[14]。公威は文芸部に入り、同年7月、学習院校内誌『輔仁会雑誌』159号に作文「春草抄――初等科時代の思ひ出」を発表。自作の散文が初めて活字となった。中等科から国語担当になった岩田九郎(俳句会「木犀会」主宰の俳人)に作文や短歌の才能を認められ成績も上がった[16]。以後、『輔仁会雑誌』には、中等科・高等科の約7年間(中等科は5年間、高等科の3年は9月卒業)で多くの詩歌や散文作品、戯曲を発表することとなる[2][41]。11、12歳頃、ワイルドに魅せられ、やがて谷崎潤一郎ラディゲなども読み始めた[36]

7月に支那事変が勃発し、日中戦争となった。この年の秋、8歳年上の高等科3年の文芸部員・坊城俊民と出会い、文学交遊を結んだ[42][43]。初対面の時の公威の印象を坊城は、「人波をかきわけて、華奢な少年が、帽子をかぶりなおしながらあらわれた。首が細く、皮膚がまっ白だった。目深な学帽の庇の奥に、大きな瞳が見ひらかれている。『平岡公威です』 高からず、低からず、その声が私の気に入った」とし、その時の光景を以下のように語っている[42]

「文芸部の坊城だ」 彼はすでに私の名を知っていたらしく、その目がなごんだ。「きみが投稿した詩、“秋二篇”だったね、今度の輔仁会雑誌にのせるように、委員に言っておいた」 私は学習院で使われている二人称“貴様”は用いなかった。彼があまりにも幼く見えたので。… 「これは、文芸部の雑誌“雪線”だ。おれの小説が出ているから読んでくれ。きみの詩の批評もはさんである」 三島は全身にはじらいを示し、それを受け取った。私はかすかにうなずいた。もう行ってもよろしい、という合図である。三島は一瞬躊躇し、思いきったように、挙手の礼をした。このやや不器用な敬礼や、はじらいの中に、私は少年のやさしい魂を垣間見たと思った。

坊城俊民「焔の幻影 回想三島由紀夫」[42]

1938年(昭和13年)1月頃、初めての短編小説「酸模(すかんぽ)――秋彦の幼き思ひ出」を書き、同時期の「座禅物語」などと共に3月の『輔仁会雑誌』に発表された[44]。この頃、学校の剣道の早朝寒稽古に率先して起床していた公威は、稽古の後に出される味噌汁がうまくてたまらないと母に自慢するなど[16]、中等科に上り徐々に身体も丈夫になっていった[45]。同年10月、祖母・夏子に連れられ、初めて歌舞伎(『仮名手本忠臣蔵』)を観劇し、初めての(『三輪』)も母方の祖母・橋トミにも連れられて観た[46][47]。この体験以降、公威は歌舞伎や能の観劇に夢中になり[46]、その後17歳から観劇記録「平岡公威劇評集」(「芝居日記」)を付け始める[48]

1939年(昭和14年)1月18日、祖母・夏子が潰瘍出血のため、小石川区駕籠町(現・文京区本駒込)の山川内科医院で死去(没年齢62歳)[2]。同年4月、前年から学習院に転任していた清水文雄が国語の担当となり、国文法、作文の教師に加わった。和泉式部研究家でもある清水は三島の生涯の師となり、平安朝文学への目を開かせた[46][49]。同年9月、ドイツフランスイギリスの戦争が始まった(第二次世界大戦の始まり)。

1940年(昭和15年)1月に、後年の作風を彷彿とさせる破滅的心情の詩「凶ごと」を書く[50]。同年、母・倭文重に連れられ、下落合に住む詩人・川路柳虹を訪問し、以後何度か師事を受けた[51][52]。倭文重の父・橋健三と川路柳虹は友人でもあった[19]。同年2月に山路閑古主宰の月刊俳句雑誌『山梔(くちなし)』に俳句や詩歌を発表。前年から、渾名のアオジロ、青びょうたん、白ッ子をもじって自ら「青城」の俳号を名乗り[53]、1年半ほどさかんに俳句や詩歌を『山梔』に投稿する[2]

同年6月に文芸部委員に選出され(委員長は坊城俊民)、11月に、堀辰雄の文体の影響を受けた短編「彩絵硝子」を校内誌『輔仁会雑誌』に発表。これを読んだ同校先輩の東文彦から初めて手紙をもらったのを機に文通が始まり、同じく先輩の徳川義恭とも交友を持ち始める[27][54]。東は結核を患い、大森区(現・大田区田園調布3-20の自宅で療養しながら室生犀星や堀辰雄の指導を受けて創作活動をしていた[54]。一方、坊城俊民との交友は徐々に疎遠となっていき、この時の複雑な心情は、後に『詩を書く少年』に描かれる[43]

この少年時代は、ラディゲ、ワイルド、谷崎潤一郎の他、ジャン・コクトーリルケトーマス・マンラフカディオ・ハーンエドガー・アラン・ポーリラダンモオランボードレールメリメジョイスプルーストカロッサニーチェ泉鏡花芥川龍之介志賀直哉中原中也田中冬二立原道造宮沢賢治稲垣足穂室生犀星佐藤春夫堀辰雄伊東静雄保田與重郎梶井基次郎川端康成郡虎彦森鴎外の戯曲、浄瑠璃、『万葉集』『古事記』『枕草子』『源氏物語』『和泉式部日記』なども愛読するようになった[54][27][46][55][56][57]

花ざかりの森――「三島由紀夫」の出発[編集]

1941年(昭和16年)1月21日に父・梓が農林省水産局長に就任し、約3年間単身赴任していた大阪から帰京[58]。相変わらず文学に夢中の息子を叱りつけ、原稿用紙を片っ端からビリビリ破く[45]。公威は黙って下を向いて目に涙をためていた[45][注釈 2]

同年4月、中等科5年に進級した公威は、7月に「花ざかりの森」を書き上げ、国語教師の清水文雄に原稿を郵送し批評を請うた[61]。清水は、「私の内にそれまで眠っていたものが、はげしく呼びさまされ」るような感銘を受け、自身が所属する日本浪曼派国文学雑誌『文藝文化』の同人たち(蓮田善明池田勉栗山理一)にも読ませるため、静岡県伊豆修善寺温泉の新井旅館での一泊旅行を兼ねた編集会議に、その原稿を持参した[62]。「花ざかりの森」を読んだ彼らは、「天才」が現われたことを祝福し合い、同誌掲載を即決した[62]

その際、同誌の読者圏が全国に広がっていたため、息子の文学活動を反対する平岡梓の反応など、まだ16歳の公威の将来を案じ、本名「平岡公威」でなく、筆名を使わせることとなった[62]。清水は、「今しばらく平岡公威の実名を伏せて、その成長を静かに見守っていたい ――というのが、期せずして一致した同人の意向であった」と、合宿会議を回想している[62]。筆名を考えている時、清水たちの脳裏に「三島」を通ってきたことと、富士の白を見て「ゆきお」が思い浮かんできた[62]

帰京後、清水が筆名使用を提案すると、公威は当初本名を主張したが受け入れ、「伊藤左千夫(いとうさちお)」のような万葉風の名を希望した[63][64]。結局「由紀雄」とし、「雄」の字が重すぎるとという清水の助言で、「三島由紀夫」となった[62][63][64]。「由紀」は、大嘗祭の神事に用いる新穀を奉るため選ばれた2つの国郡のうちの第1のものを指す「由紀」(斎忌、悠紀、由基)の字に因んで付けられた[65][注釈 3]

リルケ保田與重郎の影響を受けた「花ざかりの森」は[66]、『文藝文化』昭和16年9月号から12月号に連載された[44]。第1回目の編集後記で蓮田善明は、「この年少の作者は、併し悠久な日本の歴史の請し子である。我々より歳は遙かに少いが、すでに、成熟したものの誕生である」と激賞した[67]。この賞讃の言葉は、公威の意識に大きな影響を与えた[3]。この9月、公威は随想「惟神之道(かんながらのみち)」をノートに記し、〈地上と高天原との懸橋〉となる惟神之道の根本理念の〈まことごゝろ〉を〈人間本然のものでありながら日本人に於て最も顕著〉であり、〈豊葦原之邦の創造の精神である〉と、神道への深い傾倒を寄せた[68]

世の情勢は次第にアメリカ列強との全面戦争突入が濃厚となるが、公威は〈もう時期は遅いでせう〉とも考えていた[66]12月8日ハワイ時間は12月7日)、日本はついにアメリカ、イギリスオランダなどの連合国と開戦(真珠湾攻撃)となった(大東亜戦争太平洋戦争)。開戦当日、教室にやって来た馬術部の先輩から、「戦争がはじまった。しっかりやろう」と感激した口ぶりで話かけられ、公威も〈なんともいへない興奮〉にかられた[69]

1942年(昭和17年)1月31日、公威は前年11月から書き始めていた評論「王朝心理文学小史」を学習院図書館懸賞論文として提出(この論文は、翌年1月に入選)[注釈 4]。3月24日、席次2番で中等科を卒業し、4月に学習院高等科文科乙類(独語)に進んだ。公威は、体操物理の「中上」を除けば、極めて優秀な学生であった[71]。運動は苦手であったが、高等科での教練の成績は常に「上」()で[72]、教官から根性があると精神力を褒められたことを、公威は誇りとしていた[45]

ドイツ語ロベルト・シンチンゲルに師事し[38]、他の教師も桜井和市新関良三野村行一(1957年の東宮大夫在職中に死亡)らがいた[73][45]。後年ドナルド・キーンがドイツで講演をした際、一聴衆として会場にいたシンチンゲルが立ち上がり、「私は平岡君の(ドイツ語の)先生だった。彼が一番だった」と言ったエピソードがあるほど、ドイツ語は得意であった[74][38][45]

同年4月、大東亜戦争開戦の静かな感動を厳かに綴った詩「大詔」を『文藝文化』に発表[75]。同年5月23日、文芸部委員長に選出された公威は、7月1日に東文彦徳川義恭帝大文学部に進学)と共に同人誌『赤繪』を創刊し、「苧菟と瑪耶」を掲載した[41]。誌名の由来は志賀直哉の『万暦赤繪』にあやかって付けられた[76]。公威は彼らとの友情を深め、病床の東とはさらに文通を重ねた[77][注釈 5]。同年8月26日、祖父・定太郎が死亡(没年齢79歳)[21]。公威は詩「挽歌一篇」を作った[78]

同年11月、学習院の講演依頼のため、清水文雄に連れられて保田與重郎と対面し、以後何度か訪問する[79][46][80]。公威は保田與重郎、蓮田善明、伊東静雄ら日本浪曼派の影響の下で、詩や小説、随筆を同人誌『文藝文化』に発表し、特に蓮田の説く「皇国思想」「やまとごころ」「みやび」の心に感銘した[81]。公威が「みのもの月」、随筆「伊勢物語のこと」を掲載した昭和17年11月号には、蓮田が「神風連のこころ」と題した一文を掲載。これは蓮田にとって熊本済々黌の数年先輩にあたる森本忠が書いた『神風連のこころ』(国民評論社、1942年)の書評で、この本を読んでいた公威は後年、神風連の地・熊本を1966年(昭和41年)8月に訪れ、森本忠(熊本商科大学教授)と会うことになる[82][83]

ちなみに、三島の死後村松剛倭文重から聞いた話として、三島が中等科卒業前に一高の入試を受験し不合格となっていたという説もあるが[84]、三島が中等科5年時の9月25日付の東文彦宛の書簡には、高等科は文科乙類(独語)にすると伝える記述があり、三島本人はそのまま文芸部の基盤が形成されていた学習院の高等科へ進む意思であったことが示されている[85][84]。なお、三島が一高を受験したかどうかは、母・倭文重の証言だけで事実関係が不明なため、全集の年譜にも補足として、「学習院在学中には他校の受験はできなかったという説もある」と付記されている[86]

戦時下の青春[編集]

1943年(昭和18年)2月24日、公威は学習院輔仁会の総務部総務幹事となった[87]。同年6月6日の輔仁会春季文化大会では、自作・演出の劇『やがてみ楯と』(2幕4場)が上演された(当初は翻訳劇を企画したが、時局に合わないということで山梨勝之進学習院長から許可が出ず、やむなく公威が創作劇を書いた[88][60])。3月から『文藝文化』に「世々に残さん」を発表[44]。同年5月、公威の「花ざかりの森」などの作品集を出版化することを伊東静雄と相談していた蓮田善明は、京都に住む富士正晴を紹介され、新人「三島」に興味を持っていた富士も出版に乗り気になった[89]

同年6月、月1回東京へ出張していた富士正晴は公威と会い、西巣鴨に住む医師詩人林富士馬宅へも連れて行った[90]。それ以降数年間、公威は林と文学的文通など親しく交際するようになった[90][91]。8月、富士が公威の本の初出版について、「ひとがしないのならわたしが骨折つてでもしたい」と述べ[92]、蓮田も、「国文学の中から語りいでられた霊のやうなひとである」と公威を讃えた[93]。そして蓮田は公威に葉書を送り、「詩友富士正晴氏が、あなたの小説の本を然るべき書店より出版することに熱心に考へられ目当てある由、もしよろしければ同氏の好意をうけられたく」と、作品原稿を富士に送付するよう勧めた[94]

日本軍アメリカ軍の戦争が激化し空襲警報が多くなる中、公威は〈アメリカのやうな劣弱下等な文化の国、あんなものにまけてたまるかと思ひます〉[95]、〈米と英のあの愚人ども、俗人ども、と我々は永遠に戦ふべきでせう。俗な精神が世界を蔽うた時、それは世界の滅亡です〉と神聖な日本古代精神の勝利を願った[96]。なお、公威は同盟国イタリアムッソリーニに好感を抱いていながらも、ドイツヒットラーには嫌悪感を持っていた[97][96]

同年10月8日、そんな便りをやり取りしていた東文彦が23歳の若さで急逝。公威は弔辞を奉げた[98][99]。東の死により同人誌『赤繪』は2号で廃刊となった[27]。文彦の父・東季彦によると、三島は死ぬまで、文彦の命日に毎年欠かさず墓前参りに来ていたという[100]。なお、この年に公威は杉並区成宗堀辰雄宅を訪ね[101]、堀から〈シンプルになれ〉という助言を受けていた[102]

世情はこの頃、国民に〈儀礼の強要〉をし、戦没兵士の追悼式など事あるごとにオーケストラが騒がしく「海往かば」を演奏し、ラウド・スピーカーで〈御託宣をならべる〉気風であったが[103]、公威はそういった大仰さを、〈まるで浅草あたりの場末の芝居小屋の時局便乗劇そのまゝにて、冒瀆も甚だしく、憤懣にたへません〉と批判し、ただ心静かに〈戦歿勇士に祈念〉とだけ言えばいいのだと友人の徳川義恭へ伝えている[103]

国民儀礼の強要は、結局、儀式いや祭事といふものへの伝統的な日本固有の感覚をズタズタにふみにじり、本末を顛倒し、挙句の果ては国家精神を型式化する謀略としか思へません。主旨がよい、となればテもなく是認されるこの頃のゆき方、これは芸術にとつてもつとも危険なことではありますまいか。今度の学制改革で来年か、さ来年、私も兵隊になるでせうが、それまで、日本の文学のために戦ひぬかねばならぬことが沢山あります。(中略)
文学を護るとは、護国の大業です。文学者大会だなんだ、時局文学生産文学だ、と文学者がウロウロ・ソワソワのやうにうろついている時ではありません。

平岡公威「徳川義恭宛ての書簡」(昭和18年9月25日付)[103]

同年10月25日、蓮田善明は召集令状を受け熊本へ行く前、「日本のあとのことをおまえに託した」と公威に言い遺し[104][105]、翌日、陸軍中尉の軍装と純白の手袋をして宮城前広場で皇居を拝んだ[106][107]。公威は日本の行く末と美的天皇主義(尊皇)を蓮田から託された形となった[106][108][109]。富士正晴も戦地へ向かう出兵前に、「にはかにお召しにあづかり三島君よりも早くゆくことになつたゆゑ、たまたま得し一首をば記しのこすに、よきひとと よきともとなり ひととせを こころはづみて おくりけるかな」という一首を公威に送った[91]

徴兵検査を受けた加古川公会堂

1944年(昭和19年)4月27日、公威も本籍地兵庫県印南郡志方村村長発信の徴兵検査通達書を受け取り、5月16日、兵庫県加古郡加古川町(現・加古川市)の加古川公会堂(現・加古川市立加古川図書館)で徴兵検査を受けた[110]。公会堂の現在も残る松の下で十(約40キロ)のを入れた米俵を持ち上げるなどの検査もあった[60][19]

本籍地の加古川で徴兵検査を受けたのは、〈田舎の隊で検査を受けた方がひよわさが目立つて採られないですむかもしれないといふ父の入れ知恵〉であったが[14]、結果は第二種で合格となった(召集令状は翌年2月)。級友の三谷信など同級生の大半が特別幹部候補生として志願していたが、公威は一兵卒として応召されるつもりであった[38][14]。それは、どうせ死ぬのならば1日でも長く1行でも多く書いていられる方を平岡が選んだのだと三谷は思った[38]

徴兵検査合格の帰途の5月17日、大阪住吉中学校で教師をしている伊東静雄を訪ね、支那(現・中国)出征前に一時帰郷していた富士正晴宅を一緒に訪ねた[111][41]。5月22日は、遺著となるであろう処女出版本『花ざかりの森』の序文依頼のため、伊東静雄の家に行くが、伊東から悪感情を持たれ、「学校に三時頃平岡来る。夕食を出す。俗人、神堀来る。リンゴを呉れる。九時頃までゐる。駅に送る」などと日記に書かれた[111][112]。しかし、伊東は、のち『花ざかりの森』献呈の返礼で、会う機会が少なすぎた感じがすることなどを公威に伝え[113]、戦後には『岬にての物語』を読んで、公威に対する評価を見直している[111][112][114]

1944年(昭和19年)9月9日、学習院高等科を首席で卒業。卒業生総代となった[115][38]。卒業式に臨席した昭和天皇に初めて接し、恩賜の銀時計を拝受され、ドイツ大使からはドイツ文学の原書3冊(ナチスハーケンクロイツ入り)をもらった[45][115]。御礼言上に、学習院長・山梨勝之進海軍大将と共に宮内参内し、謝恩会で華族会館から図書数冊も贈られた[115]

大学は文学部への進学という選択肢も念頭にはあったものの、父・梓の説得により、同年10月1日、東京帝国大学法学部法律学科(独法)に入学(推薦入学)した[45][116]。そこで学んだ団藤重光教授による刑事訴訟法講義の〈徹底した論理の進行〉に魅惑され、この時修得した法学の論理性が小説や戯曲の創作において極めて有用となり、のちに三島は父・梓に感謝するようになる[117][118]。公威が文学に熱中することに反対し、度々執筆活動を妨害していた父であったが、息子を法学部に進学させたことにより、三島の文学に日本文学史上稀有な論理性を齎したことは梓の貢献であった[45]

出版統制の厳しく紙不足の中、〈この世の形見〉として『花ざかりの森』刊行に公威は奔走した[119][64]。同年10月に処女短編集『花ざかりの森』(装幀は友人・徳川義恭)が七丈書院で出版された[64]。公威は17日に届いた見本本1冊をまず、入隊直前の三谷信に上野駅で献呈した[34]。息子の文学活動に反対していた父・梓であったが、いずれ召集されてしまう公威のために、11月11日に上野下谷区池之端(現・台東区池之端)の中華料理店・雨月荘で出版記念会を開いてやり、母・倭文重、清水文雄ら『文藝文化』同人、徳川義恭、林富士馬などが出席した[45][120][41]

書店に並んだ『花ざかりの森』は、当時学生だった吉本隆明芥川比呂志らも買って読み、各高の文芸部や文学青年の間に学習院に「三島」という早熟な天才少年がいるという噂が流れた[60][121][122]。しかし、公威が同人となっていた日本浪曼派の『文藝文化』も、物資不足や企業整備の流れの中、雑誌統合要請のため8月をもって通巻70号で終刊となっていた[41]

1945年(昭和20年)、戦況が激しくなり大学の授業は中断され、公威は1月10日から「東京帝国大学勤労報国隊」として、群馬県新田郡太田町中島飛行機小泉製作所に勤労動員され、総務部調査課配属となった[123]。事務作業に従事しつつ、公威は小説「中世」を書き続ける[124][46]。以前保田與重郎謡曲の文体について質問した際、期待した浪漫主義的答えを得られなかった思いを、「中世」に書き綴ることで、人工的な豪華な言語による絶望感に裏打ちされた終末観の美学の作品化に挑戦し[46]中河与一の厚意により、第1回と第2回の途中までを雑誌『文藝世紀』に発表した[46][44][125]

誕生日の1月14日、思いがけず帰京でき、母・倭文重が焼いてくれたホットケーキを美味しく食べた[126](この思い出は後年、遺作『天人五衰』に描かれることになる)。2月4日に入営通知の電報が自宅へ届いた。公威は〈天皇陛下萬歳〉と終りに記した遺書を書き、遺髪と遺爪を用意した[127][128][45]。中島飛行機小泉製作所を離れることになったが、その直後(公威の入隊検査の10日)、アメリカ軍の爆撃機による主要目標となって大空襲を受けたため、結果的に応召は三島の罹災を免れさせる結果となった[129]

同年2月6日、髪を振り乱して泣く母・倭文重に見送られ、公威は父・梓と一緒に兵庫県富合村へ出立した[45]。風邪で寝込んでいた母から移ったせいで、気管支炎を起こし眩暈や高熱の症状を出していた公威は10日の入隊検査の折、新米の軍医からラッセルが聞こえるとして肺浸潤と誤診され即日帰郷となった[45][33][130]。その部隊の兵士たちはフィリピンに派遣され、多数が死傷してほぼ全滅した[33]

戦死を覚悟していたつもりが、医師の問診に同調したこの時のアンビバレンスな感情が以後三島の中で自問自答を繰り返す[14]。この身体の虚弱から来る気弱さや、行動から〈拒まれてゐる〉という意識が三島にとって生涯、コンプレックスとなり[131]、以降の三島に複雑な思い(特異な死生観や〈戦後は余生〉という感覚)を抱かせることになる[132][112]

梓が公威と共にが自宅に戻ると、一家は喜び有頂天となったが、公威は高熱と旅の疲れで1人ぼんやりとした様子で、「特攻隊に入りたかった」と真面目につぶやいたという[45]。公威はその後4月、三谷信宛てに、〈君と共に将来は、日本の文化を背負つて立つ意気込みですが、君が御奉公をすましてかへつてこられるまでに、僕が地固めをしておく心算です〉と伝え、神風特攻隊についての熱い思いを記した[133]。兵役は即日帰郷となったものの、一時の猶予を得たにすぎず、再び召集される可能性があった[33][3]

公威は、栗山理一を通じ野田宇太郎(『文藝』編集長)と知り合い、戦時下でただひとつ残った文芸誌『文藝』に「サーカス」と「エスガイの狩」を持ち込み、「エスガイの狩」が採用された[134]。処女短編集『花ざかりの森』は野田宇太郎を通じ、3月に川端康成に献呈された[135][136]。川端は『文藝文化』の公威の作品群や「中世」を読んでいた[135][46]。群馬県の前橋陸軍士官学校にいる三谷信を、三谷の家族と共に慰問中の3月10日の夜、東京は大空襲に見舞われた(東京大空襲)。焦土と化した東京へ急いで戻り、公威は家族の無事を確認した[45]

1945年(昭和20年)5月5日から、東京よりも危険な神奈川県高座郡大和の海軍高座工廠に勤労動員された[41]。終末観の中、公威は『和泉式部日記』『上田秋成全集』『古事記』『日本歌謡集成』『室町時代小説集』などの古典、泉鏡花イェーツなどを濫読した[46]。6月12日から数日間、軽井沢に疎開している恋人・三谷邦子(親友・三谷信の妹)に会いに行き、初めての接吻をした[33][14]。帰京後の7月、戦禍が悪化し空襲が激しくなる中、公威は遺作となることを意識した「岬にての物語」を書き始めた[44][46]

終戦後の苦悶と焦燥[編集]

1945年(昭和20年)8月6日、9日と相次ぎ、広島長崎原爆が投下された。公威は〈世界の終りだ〉と虚無的な気分になり、わざと上空から目立つ白いシャツを着て歩いた[137][14]。10日、公威は高熱と頭痛のため高座工廠から、一家が疎開していた豪徳寺の親戚の家に帰宅し、梅肉エキスを舐めながら床に伏せった[138]。8月15日、終戦第二次世界大戦が終わった。天皇陛下のラジオの玉音放送を聞き、「これからは芸術家の世の中だから、やっぱり小説家になったらいい」と父・梓が言った[138]

終戦直後、公威は学習院恩師の清水文雄に、〈玉音の放送に感涙を催ほし、わが文学史の伝統護持の使命こそ我らに与へられた使命なることを確信しました〉と送り[139]、学習院の後輩にも、〈絶望せず、至純至高志美なるもののために生き生きて下さい。(中略)我々はみことを受け、我々の文学とそれを支へる心は個人のものではありません。今こそ清く高く、爽やかに生きて下さい。及ばず乍ら私も生き抜き、戦ひます〉と綴った[140]

三島19歳。妹・美津子16歳と(1944年9月9日、学習院卒業式の後)

三谷信には、〈自分一個のうちにだけでも、最大の美しい秩序を築き上げたいと思ひます。戦後の文学、芸術の復興と、その秩序づけにも及ばず乍ら全力をつくして貢献したい〉と戦後への決意を綴り[141]、9月の自身のノートには「戦後語録」として、〈日本的非合理の温存のみが、百年後世界文化に貢献するであらう〉と記した[142]

戦争中「エスガイの狩」を採用した『文藝』の野田宇太郎へも、〈文学とは北極星の如く、秩序と道義をその本質とし前提とするのみ業であります故に、この神に、わき目もふらずに仕へることにより、我々の戦ひは必ずや勝利を得ることを確信いたします〉と熱い思いを伝えた公威だったが[143]、戦時中に遺作の心づもりで書いた「岬にての物語」を、野田から「芥川賞向き、文壇向きの作風」と見当違いの誤解をされ、「器用」な作だと退けられてしまった[134][144]。そのため、公威は一人前の作家としての将来設計に苦慮することになった[144][60]

公威が私淑していた蓮田善明マレー半島陸軍中尉として終戦を迎え、同年8月19日に駐屯地のマレー半島ジョホールバルで、天皇を愚弄した連隊長・中条豊馬大佐を軍用拳銃で射殺し、自らもこめかみに拳銃を当て自決した(没年齢41歳)[107][106]。公威は、この訃報を翌年の夏に知ることになる[107]

1945年(昭和20年)10月23日、妹・美津子腸チフス(菌を含んだなま水を飲んだのが原因)により、17歳の若さで急逝[145][45]。公威は号泣した[145][146]。また、6月の軽井沢訪問の後から、邦子との結婚を三谷家から打診され逡巡していた公威だったが、邦子が銀行員永井邦夫(父は永井松三)と婚約してしまったことを、同年11月末か12月頃に知った[145][144][注釈 6]

そして翌年1946年(昭和21年)5月5日に邦子と永井は結婚。公威はこの日、自宅で泥酔する[101]。恋人を横取りされる形になった公威にとり、〈妹の死と、この女性の結婚と、二つの事件が、私の以後の文学的情熱を推進する力〉になっていった[145]。邦子の結婚後の同年9月16日、公威は偶然、邦子と道で出くわし、このときのことをノートに記した[147][148]

偶然邦子にめぐりあつた。試験がすんだので友達をたづね、留守だつたので、二時にかへるといふので、近くをぶらぶらあてどもなく歩いてゐた時、よびとめられた。彼女は前より若く却つて娘らしくなつてゐた。(中略) その日一日僕の胸はどこかで刺されつゞけてゐるやうだつた。前日まで何故といふことなく僕は、「ゲエテとの対話」のなかの、彼が恋人とめぐりあふ夜の町の件を何度もよんでゐたのだつた。それは予感だ。世の中にはまだふしぎがある。そしてこの偶然の出会は今度の小説を書けといふ暗示なのか? 書くなといふ暗示なのか?

