臼井吉見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
臼井吉見文学館(長野県安曇野市)

臼井 吉見(うすい よしみ、1905年6月17日1987年7月12日)は、日本の編集者評論家小説家日本藝術院会員。息子は映像作家の臼井高瀬。

来歴・人物[編集]

長野県南安曇郡三田村(現・安曇野市)に、父貞吉・母きちの次男として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校文科甲類を経て、1929年東京帝国大学文学部卒業。松本中学では後に筑摩書房の創業者となる古田晁、俳優・演劇評論家の松本克平が同級であった。

旧制伊那中学(現長野県伊那北高等学校)、松本女子師範学校などで教員を務めた後、上京して東京女子大学でも教え、さらに、1946年創刊の総合雑誌『展望』(筑摩書房)の編集長を務め、文芸評論家としても活躍した。『日本文学全集』『現代教養全集』などを編集した。1956年『近代文学論争』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1964年から代表作となる大河小説「安曇野」の執筆を始め、1974年に完結し、谷崎潤一郎賞を受賞した。75年日本藝術院会員。

1977年、『展望』5月号に掲載した『事故のてんまつ』(まもなく単行本化)は、川端康成の孤独な生い立ちから自殺までの背景を描いた作品で、川端家が抗議し、販売差止め仮処分の民事訴訟が提起された。結局、臼井が謝罪し和解が成立、単行本は絶版となった。

NHKのクイズ番組『それは私です』に、解答者として出演していたこともある。

道の駅アルプス安曇野ほりがねの里に臼井吉見文学館がある。

著書[編集]

  • 『近代文学論争』(筑摩書房、1956年)
    • 増訂版『近代文学論争』(上下、筑摩叢書 1979年)
  • 『人間と文学』(筑摩書房 1957年)
  • 『あたりまえのこと』(新潮社 1957年)
  • 『どんぐりのへた 随想集』(筑摩書房、1957年)
  • 『15年目のエンマ帖』(中央公論社、1961年)
  • 『小説の味わい方』(新潮社、1962年 のち新潮文庫
  • 『むくどり通信 東南アジア・中近東の旅』(筑摩書房 1962年)
  • 『人と企業 成長会社の異色経営者論』(中央公論社 1963年)
  • 『大正文学