平岡公威「ノート(昭和21年)」[148]

この邦子とのことは、のちの自伝的小説『仮面の告白』の中で詳しく描かれることになる[148]

1946年(昭和21年)1月1日、昭和天皇が「人間宣言」の詔書を発し、背広姿でマッカーサーと並ぶ写真が新聞に報道された。公威はこれについて親友の三谷信に、「なぜ衣冠束帯の御写真にしないのか」と憤懣を漏らしたという[38]。また、三谷と焼跡だらけのハチ公前を歩いている時には、天皇制を攻撃し始めたジャーナリズムに対して心底怒りを露わにし、「ああいうことは結局のところ世に受け入れられるはずが無い」と強く断言したという[38]。三谷は、そういう時の公威の言葉には「理屈抜きの烈しさがあった」と述懐している[38]

なお、この時期、斎藤吉郎という元一高の文芸部委員で、公威が17歳の時から親交のあった人物が、同時代の詩人たちの詩集を叢書の形で出版する計画に関与し、公威の詩も叢書の一巻にしたいという話を持ちかけていた[149][150]。公威はそれに喜んで応じ、その詩集名を『豊饒の海』とする案を以下のように返信したが[151]、この詩集は用紙の入手難などの事情で実現しなかった[149][150][注釈 7]

この詩集には、荒涼たる世界の水なきの名、幻耀の外面と暗黒の実体、のかゞやかしい幻影との本体とを象徴する名『豊饒の海』といふ名を与えよう、とまで考へるやうになりました。詩集『豊饒の海』は三部に分れ、歌と、思想詩と、譚詩とにわかれます。幼時少年時の詩にもいくらか拾ひたいものがありますが、それは貴下に選んでいたゞきませう。これが貴下の御厚意への僕の遠慮のないお答へです。

平岡公威「斎藤吉郎宛ての書簡」(昭和21年1月9日付)[151]

川端康成との出会い[編集]

戦時中に三島が属していた日本浪曼派保田與重郎佐藤春夫、その周辺の中河与一林房雄らは、戦後に左翼文学者や日和見作家などから戦争協力の「戦犯文学者」として糾弾された[152][153][154]。日本浪曼派の中で〈天才気取りであった少年〉の三島は、〈二十歳で、早くも時代おくれになつてしまつた自分〉を発見して途方に暮れ、戦後は〈誰からも一人前に扱つてもらへない非力な一学生〉にすぎなくなってしまったことを自覚し、焦燥感を覚える[46]

戦争の混乱で『文藝世紀』の発刊は戦後も中絶したまま、「中世」は途中までしか発表されていなかった[46]。三島は終戦前、川端康成から「中世」や『文藝文化』で発表された作品を読んでいるという手紙を受け取っていたが[135]、川端がその作品の賞讃を誰かに洩らしていたという噂も耳にしていた[46]。それを頼みの綱にし、〈何か私を勇気づける事情〉も持っていた三島は、「中世」と新作短編「煙草」の原稿を携え、帝大の冬休み中の1946年(昭和21年)1月27日、鎌倉二階堂に住む川端のもとを初めて訪問した[46][155]。慎重深く礼儀を重んじる三島は、その際に野田宇太郎の紹介状も持参した[156][134][注釈 8]

三島は川端について、〈戦争がをはつたとき、氏は次のやうな意味の言葉を言はれた。「私はこれからもう、日本の哀しみ、日本の美しさしか歌ふまい」――これは一管ののなげきのやうに聴かれて、私の胸を搏つた〉と語り[157]、川端の『抒情歌』などに顕著な、単に抒情的・感覚的なだけではない〈との一致〉、〈真昼の神秘の世界〉にも深い共感性を抱いていた[158][159][60]。そういった心霊的なものへの感性は、三島の『花ざかりの森』や『中世』にも見られ、川端の作品世界と相通ずるものであった[60]

同年2月、三島は七丈書院を合併した筑摩書房の雑誌『展望』編集長の臼井吉見を訪ね、8作の原稿(花ざかりの森、中世、サーカス、岬にての物語、彩絵硝子、煙草など)を持ち込んだ[46][160][161]。臼井は、あまり好みの作風でなく肌に合わないが「とにかく一種の天才だ」と、「中世」を採用しようとするが、顧問の中村光夫は「とんでもない、マイナス150点(120点とも)だ」と却下し没となった[160][161]。がっかりした三島は、〈これは自分も、地道に勉強して役人になる他ない〉と思わざるをえなかった[46]

一方、「煙草」を読んだ川端は2月15日、自身が幹部を務める鎌倉文庫発行の雑誌『人間』の編集長・木村徳三に原稿を見せ、掲載決定がなされた[162]。「煙草」は6月号に発表され、これが三島の戦後文壇への足がかりとなり、以後、川端と生涯にわたる師弟関係のような強い繋がりが形づくられた[163]。しかしながら、その関係は小説作法(構成など)の指導や批判を仰いで師事するような門下生的なものではなかったため、三島は川端を「先生」とは呼ばず、「自分を世の中に出して下さった唯一の大恩人」「一生忘れられない方」という川端への強い思いから、一人の尊敬する近しい人として、あえて「川端さん」と呼び、献本する際も必ず「様」と書いた[164]。川端は、三島が取りかかっていた初めての長編(盗賊)の各章や「中世」も親身になって推敲指導し、大学生の三島を助けた[165][166][167]

臼井や中村が、ほとんど無名の学生作家・三島の作品を拒絶した中、新しい才能の発掘に長け、異質な新人に寛容だった川端が三島を後援したことにより、「新人発見の名人」という川端の称号は、その後さらに強められることになる[161][156]。職業柄、多くの新人作家と接してきた木村徳三も、会った最初の数分で、「圧倒されるほどの資質を感知」したのは、加藤周一と三島の2人しかいないとし[162]、三島は助言すればするほど、驚嘆する「才能の輝きを誇示」して伸びていったという[154]

しかし当時、借家であった三島の家(平岡家)は追い立てを受け、経済状況が困窮していた[168]。父・が戦前の1942年(昭和17年)から天下っていた日本瓦斯用木炭株式会社(10月から日本薪炭株式会社)は終戦で機能停止となっていた[169]。三島は将来作家として身を立てていく思いの傍らで、貧しさが文学に影響しないよう(商業的な執筆に陥らぬため)、生活維持のために大学での法学の勉強にも勤しんでいた[168][46]。梓も終戦の日に一時、息子が作家になることに理解を示していたが、やはり安定した大蔵省の役人になることを望んでいた[45]

ある日、木村徳三は、三島と帝大図書館前で待ち合わせ、芝生で1時間ほど雑談した際、講義に戻る三島を、好奇心から跡をつけて教室を覗いた[162]。その様子を木村は、「三島君が入った二十六番教室をのぞいてみると、真面目な優等生がするようにあらかじめ席をとっておいたらしい。教壇の正面二列目あたりに着席する後姿が目に入った。怠け学生だった私などの考えも及ばぬことであった」と述懐している[162][注釈 9]

同年夏、蓮田善明が終戦時に自決していたことを初めて知らされた三島は、11月17日に、清水文雄、中河与一、栗山理一池田勉桜井忠温阿部六郎今田哲夫と共に成城大学素心寮で「蓮田善明を偲ぶ会」を開き[170][171]、〈古代の雪を愛でし 君はその身に古代を現じて雲隠れ玉ひしに われ近代に遺されて空しく 靉靆の雪を慕ひ その身は漠々たる 塵土に埋れんとす〉という詩を、亡き蓮田に献じた[172]

戦後彼らと距離を置いた伊東静雄は欠席し[173][174]林富士馬も、蓮田の死を「腹立たしい」と批判し、佐藤春夫は蓮田を庇った[175][107]。三島は偲ぶ会の翌日、清水宛てに、〈黄のかをる集りで、蓮田さんの霊も共に席をならべていらつしやるやうに感じられ、昔文藝文化同人の集ひを神集ひにたとへた頃のことを懐かしく思ひ返しました。かういふ集りを幾度かかさねながら、文藝文化再興の機を待ちたいと存じますが如何?〉と送った[176]

敗戦前後に渡って書き綴られた「岬にての物語」は、川端のアドバイスにより講談社の『群像』に持ち込み、11月号に無事発表された[177]。この売り込みの時、三島は和服姿でを穿いていたという[178]。『人間』の12月号には、川端から『将軍義尚公薨逝記』を借りて推敲した「中世」が全編掲載された[165][44]

当時の三島は両親と同居はしていたものの、親から生活費の援助は受けずに自身の原稿料で生活を賄い、弟・千之にも小遣いを与えていたことが、2005年(平成17年)に発見された「会計日記」(昭和21年5月から昭和22年11月まで記載)で明らかになった[179][60]。この金銭の支出記録は、作家として自立できるかどうかを模索するためのものだったと見られている[60]

川端と出会ったことで、三島のプロ作家としての第一歩が築かれたが、まだ三島がこの世に生れる前から2人には運命的な不思議ながあった[156]。三島の父・梓が東京帝大法学部の学生の時、正門前で同級生の三輪寿壮が、見知らぬ「貧弱な一高生」と歩いているところに出くわしたが、それが川端だった[164]。その数日後、梓は三輪から、川端康成という男は「ぼくらの持っていないすばらしい感覚とか神経の持主」だから、君も付き合ってみないかと誘われたが、文学に疎かった梓は、「ちがいの人間とはつきあう資格はないよ」と笑って紹介を断わったという[164][注釈 10]

学生作家時代――太宰治との対面[編集]

「煙草」や「中世」が掲載されたものの、それらに対する評価は無く、法学の勉強も続けていた三島だったが、作品が雑誌掲載されたことで何人かの新たな文学的交友も得られ、その中の矢代静一早稲田高等学院在学中)らに誘われ、当時青年から熱狂的支持を得ていた太宰治と、太宰理解者の亀井勝一郎を囲む集いに参加することにした[46][180]。三島は太宰の〈稀有の才能〉は認めていたが、その〈自己劇画化〉の文学が嫌いで、〈愛憎の法則〉によってか〈生理的反撥〉も感じていた[46]

太宰治(1946年、銀座のBAR「ルパン」にて)

1946年(昭和21年)12月14日、三島は紺の着物にを身につけ、中野駅前で矢代らと午後4時に待ち合わせし、〈ろに匕首を呑んで出かけるテロリスト的心境〉で[46]、酒宴が開かれる練馬区豊玉中2-19の清水家の別宅にバスで赴いた[181][182][183]

三島以外の出席者は皆、矢代と同じ第五中学校出身で、中村稔一高在学)、原田柳喜慶応在学)、相沢諒駒沢予科在学)、井坂隆一(早稲田高在学)、新潮社勤務の野原一夫、その家に下宿している出英利(早稲田高在学、出隆の次男)と高原紀一一橋商学部)、家主の清水一男(五中在学の15歳)といった面々であった[182][184][183][注釈 11]

太宰の正面の席に導かれ、太宰が時々思い出したように上機嫌で語るアフォリズムめいた文学談に真剣に耳を傾けていた三島は[180]森鴎外についての意見を求めるが、太宰は、「そりゃ、おめえ、森鴎外なんて小説家じゃねえよ。第一、全集に載っけている写真を見てみろよ。軍服姿の写真を堂々と撮させていらあ、何だい、ありゃ……」と太宰流の韜晦を込めて言った[185][183]

下戸の三島は、「どこが悪いのか」としらふの改まった表情で真面目に反論し鴎外論を展開するが、酔っぱらいの太宰はまともに取り合わず、両者の会話は噛み合わなかった[185][180]。その酒宴に漂う〈絶望讃美〉の〈甘ったれた〉空気、太宰を司祭として〈自分たちが時代病を代表してゐるといふ自負に充ちた〉馴れ合いの雰囲気を感じていた三島は、この席で明言しようと決めていた〈僕は太宰さんの文学はきらいなんです〉という言葉をその時に発した[46][183]

これに対し太宰は、虚を衝かれたような表情をし、「きらいなら、来なけりゃいいじゃねえか」と顔をそむけた後[183]、誰に言うともなく、「そんなことを言ったって、こうして来てるんだから、やっぱり好きなんだよな。なあ、やっぱり好きなんだ」と言った[46]。気まずくなった三島はその場を離れ、それが太宰とのたった一度きりの対決となった[46][182][注釈 12]。その後、太宰は「斜陽」を『新潮』に連載するが、これを読んだ三島は川端に以下のような感想を綴っている[186]

太宰治氏「斜陽」第三回も感銘深く読みました。滅亡の抒事詩に近く、見事な芸術的完成が予見されます。しかしまだ予見されるにとどまつてをります。完成の一歩手前で崩れてしまひさうな太宰氏一流の妙な不安がまだこびりついてゐます。太宰氏の文学はけつして完璧にならないものなのでございませう。しかし抒事詩は絶対に完璧であらねばなりません。

三島由紀夫「川端康成宛ての書簡」(昭和22年10月8日付)[186]

1947年(昭和22年)の4月、『古事記』と『日本書紀』の「衣通姫伝説」を題材にした「軽王子と衣通姫」が『群像』に発表された。前年の9月16日に偶然に再会した人妻の永井邦子(旧姓・三谷)とは、その後11月6日に来電があり何度か会い、友人らともダンスホールに通っていた三島だったが[14][179]、心の中には〈生活の荒涼たる空白感〉や〈時代の痛み〉を抱えていた[145][187]

同年6月27日、三島は新橋の焼けたビルにあった新聞社・新夕刊林房雄を初めて見かけた[188][189]。同年7月、就職活動をしていた三島は住友銀行日本勧業銀行の入行試験を受験するが、住友は不採用となり[190]、勧銀の方は論文や英語などの筆記試験には合格したものの、面接で不採用となった[191][192][193][194]。やはり、役人になることを考えた三島は、同月から高等文官試験を受け始めた[194][195]

8月には、軽井沢を舞台にした「夜の仕度」を『人間』に発表。この作品は戦時中の邦子との体験を元に、堀辰雄の『聖家族』流にフランス心理小説に仮託した手法をとったものであった[196][197]。林房雄は、これを中村真一郎の「妖婆」と共に『新夕刊』の日評で取り上げ、「夜の仕度」を「今の日本文壇が喪失してゐる貴重なもの」と高評し、これを無視しようとする「文壇の俗常識を憎む」とまで書いた[198]

これに感激した三島は、林にお礼を言いに9月13日の新夕刊の「13日会」に行った[199][189]。林は酔って、帰りに3階の窓から放尿するなど豪放であったが、まだ学生の三島を一人前の作家として認めて話し相手になったため、三島は林に好感を抱き、親交を持つようになった[189]。この時期三島は、堀辰雄の弟子であった中村真一郎の所属するマチネ・ポエティックの作家たち(加藤周一福永武彦窪田啓作)に親近感を持ち座談などするが、次第に彼らの思想的な〈あからさまなフランス臭〉や、日本古来の〈危険な美〉である心中を認めない説教的ヒューマニズムに、〈フランスはフランス、日本は日本じゃないか〉と反感を覚え同人にはならなかった[46]

「夜の仕度」は、当時の文壇から酷評され、「うまい」が「彼が書いている小説は、彼自身の生きることと何の関係もない」という高見順中島健蔵の無理解な合評が『群像』の11月号でなされた[200][201]。これに憤慨し、わかりやすいリアリズム風な小説ばかり尊ぶ彼らに嫌気がさしていた三島は[202]、執筆中であった「盗賊」の創作ノートに、〈この低俗な日本の文壇が、いさゝかの抵抗も感ぜずに、みとめ且つとりあげる作品の価値など知れてゐるのだ〉と書き撲った[102]

大学卒業間近の11月20日、三島の念願であった短編集『岬にての物語』が桜井書店から刊行された。「岬にての物語」「中世」「軽王子と衣通姫」を収めたこの本を伊東静雄にも献呈した三島は、伊東からの激励の返礼葉書に感激し[111][114]、〈このお葉書が私の幸運のしるしのやうに思へ、心あたゝかな毎日を送ることができます〉と喜びを伝え、以下のような文壇への不満を書き送っている[114]

東京のあわたゞしい生活の中で、高い精神を見失ふまいと努めることは、プール飛込台の上でを眺めてゐるやうなものです。といふと妙なたとへですが、星に気をとられてゐては、美しいフォームでとびこむことができず、足もとは乱れ、そして星なぞに目もくれない人々におくれをとることになるのです。夕刻のプールの周辺に集まつた観客たちは、選手の目に映る星の光など見てくれません。(中略)
「私が第一行を起すのは絶体絶命のあきらめの果てである。つまり、よいものが書きたいとの思ひを、あきらめて棄ててかかるのである」 川端康成氏にかつてこのやうな烈しい告白を云はせたものが何であるかだんだんわかつてまゐりました。(中略)
横光利一氏の死に対してあらゆる非礼と冒瀆がつづけられてゐます。私の愛するものがそろひもそろつてこのやうに踏み躙られてゐる場所でどうしてのびのびと呼吸をすることなどできませう。

三島由紀夫「伊東静雄宛ての書簡」(昭和23年3月23日付)[114]

文壇への挑戦――仮面の告白[編集]

1947年(昭和22年)11月28日、三島は東京大学法学部法律学科卒業した(同年9月に東京帝国大学から名称変更)。卒業前から受けていた様々な種類の試験をクリアし、12月13日に高等文官試験に合格した三島は(成績は合格者167人中138位)[203]、12月24日から大蔵省に初登庁し、大蔵事務官に任官されて銀行局国民貯蓄課に勤務することになった[195]

当時大蔵省は霞が関の庁舎がGHQに接収されていたため、焼け残った四谷第三小学校を仮庁舎としていた[204]。銀行局長は愛知揆一主計局長は福田赳夫[205]基本給(月給)は1,350円であった[204]。大蔵省同期入省者(22年後期組)は、三島の他、長岡實田中啓二郎など全26名だった[206]。三島は、「こんなのっぺりした野郎でござんすが何分よろしく」と挨拶したという[204]

同12月には、「自殺企図者」(長編『盗賊』第2章)、短編「春子」や「ラウドスピーカー」が各誌に掲載された[44]。大蔵省入省してすぐの頃、文章力を期待された三島は、国民貯蓄振興大会での大蔵大臣栗栖赳夫)の演説原稿を書く仕事を任された[207]。その冒頭文に三島は、〈…淡谷のり子さんや笠置シズ子さんのたのしいアトラクションの前に、私如きハゲ頭のオヤジがまかり出まして、御挨拶を申上げるのは野暮の骨頂でありますが…〉と書き、課長から怒られ赤鉛筆でバッサリと削られた[207][206]。将来有名作家となる三島の原稿を削除したという一件は、後々まで大蔵省内で語り継がれるエピソードとなる[206][204]

1948年(昭和23年)も、『進路』1月号の「サーカス」を皮切りに多くの短編を発表し、〈役所と仕事と両方で綱渡りみたいな〉生活をしていた三島だったが[208]、この頃の〈やけのやんぱちのニヒリスティック耽美主義〉の根拠を自ら分析する必要を感じていた[46]

そのころ私の文学青年の友人たちには、一せいに病気が襲ひかかつてゐた。自殺者、発狂者は数人に及び、病死者も相次ぎ、急速な貧困に落ちて行つたものも二三にとどまらず、私の短かい文学的青春は、おそろしいほどのスピードで色褪せつつあつた。又それは、戦争裁判の判決がはじまりつつある時代であつた。(中略)
せつせと短篇小説を書き散らしながら、私は本当のところ、生きてゐても仕様がない気がしてゐた。ひどい無力感が私をとらえてゐた。(中略)私は自分の若さには一体意味があるのか、いや、一体自分は本当に若いのか。といふやうな疑問にさいなまれた。

三島由紀夫「私の遍歴時代[46]

役人になったものの相変わらず文筆業を続ける息子の将来に不安を抱いた父・は、鎌倉文庫木村徳三を訪ね、「あなた方は、公威が若くて、ちょっと文章がうまいものだから、雛妓半玉を可愛がるような調子でごらんになっているのじゃありませんか。あれで椎名麟三さんのようになれるものですかね」と、息子がはたして朝日新聞に小説連載するような一人前の作家になれるのか聞きに来た[162]。木村は、「花形作家」になれるかは、不運によるが「一本立ちの作家」になれる力量はあると答えたが、梓は終始浮かない様子だったという[162]

猫好きの三島(アサヒグラフ 1948年5月12日号)

同年6月、雑誌『近代文学』の第2次同人拡大の呼びかけに応じて、三島も同人となった[132][195]。三島はその際、天皇制を認めるなら加入してもよいという条件で参加した[132]。この第2次参加の顔ぶれは、椎名麟三梅崎春生武田泰淳安部公房らがいた[195]。6月19日には、玉川上水で13日に入水自殺した太宰治の遺体が発見された[209]。太宰の遺作『人間失格』は大きな反響を呼んだ[169]

同年の7月か8月、三島は役所勤めと執筆活動の二重生活による過労と睡眠不足で、雨の朝の出勤途中、長靴が滑って渋谷駅ホームから線路に転落した[45]。幸い電車が来ないうちに這い上がれたが危なかった[45]。この事故をきっかけに息子が職業作家になることを許した梓は、「役所をやめてよい。さあ作家一本槍で行け、その代り日本一の作家になるのが絶対条件だぞ」と言い渡した[45]

同年8月下旬、河出書房の編集者・坂本一亀坂本龍一の父)と志邨孝夫が、書き下ろし長編小説の執筆依頼のために大蔵省の三島を訪ねた[210]。三島は快諾し、「この長篇に作家的生命を賭ける」と宣言した[210]。そして同年9月2日、三島は創作に専念するため大蔵省に辞表を提出し、9月22日に「依願免本官」という辞令を受け退職した[46][注釈 13]

同年10月6日、芦田内閣総辞職の号外の鈴が鳴り響く晩、神田喫茶酒場「ランボオ」の2階で、埴谷雄高、武田泰淳、野間宏中村真一郎、梅崎春生、椎名麟三の出席する座談会(12月の同人誌『序曲』創刊号)に三島も加わった[46][213][注釈 14]。その時、三島と初対面だった埴谷は、真正面に座った三島の「魅力的」な第一印象を、「数語交わしている裡に、その思考の廻転速度が速いと解るような極めて生彩ある話ぶり」だったとしている[213]

もし通常の規準をマッハ数一とすれば、三島由紀夫の廻転速度は一・八ぐらいの指数をもっていると測定せねばならぬほどであった。私は彼と向いあわせているので、ただに会話の音調を聞いているばかりでなく、会話に附随するさまざまな動作のかたちを正面から眺める位置にあったが、間髪をいれず左右を振りむいてする素早い応答の壺にはまった適切さを眺めていると、いりみだれて閃く会話の火花のなかで酷しく訓練されたもの、例えば、宴会にあるひとりのヴィヴィッドな芸者の快感といった構図がそこから聯想されるのであった。(中略)
三島由紀夫に向って最も多く応答しているのは、偶然左隣りに腰かけている野間宏ということになるのであったが、困ったことに、野間宏の思考の廻転速度はマッハ数〇・四ぐらいなのであった。

埴谷雄高「三島由紀夫」[213]

河出書房から依頼された長編のタイトルを〈仮面の告白〉と定めた三島は、〈生まれてはじめての私小説〉(文壇的私小説でない)に挑み[215]、〈今まで仮想の人物に対して鋭いだ心理分析を自分に向けて、自分で自分の生体解剖をしよう〉という試みで11月25日に起筆した[215]。同月20日には、書き上げまで2年以上費やした初の長編『盗賊』が真光社から刊行され、12月1日には、短編集『夜の仕度』が鎌倉文庫から刊行された[44][216]

1949年(昭和24年)2月24日、作家となってから初上演作の戯曲『火宅』が俳優座により初演され、従来のリアリズム演劇とは違う新しい劇として、神西清岸田国士などの評論家から高い評価を受けた[217][218]。4月24日には、「仮面の告白」後半原稿を喫茶店「ランボオ」で坂本一亀に渡した[46][注釈 15]紫色の古風な袱紗から原稿を取り出して坂本に手渡す三島を、店の片隅で目撃していた武田泰淳は、その三島の顔を「精神集中の連続のあとの放心と満足」に輝いていたと述懐している[220]

三島にとっての〈裏返しの自殺〉、〈の回復術〉であり[221]、〈ボオドレエルの「死刑囚にして死刑執行人」といふ二重の決心で自己解剖〉した渾身の書き下ろし長編『仮面の告白』は同年7月5日に出版され[222][44]、発売当初は反響が薄かったものの、10月に神西清が高評した後、花田清輝に激賞されるなど文壇で大きな話題となった[223]。年末にも読売新聞の昭和24年度ベストスリーに選ばれ、作家としての三島の地位は不動のものとなった[169][224]

この成功以降も、恋愛心理小説「純白の夜」を翌1950年(昭和25年)1月から『婦人公論』で連載し[44]、同年6月30日には、〈希臘神話の女性〉に似たヒロインの〈狂躁〉を描いた力作『愛の渇き』を新潮社から書き下ろしで出版した[225]。同年7月からは、光クラブ事件山崎晃嗣をモデルとした話題作「青の時代」を『新潮』で連載するなど、〈一息つく暇もなく〉、各地への精力的な取材旅行に励み[226]、長編小説の力倆を身につけていった[227]

8月1日に立ち退きのため、両親・弟と共に目黒区緑ヶ丘2323番地(現・緑が丘1丁目17-24)へ転居。同月に岸田国士の「雲の会」発足に小林秀雄福田恆存らと参加し、年上の文学者らとの交流が広まってゆき、その後、中村光夫の発案の「鉢の木会」にも顔を見せるようになった[195][228]。10月には、能楽を基調にした「邯鄲」を『人間』に掲載し、劇作家としての挑戦の幅も広げていった[229]。この作品は、のちに『近代能楽集』としてまとめられる1作目となり、矢代静一を通じて前年に知り合った芥川比呂志の演出により12月に上演された[44][230]

ギリシャへの憧れ――潮騒[編集]

1951年(昭和26年)1月から三島は、〈廿代の総決算〉として〈自分の中の矛盾や対立物〉の〈対話〉を描く意気込みで、ギリシャ彫刻のような美青年と老作家の登場する「禁色」(第一部)を『群像』に連載開始した[231]同性愛のアンダーグラウンドを題材としたこの作品は、文壇で賛否両論の大きな話題を呼び[229]、11月10日に『禁色 第一部』として新潮社から刊行された[216]。その間も三島は、数々の短編や中間小説夏子の冒険」を各誌に発表し、初の評論集『狩と獲物』も刊行するなど旺盛な活動を見せた[44][216]

しかし以前から、〈一生に一度でよいから、パルテノンを見たうございます〉と川端康成に告げ[232]、自分の中の余分な〈感受性〉を嫌悪していた三島は、〈肉体的存在感を持つた知性〉を欲し、広い世界を求めていた[46]。ちょうどこの頃、父・梓の一高時代の旧友である朝日新聞社出版局長の嘉治隆一から外国行きを提案され、三島は願ってもみない話に快諾した[46]

厳しい審査(当時はGHQ占領下で一般人の海外旅行は禁止されていたため[233])をクリアした三島は、同年12月25日から、朝日新聞特別通信員として約半年間の初の世界一周旅行に向け横浜港からプレジデント・ウィルソン号で出帆した[234]。最初の目的地・ハワイに向かう船上で〈太陽と握手した〉三島は、日光浴をしながら、〈自分の改造といふこと〉を考え始めた[46]

ハワイから北米(サンフランシスコロサンゼルスニューヨークフロリダマイアミサン・フアン)、南米(リオ・デ・ジャネイロサン・パウロ)、欧州(ジュネーブパリロンドンアテネローマ)を巡る旅の中でも、特に三島を魅了したのは眷恋の地・ギリシャ・アテネと、ローマのバチカン美術館で観たアンティノウス像であった[234][46]

古代ギリシャの〈肉体と知性の均衡〉への人間意志、明るい古典主義孤独を癒やされた三島は、〈美しい作品を作ることと、自分が美しいものになることの、同一の倫理基準〉を発見し、翌1952年(昭和27年)5月10日に羽田に帰着した[46][234]。この世界旅行記は『アポロの杯』としてまとめられ、10月7日に朝日新聞社から刊行された[44][216]

旅行前から予定していた「秘楽」(『禁色』第二部)の連載を、帰国後の8月から『文學界』で開始していた三島は、旅行後すぐの〈お土産小説〉を書くことを回避し、伊豆今井浜で実際に起きた溺死事件を題材とした「真夏の死」を『新潮』10月号に発表した[235][注釈 16]

また、旅行前に書き上げていた「卒塔婆小町」は、三島が渡航中の2月に文学座により初演された[55][44]。この作品は「邯鄲」「綾の鼓」に続く『近代能楽集』の3作目となり、三島の戯曲の中でも特に優れた成功作となった[9]。これにより三島は劇作家としても本物の力量が認められ始めた[229]

三島は、ギリシャでの感動の続きで、古代ギリシャの恋愛物語『ダフニスとクロエ』を下敷きにした日本の漁村の物語を構想した[237][238]。モデルとなる島探しを、昔農林省農林水産省)にいた父・梓に依頼した三島は[45]、候補の島の中から〈万葉集の歌枕や古典文学の名どころ〉に近い三重県神島(かみしま)を選んだ[239]

1953年(昭和28年)3月に、鳥羽港から神島に赴いた三島は、八代神社、神島灯台、一軒のパチンコ店も飲み屋もない島民の暮しや自然、例祭神事、漁港、歴史や風習、漁船員の仕事を取材し、8月末から9月にも再度訪れ、台風海女などについて取材した[238][239]。神島の島民たちは当初、見慣れない〈顔面蒼白〉の痩せた三島の姿を見て、病気療養のために島に来ている人と勘違いしていたという[239]

この島を舞台にした新作を創作中も、練り直された「秘楽」の連載を並行していた三島は、9月30日に『秘楽 禁色第二部』を刊行し、男色の世界を描いた『禁色』が完結された[44][216]。12月には、少年時代から親しんだ歌舞伎に初挑戦し、芥川龍之介の原作小説を改作した歌舞伎『地獄変』を中村歌右衛門の主演で上演した[44]

伊勢湾に浮かぶ小さな島に住む健康的で素朴な若者少女純愛を描いた書き下ろし長編『潮騒』は、翌1954年(昭和29年)6月10日に新潮社から出版されるとベストセラーとなり、すぐに東宝で映画化されて三船敏郎の特別出演(船長役)もキャスティングされた[229]。三島はこの作品で第1回新潮社文学賞を受賞するが、これが三島にとっての初めての文学賞であった[229]

これを受け、2年後にはアメリカでも『潮騒』の英訳(The Sound of the Waves)が出版されベストセラーとなり、三島の存在を海外でも知られるきっかけの作品となった[233]。11月には三島オリジナルの創作歌舞伎『鰯売恋曳網』が初演され、余裕を感じさせるファルスとして高評価された[229]。この演目は以後長く上演され続ける人気歌舞伎となった[9]

この時期の他の作品には、『潮騒』の明るい世界とは対照的な終戦直後の青年の頽廃や孤独を描いた『鍵のかかる部屋』『急停車』や、三島の学習院時代の自伝的小説『詩を書く少年』、少年時代の憧れだったラディゲを題材にした『ラディゲの死』、〈菊田次郎といふ作者の分身〉を主人公にしたシリーズ(『火山の休暇』『死の島』)の終焉作『旅の墓碑銘』も発表された[240][44]

自己改造の試み――金閣寺[編集]

1955年(昭和30年)1月、奥只見ダム須田貝ダムを背景にした「沈める滝」を『中央公論』に連載開始。同月には、少年時代の神風待望の心理とその〈奇蹟の到来〉の挫折感を重ね合わせた「海と夕焼」も『群像』に発表したが、三島の〈一生を貫く主題〉、〈切実な問題を秘めた〉この作品への反応や論評はなかった[241][242]。三島は、もし当時この主題が理解されていれば、それ以降の自分の生き方は変っていたかもしれないと、のちに語っている[242]

三島30歳(1955年秋、自宅の庭にて)

同年9月、三島は、週刊読売グラビアで取り上げられていた玉利齊早稲田大学バーベルクラブ主将)の写真と、「誰でもこんな身体になれる」というコメントに惹かれ、早速、編集部に電話をかけて玉利を紹介してもらった[243]。玉利が胸の筋肉をピクピク動かすのに驚いた三島は、さっそく自宅に玉利を招いて週3回のボディビル練習を始めた[243][注釈 17]。この頃、映画『ゴジラの逆襲』が公開されて観ていたが、三島は自身を〈ゴジラの卵〉と喩えた[244][245][246]

同年11月、京都へ取材に行き、青年僧による金閣寺放火事件(1950年)を題材にした次回作の執筆に取りかかった三島は、『仮面の告白』から取り入れていた森鴎外的な硬質な文体をさらに鍛え上げ、「肉体改造」のみならず文体も練磨し〈自己改造〉を行なった[247][46][248]。その双方を磨き上げ昇華した文体を駆使した「金閣寺」は、1956年(昭和31年)1月から『新潮』に連載開始された[248]

同月には、後楽園ジムのボディビル・コーチ・鈴木智雄(元海兵の体操教官)に出会い、弟子入りし、3月頃に鈴木が自由ヶ丘に開いたボディビルジムに通うことになった[243]。三島は自由ヶ丘で知り合った町内会の人に誘われ、8月には熊野神社の夏祭りで、生まれて初めて神輿をかつぎ陶酔感を味わった[249][131]

元々痩身で虚弱体質の三島であったが、弛まぬ鍛錬でのちに知られるほどの偉容を備えた体格となり、胃弱も治っていった[250]。最初は10キロしか挙げられなかったベンチプレスも、約2年後に有楽町の産経ボディビルクラブに練習場所を変えた頃には60キロを挙上するまでに至り[251]、その後胸囲も1メートルを超え、ボディビルは生涯継続されていくことになる[131]

三島31歳。石原慎太郎23歳と(1956年2月、銀座6丁目の文藝春秋ビル屋上にて)

1月からの連載が終り、10月に『金閣寺』が新潮社から刊行された。傑作の呼び声高い作品として多数の評論家から高評価を受けた『金閣寺』は三島文学を象徴する代表作となり、第8回読売文学賞も受賞した。それまで三島に懐疑的だった評者からも認められ、三島は文壇の寵児となった[229][252]。また、この年には、「日本空飛ぶ円盤研究会」に入会し、7月末の熱海ホテル滞在中に円盤観測に挑戦した[253]

9月には、鈴木智雄の紹介で、日大拳闘部の好意により、小島智雄の監督の下、ボクシングの練習も始めた[243]。翌1957年(昭和32年)5月、小島智雄をスパーリング相手に練習を行っている三島を、前年の対談で知り合った石原慎太郎が訪ね、8ミリに撮影した[243]

これを観た三島は、〈石原慎太郎の八ミリシネにとつてもらひましたが、それをみていかに主観客観には相違があるものかと非常に驚き、目下自信喪失の状態にあります〉と記し[254]、以後ボクシングはもっぱら観戦の方に回り、スポーツ新聞に多くの観戦記を寄稿することになった[255]

この時期の三島は、『金閣寺』のほかにも、『永すぎた春』や『美徳のよろめき』などのベストセラー作品を発表し、そのタイトルが流行語になった[229]川端康成を論じた『永遠の旅人』も好評を博し、戯曲でも『白蟻の巣』が第2回岸田演劇賞を受賞、人気戯曲『鹿鳴館』も発表されるなど、旺盛な活動を見せ、戯曲集『近代能楽集』(「邯鄲」「綾の鼓」「卒塔婆小町」「葵上」「班女」を所収)も刊行された[229]

私生活でも、1954年(昭和29年)夏に中村歌右衛門の楽屋で知り合った豊田貞子(赤坂料亭の娘。『沈める滝』『橋づくし』のモデル)と深い交際をしていた頃で、三島の生涯において最も豊かな成功に輝いていた時期であったが[256][146]、結局貞子とは破局し、1957年(昭和32年)5月、新派公演『金閣寺』を観た日を最後に別離した[146][257]

花嫁候補を探していた三島が、歌舞伎座で隣り合わせになる形で会い、銀座6丁目の小料理屋「井上」の2階で、独身時代の正田美智子とお見合いをしたとされるのも、1957年(昭和32年)頃である[257][258][259][260]。なお、同年3月15日、三島は母と共に、正田美智子が首席で卒業した聖心女子大学卒業式を参観していたという[261]

時代の中で――鏡子の家[編集]

前年8月の『潮騒』(The Sound of Waves)の初英訳刊行に続き、戯曲集『近代能楽集』(Five Modern Noh Plays)も1957年(昭和32年)7月にクノップ社から英訳出版されたことで、三島は同社に招かれ渡米した[262]。その際に現地の演劇プロデューサーから上演申し込みがあり、実現に向けて約半年間ニューヨークに辛抱強く滞在したが、企画が難航し延期となってしまった[263][264]

一人ぼっちのホテルでの無為で孤独なニューヨークの年越しに耐えられず、正月をマドリードローマ経由で過ごして帰国した三島は、これから先の人生を一人きりでは生きられないことを身にしみ、結婚の意志を固くした[265][257]。折しも、ニューヨーク滞在中に父・梓が病気入院し、帰国後の2月にも母・倭文重ががんと疑われた甲状腺の病気で手術したことも、それに拍車をかけた[229][262]

1958年(昭和33年)3月に、幼馴染の湯浅あつ子から見せられた女子大生・杉山瑤子(日本画家・杉山寧の長女)の写真を一目で気に入った三島は、4月にお見合いをし[266]、6月1日に川端康成夫妻を媒酌人として明治記念館で瑤子との結婚式を挙げ、麻布国際文化会館で披露宴が行われた[229]。同年8月には雑誌に連載開始された小高根二郎の「蓮田善明とその死」を読み始め[267]、11月末からは、ボディビルに加えて、第一生命の道場で本格的に剣道も始めた[251]

同年3月には、ニューヨーク滞在中から構想していた書き下ろし長編『鏡子の家』の執筆も開始されていた。この作品は4人の青年と1人の〈巫女的な女性〉を主人公とし、〈「戦後は終つた」と信じた時代の、感情と心理の典型的な例〉を描こうとした野心作であった[268]。時代背景は高度経済成長前の2年間で(昭和29年4月から昭和31年4月)、三島自身の青春と「戦後」と言われた時代への総決算でもあった[269][270]

1959年(昭和34年)9月20日の『鏡子の家』刊行までの約1年半の間、戯曲『薔薇と海賊』発表、結婚、国内新婚旅行、エッセイ『不道徳教育講座』、評論『文章読本』発表、新居建設(設計・施工は清水建設)など多忙であった[251]大田区馬込東1丁目1333番地(現・南馬込4丁目32-8)に建設したビクトリアコロニアル様式の新居へは5月10日に引っ越し、6月2日に長女・紀子が誕生した[251]

三島の渾身作『鏡子の家』は1か月で15万部売れ、同世代の評論家の少数からは共感を得たものの、文壇の評価は総じて辛く、三島の初めての「失敗作」という烙印を押された[271][257]。三島の落胆は大きく、この評価は作家として三島が味わった最初の大きな挫折(転機)だった[272][273]

同年11月、三島は大映と映画俳優の専属契約を結び、翌1960年(昭和35年)3月に公開された『からっ風野郎』(増村保造監督)でチンピラやくざ役を演じた。この映画の撮影中に頭部をエスカレーターに強打し入院する一幕もあった[274]。同年1月には、都知事選挙を題材とした「宴のあと」も『中央公論』で連載開始するが、モデルとした有田八郎から9月に告訴されプライバシー裁判の被告となってしまった(詳細は「宴のあと」裁判を参照のこと)[274]

1961年(昭和36年)1月は、二・二六事件に題材をとり、のちに自身で監督・主演で映画化する「憂国」を『小説中央公論』に発表。2月には、その雑誌に同時掲載された深沢七郎の「風流夢譚」を巡る嶋中事件に巻き込まれ、推薦者と誤解されて右翼から脅迫状を送付されるなど、2か月間警察の護衛を受け生活することを余儀なくされた[275][276][277][注釈 18]

同年9月から、写真家・細江英公の写真集『薔薇刑』のモデルとなり、三島邸で撮影が行われた。写真発表は翌1962年(昭和37年)1月に銀座松屋の「NON」展でなされ、その鍛え上げられた肉体をオブジェとして積極的に世間に披露した[279]。こうした執筆活動以外の三島の一連の話題がマスメディアに取り上げられると共に、文学に関心のない層にも大きく三島の名前が知られるようになった[274]

1963年(昭和38年)には、三島が所属していた文学座内部での一連の分裂騒動があり、杉村春子と対立する福田恆存が創立した「劇団雲」への座員29人の移動後にも、文学座の立て直しを試みた三島の『喜びの琴』を巡って杉村春子らが出演拒否するという文学座公演中止事件(喜びの琴事件)が起こり、再びトラブルが相次いだ[274]

この時期には、反安保闘争東西冷戦による水爆戦争への危機感が強かった社会情勢があり、そうした政治背景を反映して、『鏡子の家』から繋がる〈世界崩壊〉〈世界の終末〉の主題を持つ『美しい星』や『帽子の花』、評論『終末観と文学』などが書かれ、イデオロギーを超えた純粋な心情をテーマにした『』や評論『林房雄論』も発表された[280][281]

1964年(昭和39年)初めには『浜松中納言物語』を読み、『豊饒の海』の構想もなされ始め[282][283]、同年10月の東京オリンピックでは、新聞各紙の特派員記者として各種競技を連日取材した。開会式では聖火台に点火する最終聖火ランナーの〈白煙に巻かれた胸の日の丸〉への静かな感動と憧れを、〈そこは人間世界で一番高い場所で、ヒマラヤよりもつと高いのだ〉と三島はレポートした[284]

坂井君は聖火を高くかかげて、完全なフォームで走つた。ここには、日本の青春の簡素なさはやかさが結晶し、彼の肢体には、権力ほてい腹や、金権のはげ頭が、どんなに逆立ちしても及ばぬところの、みづみづしい若さによる日本支配の威が見られた。この数分間だけでも、全日本は青春によつて代表されたのだつた。

三島由紀夫「東洋と西洋を結ぶ火――開会式」[284]

この時期には他にも、『獣の戯れ』、『十日の菊』(第13回読売文学賞戯曲部門賞受賞)、『黒蜥蜴』、『午後の曳航』(フォルメントール国際文学賞候補作)、『雨のなかの噴水』、『絹と明察』(第6回毎日芸術賞文学部門賞)など高評の作品も多く発表し、待望だった『近代能楽集』の「葵上」「班女」も別の主催者によりグリニッジ・ヴィレッジで上演された[285]

また、『仮面の告白』や『金閣寺』も英訳出版されるなど、海外での三島の知名度も上がった時期で、「世界の文豪」の1人として1963年(昭和38年)12月17日のスウェーデンの有力紙『DAGENUS NYHETER』に取り挙げられ、翌1964年(昭和39年)5月には『宴のあと』がフォルメントール国際文学賞で2位となり[286]、『金閣寺』も第4回国際文学賞で第2位となった[285]国連事務総長だったダグ・ハマーショルドも1961年(昭和36年)に赴任先で事故死する直前に『金閣寺』を読了し、ノーベル財団委員宛ての手紙で大絶賛した[287][288][289]

なお、1963年、1964年、1965年度のノーベル文学賞の有力候補の中に川端康成谷崎潤一郎西脇順三郎と共に三島が入っていたことが2014年(平成26年)、2015年(平成27年)、2016年(平成28年)に開示され、1963年度で三島は「技巧的な才能」が注目され受賞に非常に近い位置にいたことが明らかとなった[290][4]

三島が初めて候補者に名を連ねた1963年度の選考において委員会から日本の作家の評価を求められていたドナルド・キーンは、実績と年齢順(年功序列)を意識し日本社会に配慮しながら、谷崎、川端、三島の順で当時推薦したが、本心では三島が現役の作家で最も優れていると思っていたことを情報開示後に明かしている[4]。ちなみに、川端は1961年(昭和36年)5月、三島にノーベル賞推薦文を依頼し、三島が推薦文を書いていたこともある[291][292][注釈 19]

行動の誘惑――英霊の聲[編集]

1965年(昭和40年)初頭、三島は4年前に発表した短編小説『憂国』を自ら脚色・監督・主演する映画化を企画し、4月から撮影に入り完成させた[294][295]。同年2月26日には、次回作となる〈転生〉を題材とした〈世界解釈〉の本格長編小説の取材のため[282]奈良帯解円照寺を初めて訪ね、その最初の巻となる「春の雪」の連載を同年9月から『新潮』で開始した(1967年1月まで)[296][297]

9月からは夫人同伴で、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアを旅行。長編の取材のため10月はバンコクを訪れ、カンボジアにも遠征して戯曲『癩王のテラス』の着想を得た。この頃、AP通信ストックホルム発で、1965年度のノーベル文学賞候補に三島の名が挙がっていると報じた。三島は以降の年も引き続き、受賞候補として話題に上ることになる[297][298]

11月からは、自身の〈文学と行動、精神と肉体の関係〉を分析する「太陽と鉄」を『批評』に連載開始し[299]、戯曲『サド侯爵夫人』も発表され、傑作として高評価を受けた[281]。この戯曲は三島の死後、フランスでも人気戯曲になった。ドナルド・キーンは、三島以前の日本文学の海外翻訳を読むのは日本文学研究者だけに限られていたのに対し、三島の作品は一般の人にまで浸透したとして、古典劇に近い『サド侯爵夫人』がフランスの地方劇場でも上演されるのは、「特別な依頼ではなく、見たい人が多いから」としている[300]

高度経済成長期の真っ只中の1966年(昭和41年)の正月、日の丸を飾る家が疎らになった風景を眺めながら三島は、〈一体自分はいかなる日、いかなる時代のために生れたのか〉と自問し、〈私の運命は、私が生きのび、やがて老い、波瀾のない日々のうちにたゆみなく仕事をつづけること〉を命じたが、胸の裡に、〈なほ癒されぬ浪漫的な、白く羽搏くものが時折感じられる〉と綴った[301]

私はいつしか、今の私なら、絶対にむかしの「われら」の一員に、欣然としてなり了せることができる、といふ、甘いロマンチックな夢想のとりこになりはじめる。(中略)ああ、危険だ! 危険だ! 文士が政治的行動の誘惑に足をすくはれるのは、いつもこの瞬間なのだ。青年の盲目的行動よりも、文士にとつて、もつとも危険なのはノスタルジアである。そして同じ危険と云つても、青年の犯す危険には美しさがあるけれど、中年の文士の犯す危険は、大てい薄汚れた茶番劇に決つてゐる。そんなみつともないことにはなりたくないものだ。
しかし、一方では、危険を回避することは、それがどんな滑稽な危険であつても、回避すること自体が卑怯だといふ考へ方がある。

三島由紀夫「『われら』からの遁走――私の文学」[301]

自身の〈危険〉を自覚していた三島は、それを凌駕する〈本物の楽天主義〉〈どんな希望的観測とも縁もない楽天主義〉がやって来ることを期待し、〈私は私が、森の鍛冶屋のやうに、楽天的でありつづけることを心から望む〉心境でもあった[301]

同年1月、モノクロ短編映画『憂国』が「愛と死の儀式」(Yūkoku ou Rites d'amour et de mort)のタイトルでツール国際短編映画祭に出品され、劇映画部門第2位となった[294][295]。日本での一般公開は4月からアートシアター系でなされ、大きな話題を呼び同系映画としては記録的なヒット作となった[298]。映画を観た安部公房は、「作品に、自己を転位させよう」という不可能性に挑戦する三島の「不敵な野望」に「羨望に近い共感」を覚えたと高評価した[302]

この頃、毎週日曜日に碑文谷警察署剣道の稽古をしていた三島は、同年5月に剣道四段に合格し、前年11月から習い出した居合も、剣道の師の吉川正実を通じて舩坂良雄を師範とする大森流居合に正式入門した[303]。三島は、舩坂良雄の兄で剣道家の舩坂弘ともこの道場で知り合い、以後交流するようになった[304]

6月には、二・二六事件特攻隊の兵士のたちの呪詛を描いた『英霊の聲』を発表し、『憂国』『十日の菊』と共に「二・二六事件三部作」として出版された[216]。11歳の時の二・二六事件と20歳の敗戦で〈神の死〉を体感した三島は、昭和の戦前戦後の歴史を連続して生きてきた自身の、その〈連続性の根拠と、論理的一貫性の根拠〉をどうしても探り出さなければならない気持ちだった[39]

〈挫折〉した青年将校ら〈真のヒーローたちの霊を慰め、その汚辱を雪ぎ、その復権を試みようといふ思ひ〉の糸を手繰る先に、どうしても引っかかるのが昭和天皇の「人間宣言」であり、自身の〈美学〉を掘下げていくと、その底に〈天皇制の岩盤がわだかまつてゐることを〉を認識する三島にとって、それを回避するわけにはいかなかった[39][305]

『英霊の聲』は天皇批判を含んでいたため、文壇の評価は賛否両論あり総じて低く、その〈冷たいあしらひ〉で、文壇人の〈右顧左眄ぶり〉がよく解った三島だったが[306]、この作品を書いたことで、自身の無力感から救われ、〈一つの小さな自己革命〉を達成した[307]

瀬戸内晴美は『英霊の聲』を読み、「三島さんが命を賭けた」と思って手紙を出すと、三島から、〈小さな作品ですが、これを書いたので、戦後二十年生きのびた申訳が少しは立つたやうな気がします〉と返事が来た[308][309]。この時期の作品は他に、三島としては珍しい私小説的な『荒野より』、エッセイ『をはりの美学』『お茶漬ナショナリズム』、林房雄との対談『対話・日本人論』などが発表された[44]。この対談の中で三島は、いつか藤原定家を主人公にした小説を書く意気込みを見せた[310]

文と武の世界へ――奔馬[編集]

『英霊の聲』を発表した1966年(昭和41年)6月、三島は奈良県率川神社の三枝祭(百合祭)を見学し、長編大作の第二巻となる「奔馬」の取材を始めた。8月下旬からは大神神社に赴き、三輪山三光の滝に打たれ座禅した後、色紙に「清明」と揮毫[311][312][注釈 20]。その後広島県を訪れ、恩師の清水文雄らに会い、江田島海上自衛隊第一術科学校を見学し特攻隊員の遺書を読んだ[314][297]

清水らに見送られ熊本県に到着した三島は、荒木精之らに迎られ、蓮田善明未亡人と森本忠(蓮田の先輩)と面会し、神風連のゆかりの地(新開大神宮桜山神社など)を取材して10万円の日本刀を購入した[82][83][315]。この旅の前、三島は清水宛てに、〈天皇神聖は、伊藤博文憲法にはじまるといふ亀井勝一郎説を、山本健吉氏まで信じてゐるのは情けないことです。それで一そう神風連に興味を持ちました。神風連には、一番本質的な何かがある、と予感してゐます〉と綴った[306]

同年10月には、三島は自衛隊体験入隊を希望し、防衛庁関係者や元陸将藤原岩市などと接触し、体験入隊許可のための仲介や口利きを求めた。12月には、舩坂弘の著作の序文を書いた返礼として、日本刀・関ノ孫六を贈られた[316][317][注釈 21]。同月19日には、小沢開策から民族派雑誌の創刊準備をしている若者らの話を聞いた林房雄の紹介で、万代潔(平泉澄の門人で明治学院大学)が三島宅を訪ねて来た[318][319]

1967年(昭和42年)1月に、その雑誌『論争ジャーナル』が創刊され、副編集長の万代潔が編集長の中辻和彦と共に三島宅を再訪し、雑誌寄稿を正式依頼して以降、三島は同グループとの親交を深めていった[318]。同月には日本学生同盟持丸博も三島を訪ね、翌月創刊の『日本学生新聞』への寄稿を依頼した[320]。三島は日本を守ろうとする青年たちの純粋な志に感動し、〈覚悟のない私に覚悟を固めさせ、勇気のない私に勇気を与へるものがあれば、それは多分、私に対する青年の側からの教育の力であらう〉と綴った[318]

三島は42歳となるこの年の元日の新聞で、執筆中の〈大長編の完成〉が予定されている47歳の後には、〈もはや花々しい英雄的末路は永久に断念しなければならぬ〉と語り、〈英雄たることをあきらめるか、それともライフワークの完成をあきらめるか〉の二者択一の難しい決断が今年は来る予感がするとして、西郷隆盛加屋霽堅が行動を起こした年齢を挙げながら、〈私も今なら、英雄たる最終年齢に間に合ふのだ〉と〈年頭の迷ひ〉を告白した[321]

同年4月12日から約1か月半、単身で自衛隊体験入隊した三島は、英国ノルウェースイスなどの民兵組織の例に習い、国土防衛の一端を担う「祖国防衛隊」構想を固め、その後、学生らを引き連れた自衛隊体験入隊を定期的に行なった。以降、三島は航空自衛隊F-104戦闘機への搭乗体験や、陸上自衛隊調査学校情報教育課長・山本舜勝とも親交し、共に民兵組織(のち「楯の会」の名称となる)会員への指導を行うことになる(詳細は三島由紀夫と自衛隊を参照)。

これらの活動と平行し1967年(昭和42年)2月から「奔馬」が『新潮』で連載開始された(1968年8月まで)。この小説は、血盟団の時代を背景に昭和維新に賭けた青年の自刃を描き、美意識と政治的行動が深く交錯した作品となった[322]。同年2月28日には、川端康成石川淳安部公房と連名で、中共文化大革命に抗議する声明の記者会見を行なった[297]

6月は日本空手協会道場に入門し、中山正敏日本空手協会首席師範)の下、7月から空手の稽古を始めた。三島は中山に、「私は文士として野垂れ死にはしたくない。少なくとも日本人として、行動を通して〈空〉とか〈無〉というものを把握していきたい」と語ったという[312]

6月19日には、早稲田大学国防部の代表らと会合し森田必勝と出会った[320]。森田はその後、三島を師と仰ぎ、体験入隊の令状として、「先生のためには、いつでも自分は命を捨てます」と三島に贈った[320]。三島は、「どんな美辞麗句をならべた礼状よりも、あのひところにはまいった」と森田に返した[320]

三島が作中人物になりきってしまう傾向を危惧していた担当編集者の菅原国隆[265]、三島を鎌倉の小林秀雄宅に連れ、小林を通じてそれとなく自衛隊体験入隊を止めるよう説得を試みるが、逆に変な小細工をしたことで三島から不興を買った[323]。この頃の三島は、「奔馬」に登場するような青年たちに出会ったことを、「恐いみたいだよ。小説に書いたことが事実になって現れる。そうかと思うと事実の方が小説に先行することもある」と担当編集者の小島喜久江に語ったという[324]

同年9月下旬からは、インド政府の招きで、インド、タイラオスへ夫人同伴で旅行した[325]。第三巻「暁の寺」の取材のため、単身でベナレスカルカッタに赴いた三島は、ノーベル文学賞受賞を期待し加熱するマスコミ攻勢から逃れるためにバンコクに滞留し、そこで三島を捕まえた特派員の徳岡孝夫と知り合い、意気投合するようになった[326][注釈 22]

同年10月には、『英霊の聲』とは違う形でありながらも同根の〈義〉を描いた戯曲『朱雀家の滅亡』を発表[327]。同時期には『葉隠入門』、『文化防衛論』などの評論も多く発表され、『文化防衛論』においては、〈近松西鶴芭蕉もいない〉昭和元禄を冷笑し、自分は〈現下日本の呪い手〉であると宣言するなど、戦後民主主義への批判を明確に示した[328]

楯の会と共に――豊饒の海[編集]

1968年(昭和43年)2月25日、三島は論争ジャーナル事務所で、中辻和彦、万代潔、持丸博ら10名と「誓 昭和四十三年二月二十五日 我等ハ 大和男児ノ矜リトスル 武士ノ心ヲ以テ 皇国ノ礎トナラン事ヲ誓フ」という皆の血で巻紙に書いた血盟状を作成し、本名〈平岡公威〉で署名した[329][330]。4月上旬には、堤清二の手配によるドゴールの制服デザイナー・五十嵐九十九デザインの制服を着て、隊員らと青梅市の愛宕神社に参拝した[329]

インド訪問で中共に対処する防衛の必要性を実感した三島は[325]、企業との連携で「祖国防衛隊」の組織拡大を目指し、民族資本から資金を得て法制化してゆく「祖国防衛隊構想」を立ち上げ、経団連会長らと何度か面談していたが、5月か6月頃の面談を最後に、資金援助を断られてしまった[331][332][333]

三島は組織規模を縮小せざるをえなくなり、10月5日に隊の名称を「祖国防衛隊」から万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて大君の醜(しこ)の御楯と出で立つ吾は」にちなんだ「楯の会」と変えた[334]。同年8月には剣道5段に合格し、9月からはインドでのベナレス体験が反映された第三巻の「暁の寺」を『新潮』で連載開始した(1970年4月まで)[44]

同年10月21日の国際反戦デーにおける新左翼新宿騒乱の激しさから、彼らの暴動を鎮圧するための自衛隊治安出動の機会を予想した三島は、それに乗じて「楯の会」が斬り込み隊として加勢する自衛隊国軍化・憲法9条改正へのクーデターを計画した[335]。この日の市街戦を交番の屋根の上から見ていた三島の身体が興奮で小刻みに震えているのを、隣にいた山本舜勝は気づいた[333]

この日帰宅した息子の興奮ぶりを母・倭文重は、「手がつけられない程で、身振り手振りで宜しく事細かに話す彼の話を、私は面白いと思いつつもうす気味悪く聞いた。彼の心の底深く沈潜していたものが一挙に噴出した勢いだった」と述懐している[26]。三島はクーデターの恰好の機会を待ちながらゲリラ演習訓練を続け、各大学で学生とのティーチ・インや防衛大学校での講演活動を行なった[335][44]。三島と楯の会は、世間から「玩具の兵隊さん」と嘲笑されるのを隠れ蓑にし精鋭化していった[336]

その活動と並行し、同時期には戯曲『わが友ヒットラー』や、『命売ります』、評論『反革命宣言』などを発表した。また同年10月17日には川端康成ノーベル文学賞受賞が報道され、三島もすぐに祝いに駆けつけた。川端は受賞のインタビューで「運がよかった」とし、「翻訳者のおかげ」の他に、「三島由紀夫君が若すぎるということのおかげです」と答えた[337]

1969年(昭和44年)1月には『豊饒の海』第一巻の『春の雪』、2月には第二巻『奔馬』が新潮社から刊行され、澁澤龍彦や川端康成など多くの評論家や作家から高評価された[338]。2月11日の建国記念の日には、国会議事堂前で焼身自殺した江藤小三郎の壮絶な諌死に衝撃を受け、その青年の行動の〈本気〉に、〈夢あるひは芸術としての政治に対する最も強烈な批評〉を三島は感得した[339]

同年5月13日には、東大教養学部教室での全共闘主催の討論会に出席し、芥正彦小阪修平らと激論を交わした。その中で三島は、〈つまり天皇を天皇と諸君が一言言ってくれれば、私は喜んで諸君と手をつなぐのに、言ってくれないから、いつまでたっても殺す殺すと言っているだけのことさ。それだけさ〉と発言[340]、最後に、〈諸君の熱情は信じます。ほかのものは一切信じないとしても、これだけは信じる〉として、壇を後にした[340][注釈 23]

6月からは、勝新太郎石原裕次郎仲代達矢らと共演する映画『人斬り』(五社英雄監督)の撮影に入り、薩摩藩田中新兵衛役を熱演した。共演した仲代達矢が大阪行きの飛行機内で、「作家なのにどうしてボディビルをしているんですか?」と尋ねると、三島は「僕は死ぬときに切腹するんだ」、「切腹してさ、脂身が出ると嫌だろう」と答えたので、仲代は冗談の一つだと思って聞いていたという[341]

この頃、三島はすでに何人かの楯の会会員らに居合を習わせ、先鋭の9名(持丸博、森田必勝倉持清小川正洋小賀正義など)に日本刀を渡し「決死隊」を準備していた[335]。これと並行し、自衛隊の寄宿舎での一日を綴った私小説『蘭陵王』、戯曲『癩王のテラス』などが発表され、日本のオデッセイ源為朝だという意気込みで、歌舞伎『椿説弓張月』も書き上げた[44]

しかし、7月下旬頃から古参メンバーの中辻和彦と万代潔と、「論争ジャーナル」の資金源(中辻らが田中清玄に資金援助を求めていたこと)を巡り齟齬が生じ、8月下旬に中辻、万代ら数名が楯の会を正式退会し[319][332]、その後、持丸博も、会の事務を手伝っていた松浦芳子と婚約したのを機に、退会の意向を示した[342]

三島は「楯の会の仕事に専念してくれれば生活を保証する」と説得したが駄目だった[332]。右腕だった持丸を失った三島の落胆は大きく、山本に、「男はやっぱり女によって変わるんですねえ」と悲しみと怒りの声でしんみり言ったという[332][342]。持丸の退会により、10月12日から森田必勝が学生長となった。

この年の10月21日の国際反戦デーの左翼デモは前年とは違い、前もって配備されていた警察の機動隊により簡単に鎮圧された。三島は自衛隊治安出動が不発に終わった絶望感から、未完で終るはずだった「暁の寺」を〈いひしれぬ不快〉で書き上げた[343][344]。これでクーデターによる憲法改正と自衛隊国軍化を実現する〈作品外の現実〉に賭けていた夢はなくなった[343][344][345]

「暁の寺」の完成によつて、それまで浮遊してゐた二種の現実は確定せられ、一つの作品世界が完結し閉ぢられると共に、それまでの作品外の現実はすべてこの瞬間に紙屑になつたのである。私は本当のところ、それを紙屑にしたくなかつた。それは私にとつての貴重な現実であり人生であつた筈だ。しかしこの第三巻に携はつてゐた一年八ヶ月は、小休止と共に、二種の現実の対立・緊張の関係を失ひ、一方は作品に、一方は紙屑になつたのだつた。

三島由紀夫「小説とは何か 十一」[343]

この頃、自分が死ぬかもしれないことを想定していた三島は、もしもの場合を考え、川端康成宛てに、〈死後、子供たちが笑はれるのは耐へられません。それを護つて下さるのは川端さんだけ〉だと、8月から頼んでいた[346][298]

同年10月25日、蓮田善明の25回忌に、『蓮田善明全集』刊行の協力要請を小高根二郎に願い出た三島は[347]、連載終了した小高根の「蓮田善明とその死」の返礼に、〈今では小生は、嘘もかくしもなく、蓮田氏の立派な最期を羨むほかに、なす術を知りません〉とし、〈蓮田氏と同年にいたり、なほべんべんと生きてゐるのが恥ずかしくなりました〉と綴った[348]

11月3日、森田必勝を学生長とした楯の会結成1周年記念パレードが国立劇場屋上で行なわれ、藤原岩市陸将らが祝辞を述べ、女優の村松英子倍賞美津子から花束を贈呈された[297][349]。三島は、このパレードの祝辞を前々から川端康成に依頼し[346]、10月にも直に出向いてお願いしたが、川端から「いやです、ええ、いやです」と、にべも無く断られ、村松剛に涙声でその悲憤と落胆を訴えたという[350]

最終章――天人五衰[編集]

1970年(昭和45年)1月1日、三島邸で開かれた新年会で、丸山明宏が三島にが憑いていると言った。三島が何人かの名前を矢継ぎ早に挙げて訊くと、磯部浅一のところで「それだ!」と丸山は答え、三島は青ざめたという[330][105]。その昔1959年(昭和34年)7月に三島邸で奥野健男澁澤龍彦らが来て、コックリさんをしている最中にも、「二・二六の磯部の霊が邪魔している」と三島が大真面目の呟いていたとされる[351]

1月17日、三島は学習院時代の先輩・坊城俊民夫妻との会食の席で、50歳になったら藤原定家を書きたいという今後の抱負を語った[352]。2月には、未知の男子高校生の訪問があり、「先生はいつ死ぬんですか」と質問され、このエピソードを元に「独楽」を書いた[353][354]。3月頃、万が一の交通事故死のためという話で、知人の弁護士斎藤直一遺言状の正式な作成方法を訊ねていた三島は[355]、同時期には、常にクーデター計画に二の足を踏んでいた山本舜勝とは疎遠となり、4月頃から森田必勝ら先鋭メンバーと具体的な最終決起計画を練り始めた(詳細は三島由紀夫と自衛隊を参照)。

3月頃、三島は村松剛に、「蓮田善明は、おれに日本のあとをたのむといって出征したんだよ」と呟き、「『豊饒の海』第四巻の構想をすっかり変えなくてはならなくなってね」とも洩らしたという[105]。刊行された小高根二郎の『蓮田善明とその死』を携えて山本舜勝宅を訪問した三島は、「私の今日は、この本によって決まりました」と献呈した[356]

第四巻の取材のため、三島は5月に清水港駿河湾、6月に三保の松原に赴き、タイトルを決定し、7月から「天人五衰」を連載開始した[44]。6月下旬には、自分の死後の財産分与や、『愛の渇き』と『仮面の告白』の著作権を母・倭文重に譲渡する内容の遺言状を作成し[297]、7月5日に、森田必勝ら4名との決起を11月の楯の会定例会の日に定めた[357]

7月7日の新聞では、「果たし得てゐない約束」と題して自身の戦後25年間を振り返り、〈その空虚に今さらびつくりする。私はほとんど「生きた」とはいへない。鼻をつまみながら通りすぎたのだ〉と告白し、〈私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする〉と戦後社会への決別宣言した[358]

同じ7月、三島は保利茂官房長官と中曽根康弘防衛庁長官に『武士道と軍国主義』『正規軍と不正規軍』という防衛に関する文書を政府への「建白書」として託したが、中曽根に阻止されて閣僚会議で佐藤栄作首相に提出されることはなく葬られた[359]。川端宛てには、〈時間の一滴々々が葡萄酒のやうに尊く感じれ、空間的事物には、ほとんど何の興味もなくなりました〉と綴った[360]

同年8月、家族と共に伊豆下田に旅行し、帰京後は、執筆取材のため新富町帝国興信所を訪れた。8月下旬頃にはすでに「天人五衰」の最終回部分(26-30章)をほぼ書き上げ、原稿コピーは新潮社出版部長・新田敞に預けた[297]。9月には評論『革命哲学としての陽明学』を発表。同時期に対談集『尚武のこころ』、『源泉の感情』も出版した[216]

9月3日にヘンリー・スコット=ストークス宅の夕食会に招かれた三島は、食事後ヘンリーに暗い面持ちで「日本は緑色のの呪いにかかっている」という不思議な喩え話をした[361]

三島は再び暗い話を始めた。日本にはいろんな呪いがあり、歴史上に大きい役割を果たしてきたと言う。近衛家は、九代にわたって嗣子が夭折した云云。今夜は様子が違う。延々とのろいの話。日本全体が呪いにかかっていると言い出す。日本人は金に目がくらんだ。精神的伝統は滅び、物質主義がはびこり、醜い日本になった…と言いかけて、奇妙な比喩を持ち出した。「日本は緑色の蛇の呪いにかかっている」 これを言う前に、一瞬だが、躊躇したような気がした。さらにこう説明した。「日本の胸には、緑色の蛇が喰いついている。この呪いから逃れる道はない」 ブランデーを飲んでいたが、酔って言ったのではないことは確実だ。どう解釈すればいいのか。

ヘンリー・スコット=ストークス「三島由紀夫 死と真実」[361]

この時期には、ドナルド・リチーや『潮騒』の翻訳者・メレディス・ウェザビーとも頻繁に会い、リチーが楯の会のことをボーイスカウトだと揶揄すると、「数少ない彼らボーイスカウトと僕は、秩序を保つ核となるんだ」と言い、官僚主義に屈した親政府と戦い、敗けると判っていながらも若き兵士たちと行動を共にした西郷隆盛を「最後の真のだ」と敬愛していたという[362]

10月には、「このごろはひとが家具を買いに行くというはなしをきいても、吐気がする」と村松剛に告白し、村松が、「家庭の幸福は文学の敵。それじゃあ、太宰治と同じじゃないか」と指摘すると、三島は、「そうだよ、おれは太宰治と同じだ。同じなんだよ」と言い、小市民的幸福を嫌っていたとされるが[105]、自分の死後も、子供たちに毎年クリスマス・プレゼントが届く手配を百貨店にし[363]、子供雑誌の長期購読料も出版社に先払いし、毎月届けるように頼んでいた[276]伊藤勝彦によると、三島はある種の芸術家にみられるような、家庭を顧みないような人間ではなかったという[364]

10月に再演された『薔薇と海賊』の第2幕目の終りで、三島は舞台稽古と初日とも泣いていた[365][366][367]。その場面の主人公・帝一の台詞は、〈船の帆は、でも破けちやつた。帆柱はもう折れちやつたんだ〉、〈僕は一つだけ嘘をついてたんだよ。王国なんてなかったんだよ〉だった[297]

11月17日、三島は清水文雄宛てに、〈「豊饒の海」は終りつつありますが、「これが終つたら……」といふ言葉を、家族にも出版社にも、禁句にさせてゐます。小生にとつては、これが終ることが世界の終りに他ならないからです。カンボジアバイヨン大寺院のことを、かつて「癩王のテラス」といふ芝居に書きましたが、この小説こそ私にとつてのバイヨンでした〉と記している[368][注釈 24]

11月21日頃、いくら遅くても連絡してほしいという三島からの伝言を受けていた藤井浩明は、深夜三島に電話した。イタリアで上映され好評の『憂国』などの話をし、最後に藤井がまた連休明けに連絡する旨を伝えて切ろうとすると、いつもは快活に電話を切る三島が、「さようなら」とぽつりと言ったことが何となく気にかかったという[370]

11月22日の深夜午前0時前に横尾忠則が三島に電話し、横尾が装幀担当の『新輯 薔薇刑』のイラストについて話が及ぶと、その絵を三島は「俺の涅槃像だろう」と言って譲らず、また、療養中の横尾を気遣い、「足の病気は俺が治して歩けるようにしてやる」と言ったという[371][372]

11月24日、決起への全ての準備を整えた三島と森田必勝、小賀正義古賀浩靖小川正洋は、午後6時頃から新橋の料亭「末げん」で鳥鍋料理を注文し、最後の会食をした[357]。午後8時頃に店を出て、小賀の運転する車で帰宅した三島は、午後10時頃に離れに住む両親に就寝の挨拶に来て、何気ない日常の会話をして別れたが、肩を落として歩く後姿が疲れた様子だったという[316]

自衛隊突入決行と自決[編集]

バルコニーで演説(1970年11月25日、市ヶ谷駐屯地にて)

1970年(昭和45年)11月25日、三島は陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監部の総監室を森田必勝ら楯の会会員4名と共に訪れ、面談中に突如益田兼利総監を人質にして籠城バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起を促す演説をした直後に割腹自決した(詳細は三島事件参照のこと)。45歳没。

決起当日の朝10時30分、担当編集者の小島喜久江は平岡家のお手伝いさんから間接的に第四巻「天人五衰」の原稿を渡された[324][注釈 25]。編集部に戻って原稿を見ると、予定と違って最終回となっており、巻末日付が11月25日で署名がなされていた[324]

この11月25日という決行日については、昭和天皇が摂政に就いた日であることと、天皇が「人間宣言」をしたのが45歳だったことから、同じ年齢で人間となった天皇の身代りになって死ぬことで、「神」を復活させようという意味があったと考察する研究や[373][312]、三島が尊敬していた吉田松陰の刑死の日を新暦に置き換えた日に相当するという見解もある[316][374]

また、11月25日は、三島が戦後を生きるために〈飛込自殺を映画にとつてフィルムを逆にまはすと、猛烈な速度で谷底から崖の上へ自殺者が飛び上つて生き返る〉という〈生の回復術〉〈裏返しの自殺〉[221]として発表した『仮面の告白』の起筆日であることから、三島が戦後の創作活動のすべてを解体し、〈死の領域〉に戻る意味があったとする考察もある[375]

この日、細川護立の葬儀のため東京に居た川端康成は、三島自決の一報を受けてすぐに現場に駆けつけたが、遺体とは対面できなかった[376]。呆然と憔悴しきった面持ちの川端は、報道陣に囲まれ、「もったいない死に方をしたものです」と答えた[377]。三島の家族らは動転し、瑤子夫人はショックで寝込んでしまった[378]

三島の辞世の句は、〈益荒男が たばさむ太刀の 鞘鳴りに 幾とせ耐へて 今日の初霜〉、〈散るをいとふ 世にも人にも 先駆けて 散るこそ花と 吹く小夜嵐〉の2句。自宅書斎からは、家族や知人宛ての遺書の他、机上に「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」(サンケイ新聞 昭和45年7月7日号)と「世なおし70年代の百人三島由紀夫」(朝日新聞 昭和45年9月22日号)の切抜きがあり、〈限りある命ならば永遠に生きたい. 三島由紀夫〉という遺書風のメモも見つかった[379]

介錯に使われた自慢の名刀「関孫六」は刃こぼれをしていた[380]。刀は当初白鞘入りだったが、三島が特注の軍刀拵えを作らせそれに納まっていた。事件後の検分によれば、目釘は固く打ち込まれさらに両側を潰し、容易に抜けないようにされていた[316]。刀を贈った友人の舩坂弘は、死の8日前の「三島由紀夫展」(11月12日から17日まで東武百貨店で開催)で孫六が軍刀拵えで展示されていたことを聞き、言い知れぬ不安を感じたという[317]

武田泰淳は、三島と自身とは文体も政治思想も違うが、その「純粋性」を常に確信していたとし[381]、以下のような追悼文を贈った[220][注釈 26]

息つくひまなき刻苦勉励の一生が、ここに完結しました。疾走する長距離ランナーの孤独な肉体と精神が蹴たてていった土埃、その息づかいが、私たちの頭上に舞い上り、そして舞い下りています。あなたの忍耐と、あなたの決断。あなたの憎悪と、あなたの愛情が。そしてあなたの哄笑と、あなたの沈黙が、私たちのあいだにただよい、私たちをおさえつけています。それは美的というよりは、何かしら道徳的なものです。
あなたが「不道徳教育講座」を発表したとき、私は「こんなに生真じめな努力家が、不道徳になぞなれるわけがないではないか」と直感したものですが、あなたには生まれながらにして、道徳ぬきにして生きて行く生は、生ではないと信じる素質がそなわっていたのではないでしょうか。あなたを恍惚とさせようとする「美」を押しのけるようにして、「道徳」はたえずあなたをしばりつけようとしていた。

武田泰淳「三島由紀夫氏の死ののちに」[220]

翌日の11月26日、三島が伊沢甲子麿に託した遺言により、遺体には楯の会の制服が着せられ、手には胸のあたりで軍刀が握りしめられた[316][383]。どんなに変わり果てた無惨な姿かと父・梓は心配だったが、胴と首も縫合され、警察官たちの厚意により顔も綺麗に化粧が施されていた[316]。密葬は自宅で行われ、家族は柩に原稿用紙や愛用の万年筆も添え、品川区桐ヶ谷斎場で荼毘に付された[316]

三島由紀夫の墓

1971年(昭和46年)1月14日、三島の誕生日であるこの日、府中市多摩霊園の平岡家墓地に遺骨が埋葬された[316]。自決日の49日後が誕生日であることから、三島が転生のための中有の期間を定めていたのではないかという説もある[384]

同年1月24日に、築地本願寺告別式(葬儀委員長・川端康成、弔辞・舟橋聖一ほか)が行われた。8200人以上の一般会葬者が参列に訪れ、文学者の葬儀としては過去最大のものとなった[385]戒名は「彰武院文鑑公威居士[316]。遺言状には「必ず武の字を入れてもらいたい。文の字は不要」とあったが、父・梓は文人として生きてきた息子の業績を考えて「文」の字も入れた[316]

告別式には、右翼の仲間と思われることを厭い、参列を回避した知人らも多く、ドナルド・キーンも友人らの助言により参列を見合わせた。キーンはそのことを後悔しているという[386]

人質となった益田兼利総監は裁判の公判で、「被告たちに憎いという気持ちは当時からなかった」とし、「国を思い、自衛隊を思い、あれほどのことをやった純粋な国を思う心は、個人としては買ってあげたい。憎いという気持ちがないのは、純粋な気持ちを持っておられたからと思う」と語った[387]

なお、川端康成の養女・政子の夫・川端香男里によると、三島が川端康成に宛てた手紙の最後のものは、11月4日から6日の間に自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地から出された鉛筆書きのもので、この手紙は川端康成によって焼却されたとされる[388]。香男里によると、「文章に乱れがあり、これをとっておくと本人の名誉にならないからすぐに焼却してしまった」とされる[388]。しかし、これは川端の名誉にならないから焼却されたのではないかという見方もある[312][389][注釈 27]

三島と森田の忌日には、「三島由紀夫研究会」による追悼慰霊祭「憂国忌」が毎年行われている。三島事件に関わり4年の実刑判決を受けた楯の会3人(小賀正義小川正洋古賀浩靖)が仮出所した翌年の1975年(昭和50年)以降には、元楯の会会員による慰霊祭も神道形式で毎年行われている[390]

1999年(平成11年)7月3日には、三島の著作や資料を保管する「三島由紀夫文学館」が開館された。

文学碑・追悼碑[編集]

三重県神島港に『潮騒』の文学碑があり、「三島文学 潮騒の地」と刻まれている。

1971年(昭和46年)1月30日、松江日本大学高等学校(現・立正大学淞南高等学校)の玄関前に「三島由紀夫・森田必勝烈士顕彰」が建立され、除幕式が行なわれた[367]。碑には「誠」「維新」「憂国」「改憲」の文字が刻まれている[367]

同年2月11日、三島の本籍地の兵庫県印南郡志方町(現・加古川市志方町)の八幡神社境内で、地元の生長の家の会員による「三島由紀夫を偲ぶ追悼慰霊祭」が行われた[391]。また、この地に「三島由紀夫先生慰霊の碑」が建立された。揮毫は県知事・坂井時忠[385]

同年11月25日、埼玉県大宮市(現・さいたま市)の宮崎清隆(元陸軍憲兵曹長)宅の庭に「三島由紀夫文学碑」が建立された。揮毫は三島瑤子(平岡瑤子[392]

陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地の第2中隊隊舎前に追悼碑が建立されている[393]。碑には、「深き夜に 暁告ぐる くたかけの 若きを率てぞ 越ゆる峯々 公威書」という三島の句が刻まれている[393]

1973年(昭和48年)6月10日、静岡県賀茂郡賀茂村(現・西伊豆町)の黄金崎に『獣の戯れ』の一節が刻まれた文学碑が建立され、除幕式が行われた。揮毫は平岡梓[394]

1983年(昭和58年)1月9日、静岡県富士宮市郊外に「三島由紀夫神社」が建立された[385][395]

1991年(平成3年)11月、新潟県湯之谷村(現・魚沼市)の枝折峠に『沈める滝』の文学碑が村の有志により建立された。高さ1メートル、幅2メートルあまりの安山岩に、駒ケ岳の風景描写の一節が刻まれている[396]

作風・文学主題・評価[編集]

作風[編集]

三島由紀夫の主要作品は、レトリックを多様に使用しているところに特徴があり、構成なども緊密に組み立てられ、古代ギリシアの『ダフニスとクロエ』から着想した『潮騒』、エウリピデスギリシャ悲劇や、能楽歌舞伎ラシーヌのフランス古典劇などを下敷きにした戯曲や小説、『浜松中納言物語』を典拠とした『豊饒の海』など、古典から、その〈源泉〉を汲み上げ、新しく蘇らせようとする作風傾向がある[9][10][397][398]

上記のような傾向から、その形式的な構成の表現方法は、近代日本文学の主な担い手だった私小説作家たちより、西洋文化圏の作家に近い面がある[7]。また、社会的な事件や問題を題材にするなど、日本の第一次戦後派作家第二次戦後派作家と共通する点はあったものの、その作風は彼らと違い、戦争時代への嫌悪はなく、社会進歩への期待や渇望、マルキシズムなシンパシーを持った未来幻想がなかったため、そういった面では、明日など信じていない太宰治坂口安吾石川淳檀一雄などの無頼派に近い傾向がある[7]

上述でも判るように、三島は古代から中世近世の日本文学に造詣が深く、耽美的な傾向の点では江戸末期の文学の流れをくむ谷崎潤一郎、夭折美学や感覚的な鋭さの面では川端康成とも大きな共通性があるが[399][163]文体的には堀辰雄森鴎外の影響を受けており[247][163]、その文学の志向や苦闘は、日本的風土と西洋理念との狭間で格闘した横光利一精神に近いことが指摘されている[400][401]

午後の曳航』などを翻訳したことのあるジョン・ネイスンは、三島は、「(日本が開国により)国をこじあけられて以来ずっと病んできた文化的両価性の範型」と見なせるとし[402]、日本が「生来的・先天的・伝統基底的な」自国文化と、「外来で扱いにくい」異種の西欧文化を和解させて「真正の〈自己〉を見出そうとする国民的争闘」、東洋と西洋の「綜合の模索」の同一パターンの反復であるとしている[402]

そしてネイスンは、「たしかに、三島の何とも優美で華麗な表現力をそなえた日本語は、多少熟れすぎではあったが、骨の髄まで日本的であった。三島が毎夜、真夜中から明け方までかけて紡ぎ出した日本語こそが彼にとって真の重大事であり、その一生を規定した」とし[402]、「(三島の死は)一つの国民的苦悩の明快で適切無比な表現であったことも理解されなければならない。これぞ文化的廃嫡の苦悩であった」と評している[402]

二元論[編集]

三島の作品は、『純白の夜』『愛の渇き』『真夏の死』『夜の向日葵』『美徳のよろめき』『春の雪』『薔薇と海賊』『裸体と衣裳』『絹と明察』など、反対の概念を組み合わせた題名が多く、『仮面の告白』では、「仮面を被る」ことと、本来は反対の概念である「告白」が、アイロニカルに接合していることが指摘されている[403]

文学のテーマも、三島自身が、〈『太陽と鉄』は私のほとんど宿命的な二元論的思考の絵解きのようなもの〉と言っているように[299]精神肉体言葉行動、見る者と見られる者(認識者と行為者)、芸術人生、作者と彼、といった二元論がみられるが、その〈対〉の問題は、単純な並列や対立関係ではないところに特徴があり[403][404]、『トニオ・クレエゲル』の〈トニオ〉対〈ハンスやインゲ〉に象徴される〈芸術家〉対〈美しい無智者(欠乏の自覚〈エロス〉を持たぬ下方の者でありながらも美しいという存在)〉の二項の図式から生じてくる芸術家・トニオの〈分裂の意識(統一的意識を持つこと自体が二律背反であること)〉を解読した三島には[405]、〈統一的意識の獲得〉を夢み、〈欠乏の自覚を持つことをやめて、統一的意識そのもの〉〈人工的な無智者〉に成り変って、〈自己撞着の芸術観〉つまりは〈エロスを必要とせぬ芸術〉〈無智者の作りうる芸術〉を打ち建てようという思考がみられる[405][404][403]

潮騒』あたりから三島が志向し始めた「〈統一的意識そのもの〉に成り変る者」とは[405]、〈芸術家〉(作者)、〈彼〉(無智者かつ美的存在で欠乏の自覚を持たぬ者)のいずれに属するのか、一体「誰」になるのかを青海健は考察し、三島文学の特異性について以下のように論じている[403]

“芸術家小説”である作品空間は、あのアキレスと亀の話のように、限りなく作者に近接するものの、永遠に作者に到達することはない。近づけば近づくほど、逆に作者は限りなく作品空間から遠ざかるのだ。芸術対人生の対立をのり超えたと信じた三島は、この地点で、転換されたレベルでの二項対立に新たに捕えられるのである。それはの部屋の中でのように無限に繰り返されるだろう。「彼」は作者になりうるか、作者は「彼」になりうるか……。この自己撞着のウロボロスの無限円環のなす背理そのものが、以後の三島の文学空間を規定したのである。

青海健「表層への回帰――三島由紀夫論」[403]

すでに行動の世界にいた三島が自決の3年前、〈今は、言葉だけしか信じられない境界へ来たやうな心地がしてゐる〉とし[406]大東亜戦争時、あらん限りの〈至上の行動〉を尽くし、特攻隊が〈人間の至純の〉を示したにもかかわらず、〈神風が吹かなかつた〉のならば、〈行動と言葉とは、つひに同じことだつたのではないか〉[406]、「力を入れずして天地(あめつち)を動かし」(古今集での紀貫之の序)という宣言(〈言葉の有効性には何ら関はらない別次元の志〉)の方がむしろ〈その源泉をなしてゐるのではないか〉と思い至り、〈このときから私の心の中で、特攻隊は一篇のと化し〉、〈行動ではなくて言葉になつた〉と語っているが[406]、この〈言葉〉とは、「言葉からはみ出してしまうものを表現するものである言葉」(『太陽と鉄』での〈「肉体」の言葉〉[131])を意味している[403]

その三島の〈肉体〉は〈すでに言葉に蝕まれてゐた〉ゆえ[131]、両者は永遠の往還となり、〈言葉〉によって〈肉体〉に到達しようとし、その〈肉体〉への到達がまた〈言葉〉へと還流するという「アイロニカルな円環」(到達不可能)であり、最終的には〈言葉〉と〈肉体〉のどちらでもなく、そのどちらでもあるという境界(「絶対の空無」、〈死〉)でしか超えらず[403]、この〈生〉と〈死〉の関係性を「輪廻転生」(生と死が対立概念ではない)として表現した作品が『豊饒の海』となり、認識者の自意識(言葉)との格闘が物語られる3巻と4巻(『暁の寺』と『天人五衰』)で、最後に「作者」(三島)を待ち受けるのが、「絶対の空無」であると青海は論考している[403]

言葉の領域でもあった〈生〉と[221]、〈死〉との連続性を垣間見た三島が、〈言葉の有効性〉をそぎ落とし、目指した〈詩的秩序をあらゆる有効性から切り離す〉こととは[406]、「言葉の表層」、「エロス的悲劇性の表層」へと回帰することであり、「言葉が現実に対して無効となる時はじめてその本来の力を開示する」ということだったと青海は三島の作品遍歴から論考している[403]。〈行動と言葉とは、つひに同じことだつた〉と三島が悟ったのは、言葉から逃走した地点が、〈行動〉の有効性をも消滅する地平でもあり、その〈行動〉に向かうことで、アイロニカルにも、「言葉の無効性を生かすこと」が可能となり、「言葉の否定による言葉の奪還」というパラドックス(円環)になる[403]

三島の『花ざかりの森』が初掲載された『文藝文化』には、蓮田善明の『鴨長明』が同時掲載され、そこで蓮田は、もなくなり、魂だけになった「言葉」が鴨長明の和歌だと論じている[407][408]島内景二は、それは三島の行きついた「魂の形」を予言していたとし[408]、三島は尊敬する蓮田の論を意識し、「と見えるものも血ではなく、死と思われるものも死ではない」境地の、「肉も骨もない、魂だけの言葉」に辿り着くため、蓮田の論を実践し証明しようとしたと考察している[408]

悲劇性[編集]

憂国』や『春の雪』に顕著であるジョルジュ・バタイユ的な生と死の合一といったエロティシズム観念(禁止―侵犯―聖性の顕現)は、三島の耽美的憧憬とも重なるものであるが、それは三島の「日本回帰」や「時代の禁忌」でもあり、神聖天皇(絶対の空無=超越者)を夢見るという不可能性の侵犯を秘めたロマン主義的イロニーでもあった[403]。当時の左翼的知識人たちに対する「反動イデオローグ」として、三島は「危険な思想家」(山田宗睦が名付けた)と問題視され[409][410]、また、野口武彦からは、その〈抽象的情熱〉を[189]ドイツ・ロマン派や、三島が少年時代に培った日本浪曼派に通ずるロマンチック・イロニーと呼ばれていた[410]

近代では禁忌である天皇の中にこそ、「近代」をのり超える〈絶対〉を垣間見ていた三島は、バタイユについて、以下のように語り[411]、死の1週間前に行なわれた対談の中では、〈バタイユは、この世でもっとも超絶的なものを見つけだそうとして、じつに一所懸命だったんですよ。バタイユは、そういう行為を通して生命の全体性を回復する以外に、いまの人間は救われないんだと考えていたんです〉と述べている[132]

人間のの拒否、神の否定の必死の叫びが、実は“本心からではない”ことをバタイユは冷酷に指摘する。その“本心”こそ、バタイユのいはゆる“エロティシズム”の核心であり、ウィーンの俗悪な精神分析学者などの遠く及ばぬエロティシズムの深淵を、われわれに切り拓いてみせてくれた人こそバタイユであつた。

三島由紀夫「小説とは何か 七」[411]

こういった三島の思考は、反キリストニヒリストニーチェが『ツァラトゥストラ』で「超人」を招来したイロニーと等価であり[412]、ニーチェの『悲劇の誕生』は三島文学に大きな影響を与えている[413]。ニーチェの待望した「英雄」「ディオニュソス」的なものは、三島にとって『蘭陵王』の〈獰猛な仮面〉と〈やさしい顔〉を持ち[414]蓮田善明の〈薩摩訛りの、やさしい目をした、しかし激越な慷慨家〉[415]、特攻隊の〈人間の至純の魂〉[406]、澄んだ『独楽』の〈透明な兇器〉[354]、『奔馬』の飯沼勲の〈荒ぶる神〉[322]、『椿説弓張月』の源為朝など、純一無垢のイメージを秘め、悲劇性を帯びた美的存在としてある[14][412][403]

寂寞のエンディング[編集]

遺作の『豊饒の海』4巻(『天人五衰』)のエンディングと、三島が16歳の時に夭折を想定して書いた『花ざかりの森』の静寂的な末尾が酷似していることは、多くの論者から指摘されているが[416][417]、10歳の時に書いていたという絵コント入りの「紙上映画」とも言える小品『世界の驚異』の結末も、それまでの華やかな物語を全否定してしまうような「火の消えた蝋燭」のエンディングとなっており、寂寞のうちに閉じるという『豊饒の海』の印象的な結末と通底するものが看取される[418]

『世界の驚異』は、『マッチ売りの少女』や、ヴェルレーヌの『秋の歌(落葉)』の影響が見られ、〈すゝきのゆれるも物悲しき、むせびなくヴァイオリンの音のやうにかなでゆくの調べ〉という文章と共に秋の淋しさが表現され、前段の頁では、極楽鳥が描かれている[418]。火の消えた蝋燭の頁では、〈やはり、美しい夢はつかめなかつた。あゝ果てゆく幻想。それはの野にたつ、かげろうにのやうにはかないものだ。らうそくの火はきえて了つた。そして目も前は何もかもまつくらだ〉と記され(校正なしの原文のまま)、最後にMGMトレードマークライオンを模した絵が描かれ、先行作の着想を元に独自の世界観を作り上げている[418]

井上隆史は、三島が子供の頃から豊かな才能と想像力に恵まれていたと同時に、その自分が作った世界を自らの手で壊してしまおうというニヒリズム的な傾向があると考察しているが[418]、三島自身も、〈知的(アポロン的)なもの〉と〈感性的〈ディオニソス的〉なもの〉の〈どちらを欠いても理想的な芸術ではない〉として二者の総合を目指し[419]、芸術を〈積木細工〉に喩えつつ、〈積木が完全なバランスを保つところで積木をやめるやうな作家は、私には芸術家ぢやないと思はれる〉として、以下のように語っている[419]

現在あるところのものを一度破壊させなければよみがへつてこないやうなもの、ちやうどギリシャのアドニスの祭のやうに、あらゆる穫入れの儀式がアドニスから生れてくるやうに、芸術といふものは一度死を通つたよみがへりの形でしか生命を把握することができないのではないかといふ感じがする。さういふ点では文学も古代の秘儀のやうなものである。収穫の祝には必ず死と破滅のにほひがする。しかし死と破滅もそのままでは置かれず、必ず春のよみがへりを予感してゐる。

三島由紀夫「わが魅せられたるもの」[419]

人工性[編集]

三島文学の人工性もしばしば指摘される点だが、その人工性には、作品を書くことで自らの危機と向き合い、乗り越えようとする営為が看取される[420]川端康成は三島の人工性の中にある「生々しさ」について、『盗賊』の序文でいち早く言及していた[421][420]

すべて架空であり、あるひはすべて真実であらう。私は三島君の早成の才華が眩しくもあり、痛ましくもある。三島君の新しさは容易には理解されない。三島君自身にも容易には理解しにくいのかもしれぬ。三島君は自分の作品によつてなんのも負はないかのやうに見る人もあらう。しかし三島君の数々の深い傷から作品が出てゐると見る人もあらう。この冷たさうなは決して人に飲ませるものではないやうな強さもある。この脆そうな造花は生を編み合せたやうな生々しさもある。

川端康成「序」(『盗賊』)[421]

弟子の女優村松英子によると、三島は、現実の生々しさをそのまま感情的、グロテスクに表現することを嫌っていたとされ[422]、「基本としてドメスティック(日常的)な演技も必要だけど、それだけじゃ、“演劇”にならない。大根イワシの値段や井戸端会議を越えた所に、日常の奥底に、人間の本質ドラマがあるのだからね」、「怒りも嘆きも、いかなる叫びも、ナマでなく濾した上で、舞台では美しく表現されなければならない。汚い音、汚い演技は観客に不快感を与えるから」と表現の指導をしていたという[422]

荻昌弘との対談の中でも三島は、アーサー・シモンズが「芸術でいちばんやさしいことは、を流させることと、わいせつ感を起させることだ」と言った言葉を、〈千古の名言だ〉として[423]、お涙頂戴的な映画を批判し、〈日本人の平均的感受性に訴えて、その上で高いテーマを盛ろうというのは、芸術ではなくて政治だよ。(中略)国民の平均的感受性に訴えるという、そういうものは信じない。進歩派が『二十四の瞳』を買うのはただ政治ですよ〉という芸術論を展開している[423]

劇作家と小説家[編集]

三島は劇作家でもあるが、その演劇作品もまた、二項の対立・緊張による「劇」的展開を得意とした。三島は、戯曲小説よりも〈本能的なところ〉、〈より小児の遊びに近いところ〉にあるとし[56]、〈告白の順番〉は、〈が一番、次が戯曲で、小説は告白に向かない、だから〉と述べるなど[424]、日常的な現実空間をリアルに書く従来の私小説作家の常識とは異なる考えを持っていたことが看取され[403]、22歳の時、林房雄に宛てた手紙の中でも、〈あらゆる種類の仮面のなかで、「素顔」といふ仮面を僕はいちばん信用いたしません〉と、当時の日本文壇の〈レアリズム的〉な懺悔告白のようなものや啓蒙的な小説を批判している[202]

しかしながら、三島は自分自身を〈小説家〉と規定し[425]、〈肉づきの仮面〉だけが告白できると言っていたことなどから[221]、青海健は、「三島由紀夫とは、小説の〈仮面〉を被った劇作家としての小説家」だとして、三島にとり、「戯曲が〈本能的な〉素面であるなら、小説はその素面にまで喰い入ってしまった肉づきの仮面」だと解説している[403]

三島にとっては小説よりも戯曲の方が〈はるかに大胆素直に告白でき〉、それが〈詩作の代用〉をなすと自ら語るように[426]、「枠のしっかりきめられた」形式の方が、「ポエジー(詩)」=「告白」できるという傾向がみられ[427]、三島の小説が、金閣寺放火事件など、実際の事件を題材にしているものが多いのも、その「ノンフィクション」を「仮面」とすることにより、大胆な「告白」を可能せしめるという方法論をとっているからである[427]

三島は、〈戯曲の法則を強引に小説の法則へ導入〉して[56]ホフマンスタールの言う「自然で自明な形式感」を再確認することが〈小説家〉として重要だという持論の元に[425]、『春の雪』や『奔馬』のようなドラマ性の高い小説を書いているが、その「物語」を見る本多邦繁へと主題がシフトしている『暁の寺』と『天人五衰』においては、すでに「劇」は不在となり、「自己言及的主題」が生の形で描かれる「小説的」な「小説(ノヴェル)」となっている[403]

この三島的な劇の形式感を放棄している小説は、ほかに『禁色』や『鏡子の家』などがあるが、戯曲において、この「“作品の書き手”の告白」の問題が露わに示されているのが、『船の挨拶』『薔薇と海賊』『源氏供養』『サド侯爵夫人』『癩王のテラス』である[403]。青海健は、三島にとって戯曲とは、「認識者である〈作者〉が〈作品〉と化する告白の」であるとし[403]、それが顕著なのが、童話作家・阿里子(アリスとも読める)と、空想の世界に生きている帝一が結婚する『薔薇と海賊』だとしている[403]

すなわち、『薔薇と海賊』では、「書き手とその作品世界との幸福な合体の夢」が暗喩的に描かれており、自決の直前に上演されたこの舞台を見て三島が泣いていたというエピソードからも[365][366]、その「合体の夢」に託された「告白の意味の重み」が了解される[403]。この「作品」対「作者」といった構図の「合体の夢」は、『禁色』『鏡子の家』『豊饒の海』などの小説では、分裂の悲劇へと向かう様相を呈し[403]、三島が自ら廃曲にした戯曲『源氏供養』でも、作者と作品世界の「分裂の不幸」という小説テーマが扱われ、〈小説家〉である三島は、この「分裂の不幸」を、「小説という〈仮面〉」によって語り続けたと青海は考察している[403]

三島の持論[編集]

憲法改正論[編集]

三島は日本国憲法第9条を、〈一方では国際連合主義の仮面をかぶつた米国のアジア軍事戦略体制への組み入れを正当化し、一方では非武装平和主義の仮面の下に浸透した左翼革命勢力の抵抗の基盤をなした〉ものとして唾棄し[428]、この条文が〈敗戦国日本の戦勝国への詫証文〉であり、〈国家としての存立を危ふくする立場に自らを置くもの〉であると断じている[429]

そして、いかなる戦力(自衛権交戦権)保有も許されていない憲法第9条第2項を字句通り遵守すれば、日本は侵略されても〈丸腰〉でなければならず〈「国家として死ぬ」以外にはない〉ため、日本政府は緊急避難の解釈理論として学者を動員し〈牽強付会の説〉を立てざるを得なくなり、こういったヤミ食糧売買のような行為を続けることは、〈実際に執行力を持たぬ法の無権威を暴露するのみか、道徳との裂け目を拡大〉するとしている[429]

このように三島は、〈平和憲法〉と呼ばれる憲法第9条により、〈国家理念を剥奪された日本〉が〈生きんがためには法を破らざるをえぬことを、国家が大目に見るばかりか、恥も外聞もなく、国家自身が自分の行為としても大目に見ること〉になったことを[429]、〈完全に遵奉することの不可能な成文法の存在は、道義的退廃を惹き起こす〉とし、〈戦後の偽善はすべてここに発したといつても過言ではない〉と批判している[430]

また、法的に〈違憲〉である自衛隊の創設が、皮肉にも、〈憲法を与へたアメリカ自身の、その後の国際政治状況の変化による要請に基づくもの〉であり、朝鮮戦争ベトナム戦争参加という難関を、吉田茂内閣がこの憲法を逆手にとり〈抵抗のカセ〉として利用し突破してきたが、その時代を過ぎた以降も国内外の批判を怖れ、ただ護憲を標榜するだけの日本政府について、〈消極的弥縫策(一時逃れに取り繕って間に合わせる方策)にすぎず〉、〈しかもアメリカの絶えざる要請にしぶしぶ押されて、自衛隊をただ「量的に」拡大〉し、〈平和憲法下の安全保障の路線を、無目的無理想に進んでゆく〉と警鐘を鳴らしている[429]

これを是正する案として、憲法第9条第2項だけを削除すればよい、という改憲案に対しては〈やや賛成〉としつつも、そのためには、国連に対し不戦条約を誓っている第9条第1項の規定を〈世界各国の憲法に必要条項として挿入されるべき〉とし、〈日本国憲法のみが、国際社会への誓約を、国家自身の基本法に包含するといふのは、不公平不調和〉であると三島は断じ、この第1項を放置したままでは、自国の歴史文化伝統の自主性が〈二次的副次的〉なものになり、〈敗戦憲法の特質を永久に免かれぬこと〉になるため、〈第九条全部を削除〉すべしと主張している[429]

さらに、改憲にあたっては憲法第9条のみならず、第1章天皇」の問題(「国民の総意に基く」という条文既定のおかしさと危険性の是正)と、第20条「信教の自由」に関する〈神道の問題〉(日本の国家神道の諸神混淆の性質に対するキリスト教圏西欧人の無理解性の是正)と関連させて考えなければ、日本が独立国としての〈本然の姿を開顕〉できず、逆に〈アメリカの思ふ壺〉に陥り、憲法9条だけ改正して日米安保を双務条約に書き変えるだけでは、韓国その他アジア反共国家と並ぶだけの結果に終ると警告している[429]

三島は、外国の軍隊は、決して日本の〈時間的国家の態様を守るものではないこと〉を自覚するべきだとし、日本を全的に守る正しい〈健軍の本義〉を規定するためには、憲法9条全部を削除し、その代わり〈日本国軍〉を創立し、憲法に、〈日本国軍隊は、天皇を中心とするわが国体、その歴史、伝統、文化を護持することを本義とし、国際社会の信倚と日本国民の信頼の上に健軍される〉という文言を明記するべきであると主張している[429]

自国の正しい健軍の本義を持つ軍隊のみが、空間的時間的に国家を保持し、これを主体的に防衛しうるのである。現自衛隊が、第九条の制約の下に、このやうな軍隊に成育しえないことには、日本のもつとも危険な状況が孕まれてゐることが銘記されねばならない。憲法改正は喫緊の問題であり、決して将来の僥倖を待つて解決をはかるべき問題ではない。なぜならそれまでは、自衛隊は、「国を守る」といふことの本義に決して到達せず、この混迷を残したまま、徒らに物理的軍事力のみを増強して、つひにもつとも大切なそのを失ふことになりかねないからである。

三島由紀夫「問題提起」[429]

自衛隊論[編集]

上記のように三島は、国の基本的事項である防衛を〈最重要問題〉と捉え、〈日本国軍〉の創立を唱えながら、〈一定の領土内に一定の国民を包括する現実の態様〉である〈国家〉という〈一定空間の物理的保障〉を守るには〈軍事力〉しかなく、もしもその際に外国の軍事力(核兵器その他)を借りるとしても、〈決して外国の軍事力は、他国の時間的国家の態様を守るものではない〉とし、日米安保に安住することのない日本の自主防衛を訴えている[429]

三島は1969年(昭和44年)の国際反戦デー左翼デモの際に自衛隊治安出動が行われなかったことに関連し、〈政体警察力を以て守りきれない段階に来て、はじめて軍隊の出動によつて国体が明らかになり、軍は建軍の本義を回復するであらう〉と説いており、その時々の〈政体〉を守る警察と、永久不変の日本の〈国体〉を守る国軍の違いについて言及している[345]

自決前の『』の後半では、核停止条約(NPT)のことも語っている[345]

諸官に与へられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。(中略)国家百年の大計にかかはる核停条約は、あたかもかつての五・五・三の不平等条約の再現であることが明らかであるにもかかはらず、抗議して腹を切るジェネラル一人、自衛隊からは出なかつた。沖縄返還とは何か? 本土の防衛責任とは何か? アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいふ如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう。

三島由紀夫「檄」[345]

この警告について西尾幹二は、三島が「明らかに核の脅威を及ぼしてくる外敵」を意識し、このままでよいのかと問いかけているとし[431]、三島自決の6年前に中国核実験に成功し、核保有の5大国として核停止条約(NPT)で特権的位置を占め、三島自決の1970年(昭和45年)に中国が国連に加盟し常任理事国となったことに触れながら、〈国家百年の大計にかかはる〉と三島が言った日本のNPTの署名(核武装の放棄)を政府が決断したのが、同年の2月3日だった当時の時代背景を説明している[431]

そして、三島が〈あと二年の内〉と言った意味は、この2年の期間に日本政府とアメリカの間で沖縄返還を巡り、日本の恒久的な核武装放棄を要望するアメリカと中国の思惑などの準備と工作があり、日本の核武装放棄と代替に1972年(昭和47年)に佐藤栄作ノーベル平和賞を受賞し、表向き沖縄返還がなされたことで、自衛隊が〈永遠にアメリカの傭兵として終る〉ことが暗示されていたと西尾は解説している[431]

三島は、〈改憲サボタージュ〉が自民党政権の体質となっている以上、〈改憲の可能性は右からのクーデターか、左からの暴力革命によるほかはないが、いずれもその可能性は薄い〉と指摘し、本来〈祭政一致的な国家〉であった日本が、現代では、国際強調主義と世界連邦の線上に繋がる〈遠心力的〉な〈統治的国家(行政権の主体)〉と、日本の歴史・文化という時間的連続性が継承される〈求心力〉的な〈祭祀的国家(国民精神の主体)〉の二極に分離し、〈後者が前者の背後に影のごとく揺曳してゐる〉状態にあるとしている[430]

現状では自衛隊の最高指揮権が日本の内閣総理大臣でなく、最終的には〈アメリカ大統領にあるのではないかといふ疑惑〉があり、現憲法の制約の下で、統治的国家の〈遠心力〉と祭祀的国家の〈求心力〉の二元性の理想的な調和と緊張を実現するためには、日本国民がそのどちらかに忠誠を誓うかを明瞭にし、その選択に基づいて自衛隊を二分するべきだという以下のような「自衛隊二分論」を三島は説いている[430][注釈 28]

  1. 航空自衛隊9割海上自衛隊7割陸上自衛隊1割で「国連警察予備軍」を編成し、対直接侵略を主任務とすること。この軍は統治国家としての日本に属し、安保条約によって集団安全保障体制にリンクする。根本理念は国際主義的であり、身分は国連事務局における日本人職員に準ずる。
  2. 陸上自衛隊の9割、海上自衛隊の3割、航空自衛隊の1割で「国土防衛軍」を編成し、絶対自立の軍隊としていかなる外国とも軍事条約を結ばない。その根本理念は祭祀国家の長としての天皇への忠誠である。対間接侵略を主任務とし、治安出動も行う。

2.の「国土防衛軍」には多数の民兵が含まれるとし、「楯の会」はそのパイオニアであるとしている[430]。なお、三島は徴兵制には反対している[429]

三島は、自衛隊が単なる〈技術者集団〉や〈官僚化〉に陥らないためには、〈武士武器〉、〈武士と〉を結びつける〈日本刀の原理〉を復活し、〈武士道精神〉を保持しなければならないとし、軍人に〈セルフ・サクリファイス〉(自己犠牲)が欠けた時、官僚機構の軍国主義に堕落すると説いている[433]

そして、戦後禁忌になってしまった、天皇陛下が自衛隊の儀仗を受けることと、連隊旗を直接下賜すること、文人のみの文化勲章だけでなく、自衛隊員への勲章も天皇から授与されることを現下の法律においても実行されるべきと提言し、隊員の忠誠の対象を明確にし、〈天皇と軍隊を栄誉の絆でつないでおくこと〉こそ、日本および日本文化の危機を救う防止策になると説いている[328][428]

天皇論[編集]

三島は、〈天皇の政治上の無答責は憲法上に明記されねばならない〉とし、軍事の最終的指揮権を〈天皇に帰属せしむべきでない〉としている[428]。これは天皇が日本の歴史の〈時間的連続性の象徴、祖先崇拝の象徴〉であり、〈神道の祭祀〉を国事行為として行ない、〈神聖〉と最終的に繋がっている存在ゆえに、〈天皇は、自らの神聖を恢復すべき義務を、国民に対して負ふ〉というのが三島の考えだからである[428]

日本の〈歴史と文化の伝統の中心〉、〈祭祀国家の長〉である天皇は、〈国と民族の非分離の象徴で、その時間的連続性と空間的連続性の座標軸である〉と説く三島は、〈文化概念としての天皇〉という理念を説き、伊勢神宮の造営や、歌道における本歌取りの法則などに見られるように、〈オリジナルとコピーの弁別を持たぬ〉日本の文化では、〈各代の天皇が、正に天皇その方であつて、天照大神(あまてらすおほみかみ)とオリジナルとコピーの関係にはない〉ため、天皇は神聖で〈インパーソナルな〉存在であると主張している[328][132]

日本的な行動様式をも全て包括する〈文化〉(菊)と、それを守る〈剣の原理〉(刀)の栄誉が、〈最終的に帰一する根源が天皇〉であり、天皇は、日本が非常事態になった場合には、天皇文化が内包している〈みやび〉により、桜田門外の変二・二六事件のような蹶起に手を差し伸べる形態になることもあると三島は説き[328]、天皇は〈現状肯定のシンボルでもあり得るが、いちばん先鋭な革新のシンボルでもあり得る二面性〉を持つものとしている[310]

三島の天皇観は、〈西欧化への最後のトリデとしての悲劇意志であり、純粋日本の敗北の宿命への洞察力と、そこから何ものかを汲みとろうとする意志の象徴〉であり、昭和の天皇制はすでにキリスト教が入り込んで西欧理念に蝕まれていたため、二・二六事件の〈みやび〉を理解する力を失っていたと三島は批判している[310]

さらに戦後の政策により、〈国民に親しまれる天皇制〉という大衆社会化に追随したイメージ作りのため、まるで芸能人かのように皇室が週刊誌のネタにされるような〈週刊誌的天皇制〉に堕ちたことを三島は嘆き、天皇を民主化しようとしてやり過ぎた小泉信三のことを、皇室からディグニティ(威厳)を奪った〈大逆臣〉と呼び痛罵している[310][428]

三島は、昭和天皇個人に対しては、〈反感を持っている〉とし、〈ぼくは戦後における天皇人間化という行為を、ぜんぶ否定しているんです〉と死の1週間前に行なわれた対談で発言しているが[132]、この天皇の人間宣言に対する思いは、『英霊の聲』で端的に描かれ、「人間宣言」を指南した幣原喜重郎も批判している[434][435]

三島は、井上光晴が「三島さんは、おれよりも天皇に苛酷なんだね」と言ったことに触れ、天皇に過酷な要求をすることこそが天皇に対する一番の忠義であると語っている[436]。また、〈幻の南朝〉に忠義を尽くしているとし、理想の天皇制は〈没我の精神〉であり、国家的エゴイズムや国民のエゴイズムを掣肘するファクターで、新嘗祭などの祭祀の重要性を説いている[436]

天皇はあらゆる近代化、あらゆる工業化によるフラストレイションの最後の救世主として、そこにいなけりゃならない。それをいまから準備していなければならない。(中略)天皇というのは、国家のエゴイズム、国民のエゴイズムというものの、一番反極のところにあるべきだ。そういう意味で、天皇は尊いんだから、天皇が自由を縛られてもしかたがない。その根元にあるのは、とにかく「お祭」だ、ということです。天皇がなすべきことは、お祭、お祭、お祭、お祭、――それだけだ。これがぼくの天皇論の概略です。

三島由紀夫(福田恆存との対談)「文武両道と死の哲学」[436]

なお三島は、旧制学習院高等科を首席で卒業した際、恩賜の銀時計を拝受し昭和天皇に謁見しているが、1969年(昭和44年)5月に行われた全共闘との討論集会において、その時の卒業式に臨席した昭和天皇が〈3時間(の式の間)、木像のごとく全然微動もしない〉御姿が大変ご立派であったと敬意を表しており[340]、終戦直後の20歳の時のノートにも、昭和天皇が〈国民生活を明るくせよ。灯火管制は止めて街を明るくせよ。娯楽機関も復活させよ。親書の検閲の如きも即刻撤廃せよ〉と御命令なさった〈大御心〉への感銘を綴っている[437]

磯田光一は、三島が自決の1か月前に、本当は腹を切る前に宮中で天皇を殺したいが、宮中に入れないので自衛隊にした、と聞かされたと語っているが[438]、これに対して持丸博は、用心深かった三島が事前に決起や自決を漏らすようなことを部外者に言うはずがないと疑問を唱えている[439]

長く昭和天皇に側近として仕えた入江相政の日記『入江相政日記』の記述から、昭和天皇が三島や三島事件に少なからず関心を持っていたことが示されている[440][441]

なお、鈴木邦男は、三島が女系天皇を容認しているメモを、楯の会の「憲法研究会」のために残しているとして、昭和天皇が側室制度を廃止し、十一家あった旧宮家臣籍降下させたことなどにより、将来必ず皇位継承問題が起こることを三島が批判的に予見していたという見解を示しているが[442]、鈴木が見解の元としている松藤竹二郎の著書3冊にも、そういったメモあるいは伝言の具体的な提示はなく、三島研究者の間でも、三島が女系天皇を容認していたことを示すメモや文献の存在は確認されていない[443]

鈴木邦男が言う「皇位は世襲であって、その継承は男系子孫に限ることはない」という案は、三島の死後に行われた「憲法研究会」における討議案の中の、あくまで1人の会員の意見として記載されているだけで、それに異議を唱える会員の意見もあり、「憲法研究会」の総意として掲げているわけではない[444]。仔細に読めば、その後段の話し合いでも、「“継承は男系子孫に限ることはない”という文言は憲法に入れる必要ない」という結論となっている[444][注釈 29]

特攻隊について[編集]

三島の天皇観は、国家や個人のエゴイズムを掣肘するファクター、反エゴイズムの代表として措定され、〈近代化、あらゆる工業化によるフラストレイションの最後の救世主〉として存在せしめようという考えであったが[436]、三島の神風特攻隊への思いも、彼らの〈没我〉の純粋さへの賛美であり、美的天皇観と同じ心情に基づいている[445]

三島の考える〈純粋〉は、小説『奔馬』で多く語られているが、その中には、〈あくまで歴史は全体と考へ、純粋性は超歴史的なものと考へたがよいと思ひます〉とあり[322]、評論『葉隠入門』においても、政治的思想や理論からの正否と合理性を超えた純粋行為への考察がなされ、特攻隊の死についても、その側面からの言及がなされている[446]

三島は日本刀を〈である〉としていたが[447]、特攻隊についても西欧・近代への反措定として捉えており、〈大東亜戦争〉についても、〈あの戦争が日本刀だけで戦つたのなら威張れるけれども、みんな西洋の発明品で、西洋相手に戦つたのである。ただ一つ、真の日本的武器は、航空機を日本刀のやうに使つて斬死した特攻隊だけである〉としている[448]。この捉え方は、戦時中、三島が学生であった頃の文面にも見られる[133]

僕は僕だけの解釈で、特攻隊を、古代の再生でなしに、近代の殲滅――すなはち日本の文化層が、永く克服しようとしてなしえなかつた「近代」、あの尨大な、モニュメンタールな、カントの、エヂソンの、アメリカの、あの端倪すべからざる「近代」の超克でなくてその殺傷(これは超克よりは一段と高い烈しい美しい意味で)だと思つてゐます。
「近代人」は特攻隊によつてはじめて「現代」といふか、本当の「われわれの時代」の曙光をつかみえた、今まで近代の私生児であつた知識層がはじめて歴史的な嫡子になつた。それは皆特攻隊のおかげであると思ひます。日本の全文化層、世界の全文化人が特攻隊の前に拝跪し感謝の祈りをさゝげるべき理由はそこにあるので、今更、神話の再現だなどと生ぬるいたゝへ様をしてゐる時ではない。全く身近の問題だと思ひます。

平岡公威「三谷信宛ての葉書」(昭和20年4月21日付)[133]

敗戦時に新聞などが、〈幼拙なヒューマニズム〉や〈戦術〉と称し、神風特攻隊員らを〈将棋の駒を動かすやうに〉功利、効能的に見て、特攻隊の精神がジャーナリズムにより冒涜されて、〈の座と称号〉が奪われてしまったことへの憤懣の手記もノートに綴っていた[437]

我々が中世の究極に幾重にも折り畳まれた末世の幻影を見たのは、昭和廿年の初春であつた。人々は特攻隊に対して早くもその生と死の(いみじくも夙に若林中隊長が警告した如き)現在の最も痛切喫緊な問題から目を覆ひ、国家の勝利(否もはや個人的利己的に考へられたる勝利、最も悪質の仮面をかぶれる勝利願望)を声高に叫び、彼等の敬虔なる祈願を捨てゝ、冒瀆の語を放ち出した。

平岡公威「昭和廿年八月の記念に」[437]

また、三島は戦後、『きけ わだつみのこえ』が特攻隊員の遺書を〈作為的〉に編纂し、編者が高学歴の学生のインテリの文章だけ珍重し、政治的プロパガンダに利用している点に異議を唱え[449][450]、〈テメエはインテリだから偉い、大学生がむりやり殺されたんだからかわいそうだ、それじゃ小学校しか出ていないで兵隊にいって死んだやつはどうなる〉と唾棄している[450]

『きけ わだつみのこえ』を題材とした映画についても、〈いはん方ない反感〉を感じたとし、フランス文学研究をしていた学生らが戦死した傍らに、ボードレールヴェルレーヌの詩集の頁が風にちぎれているシーンが、ボードレールも墓の下で泣くであろうほど〈甚だしくバカバカしい印象〉だと酷評し、〈日本人がボオドレエルのために死ぬことはないので、どうせ兵隊が戦死するなら、祖国のために死んだはうが論理的〉であるとしている[450]

愛国心について[編集]

「愛国心」という言葉に対して三島は、官製のイメージが強いとして、〈自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向こう側に対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである〉とし、キリスト教的な「愛」(全人類的な愛)という言葉はそぐわず、日本語の「恋」や「大和魂」で十分であり、〈日本人の情緒的表現の最高のもの〉は「愛」ではなくて「恋」であると主張している[451]

「愛国心」の「愛」の意味が、もしもキリスト教的な愛ならば、〈無限定無条件〉であるはずだから、「人類愛」と呼ぶなら筋が通るが、〈国境を以て閉ざされた愛〉である「愛国心」に使うのは筋が通らないとしている[451]

アメリカ合衆国とは違い、日本人にとって日本は〈内在的即自的であり、かつ限定的個別的具体的〉にあるものだと三島は主張し、〈われわれはとにかく日本に恋してゐる。これは日本人が日本に対する基本的な心情の在り方である〉としている[451]

恋が盲目であるやうに、国を恋ふる心は盲目であるにちがひない。しかし、さめた冷静な目のはうが日本をより的確に見てゐるかといふと、さうも言へないところに問題がある。さめた目が逸したところのものを、恋に盲ひた目がはつきりつかんでゐることがしばしばあるのは、男女の仲と同じである。

三島由紀夫「愛国心」[451]

国語教育論[編集]

三島は、戦後の政府により1946年(昭和21年)に改定された「現代かなづかい」を使わず、自身の原稿は終生、「旧仮名遣ひ」を貫いた。三島は、言葉にちょっとでも実用的な原理や合理的な原理を導入したら、もうだめだと主張し、中国人は漢字を全部簡略化したため古典が読めなくなったとしている[310]

また敗戦後に日本語を廃止してフランス語公用語にすべきと発言した志賀直哉について触れ、〈私は、日本語を大切にする。これを失つたら、日本人は魂を失ふことになるのである。戦後、日本語をフランス語に変へよう、などと言つた文学者があつたとは、驚くにたへたことである〉と批判した[452]

国語教育についても、現代の教育で絶対に間違っていることの一つが、〈古典主義教育の完全放棄〉だとし、〈古典の暗誦は、決して捨ててならない教育の根本であるのに、戦後の教育はそれを捨ててしまつた。ヨーロッパでもアメリカでも、古典の暗誦だけはちやんとやつてゐる。これだけは、どうでもかうでも、即刻復活すべし〉と主張している[453]

そして、中学生には原文でどんどん古典を読ませなければならないとし、古典の安易な現代語訳に反対を唱え、日本語の伝統や歴史的背景を無視した利便・実用第一主義を唾棄し[310][454]、〈美しからぬ現代語訳に精出してゐるさまは、アンチョコ製造よりもつと罪が深い。みづから進んで、日本人の語学力を弱めることに協力してゐる〉と文部省の役人や教育学者を批判し[454]、自身の提案として、〈ただカナばかりの原本を、漢字まじりの読みやすい版に作り直すとか、ルビを入れるとか、おもしろいたのしい脚注を入れるとか、それで美しい本を作るとか〉を先生たちにやってもらいたいと述べている[454]

漫画・映画・サブカルチャー[編集]

生前、自身でも『のらくろ』時代から漫画劇画好きなことをエッセイなどで公言していた三島の所蔵書には、水木しげるつげ義春好美のぼるらの漫画本があることが明らかになっている[455]

毎号、小学生の2人の子供と奪い合って赤塚不二夫の『もーれつア太郎』を読み、〈猫のニャロメと毛虫のケムンパスと奇怪な生物ベシ〉ファンを自認していた三島は、この漫画の徹底的な〈ナンセンス〉に、かつて三島が時代物劇画に求めていた〈破壊主義と共通する点〉を看取し、〈それはヒーローが一番ひどい目に会ふといふ主題の扱ひでも共通してゐる〉と賞讃している[456]平田弘史の時代物劇画の〈あくまで真摯でシリアスなタッチに、古い紙芝居ノスタルジヤと“絵金”的幕末趣味〉を発見し好んでいた三島は、白土三平はあまり好きでないとしている[456]

〈おそろしく下品で、おそろしく知的、といふやうな漫画〉を愛する三島は、〈他人の家がダイナマイト爆発するのをゲラゲラ笑つて見てゐる人が、自分の家の床下でまさに別のダイナマイトが爆発しかかつてゐるのを、少しも知らないでゐるといふ状況〉こそが漫画であるとして、〈漫画は現代社会のもつともデスペレイトな部分、もつとも暗黒な部分につながつて、そこからダイナマイトを仕入れて来なければならない〉と語っている[457]

三島は、漫画家が〈啓蒙家や教育者や図式的風刺家になつたら、その時点でもうおしまひである〉として、若者が〈教養〉を求めた時に与えられるものが、〈又しても古ぼけた大正教養主義ヒューマニズムコスモポリタニズムであつてはたまらないのに、さうなりがちなこと〉を以下のように批判しながら、劇画や漫画に飽きた後も若者がその精神を忘れず、〈自ら突拍子もない教養〉、〈決して大衆社会へ巻き込まれることのない、貸本屋的な少数疎外者の鋭い荒々しい教養〉を開拓してほしいとしている[456]

かつて颯爽たる「鉄腕アトム」を想像した手塚治虫も、「火の鳥」では日教組の御用漫画家になり果て、「宇宙虫」ですばらしいニヒリズムを見せた水木しげるも「ガロ」の「こどもの国」や「武蔵」連作では見るもむざんな政治主義に堕してゐる。一体、今の若者は、図式化されたかういふ浅墓な政治主義の劇画・漫画を喜ぶのであらうか。「もーれつア太郎」のスラップスティックスを喜ぶ精神と、それは相反するではないか。(中略) 折角「お化け漫画」にみごとな才能を揮ふ水木しげるが、偶像破壊の「新講談 宮本武蔵」(1965年)を描くときは、芥川龍之介と同時代に逆行してしまふからである。

三島由紀夫「劇画における若者論」[456]

ボクシング好きで、自身も1年間ほどジムに通った経験のあった三島は、雑誌『週刊少年マガジン』連載の『あしたのジョー』を毎週愛読していたが、発売日にちょうど映画『黒蜥蜴』の撮影で遅くなり、深夜に講談社のマガジン編集部に突然現れて、今日発売されたばかりのマガジンを売ってもらいたいと頼みに来たというエピソードがある[458]。編集部ではお金のやりとりができないから、1冊どうぞと差し出すと、三島は嬉しそうに持ち帰ったという[458]。また、「よくみるTV番組は?」という『文藝春秋』のアンケートの問いに、『ウルトラマン』と答えている[459]

1954年(昭和29年)の映画『ゴジラ』は、公開直後は日本のジャーナリズムの評価が低く、「ゲテモノ映画」「キワモノ映画」と酷評する向きが多勢で、特撮面では絶賛されたものの各新聞の論評でも、「人間ドラマの部分が余計」として、本多猪四郎監督の意図したものを汲んだ批評は見られなかったが、田中友幸によれば、三島のみが「原爆の恐怖がよく出ており、着想も素晴らしく面白い映画だ」として、ドラマ部分を含めた全てを絶賛してくれたとされる[460]

次第に三島の審美眼は、プロの映画評論家にも一目置かれるようになり、荻昌弘小森和子らとも対談もした。当時淀川長治は、「ワタシみたいなモンにでも気軽に話しかけてくださる。自由に冗談を言いあえる。数少ないホンモノの人間ですネ。(中略)あの人の持っている赤ちゃん精神。これが多くの人たちに三島さんが愛される最大の理由でしょうネ」と三島について語っている[461]

SFにも関心を寄せていた三島は、1956年(昭和31年)に日本空飛ぶ円盤研究会に入会し(会員番号12)[253]、1957年(昭和32年)6月8日には、日活国際会館屋上での空飛ぶ円盤観測会に初参加した。1962年(昭和37年)には、SF性の強い小説『美しい星』を発表したが、その1年半前には、瑤子夫人と自宅屋上でUFOを目撃している[462][253]

1963年(昭和38年)9月には、SF同人誌『宇宙塵』に寄稿し、〈私は心中、近代ヒューマニズムを完全に克服する最初の文学はSFではないか、とさへ思つてゐるのである〉と記した[463]。また、アーサー・クラークの『幼年期の終り』を絶賛し、〈随一の傑作と呼んで憚らない〉と評している[464]

家族・親族[編集]

出自も参照のこと。

祖父・平岡定太郎内務省官僚
1863年文久3年)6月4日生 - 1942年(昭和17年)8月26日
1892年(明治25年)、帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)卒業。内務省に入省。1906年(明治39年)7月、福島県知事に就任し、1908年(明治41年)6月、樺太庁長官に就任した。原敬に重用された人物であった[465][22]。太く濃い眉と意志的な眼が印象的な、人望の厚い人物で、樺太に銅像が建立された[22][17]。79歳で死去。
祖母・平岡夏子(戸籍名・なつ)
1876年(明治9年)6月27日生 - 1939年(昭和14年)1月18日
東京府士族大審院判事・永井岩之丞の長女。幕臣玄蕃頭永井尚志の孫。17歳で平岡定太郎と結婚した。潰瘍出血のため62歳で死去。
父・平岡梓農商務省官僚
1894年(明治27年)10月12日生 - 1976年(昭和51年)12月16日
平岡定太郎と夏子の長男(一人息子)。1920年(大正9年)、東京帝国大学法学部(現・東京大学法学部)法律学科(独法)卒業し、農商務省(現・農林水産省)に入省。1942年(昭和17年)3月、水産局長を最後に退官。日本瓦斯用木炭株式会社社長に就任するが、会社は終戦で機能停止し、1948年(昭和23年)1月に政府命令で閉鎖された。肺に溜まった漿による呼吸困難のため82歳で死去。
母・平岡倭文重
1905年(明治38年)2月18日生 - 1987年(昭和62年)10月21日
漢学者・橋健三の次女。加賀藩学問所「壮猶館」教授・橋健堂の孫(母・トミが橋健堂の五女)。橋家は加賀藩主前田家に代々仕えた。
19歳で平岡梓と結婚し、公威、美津子、千之の二男一女を儲けた。心不全のため82歳で死去。
妹・平岡美津子
1928年(昭和3年)2月23日生 - 1945年(昭和20年)10月23日
聖心女学院専門部在学中の17歳の時に、学徒動員で疎開されていた図書館の本を運搬する作業中、なま水を飲んだのが原因で腸チフスで早世。
弟・平岡千之外交官
1930年(昭和5年)1月19日生 - 1996年平成8年)1月9日
1954年(昭和29年)、東京大学法学部政治学科卒業後、外務省に入省。フランスセネガルなど各国に駐在。1987年(昭和62年)4月から駐モロッコ大使となり、その後に駐ポルトガル大使などを歴任した。引退後、肺炎のため65歳で死去。
祖父・橋健三漢学者
1861年万延2年)1月2日生 - 1944年(昭和19年)12月5日
加賀藩士の父・瀬川朝治と母・ソトの二男。幼少より漢学者・橋健堂に学び、学才を見込まれ、12歳の時に健堂の三女・こうと結婚、婿養子となる。こうの死去後は、健堂の五女・トミを後妻とした。
1910年(明治43年)、開成中学校の第5代校長に就任。校長を辞職後は、昌平中学夜間中学)の校長となる。故郷の金沢にて84歳で死去。
伯父・橋健行精神科医
1884年(明治17年)2月6日生 - 1936年(昭和11年)4月18日
倭文重の兄。橋健三とこうの長男。
開成中学]、一高、東京帝国大学医科大学(現・東大医学部)精神医学科と進み、1925年(大正14年)、東大精神科の付属病院の東京府巣鴨病院(のちの松沢病院)の講師から副院長となる。1927年(昭和2年)、千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)助教授に就任。歌人の斎藤茂吉北杜夫の父)とは親友同士であった[466]肺炎をこじらせ52歳で死去。
妻・瑤子
1937年(昭和12年)2月13日生 - 1995年(平成7年)7月31日
画家杉山寧の長女。日本女子大学英文科2年在学中の21歳の時に三島と結婚(大学は2年で中退する)。三島との間に、紀子、威一郎の一男一女を儲ける。急性心不全のため58歳で死去。
長女・紀子演出家
1959年(昭和34年)6月2日生 -
31歳の時に冨田浩司(外交官)と結婚。富田との間に子供がいる。
長男・威一郎(元実業家
1962年(昭和37年)5月2日生 -
映画『春の雪』、『三島由紀夫映画論集成』(1999年)の監修、編集に携わった。

系譜[編集]

平岡家[編集]

祖父・平岡定太郎の故郷、兵庫県加古川市志方村地区
三島は、〈私は血すぢでは百姓サムラヒの末裔だが、仕事の仕方はもつとも勤勉な百姓である〉として、平岡家の血脈が〈百姓〉であることを述べているが[467]、その祖父・平岡定太郎本籍は、兵庫県印南郡志方村上富木(現・加古川市志方町上富木)で、その昔まだ村と呼ばれていた頃は、農業漁業が盛んな地域であった[21]。また、同じ兵庫県の赤穂に次いで塩田も盛んで[21][19]播磨は「花塩」と呼ばれ、特に珍重されていた[17]
近くには景行天皇の皇后・播磨稲日大郎姫御陵があり、その皇子・日本武尊の誕生の地でもある[21]。古代、この地はで、三韓征伐の折に神功皇后が龍船を泊めた。その時に神功皇后が、野鹿の群が多いのを見て「鹿多」とこの地を呼び、その後「鹿多」が「志方」と改められたのが地名の由来である[21]
1573年 - 1591年頃(天正の頃)に、櫛端左京亮がこの地に観音城(別名、志方城)を築城したため、港町から城下町となった[21]秀吉中国征伐にあたり、城主・櫛橋は、東播三木城主・別所長治と共に抗戦し落城したため、多くの武士学者が志方に土着化した[21]
なお、この地は地盤が強く震災の被害が少ないことから、関東大震災のあとに登場した遷都論で候補地の一つに挙がったこともある[468]阪神大震災のときも加古川流域はほとんど被害がなかった[19]
「平岡」姓
平岡家の菩提寺・真福寺は1652年承応元年)の建立である[21]過去帳によれば、平岡家の祖となる初代は1688年 - 1703年元禄時代)の孫左衛門である。二代目も孫左衛門を襲名し、次は利兵衛が三代続く[469][21]。その次の六代目の平岡太左衛門(たざえもん)の四男が平岡太吉となり、三島の祖父・定太郎は太吉の二男である[469][470]
“平岡”姓について、安藤武は、「平岡姓は平岡河内国讃良郡枚岡郷(ひらおかごう)か、河内郡枚岡邑(ひらおかむら)より起こりしか。武士は出身地の名田の名からをつけたが明治維新後は農民もならい姓とした。津速魂一四世孫胴身臣の後継。『大和物語』で奈良猿沢の池に身投げをした猿沢采女は平岡の人。農民の平岡家も明治になってから土地の名をとって、平岡姓を太左衛門から名乗った」としているが[471]、過去帳を見た福島鑄郎によると、平岡姓は、四代目以降の五代目・利兵衛(3人目)からだとしている[470]
屋号「しおや」(塩屋)
五代目の利兵衛(3人目)のところから「しおや」(塩屋)という屋号が付いているが[19]、これは塩田を営む塩屋ではなく、「塩物屋」のことで、五代目の利兵衛が農業のかたわら、「塩をまぶした魚介類」などを仕入れて売り歩く商売か、あるいは塩を売る商売を始めたのではないかとされている[19][472][470]
野坂昭如は、「しおや」(塩屋)の屋号があって不思議はないとし、「“折ふしは塩屋まで来る物もらひ”と路通の句があるが、粗末な小屋、苫屋(とまや)の謂い、誇るに足る屋号ではない。“塩屋まで”は、貧しい塩屋までもの意味」だと説明している[17]
曽祖父・平岡太吉の「鶴射ち事件」
七代目にあたる平岡太吉は、妻・つるとの間に、萬次郎、定太郎、久太郎の3人の息子と、娘・むめを儲けた[21][19]。三島の父・の従弟・小野繁(むめの息子)が真福寺の住職から聞き出してまとめた報告書には太吉の人物像が次のように記されている[19]
「平岡太吉は裕福な地主兼農家で、田舎ではいわゆる風流な知識人で腰には矢立を帯び短冊を持ち歩いた」、「萬次郎、定太郎両名を明石橋本関雪岳父漢学習字に入れ勉学させ、次いで東都へ遊学させた」、「太吉の妻(つる)もすこぶる賢夫人として土地では有名であった」[469]
太吉の孫の嫁・平岡りき(久太郎の二男・平岡義一の妻)によれば、太吉は幼少(5、6歳)の頃、領主から禁じられていた(一説には雉子)を射ったため、「所払い」が命じられ、それが理由で平岡一家は西神吉村宮前から志方村上富木に移り住んだという[465][472]。その後、成長した太吉は金貸し業で成功し、果実栽培も軌道に乗って裕福となり、豪邸を建てた[472][17]
「赤門事件」
平岡梓は、「僕の家は、家系図を開けば、なるほど父方は百姓風情で赤門事件という反体制的のことをやらかして、お上に痛い目に会うし…」と述べているが[330]、平岡りきの記憶によれば、「赤門事件」というものは聞いた記憶がないという[465]
志方町中央農協組合の元組合長の好田光伊によると、「赤門事件」とは、加賀前田家徳川将軍から君を迎えるにあたって上屋敷の正門に赤い門を構えたが、平岡太左衛門がこれを真似て、菩提寺の真福寺に赤門を寄進し、それはほんのしるし程度のものであったが、この行為が「お上をおそれぬ、ふとどきもののおこない」と断じられ「所払い」になったという昔からのいい伝えの話だという[470]
梓から直接その伝承話を聞いたことがあるという越次倶子は、実際にその事件があったかどうかは、真福寺に赤門寄進の記録がないため真偽不明だとした上で[21]、その伝説を幼い頃から父親や祖父から聞かされたであろう三島の脳裏には、「赤門事件を起こした太左衛門という高祖父がいた」という意識が刻まれていた可能性があるとしている[21]。福島鑄郎も、「所払い」の原因が、太吉の鶴射ち事件か、赤門事件かは不明だが、いずれにしても「おかみをおそれぬ行為」という反骨の血が三島に受け継がれていたとしている[470]
平岡家部落民説
月刊噂』の記事(1972年)や、『農民文学』(1971年)の仲野羞々子(ペンネームで、元産経新聞四国支社の男性記者[472])は、平岡家の祖先が、部落民であるかのような記載をしているが[465][473][注釈 30]、越次倶子が実際に過去帳を調べて写真撮影したものによれば、そういった記述は全く無く[475]、1964年(昭和39年)頃に越次が入手していた平岡家の壬申戸籍の写しにも、特別変った箇所はなかった[475]村松剛は、もし過去帳や戸籍に部落民説を裏付ける記述があれば、差別意識の強かった時代、由緒ある永井夏子と定太郎の結婚は成立しなかったであろうとしている[475]
近年、過去帳を実際に閲覧することができた福島鑄郎も、仲野羞々子が言うような情報は何も見つからず、「刑場役人の下働き」をしていたという噂も根拠不明だとし[470]、事件と何かを結びつけたい心理が、そういった噂を生んだのだろうとしている[470]。板坂剛の取材に答えた住職夫人も、「ただ名前が書いてあるだけですよ。他には何も書いてないですよ。いろんなことを言う人がいますけどね」と述べている[472]
平岡家系図
初代孫左衛門
 
2代目孫左衛門
 
初代利兵衛
 
2代目利兵衛
 
3代目利兵衛
 
太左衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太吉
 
 
萬次郎
 
 
こと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公威(三島由紀夫)
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寺岡つる
 
 
桜井ひさ
 
 
萬壽彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定太郎
 
 
 
 
 
 
杉山瑤子
 
 
威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井なつ
 
 
 
 
 
 
千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
むめ
 
 
義之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田中豊蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
儀一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
杉山寧
 
瑤子
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
平岡定太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡梓
 
 
平岡公威(三島由紀夫)
 
 
平岡威一郎
 
 
 
 
 
 
永井岩之丞
 
なつ
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋健三
 
倭文重
 
 
平岡千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近藤三郎
 
近藤晋一
 
 
夏美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿美
 
 
久美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斎木俊男
 
 
 
 
 
 
 
 
14代目竹中藤右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹中宏平
 
竹中祐二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹中錬一
 
 
公子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米内光政
 
和子
 
 
まる子
 
 
栄子(影木栄貴)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹下登
 
 
内藤武宣
 
 
内藤大湖(DAIGO)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金丸信
 
金丸康信
 
 
 
 
 

永井家[編集]

永井氏系譜(武家家伝)

三島は〈私は血すぢでは百姓サムラヒの末裔〉として、〈サムラヒ〉の血脈を永井家松平家に見ている[467]

映画『人斬り』(1969年)で、薩摩藩士・田中新兵衛の役を演じた時には、〈新兵衛が腹を切つたおかげで、不注意の咎で閉門を命ぜられた永井主水正曾々孫が百年後、その新兵衛をやるのですから、先祖は墓の下で、目を白黒させてゐることでせう〉と林房雄宛てに綴っているが[476]、この高祖父〈永井主水正〉が、三島の祖母・夏子の祖父にあたる永井尚志である[21]

永井尚志は、長崎海軍伝習所の総監理(所長)として長崎製鉄所の創設に着手するなど活躍し、徳川幕府海軍創設に甚大な貢献をなして、1855年安政2年)、従五位下玄蕃頭に叙任した人物である[21][18]

尚志はその後、外国奉行軍艦奉行京都町奉行となり、京摂の間、坂本龍馬等志士とも交渉を持った[18]1867年(慶応3年)に若年寄となり、戊辰戦争では、函館奉行として榎本武揚と共に五稜郭に立て籠り、官軍に敗れて牢に入った。維新後は解放され、元老院権大書記官となった[18]

大屋敦(夏子の弟)は祖父・永井尚志について、「波乱に富んだ一生を送った祖父は、政治家というより、文人ともいうべき人であった。徳川慶喜公が大政奉還する際、その奏上文を草案した人として名を知られている。勝海舟なども詩友として祖父に兄事していたため、私の昔の家に、海舟のたくさんの遺墨のあったことを記憶している」と語っている[477]

永井亨(夏子の弟で、経済学博士・人口問題研究所所長)によると、尚志は京都では守護職の松平容保会津藩主)の下ではたらき、近藤勇土方歳三以下の新撰組の面々にも人気があったとされる[478]。晩年の尚志は、向島の岩瀬肥後守という早世した親友の別荘に入り、岩瀬のことを死ぬまで祭祀していたという[478]

夏子の父・永井岩之丞は、1846年弘化2年)9月に永井家一族の幕臣・三好山城守幽雙の二男として生まれ、永井尚志の養子となった[21]。戊辰戦争では品川を脱出し、尚志と共に函館の五稜郭に立て籠って戦った[18]。維新後は、司法省十等出仕を命ぜられ、判事控訴院判事を経て、1894年(明治27年)4月に大審院判事となった人物である[18]

岩之丞は、水戸支藩宍戸藩藩主松平頼位の三女・松平鷹(のちに高)と結婚し、六男六女を儲けた[21]。松平高の母・糸(佐藤氏の娘)は松平頼位の側室で、新門辰五郎であった[477][21]。松平頼位の長男・松平頼徳の際に幕府から切腹を命じられて33歳で死んだ人物である[21][479]

岩之丞の六男・大屋敦は父親について、「厳格そのもののような人」で、「子供の教育については、なにひとつ干渉しなかったが日常の起居は古武士のようであぐらなどかいた姿を、ただの一度も見たことはなかった」と語っている[477]

三島は曾祖母・高の写真の印象を、〈美しくて豪毅な女性〉とし、〈写真で見る晩年の面影からも、眉のあたりの勝気のさはやかな感じと、秀でた鼻と、小さなつつましい形のよい口とが、微妙で雅趣のある調和を示してゐる。そこには封建時代の女性に特有なストイックな清冽さに充ちた稍々非情な美が見られるのである〉と表現している[480]

永井家系図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良将
 
将門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桓武天皇
 
葛原親王
 
高見王
 
平高望
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良兼
 
公雅
 
致頼
 
致経
 
致房
 
長田行致
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政俊
 
(6代略)
 
直重
 
白広
 
重広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後醍醐天皇
 
宗良親王
 
興良親王
 
良王
 
大橋信重
 
定広
 
 
広正
 
重元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由利姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正直
 
直隆
 
正似
 
正治
 
正次
 
(5代略)
 
匡威
 
匡温
 
壮吉(荷風)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井直勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚政
 
尚庸
 
直敬
 
尚方
 
尚恕
 
尚友
 
尚徳
 
尚志
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阿部正勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩之丞
 
 
壮吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡梓
 
平岡公威(三島由紀夫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡定太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大屋敦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千恵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井尚志系図
藤原鎌足
 
不比等
 
房前
 
(18代略)
 
本多助秀
 
(27代略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗友
 
乗羨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平乗真
 
盈乗
 
乗穏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井尚志
 
 
永井岩之丞系図
加賀美遠光
 
小笠原長清
 
長房
 
(22代略)
 
三好幽雙
 
岩之丞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井尚志
 
 
 
 
 
 
松平家系図
 
 
 
 
 
秀忠
 
家光
 
家綱
 
綱吉
 
(九代略)
 
慶喜
 
 
 
 
 
 
 
徳川家康
 
 
義直
 
 
松平頼重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼宣
 
 
光圀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼房
 
 
松平頼元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼利
 
頼道
 
頼慶
 
頼多
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼敬
 
頼筠
 
 
壮吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼救
 
 
太田資原
 
 
頼徳
 
 
なつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡梓
 
 
平岡公威(三島由紀夫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼位
 
 
 
 
平岡定太郎
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼安
 
 
 
橋倭文重
 
 
平岡千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩之丞
 
 
大屋敦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千恵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文子
 
 
 
 
 
 
 
 
 

橋家[編集]

永井家・松平家の血脈が〈サムラヒ〉「」とすれば、橋家は三島にとって「」の血脈となる[21]

三島の母・倭文重の祖父・橋健三、曽祖父・橋健堂、高祖父・橋一巴(雅号・鵠山)は、加賀藩藩主・前田家に代々仕えた漢学者書家であった。名字帯刀を許され、学塾において藩主・前田家の人々に講義をしていた[21]

高祖父・一巴以前の橋家は、近江八幡滋賀県にある琵琶湖畔、日野川の近く)の広大な山林の持主の賀茂(橋)一族である。1970年(昭和45年)の滋賀県の調査により、この土地が賀茂(橋)一族の橋一巴、健堂、健三の流れを汲む直系の子孫に所有権があることが判明した[21]。賀茂(橋)家は、約一千年の歴史をもつ古い家柄の京都の橋家が元で、島根県出雲の出身である[21]

曽祖父・橋健堂は、平民・女子教育の充実など教育者として先駆的であったが、健堂が出仕した「壮猶館」、「集学所」(夜間学校のはしり)は、藩の重要プロジェクトと連動し、単に儒学を修める藩校だけでなく、英語や洋式兵学も教え、ペリー率いる黒船の来航に刺激された加賀藩が、命運を賭して創設した軍事機関でもあった[481]。教授であった健堂はその軍事拠点の中枢にあり、海防論を戦わせ、佐野鼎から洋式兵学を吸収する立場の人物であった[481][21]

橋家系図
 
 
 
 
 
往来
 
船次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋一巴
 
 
 
 
 
 
 
つね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
健堂
 
 
ふさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋健行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
瀬川健三
 
 
雪子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋正男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トミ
 
 
橋健雄
 
 
平岡公威(三島由紀夫)
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
より
 
 
橋行蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひな
 
 
倭文重
 
 
杉山瑤子
 
 
平岡威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡梓
 
 
平岡千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重子
 
 
 
 
 
 
 
 
 

略年譜[編集]

1925年大正14年)
0000000000000000
1月14日の夜9時に東京市四谷区永住町2番地(現・東京都新宿区四谷4丁目22番)で、父・平岡梓と母・倭文重長男として誕生。本名・平岡公威。本籍地は祖父・平岡定太郎の郷里・兵庫県印南郡志方村上富木119番地(現・兵庫県加古川市志方町上富木)。3月3日頃から祖母・夏子が1階の自室で育て始める。8月に小石川植物園で遊ぶ。
1926年(大正15年・昭和元年) 1歳。1月に祖母の留守中、2階に這い上がろうとして階段から転落。眉間から大量出血し病院に搬送。
1927年(昭和2年) 2歳。1月に母の実家への年始参りで、漢学者の祖父・橋健三運筆を習い書初めをする(以降、幼少時代ほぼ毎年恒例となる)。
1928年(昭和3年) 3歳。2月23日に美津子が誕生。天気の良い日でないと祖母から外出許可が下りず、遊び相手も年上の女の子に限定。この年、スパルタ教育を決行した父に抱かれて新宿蒸気機関車を至近距離で見る。
1929年(昭和4年) 4歳。3月に母に連れられ豊島園に行き、スナップ写真を撮る。この年の秋頃、両親に散歩に連れられ、市ヶ谷刑務所の高い建物に興味を示す。
1930年(昭和5年) 5歳。1月19日に千之が誕生。同月、自家中毒に罹りの一歩手前までいく。に入れる玩具などが用意されたが、医師伯父橋健行が診た際に排尿し、一命をとりとめる。8月22日に祖父・定太郎の銅像樺太神社に建立。祖父母・母らと銅像の前で記念撮影。
1931年(昭和6年) 6歳。4月に学習院初等科に入学。三谷信と級友になる。同月に靖国神社例大祭(以降、毎年初等科恒例行事で参拝)。絵本、世界童話小川未明鈴木三重吉などを愛読。5月に遠足千葉県姉崎に行く。12月に初等科機関誌『小ざくら』(年2回発行)に俳句短歌が初掲載。以降、毎号に習作(俳句・短歌)を発表。初等科低学年時代は風邪のため学校は休みがち。
1932年(昭和7年) 7歳。3月10日に菊池武夫中尉による陸軍記念日の講話を聴く(以降、毎年初等科恒例行事で軍人が招かれる)。5月の江の島行きの遠足を休む。6月6日に爆弾三勇士の記念碑(久留米工兵大隊地内)建立のため5を寄付。9月13日に乃木希典元学習院長の二十年祭で墓参(以降、毎年初等科恒例行事で乃木神社参拝)。9月17日に学校正堂で本庄繁関東軍司令官による満州事変1周年記念の講話を聴く。11月に遠足で茨城県水戸に行く。12月に上野動物園見学。
1933年(昭和8年) 8歳。2月に川崎市明治製菓の工場見学。同月頃に学校の「旅順池」の渡りっこでが割れ1人だけ池に落下し号泣。小使いさんに救助される。3月に四谷区西信濃町16番地(現・新宿区信濃町8番)へ転居。5月に遠足で立川に行く。8月に祖父母に伴い2、3軒先離れた家に転居。両親・妹弟と別居することになる。11月に遠足で群馬県太田に行く(書生が付添う)。12月24日に学校正堂で皇太子殿下御降誕奉祝式。
1934年(昭和9年) 9歳。5月の筑波山の遠足を体調不良で休む。6月5日に東郷平八郎元帥国葬のため英国大使館向い側に整列して葬送。夏休み中の7月22日に、慕っていた図画教師・大内一二先生が死去。9月に作文「大内先生を想ふ」を書く。11月に遠足で長瀞に行く。12月に肺門リンパ腺を患う。
1935年(昭和10年) 10歳。4月6日に満州国皇帝愛新覚羅溥儀来訪により赤坂離宮前で整列奉迎。4月8日に代々木練兵場で来訪特別観兵式を見学。5月に『世界童話大系 アラビヤン・ナイト』を買ってもらう。同月に遠足で潮来鹿島香取に行く。11月に遠足で日光に行く。
1936年(昭和11年) 11歳。2月26日に二・二六事件が起こり、1時限目で臨時休校。5月に遠足で伊勢奈良京都に行く。6月に作文「我が国旗」を書く。11月に遠足で奥多摩に行く。この年、同級生に「お前の睾丸もアオジロだろうな」とからかわれ、逆に「おい、見ろ」と反撃。
1937年(昭和12年) 12歳。1月に自作の童話・詩集ノート『笹舟』を編む。3月に学習院初等科を卒業。同月に父が欧州遊学。4月に学習院中等科に進学し、文芸部に入部。同月、両親の引っ越しに同伴し、渋谷区大山町15番地(現・渋谷区松濤2丁目4番8号)へ転居。祖父母と離れる。7月に作文「春草抄――初等科時代の思ひ出」を学習院校内誌『輔仁会雑誌』(159号)に発表。以降、毎号に習作(詩歌・散文作品・戯曲)を発表。
8月に母と妹弟と千葉県鵜原海岸に避暑に行く。秋頃に高等科3年の先輩文芸部員・坊城俊民から声をかけられ、交友が始まる。10月に父が農林省営林局事務官に就任し、大阪単身赴任(昭和16年1月まで)。12月頃に自作の詩集ノート『こだま――平岡小虎詩集』などを編む。
1938年(昭和13年) 13歳。3月に初めての小説酸模(すかんぽ)――秋彦の幼き思ひ出」、「座禅物語」、詩篇「金鈴」、俳句を『輔仁会雑誌』(161号)に発表。5月に野外演習で千葉県の上総一宮に行く。10月に祖母に歌舞伎座連れられ、初めての歌舞伎仮名手本忠臣蔵』を観劇。同時期に母方の祖母・橋トミにも連れられ、初めて三輪』を観る。
1939年(昭和14年) 14歳。1月18日に祖母・夏子が潰瘍出血のため死去(没年齢62歳)。3月に戯曲「東の博士たち」、詩篇「九官鳥」を『輔仁会雑誌』(163号)に発表。4月に、前年より成城高等学校(現・成城大学)から学習院に転任していた清水文雄国文法と作文の担当教師となる。以降、生涯にわたる恩師となる。11月頃から俳句創作の際、渾名のアオジロをもじって「青城」を俳号とする。
1940年(昭和15年) 15歳。1月に詩「凶ごと」を書く。2月から山路閑古主宰の月刊俳句雑誌『山梔(くちなし)』に俳句や詩歌をさかんに投稿発表(翌年にかけて)。6月に文芸部委員に選出。11月に小説「彩絵硝子」を『輔仁会雑誌』(166号)に発表。東文彦から初めて手紙をもらい、文通が始まる。同時期に徳川義恭とも交友が始まる。この年、母に連れられ、詩人川路柳虹を訪問。しばらく師事する。
1941年(昭和16年) 16歳。2月19日に東文彦宅を初訪問。5月に修学旅行で伊勢神宮、奈良、京都、舞鶴海軍機関学校、天橋立有馬温泉に行く。6月に野外演習で群馬県相馬ヶ原に行く。7月に「花ざかりの森」を書き上げ、清水文雄に批評を請う。同月に川路柳虹の紹介で萩原朔太郎を訪問。9月に清水の同人月刊誌文藝文化』に「花ざかりの森」を発表(12月まで)。ペンネーム三島由紀夫とする。以降、同誌に同人として小説や随筆、詩歌を発表。12月8日に日米開戦(真珠湾攻撃)。
1942年(昭和17年) 17歳。3月に学習院中等科を卒業(席次は2番)。謝恩会で「謝辞」を読む。同月に父が農林省を退官。日本瓦斯木炭株式会社に天下る。4月に学習院高等科文科乙類(ドイツ語)に入学。同月に詩「大詔」を『文藝文化』に発表。5月に文芸部委員長に選任。7月1日に東文彦徳川義恭と共に同人誌『赤繪』を創刊。創刊号に「苧菟と瑪耶」を発表。
8月26日に祖父・定太郎が死亡(没年齢79歳)。11月に学校講演依頼のため、清水文雄と共に保田與重郎を初訪問。
1943年(昭和18年) 18歳。1月に懸賞論文「王朝心理文學小史」が入選。2月に輔仁会の総務部総務幹事に就任。3月から「世々に残さん」を『文藝文化』に連載(10月まで)。6月6日の輔仁会春季文化大会で創作対話劇『やがてみ楯と』が上演。伊東静雄蓮田善明の導きにより、6月9日に富士正晴神田区の七丈書院で面会。富士を通じて林富士馬とも知り合う。
7月下旬に徳川義恭と共に世田谷区新町志賀直哉を初訪問。10月3日に富士、林と共に佐藤春夫を初訪問。10月8日に東文彦が死去(没年齢23歳)。葬儀弔辞を読む。『赤繪』は2号で廃刊。この年、堀辰雄を訪問。
1944年(昭和19年) 19歳。4月に林富士馬と共に上石神井檀一雄を初訪問。4月27日に徴兵検査通達書を受け取る(発信者は本籍地の兵庫県印南郡志方村村長・陰山憲二)。5月16日に兵庫県加古郡加古川町(現・加古川市)の加古川公会堂(現・加古川市立加古川図書館)で徴兵検査。第二種に合格(召集令状は翌年2月)。その足で翌17日と22日に大阪の伊東静雄を訪問。
8月に『文藝文化』が70号で終刊。同月下旬に三谷信ら友人4人で志賀高原に卒業旅行。9月に学習院高等科を首席で卒業。卒業生総代となり、天皇より恩賜の銀時計を拝受。10月に東京帝国大学法学法律学科(独法)に入学。同月に処女小説集『花ざかりの森』を七丈書院より刊行。12月5日に祖父・橋健三が郷里の金沢で死去(没年齢83歳)。
1945年(昭和20年) 20歳。学徒動員に伴い、1月から「東京帝国大学勤労報国隊」として群馬県新田郡太田町中島飛行機小泉製作所に勤労動員。東矢島寮11寮35号室に入寮。の悪い同学生と2人で総務課調査部文書係に配属。2月に中河与一の厚意で、小説「中世」の第一回、第二回(途中)を『文藝世紀』に発表。2月4日に入営通知の電報を受け取り、出立までに遺書、遺髪、遺爪を用意。
2月10日に兵庫県富合村の高岡廠舎で入隊検査。右肺浸潤の診断が下され即日帰郷栗山理一を通じ、2月22日に 野田宇太郎(『文藝』編集長)を訪問。3月8日に川端康成から来簡。3月9日から群馬県の前橋陸軍士官学校にいる三谷信を慰問。翌3月10日に東京大空襲。4月上旬頃、疎開する佐藤春夫を、林富士馬庄野潤三らと餞別に行く。
5月から神奈川県高座郡大和の海軍高座工廠に勤労動員。高座廠第五工員寄宿舎東大法学部第一中隊第二小隊に入る。6月に工廠内の法学部学生ら東大文化委員による回覧冊子『東雲』が作られ、編集を担当。同月中旬に軽井沢疎開中の三谷邦子(三谷信の妹で恋人)を訪問。邦子と接吻をする。
8月15日に疎開先の豪徳寺の親戚の家で敗戦を迎える。8月19日に蓮田善明が駐屯先のマレー半島ジョホールバルピストル自決(没年齢41歳)。8月下旬に遅れて発行された『文藝』(5・6月合併号)に「エスガイの狩」を発表。初めての原稿料を得る。10月23日に妹・美津子腸チフスのため死去(没年齢17歳)。
1946年(昭和21年) 21歳。1月1日に昭和天皇詔書人間宣言」に憤慨。1月27日に鎌倉市二階堂の川端康成宅を初訪問。以降、長きに亘り師事する。5月5日に三谷邦子が銀行員・永井邦夫と結婚。同月に林富士馬、庄野潤三、島尾敏雄と共に伊東静雄主催の同人誌『光耀』に参加。6月に「煙草」を『人間』に発表。9月16日に邦子と道で偶然出会う。11月17日に「蓮田善明を偲ぶ会」に出席。12月14日に矢代静一と一緒に、太宰治亀井勝一郎を囲む集いに参加。太宰と初めて言葉を交わす。
1947年(昭和22年) 22歳。1月10日に織田作之助が死去(没年齢33歳)。哀惜にたえず翌日梅崎春生と会い、一緒に赤坂書店に行く。4月に「軽王子と衣通姫」を『群像』に発表。6月27日に新橋新夕刊林房雄と会い、以降親交を持つ。7月に日本勧業銀行の第一次試験に合格するも面接で不採用。11月に東京大学法学部法律学科卒業。同月に短編集『岬にての物語』を桜井書店より刊行。
12月に「自殺企図者」(『盗賊』第2章の改題前)を『文学会議』に発表(以降、翌年にかけ各章が各誌に分載)。12月13日に高等文官試験合格。12月24日に大蔵省に初登庁。大蔵事務官に任官され、銀行局国民貯蓄課に勤務。
1948年(昭和23年) 23歳。3月に随筆「重症者の兇器」を『人間』に発表。6月13日に太宰治玉川上水入水自殺(没年齢38歳)。6月に『近代文学』の第二次同人となる。7月下旬から8月頃、作家活動と官僚の二重生活の過労で出勤途中に渋谷駅ホームから線路に転落。8月下旬頃、河出書房坂本一亀らが書き下ろし長編の執筆依頼に大蔵省仮庁舎を来訪。
9月2日に大蔵省に辞表を提出し、9月22日に依頼退職。10月に河出書房の杉森久英企画の雑誌『序曲』の同人(椎名麟三武田泰淳梅崎春生野間宏船山馨中村真一郎寺田透島尾敏雄埴谷雄高)に参加。同月に国際乗馬倶楽部に入会。7年ぶりに乗馬をする。11月に全5章から成る初の長編『盗賊』を真光社より刊行。12月に短編集『夜の仕度』を鎌倉文庫より刊行。同月に同人誌『序曲』が創刊(1号で終刊)。
1949年(昭和24年) 24歳。2月に戯曲『火宅』が俳優座創作劇研究会により初演。7月に書き下ろし長編『仮面の告白』を河出書房より刊行。8月に作品集『魔群の通過』を河出書房より刊行。同月に舟橋聖一主宰の「伽羅(きあら)の会」に参加。10月に大阪府豊中市へ取材旅行。11月24日に光クラブ事件の山崎晃嗣が服毒自殺(没年齢26歳)。12月12日に徳川義恭が死去(没年齢28歳)。
1950年(昭和25年) 25歳。1月から「純白の夜」を『婦人公論』に連載(10月まで)。2月に小田切秀雄から共産党入党を勧誘される。6月に書き下ろし長編『愛の渇き』を新潮社より刊行。7月2日に金閣寺放火事件が起こる。同月から「青の時代」を『新潮』に連載(12月まで)。同月に執筆のため箱根町強羅に行く。
8月1日に目黒区緑ヶ丘2323番地(現・緑が丘1丁目17-24)へ転居。同月に岸田国士提唱の「雲の会」発足に小林秀雄福田恆存らと参加。12月に能楽を戯曲化した初作『邯鄲』がテアトロ・トフンにより初演。この頃から中村光夫、福田恆存、吉田健一大岡昇平らの「鉢の木会」に参加。
1951年(昭和26年) 26歳。1月から「禁色」(『禁色』第一部)を『群像』に連載(10月まで)。6月に初の評論集『狩と獲物』を要書房より刊行。7月に三島ファン福島次郎瀬戸内晴美が来訪。11月に文藝春秋祭の文士劇父帰る』に出演(弟・新二郎役)。12月25日に朝日新聞特別通信員として横浜港からハワイに向け初の世界旅行に出帆(翌年5月まで)。
1952年(昭和27年) 27歳。2月に近代能楽3作目の『卒塔婆小町』が文学座により初演。3月にパリにて50万円分のトラベラーズチェック詐取に遭う。日本人経営の宿・ぼたんやに移り、木下恵介佐野繁次郎黛敏郎と知り合う。最終訪問地ローマから5月10日に日本に帰着。6月に林房雄夫人・繁子の通夜の席で、川端康成の養女政子との結婚を秀子夫人に切り出すが断られる。
8月から「秘楽」(『禁色』第二部)を『文学界』に連載(翌年8月まで)。10月に世界旅行記『アポロの杯』を朝日新聞社より刊行。11月20日に文藝春秋祭の文士劇『弁天娘女男白浪・浜松屋店先の場』に出演(浜松屋番頭・由兵衛役)。
1953年(昭和28年) 28歳。2月に作品集『真夏の死』を創元社より刊行。3月と8月、9月に神島へ取材旅行。3月12日に伊東静雄が死去(没年齢46歳)。5月28日に堀辰雄が死去(没年齢48歳)。12月3日に文藝春秋祭の文士劇『仮名手本忠臣蔵(討入りの場、引上げの場)』に出演(磯貝十郎左衛門役)。12月22日に加藤道夫縊死自殺(没年齢35歳)。加藤宅へ駆けつける。
1954年(昭和29年) 29歳。3月5日に岸田国士が死去(没年齢63歳)。6月に書き下ろし長編『潮騒』を新潮社より刊行。この作品で第1回新潮社文学賞受賞(決定は10月)。同月に「伽羅の会」を脱退。8月に中村歌右衛門楽屋で豊田貞子と出逢う。その後交際を開始。10月に短編集『鍵のかかる部屋』を新潮社より刊行。同月に須田貝ダム奥只見ダムへ取材旅行。
11月に創作歌舞伎『鰯売恋曳網』が歌舞伎座で初演。同月29日に文藝春秋祭の文士劇『御所五郎蔵五条坂出会いの場』に出演(五郎蔵の子分・平平役)。
1955年(昭和30年) 30歳。1月から「沈める滝」を『中央公論』に連載(4月まで)。7月に作品集『ラディゲの死』を新潮社より刊行。7月22日に田中澄江と「宗谷」に乗り、横浜港外での海上保安庁の観閲式に出席。9月からボディビルを始める(生涯にわたり継続)。10月に『白蟻の巣』が劇団青年座により初演。この作品で第2回岸田演劇賞受賞(決定は翌年1月)。
11月1日に文藝春秋祭りの文士劇『屋上の狂人』に出演(弟・末次郎役)。同月に金閣寺南禅寺東舞鶴へ取材旅行。同月に日記風随筆『小説家の休暇』を講談社より刊行。
1956年(昭和31年) 31歳。1月から「金閣寺」を『新潮』に連載(10月まで)。この作品で第8回読売文学賞受賞(決定は翌年1月)。2月に石原慎太郎と初対面。3月に文学座へ入座。同月7日に金閣寺放火犯・林養賢が死去(没年齢26歳)。同月17日に奥野健男の『太宰治論』出版記念会の二次会で北杜夫と出逢う。同月23日に自宅で「永すぎた春」執筆中の姿を写真家・林忠彦が撮影。4月に『近代能楽集』を新潮社より刊行。
この頃、「日本空飛ぶ円盤研究会」に入会(会員番号は12番)。6月に作品集『詩を書く少年』を角川書店より刊行。8月に自由が丘熊野神社夏祭りで初めて神輿をかつぐ。同月に初の英訳『潮騒』が米国で刊行。9月中旬からボクシングを始める(翌年6月頃まで)。11月に『鹿鳴館』が文学座により初演。東京公演で連日大工植木職人役で出演。
1957年(昭和32年) 32歳。1月から自伝エッセイ「わが思春期」を『明星』に連載(9月まで)。3月にラシーヌ原作『ブリタニキュス』の修辞脚色劇を文学座が初演。東京公演千秋楽衛兵役で出演。この作品で第9回毎日演劇賞劇団賞を受賞(決定は翌年4月)。同月に母と共に聖心女子大学卒業式を参観。この年、同校の正田美智子と歌舞伎座で観劇し、銀座6丁目の割烹「井上」の2階でお見合い
4月から「美徳のよろめき」を『群像』に連載(6月まで)。5月に豊田貞子と別離。6月に日活国際会館屋上での「日本空飛ぶ円盤研究会」主催のUFO観測会に参加。7月からクノップ社の招きで渡米(年末まで)。同月にノーマン・メイラーに会う。12月14日にニューヨークでのジャパン・ソサエティーのパーティーで、夫に伴い現地駐在中の永井邦子と偶然再会。
1958年(昭和33年) 33歳。1月にマドリードローマ経由で日本に帰国。1月に短編集『橋づくし』を文藝春秋新社より刊行。3月に勝鬨橋晴海を取材。4月13日に杉山瑤子(画家杉山寧の娘)と銀座でお見合い。同月20日に吉田健一、アイヴァン・モリスと共に、来日中のスティーブン・スペンダーを夕食に招く。6月1日に杉山瑤子と結婚し、明治記念館で挙式(媒酌人は川端康成夫妻)。同月に箱根、熱海、京都、大阪、別府博多へ新婚旅行。
7月に『薔薇と海賊』が文学座により初演。この作品で週刊読売新劇賞受賞(決定は12月)。同月からエッセイ「不道徳教育講座」を『週刊明星』に連載(翌年11月まで)。10月に雑誌『声』(丸善出版)を創刊し、執筆中の「鏡子の家」第1章と第2章途中までを掲載。11月下旬から本格的に剣道を始める。同月29日に文藝春秋祭の文士劇『助六』に出演(髭の意休役)。12月に、ナビゲーターの作家役で2カット出演の映画『不道徳教育講座』の撮影(封切は翌年1月8日)。
1959年(昭和34年) 34歳。1月に富士山麓青木ヶ原樹海へ取材旅行。4月10日に皇太子ご結婚祝賀演奏会に出席。5月10日に大田区馬込東1丁目1333番地(現・南馬込4丁目32-8)の新築の邸宅へ転居。6月2日に長女紀子が誕生。8月から小高根二郎が『果樹園』に連載開始した「蓮田善明とその死」を読む(以降、最終回の昭和43年11月まで)。9月14日に来日中のテネシー・ウィリアムズと対談。
9月に書き下ろし長編『鏡子の家』第一部(上巻)・第二部(下巻)を新潮社より刊行。11月に日記『裸体と衣裳』を新潮社より刊行。同月28日に文藝春秋祭の文士劇『弁天娘女男白浪』に出演(弁天小僧菊之助役)。12月16日にテレビ番組『スター千一夜』に出演。
1960年(昭和35年) 35歳。1月から「宴のあと」を『中央公論』に連載(10月まで)。同月24日にニューヨークCBSのテレビ番組『Twentieth Century』に出演。2月から、主演を務める大映映画『からっ風野郎』(増村保造監督)の撮影(封切3月23日)。3月1日の西銀座デパート内での撮影でエスカレーターに頭部を強打し、虎の門病院に10日間入院。4月にワイルド原作(訳・日夏耿之介)『サロメ』の脚色劇を文学座が初演。5月23日に自宅屋上にて早朝UFOを妻と目撃。
6月18日に日米安保条約反対の国会周辺デモを見学。8月に浜松航空自衛隊浜名湖西伊豆安良里田子)へ取材旅行。11月から夫人同伴で世界旅行に渡航(翌年1月まで)。同月にロサンゼルスディズニーランドに行く。フォービアン・バワーズ宅でグレタ・ガルボに会う。12月にパリで憧れのジャン・コクトーと初対面。同月にロンドンアーサー・ウェイリースティーブン・スペンダーと会う。
1961年(昭和36年) 36歳。1月に「憂国」を『小説中央公論』に発表。同月にローマでジョヴァンニ・アルディニにアポロ像の作製を依頼。香港を最後に1月20日に日本に帰国。2月に深沢七郎の小説『風流夢譚』を巡る嶋中事件に巻き込まれ、右翼から強迫。3月15日に『宴のあと』のモデル問題で有田八郎からプライバシー侵害だと提訴。4月23日に剣道初段合格。5月に川端康成に依頼された英文のノーベル文学賞推薦文を送る。
6月から「獣の戯れ」を『週刊新潮』に連載(9月まで)。9月から写真家細江英公の被写体となる(昭和38年3月に『薔薇刑』として刊行)。同月に米誌『ホリデイ』に招かれ、サンフランシスコでの日本シンポジウムに出席。「Japanese Youth(日本の青年)」と題し講演。ABCテレビインタビューを受ける。11月に「鉢の木会」を脱会。同月に『十日の菊』が文学座により初演。この作品で第13回読売文学賞戯曲賞受賞(決定は翌年1月)。
12月にパリの雑誌『エクスプレス』が小説『金閣寺』を紹介。同月に金沢へ取材旅行。
1962年(昭和37年) 37歳。1月から「美しい星」を『新潮』に連載(11月まで)。3月に『黒蜥蜴』がプロデューサー・システムにより初演。3月5日にハリー・マーティンソンの希望でスウェーデン参事官邸に川端康成、大岡昇平、伊藤整石川淳ら約20名と共に招かれる。5月2日に長男威一郎が誕生。7月に運転免許取得。7月20日に、6月から度々面会強要していた24歳青年が三島宅の住居侵入現行犯で逮捕。9月に横浜港三井船舶貨物船を取材。
12月22日に知人らを招いて自宅でクリスマスパーティーを開催(昭和40年まで毎年続く)。
1963年(昭和38年) 38歳。1月14日に文学座から芥川比呂志岸田今日子ら29人の劇団員が脱退。福田恆存を中心とする「劇団雲」が結成され、三島はとり残される。同月から「私の遍歴時代」を『東京新聞』に連載(5月まで)。3月24日に剣道二段に合格。6月に川端康成、谷崎潤一郎、伊藤整、大岡昇平、高見順ドナルド・キーンらと共に中央公論社の『日本の文学』編集委員となる。8月に彦根近江八景へ取材旅行。
9月に書き下ろし長編『午後の曳航』を講談社より刊行。11月に杉村春子らの出演拒否により『喜びの琴』が上演中止になり、三島は文学座を退団(喜びの琴事件)。12月に短編集『』を講談社より刊行。同月にスウェーデン有力紙の特集「世界の文豪」の中に入る。
1964年(昭和39年) 39歳。1月から「絹と明察」を『群像』に連載(10月まで)。この作品で第6回毎日芸術賞受賞(決定は翌年1月)。同月10日に、文学座を一緒に脱退したメンバーと「劇団NLT」を結成。3月22日に剣道三段に合格。5月6日に佐藤春夫が死去(没年齢72歳)。告別式に行く。5月に『宴のあと』が1964年フォルメントール国際文学賞第2位受賞。『金閣寺』も第4回国際文学賞で2位受賞。8月に伊豆下田へ家族旅行(以降、毎年恒例となる)。
9月28日に「宴のあと」裁判第一審で敗訴。10月に東京オリンピックの新聞特派員記者として連日取材活動。
1965年(昭和40年) 40歳。2月から京都、奈良の圓照寺へ取材旅行。3月4日に有田八郎が死去(没年齢80歳)。同月にブリティッシュ・カウンシルの招待で渡英。ダフ・クーパー賞を受賞したアイヴァン・モリスを祝う。マーゴ・フォンテインエドナ・オブライエン、アンガス・ウィルソンらと会う。4月に村松剛佐伯彰一らの復刊雑誌『批評』の同人となる。
4月30日に短編映画『憂国』完成(封切は翌年4月)。この作品でツール国際短編映画祭劇映画部門第2位受賞(決定は翌年1月)。7月30日に谷崎潤一郎が死去(没年齢79歳)。9月から「春の雪豊饒の海 第一巻)」を『新潮』に連載(昭和42年1月まで)。同月から夫人同伴で米国、欧州、東南アジアカンボジアへ取材旅行(11月まで)。10月にノーベル文学賞最終候補と報じられる。
11月から「太陽と鉄」を『批評』に連載(昭和43年6月まで)。同月に『サド侯爵夫人』が劇団NLTにより初演。この作品で第20回文部省芸術祭賞受賞(決定は翌年1月)。同月から居合抜きを習い始める。
1966年(昭和41年) 41歳。1月31日に国会議員と剣道の親善試合。橋本龍太郎と対戦し引き分ける。2月11日に建国記念日祝賀行進に参加。5月29日に剣道四段に合格。6月に「英霊の聲」を『文藝』に発表。6月30日にビートルズ初日公演を観る。同月下旬にファンの青年が窓ガラスを割って三島宅に侵入。7月9日に丸山明宏のチャリティーリサイタルに出演。自作詞の歌を熱唱。同月に芥川賞選考委員となる(第55回から昭和45年度上半期・第63回まで)。
8月に大神神社広島江田島海上自衛隊第一術科学校熊本神風連の地へ取材旅行。清水文雄荒木精之、森本忠、蓮田善明未亡人と面会。日本刀を購入。9月に米誌『ライフ』が三島を特集。10月に自衛隊体験入隊を希望し、防衛庁関係者らに依頼。11月11日に両陛下主催の秋の園遊会に招待され出席。11月25日に有田八郎遺族と裁判和解成立。
12月頃に舩坂弘から序文の礼として日本刀・関孫六をもらう(贋物をつかまされたという説もあり)。同月に雑誌『論争ジャーナル』創刊準備中の万代潔林房雄の紹介で来訪。
1967年(昭和42年) 42歳。1月に『論争ジャーナル』の万代潔、中辻和彦が来訪。後日、日本学生同盟持丸博も初来訪。同月にゴールデン・アロー賞の話題賞受賞。2月から「奔馬 (豊饒の海 第二巻)を『新潮』に連載(翌年8月まで)。2月12日に居合初段に合格。2月28日に川端康成、安部公房、石川淳と共に、中国文化大革命に対する抗議声明発表。4月19日から単身で本名の「平岡公威」で自衛隊体験入隊(5月27日まで)。
5月に『真夏の死 その他』が1967年フォルメントール国際文学賞第2位受賞(『午後の曳航』も候補作品)。同月に『平凡パンチ』の「オール日本ミスター・ダンディはだれか?」で19,590得票の第1位獲得(2位は三船敏郎)。6月19日に早大国防部の代表・森田必勝と出逢う。7月2日から1週間、森田ら早大国防部と自衛隊北海道北恵庭駐屯地で体験入隊。同月から空手を始める(6月に日本空手協会道場に入門)。9月に『葉隠入門』を光文社より刊行。同月下旬から夫人同伴でインドタイラオスへ取材旅行。
10月にインドでガンディー首相、フセイン大統領、陸軍大佐と面会。ラオスではルアン・プラバン王宮で国王に謁見。同月に『朱雀家の滅亡』が劇団NLTにより初演。同月に再びノーベル文学賞候補と報じられる。11月に『論争ジャーナル』グループと民兵組織「祖国防衛隊」構想の試案パンフレット作成。12月5日に航空自衛隊F-104戦闘機に試乗。同月末に山本舜勝と初対面。
1968年(昭和43年) 43歳。3月1日から1か月間、学生らを引率し自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で第1回自衛隊体験入隊(以降、昭和45年まで5回の体験入隊と、2回のリフレッシャー・コース体験入隊を実施)。4月に劇団浪曼劇場を結成。5月に日本学生同盟の理論合宿に林房雄、村松剛と共に参加。同月から評論「小説とは何か」を『波』に連載(昭和45年11月まで)。6月に日本文化会議設立の発起人に参加し理事となる。
7月に「文化防衛論」を『中央公論』に発表。8月11日に剣道五段に合格。9月から「暁の寺』(豊饒の海 第三巻)」を『新潮』に連載(昭和45年4月まで)。10月5日に「祖国防衛隊」から改め「楯の会」を正式結成。10月17日に川端康成がノーベル文学賞受賞。11月10日に阿川弘之と共に東大に赴き、全共闘により軟禁中の林健太郎に面会を求めるが果たせず(林健太郎監禁事件)。10月21日に国際反戦デーのデモ視察。
1969年(昭和44年) 44歳。1月に『わが友ヒットラー』が劇団浪曼劇場により初演。5月13日に東大全共闘委員会主催の討論会に出席。同月に保利茂官房長官から東京都知事選出馬を勧誘される。6月に大映京都撮影所田中新兵衛を演じる映画『人斬り』(五社英雄監督)の撮影(8月9日封切)。7月に『癩王のテラス』が劇団浪曼劇場+劇団雲東宝により初演。同月に評論集『若きサムラヒのために』を日本教文社より刊行。
10月12日に、持丸博の退会に伴い「楯の会」学生長が森田必勝になる。10月21日に国際反戦デーの新宿デモ視察。11月3日に国立劇場屋上で「楯の会」結成1周年記念パレード。同月に最後の短編「蘭陵王」を『群像』に発表。歌舞伎『椿説弓張月』が国立劇場大劇場で初演。12月14日に居合二段に合格。
1970年(昭和45年) 45歳。2月に男子高校生が来訪し、「先生はいつ死ぬんですか」と質問される。4月5日に第1回世界剣道選手権大会に参加。台湾の五段選手と対戦し引き分ける。同月に日本文化会議と『批評』同人を辞める。6月17日に空手初段に合格。7月から「天人五衰(豊饒の海 第四巻)」を『新潮』に連載(翌年1月まで)。7月7日に「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」を『サンケイ新聞』に発表。8月に毎年恒例の伊豆下田へ最後の家族旅行。
9月に対談集『尚武のこころ』を日本教文社より刊行。10月に対談集『源泉の感情』を河出書房新社より刊行。11月12日から17日まで池袋東急百貨店で「三島由紀夫展」開催。11月25日に「楯の会」メンバー4名と共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監部にて益田兼利総監を拘束し、バルコニーで演説(三島事件)。森田必勝と共に割腹自決

おもな作品[編集]

★印は学習院時代の作品

短編小説[編集]

  • 酸模――秋彦の幼き思ひ出(輔仁会雑誌 1938年3月)★
  • 座禅物語(輔仁会雑誌 1938年3月)★
  • 墓参り(輔仁会雑誌 1938年7月)★ - 連作「鈴鹿鈔」の一作。
  • 暁鐘聖歌(輔仁会雑誌 1938年7月)★ - 連作「鈴鹿鈔」の一作。
  • 心のかゞやき(1940年3月)★ - 未完
  • 仔熊の話(1940年6月)★
  • 神官(1940年)★
  • 彩絵硝子〈だみえがらす〉(輔仁会雑誌 1940年11月)★
  • 花ざかりの森文藝文化 1941年9月-12月)★
  • 青垣山の物語(1942年2月)★
  • 苧菟と瑪耶〈おっとおとまや〉(赤繪 1942年7月)★
  • みのもの月(文藝文化 1942年11月)★
  • 玉刻春(輔仁会雑誌 1942年12月)★
  • 世々に残さん(文藝文化 1943年3月)★
  • 祈りの日記(赤絵 1943年6月)★
  • 曼荼羅物語(輔仁会雑誌 1943年12月)★
  • 檜扇(1944年1月)★ - 2000年11月『新潮』初掲載[482]
  • 朝倉(文藝世紀 1944年7月)★
  • 中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜粋(文藝文化 1944年8月)★ - 改題前は「夜の車」
  • 中世(文藝世紀 1945年2月-1946年1月、人間 1946年12月)
  • エスガイの狩(文藝 1945年5・6月。戦乱のため発行は8月に遅延)
  • 黒島の王の物語の一場面(東雲 1945年6月)
  • 菖蒲前(現代 1945年10月)
  • 贋ドン・ファン記(新世紀 1946年6月)
  • 煙草(人間 1946年6月)
  • 岬にての物語群像 1946年11月)
  • 恋と別離と(婦人画報 1947年3月)
  • 軽王子と衣通姫(群像 1947年4月)
  • 鴉(光耀 1947年8月)
  • 夜の仕度(人間 1947年8月)
  • ラウドスピーカー(文藝大学 1947年12月)
  • 春子(人間 1947年12月)
  • サーカス(進路 1948年1月)
  • 婦徳(令女界 1948年1月)
  • 接吻(マドモアゼル 1948年1月)
  • 伝説(マドモアゼル 1948年1月)
  • 白鳥(マドモアゼル 1948年1月)
  • 哲学(マドモアゼル 1948年1月)
  • 蝶々(花 1948年2月) - 改題前は「晴れた日に」
  • 殉教(丹頂 1948年4月)
  • 親切な男(新世間 1948年4月)
  • 家族合せ(文學季刊 1948年4月)
  • 人間喜劇(1948年4月執筆[注釈 31]) - 1974年10月刊行の全集2巻に初収録。
  • 頭文字(文學界 1948年6月)
  • 慈善(改造 1948年6月)
  • 宝石売買(文藝 1948年6月)
  • 罪びと(婦人 1948年7月)
  • 好色(小説界 1948年7月)
  • 不実な洋傘(婦人公論 1948年10月)
  • 山羊の首(別冊文藝春秋 1948年11月)
  • 獅子(序曲 1948年12月)
  • 幸福といふ病気の療法(文藝 1949年1月)
  • 恋重荷(群像 1949年1月)
  • 毒薬の社会的効用について(風雪 1949年1月)
  • 大臣(新潮 1949年1月)
  • 魔群の通過(別冊文藝春秋 1949年2月)
  • 侍童(小説新潮 1949年3月)
  • 天国に結ぶ恋(オール讀物 1949年6月)
  • 訃音(改造 1949年7月)
  • 舞台稽古(女性改造 1949年9月)
  • 星(評論 1949年9月)
  • 薔薇(文藝往来 1949年10月)
  • 退屈な旅(別冊小説新潮 1949年10月)
  • 親切な機械(風雪 1949年11月)
  • 孝経(展望 1949年11月)
  • 火山の休暇(改造文藝 1949年11月)
  • 怪物(別冊文藝春秋 1949年12月)
  • 花山院(婦人朝日 1950年1月)
  • 果実(新潮 1950年1月)
  • 鴛鴦(文學界 1950年1月)
  • 修学旅行(週刊朝日 1950年3月1日)
  • 日曜日(中央公論 1950年7月)
  • 遠乗会(別冊文藝春秋 1950年8月)
  • 孤閨悶々(オール讀物 1950年8月)
  • 日食(朝日新聞夕刊 1950年9月19日)
  • 食道楽(サンデー毎日別冊 1950年10月20日)
  • 牝犬(別冊文藝春秋 1950年12月)
  • 女流立志伝(オール讀物 1951年1月)
  • 家庭裁判(文藝春秋 1951年1月)
  • 偉大な姉妹(新潮 1951年3月)
  • 箱根細工(小説公園 1951年3月)
  • 椅子(別冊文藝春秋 1951年3月)
  • 死の島(改造 1951年4月)
  • ――ゴーティエ風の物語(文學界 1951年5月)
  • 右領収仕候(オール讀物 1951年5月)
  • 手長姫(小説新潮 1951年6月)
  • 朝顔(婦人公論 1951年8月)
  • 携帯用(新潮 1951年10月)
  • 離宮の松(別冊文藝春秋 1951年12月)
  • クロスワード・パズル(文藝春秋 1952年1月)
  • 学生歌舞伎気質(小説新潮 1952年1月)
  • 近世姑気質(オール讀物 1952年1月)
  • 金魚と奥様(オール讀物 1952年9月)
  • 真夏の死(新潮 1952年10月) - 1967年フォルメントール国際文学賞第2位受賞。
  • 二人の老嬢(週刊朝日 1952年11月30日)
  • 美神(文藝 1952年12月)
  • 江口初女覚書(別冊文藝春秋 1953年4月)
  • 雛の宿(オール讀物 1953年4月)
  • 旅の墓碑銘(新潮 1953年6月)
  • 急停車(中央公論 1953年6月)
  • 卵(群像 1953年6月)
  • 不満な女たち(文藝春秋 1953年7月)
  • 花火(改造 1953年9月)
  • ラディゲの死(中央公論 1953年10月)
  • 陽気な恋人(サンデー毎日 1953年10月30日)
  • 博覧会(群像 1954年6月)
  • 芸術狐(オール讀物 1954年6月)
  • 鍵のかかる部屋(新潮 1954年7月)
  • 復讐(別冊文藝春秋 1954年7月)
  • 詩を書く少年(文學界 1954年8月)
  • 志賀寺上人の恋(文藝春秋 1954年10月)
  • 水音(世界 1954年11月)
  • S・O・S(小説新潮 1954年11月)
  • 海と夕焼(群像 1955年1月)
  • 新聞紙(文藝 1955年3月)
  • 商ひ人(新潮 1955年4月)
  • 山の魂(別冊文藝春秋 1955年4月)
  • 屋根を歩む(オール讀物 1955年5月)
  • 牡丹(文藝 1955年7月)
  • 青いどてら(朝日新聞 1956年1月15日)
  • 十九歳(文藝 1956年3月)
  • 足の星座(オール讀物 1956年7月)
  • 施餓鬼舟(群像 1956年10月)
  • 橋づくし(文藝春秋 1956年12月)
  • 女方(世界 1957年1月)
  • 色好みの宮(オール讀物 1957年7月)
  • 貴顕(中央公論 1957年8月)
  • 影(オール讀物 1959年11月)
  • 百万円煎餅(新潮 1960年9月)
  • 愛の処刑ADONIS 1960年10月)
  • スタア(群像 1960年11月)
  • 憂国(小説中央公論 1961年1月)
  • 苺(オール讀物 1961年9月)
  • 帽子の花(群像 1962年1月)
  • 魔法瓶(文藝春秋 1962年1月)
  • 月(世界 1962年8月)
  • 葡萄パン(世界 1963年1月)
  • 真珠(文藝 1963年1月)
  • 自動車(オール讀物 1963年1月)
  • 可哀さうなパパ(小説新潮 1963年3月)
  • 雨のなかの噴水(新潮 1963年8月)
  • 切符(中央公論 1963年8月)
  • (新潮 1963年10月)
  • 月澹荘綺譚(文藝春秋 1965年1月)
  • 三熊野詣(新潮 1965年1月)
  • 孔雀(文學界 1965年2月)
  • 朝の純愛(日本 1965年6月)
  • 仲間(文藝 1966年1月)
  • 英霊の聲(文藝 1966年6月)
    • 先行試作「悪臣の歌」(1966年)あり。
  • 荒野より(群像 1966年10月)
  • 時計(文藝春秋 1967年1月)
  • 蘭陵王(群像 1969年11月)

長編小説[編集]

戯曲・歌舞伎[編集]

☆印は潤色・修辞作品

随想・自伝・エッセイ・日誌・紀行[編集]

  • 狸の信者(輔仁会雑誌 1938年7月)★ - 連作「鈴鹿鈔」の一作。
  • 惟神之道〈かんながらのみち〉(1941年9月)★
  • 芝居日記(1942年1月-1947年11月)★ - 原題「平岡公威劇評集」。1989年10月-1990年2月『マリ・クレール』初掲載。
  • 東文彦 弔詞(1943年10月) - 1998年12月『新潮』掲載。
  • 東徤兄を哭す(輔仁会雑誌 1943年12月)★
  • 柳桜雑見録(文藝文化 1943年12月)★
  • 平岡公威伝(1944年2月)★
  • 扮装狂(1944年8月)★ - 2000年11月『新潮』初掲載[482]
  • 廃墟の朝(1944年夏)★
  • 詩論その他(1945年5月-6月) - 2000年11月『新潮』に初抜粋掲載[482]
  • 別れ(輔仁会報 1945年7月)
  • 昭和廿年八月の記念に(1945年8月) - 1979年3月『新潮』初掲載。
  • 戦後語録(1945年9月)
  • 川端康成印象記(1946年1月)
  • わが世代の革命(午前 1946年7月)
  • 招かれざる客(書評 1947年9月)
  • 重症者の兇器(人間 1948年3月)
  • 師弟(青年 1948年4月)
  • ツタンカーメンの結婚(財政 1948年5月)
  • 反時代的な芸術家(玄想 1948年9月)
  • 悲劇の在処(東京日日新聞 1949年6月28日)
  • 戯曲を書きたがる小説書きのノート(日本演劇 1949年10月)
  • 大阪の連込宿――「愛の渇き」の調査旅行の一夜(文藝春秋 1950年6月)
  • 虚栄について(美しい暮しの手帖 1950年10月)
  • 声と言葉遣ひ――男性の求める理想の女性(スタイル 1950年12月)
  • アポロの杯(各誌 1952年4月-8月、朝日新聞社 10月)
  • 遠視眼の旅人(週刊朝日 1952年6月8日)
  • 最高の偽善者として――皇太子殿下への手紙(婦人公論 1952年12月)
  • 私の好きな作中人物――希臘から現代までの中に(別冊文藝春秋 1952年12月)
  • 愉しき御航海を――皇太子殿下へ(1953年3月) - 発表誌未詳。
  • 蔵相就任の想ひ出――ボクは大蔵大臣(明窓 1953年4月・5月)
  • 堂々めぐりの放浪(毎日新聞 1953年8月22日)
  • 芝居と私(文學界 1954年1月)
  • 女ぎらひの弁(新潮 1954年8月)
  • 好きな女性(知性 1954年8月)
  • 私の小説の方法(河出書房 1954年9月) - 『文章講座4』収録。
  • 空白の役割(新潮 1955年6月)
  • 終末感からの出発――昭和二十年の自画像(新潮 1955年8月)
  • 八月十五日前後(毎日新聞 1955年8月14日)
  • 戯曲の誘惑(東京新聞 1955年9月6日-7日)
  • 小説家の休暇(書き下ろし/講談社 1955年11月)
  • 新恋愛講座明星 1955年12月-1956年12月)
  • 歴史の外に自分をたづねて――三十代の処生(中央公論 1956年2月)
  • ラディゲに憑かれて――私の読書遍歴(日本読書新聞 1956年2月20日)
  • わが漫画(漫画読売 1956年3月5日)
  • わが魅せられたるもの(新女苑 1956年4月)
  • 自己改造の試み――重い文体と鴎外への傾倒(文學界 1956年8月)
  • ボディ・ビル哲学(漫画読売 1956年9月20日)
  • 或る寓話(群像 1956年10月)
  • 文学とスポーツ(新体育 1956年10月)
  • ボクシングと小説(毎日新聞 1956年10月7日)
  • 陶酔について(新潮 1956年11月)
  • わが思春期(明星 1957年1月-9月)
  • 旅の絵本(各誌 1957年12月-1958年4月)
  • 裸体と衣裳――日記(新潮 1958年4月-1959年9月)
  • 外遊日記(新潮 1958年7月、9月、11月)
  • 不道徳教育講座(週刊明星 1958年7月27日-1959年11月29日)
  • 私の見合結婚(主婦の友 1958年7月)
  • 作家と結婚(婦人公論 1958年7月)
  • 母を語る――私の最上の読者(婦人生活 1958年10月)
  • 同人雑記(聲 1958年10月-1960年10月)
  • 十八歳と三十四歳の肖像画(群像 1959年5月)
  • ぼくはオブジェになりたい(週刊公論 1959年12月1日)
  • 夢の原料(輔仁会雑誌 1960年12月)
  • ピラミッドと麻薬(毎日新聞 1961年1月28日)
  • 美に逆らふもの(新潮 1961年4月) - タイガーバームガーデン紀行。
  • 汽車への郷愁(弘済 1961年5月)
  • 法律と文学(東大緑会大会プログラム 1961年12月)
  • 第一の性(女性明星 1962年12月-1964年12月)
  • 私の遍歴時代(東京新聞 1963年1月10日-5月23日)
  • 私の中の“男らしさ”の告白(婦人公論 1963年4月)
  • 小説家の息子(教育月報 1963年7月)
  • 一S・Fファンのわがままな希望(宇宙塵 1963年9月)
  • わが創作方法(文學 1963年11月)
  • 写真集「薔薇刑」のモデルをつとめて――ぷらす・まいなす'63(読売新聞 1963年12月28日)
  • 夢と人生(岩波書店 1964年5月) - 『日本古典文学大系77 篁物語・平中物語浜松中納言物語』月報
  • 私の小説作法(毎日新聞 1964年5月10日)
  • 天狗道(文學界 1964年7月)
  • 熊野路――新日本名所案内(週刊朝日 1964年8月28日)
  • 秋冬随筆(こうさい 1964年10月-1965年3月)
  • 実感的スポーツ論(読売新聞 1964年10月5日-6日、9日-10日、12日)
  • 東洋と西洋を結び火――開会式(毎日新聞 1964年10月11日)
  • 「別れもたのし」の祭典――閉会式(報知新聞 1964年10月25日)
  • 男のおしやれ(平凡通信 1964年12月)
  • 反貞女大学産経新聞 1965年2月7日-12月19日)
  • 法学士と小説(学士会会報 1965年2月)
  • ロンドン通信・英国紀行(毎日新聞 1965年3月25日・4月9日-10日)
  • 私の戦争と戦後体験――二十年目の八月十五日( 1965年8月)
  • 太陽と鉄(批評 1965年11月-1968年6月)
  • をはりの美学(女性自身 1966年2月14日-8月1日)
  • 「われら」からの遁走――私の文学(講談社 1966年3月) - 『われらの文学5 三島由紀夫』収録。
  • わが育児論(主婦の友 1966年4月)
  • 二・二六事件と私(河出書房新社 1966年6月) - 作品集『英霊の聲』付録。
  • 闘牛士の美(平凡パンチ 1966年6月10日)
  • 私の遺書(文學界 1966年7月)
  • 私のきらひな人(話の詩集 1966年7月)
  • ビートルズ見物記(女性自身 1966年7月18日)
  • 私の健康法――まづボデービル(読売新聞 1966年8月21日)
  • 年頭の迷ひ(読売新聞 1967年1月1日)
  • 男の美学(HEIBONパンチDELUXE 1967年3月)
  • 紫陽花の母(潮文社 1967年10月) - TBSラジオ「母を語る」活字化。
  • いかにして永生を?(文學界 1967年10月)
  • 青年について(論争ジャーナル 1967年10月) - 万代潔との出逢いを語る。
  • インドの印象(毎日新聞 1967年10月20日-21日)
  • 「文芸文化」のころ(番町書房 1968年1月) - 『昭和批評大系2 昭和10年代』月報
  • 日本の古典と私(秋田魁新報 1968年1月1日)
  • F104(文藝 1968年2月) - F104戦闘機試乗体験記。
  • 電灯のイデア――わが文学の揺籃期(新潮社 1968年9月) - 『新潮日本文学45 三島由紀夫集』月報1
  • 軍服を着る男の条件(平凡パンチ 1968年11月11日)
  • 怪獣の私生活(NOW 1968年12月)
  • ホテル(朝日新聞PR版 1969年5月25日)
  • 人斬り」出演の記(大映グラフ 1969年8月)
  • 劇画における若者論(サンデー毎日 1970年2月1日)
  • 独楽(辺境 1970年9月)
  • 愛するといふこと(女の部屋 1970年9月)
  • 滝ヶ原分屯地は第二の我が家(たきがはら 1970年9月25日)

文芸評論・作家論・芸術論・劇評[編集]

  • 田中冬二小論(1940年6月)★
  • 王朝心理文学小史(1942年1月)★ - 学習院図書館の第4回懸賞論文に入選。
  • 古今の季節(文藝文化 1942年7月)★
  • 伊勢物語のこと(文藝文化 1942年11月)★
  • うたはあまねし(文藝文化 1942年12月)★
  • 夢野之鹿(輔仁会雑誌 1943年12月)★
  • 古座の玉石――伊東静雄覚書(文藝文化 1944年1月)★
  • 檀一雄「花筐」――覚書(まほろば 1944年6月)★
  • 川端氏の「抒情歌」について(民生新聞 1946年4月29日)
  • 宗十郎覚書(スクリーン・ステージ 1947年10月20日)
  • 相聞歌の源流(日本短歌 1948年1月・2月)
  • 情死について――やゝ矯激な議論(婦人文庫 1948年10月)
  • 川端康成論の一方法――「作品」について(近代文学 1949年1月)
  • 中村芝翫論(季刊劇場 1949年2月)
  • 小説の技巧について(世界文学 1949年3月)
  • 雨月物語について(文藝往来 1949年9月)
  • 極く短かい小説の効用(小説界 1949年12月)
  • オスカア・ワイルド論(改造文藝 1950年4月)
  • 文学に於ける春のめざめ(女性改造 1951年4月)
  • 批評家に小説がわかるか(中央公論 1951年6月)
  • 新古典派(文學界 1951年7月)
  • 日本の小説家はなぜ戯曲を書かないか?(演劇 1951年11月)
  • 班女」拝見(観世 1952年7月)
  • 卑俗な文体について(群像 1954年1月)
  • ワットオの《シテエルへの船出》(芸術新潮 1954年4月)
  • 芥川龍之介について(文藝 1954年12月)
  • 横光利一と川端康成(河出書房 1955年2月) - 『文章講座6』収録。
  • 川端康成ベスト・スリー――「山の音」「反橋連作」「禽獣」(毎日新聞 1955年4月11日)
  • 芸術にエロスは必要か(文藝 1955年6月)
  • 福田恆存氏の顔(新潮 1955年7月)
  • 加藤道夫氏のこと(毎日マンスリー 1955年9月)
  • ぼくの映画をみる尺度・シネマスコープと演劇(スクリーン 1956年2月)
  • 永遠の旅人――川端康成氏の人と作品(別冊文藝春秋 1956年4月)
  • 西部劇礼讃(知性 1956年8月)
  • 楽屋で書かれた演劇論(芸術新潮 1957年1月)
  • 川端康成の東洋と西洋(国文学 解釈と鑑賞 1957年2月)
  • 現代小説は古典たり得るか(新潮 1957年6月-8月)
  • 心中論(婦人公論 1958年3月)
  • 文章読本(婦人公論別冊 1959年1月)
  • 川端康成氏再説(新潮社 1959年7月) - 『日本文学全集30 川端康成集』月報
  • 六世中村歌右衛門序説(講談社 1959年9月) - 写真集『六世 中村歌右衛門』序文
  • 「エロチシズム」――ジョルジュ・バタイユ室淳介訳」(聲 1960年4月)
  • 石原慎太郎氏の諸作品(筑摩書房 1960年7月) - 『新鋭文学叢書8 石原慎太郎集』解説。
  • ベラフォンテ讃(毎日新聞 1960年7月15日)
  • 黒いオルフェ」を見て(スクリーン 1960年8月)
  • 春日井建氏の「未青年」の序文(作品社 1960年9月)
  • 武田泰淳氏――僧侶であること(新潮社 1960年9月) - 『日本文学全集63 武田泰淳集』月報
  • 存在しないものの美学――「新古今集」珍解(国文学 解釈と鑑賞 1961年4月)
  • RECOMMENDING MR.YASUNARI KAWABATA FOR THE 1961 NOBEL PRIZE FOR LITERATURE(1961年5月) - 川端康成ノーベル文学賞推薦文。日本ペンクラブが6月12日付で英訳。
  • 川端康成氏と文化勲章北日本新聞 1961年10月22日) - 改題前「永遠に若い精神史」
  • 終末観と文学(毎日新聞 1962年1月4日)
  • 「純文学とは?」その他(風景 1962年6月)
  • 現代史としての小説(毎日新聞 1962年10月9日-10日)
  • 谷崎潤一郎論(朝日新聞 1962年10月17日-19日)
  • 川端康成読本序説(河出書房新社 1962年12月) - 『文芸読本 川端康成』寄稿
  • 踊り(毎日新聞 1963年1月4日)
  • 林房雄論(新潮 1963年2月)
  • 細江英公序説(集英社 1963年3月) - 『薔薇刑』序文
  • ロマンチック演劇の復興(婦人公論 1963年7月)
  • 変質した優雅(風景 1963年7月)
  • 芸術断想(芸術生活 1963年8月-1964年5月)
  • 文学座の諸君への「公開状」――「喜びの琴」の上演拒否について(朝日新聞 1963年11月27日)
  • 雷蔵丈のこと(日生劇場プログラム 1964年1月)
  • 解説(『日本の文学38 川端康成』 中央公論社 1964年3月)
  • 解説(『現代の文学20 円地文子集』 河出書房新社 1964年4月)
  • 文学における硬派――日本文学の男性的原理(中央公論 1964年5月)
  • 現代文学の三方向(展望 1965年1月)
  • 文学的予言――昭和四十年代(毎日新聞 1965年1月10日)
  • 谷崎朝時代の終焉(サンデー毎日 1965年8月15日)
  • 解説(『日本の文学2 森鴎外(一)』 中央公論社 1966年1月)
  • 危険な芸術家(文學界 1966年2月)
  • 映画的肉体論――その部分及び全体(映画芸術 1966年5月)
  • ナルシシズム論(婦人公論 1966年7月)
  • 谷崎潤一郎、芸術と生活(中央公論社 1966年9月)- 『谷崎潤一郎全集』内容見本
  • 伊東静雄の詩――わが詩歌(新潮 1966年11月)
  • 谷崎潤一郎頌(日本橋三越 1966年11月) - 『文豪谷崎潤一郎展図録』
  • 青年像(芸術新潮 1967年2月)
  • 古今集新古今集(国文学攷 1967年3月)
  • ポップコーンの心霊術―横尾忠則論(1968年2月) - 横尾忠則著『私のアイドル』(改題後『横尾忠則 記憶の遠近術のこと』)序文
  • 仙洞御所』序文(淡交新社 1968年3月) - 『宮廷の庭I 仙洞御所』序文
  • 小説とは何か(波 1968年5月-1970年11月)
  • 野口武彦氏への公開状(文學界 1968年5月)
  • 解説(『日本の文学40 林房雄武田麟太郎島木健作』 中央公論社 1968年8月)
  • 日沼氏と死(批評 1968年9月)
  • 篠山紀信論(毎日新聞社 1968年11月) - 『篠山紀信と28人のおんなたち』寄稿
  • All Japanese are perverse(血と薔薇 1968年11月) - 性倒錯
  • 解説(『日本の文学4 尾崎紅葉泉鏡花』 中央公論社 1969年1月)
  • 序(矢頭保写真集『裸祭り美術出版社 1969年2月)
  • 鶴田浩二論――「総長賭博」と「飛車角と吉良常」のなかの(映画芸術 1969年3月)
  • 日本文学小史(群像 1969年8月-1970年6月) - 第6章目は未完のまま中断。
  • 解説(『日本の文学52 尾崎一雄外村繁上林暁』 中央公論社 1969年12月)
  • 眠れる美女』論(国文学 解釈と教材の研究 1970年2月)
  • 末期の眼(新潮社 1970年3月) - 『川端康成全集13巻』月報
  • 解説(『新潮日本文学6 谷崎潤一郎集』 新潮社 1970年4月)
  • 性的変質から政治的変質へ――ヴィスコンティ地獄に堕ちた勇者ども」をめぐって(映画芸術 1970年4月)
  • 解説(『日本の文学34 内田百牧野信一稲垣足穂』 中央公論社 1970年6月)
  • 柳田国男遠野物語』――名著再発見(読売新聞 1970年6月12日)
  • 忘我(映画芸術 1970年8月)

批評・世評・コラム・防衛論[編集]

  • 死の分量(1953年9月) - 発表誌未詳。
  • 道徳と孤独(文學界 1953年10月)
  • モラルの感覚――芸術家における誠実の問題(毎日新聞 1954年4月20日)
  • ファッシズム論(文學界 1954年10月)
  • 欲望の充足について――幸福の心理学(新女苑 1955年2月)
  • 電気洗濯機の問題(花園 1956年1月)
  • 亀は兎に追ひつくか?――いはゆる後進国の諸問題(中央公論 1956年9月)
  • きのふけふ(朝日新聞 1957年1月7日-6月24日) - コラム
  • 青春の倦怠(新女苑 1957年6月)
  • 憂楽帳(毎日新聞 1959年3月3日-5月26日) - コラム
  • 巻頭言(婦人公論 1960年1月-12月)
  • 社会料理三島亭(婦人倶楽部 1960年1月-12月)
  • 一つの政治的意見(毎日新聞 1960年6月25日)
  • 発射塔(読売新聞 1960年7月6日-10月26日) - コラム
  • アメリカ人の日本神話(HOLIDAY 1961年2月) - “Japan:The Cherished Myths” と英訳。
  • 魔――現代的状況の象徴的構図(新潮 1961年7月)
  • 堀江青年について(中央公論 1962年11月)
  • 天下泰平の思想(論争 1963年9月)
  • 生徒を心服させるだけの腕力を――スパルタ教育のおすすめ(文芸朝日 1964年7月)
  • 文武両道(月刊朝雲 1965年10月)
  • 日本人の誇り(朝日新聞 1966年1月1日)
  • お茶漬ナショナリズム(文藝春秋 1966年4月)
  • 法律と餅焼き(法学セミナー 1966年4月)
  • 団蔵・芸道・再軍備(20世紀 1966年9月)
  • 序(舩坂弘著『英霊の絶叫』 文藝春秋 1966年12月)
  • 日本への信条(愛媛新聞 1967年1月1日)
  • 忘却と美化(戦中派 1967年2月)
  • 「道義的革命」の論理――磯部一等主計の遺稿について(文藝 1967年3月)
  • 私の中のヒロシマ――原爆の日によせて(週刊朝日 1967年8月11日) - 改題前は「民族的憤怒を思ひ起せ――私の中のヒロシマ」
  • 人生の本――末松太平著『私の昭和史』(週刊文春 1967年8月14日)
  • 葉隠入門――武士道は生きてゐる(光文社 1967年9月)
  • 青年論――キミ自身の生きかたを考へるために(平凡パンチ 1967年10月5日)
  • J・N・G仮案(Japan National Guard――祖国防衛隊)(祖国防衛隊パンフレット 1968年1月)
  • 祖国防衛隊はなぜ必要か?(祖国防衛隊パンフレット 1968年1月)
  • 愛国心(朝日新聞 1968年1月8日)
  • 円谷二尉の自刃(産経新聞 1968年1月13日)
  • 二・二六事件について――“日本主義”血みどろの最期(週刊読売 1968年2月23日)
  • 若きサムラヒのための精神講話(PocketパンチOh! 1968年6月-1969年5月)
  • フィルターのすす払ひ――日本文化会議発足に寄せて(読売新聞 1968年6月18日)
  • 文化防衛論(中央公論 1968年7月)
  • 機能と美(男子専科 1968年9月)
  • 栄誉の絆でつなげ菊と刀(日本及び日本人 1968年9月)
  • 橋川文三への公開状(中央公論 1968年10月)
  • 自由と権力の状況(自由 1968年11月)
  • 「戦塵録」について(昭和文明研究会 1969年1月) - 木下静雄著への寄稿
  • 東大を動物園にしろ(文藝春秋 1969年1月)
  • 現代青年論(読売新聞 1969年1月1日)
  • 維新の若者(報知新聞 1969年1月1日)
  • 反革命宣言(論争ジャーナル 1969年2月)
  • 自衛隊二分論(20世紀 1969年4月)
  • 一貫不惑(光風社書店 1969年5月) - 影山正治著『日本民族派の運動』付録
  • 砂漠の住人への論理的弔辞――討論を終へて(新潮社 1969年6月) - 『討論 三島由紀夫vs.東大全共闘』付録
  • 北一輝論――「日本改造法案大綱」を中心として(三田文学 1969年7月)
  • 日本文化の深淵について(THE TIMES 1969年9月) - “A problem of culture” と英訳。
  • 行動学入門(PocketパンチOh! 1969年9月-1970年8月)
  • 三島由紀夫のファクト・メガロポリス週刊ポスト 1969年10月17日、31日、11月14日、28日、12月12日)
  • STAGE-LEFT IS RIGHT FROM AUDIENCE(ニューヨーク・タイムズ 1969年11月29日) - “Okinawa and Madame Butterfly’s Offspring” と抄訳。
  • 楯の会」のこと(「楯の会」結成一周年記念パンフレット 1969年11月)
  • 「国を守る」とは何か(朝日新聞 1969年11月3日)
  • 「変革の思想」とは――道理の実現(読売新聞 1970年1月19日、21日-22日)
  • 新知識人論(日本経済新聞 1970年1月22日)
  • 蓮田善明とその死』序文(筑摩書房 1970年3月) - 小高根二郎著への序文
  • 問題提起(憲法改正草案研究会配布資料 1970年5月)
  • 士道について――石原慎太郎への公開状(毎日新聞 1970年6月11日)
  • 果たし得てゐない約束――私の中の二十五年(サンケイ新聞 1970年7月7日)
  • 武士道軍国主義(1970年7月) - 1978年8月『PLAYBOY』掲載。
  • 正規軍と不正規軍(1970年7月) - 1978年8月『PLAYBOY』掲載。
  • 革命哲学としての陽明学諸君! 1970年9月)
  • 武士道に欠ける現代のビジネス(近代経営 1970年12月)
  • わが同志観(潮 1971年2月)

対談・座談・討論[編集]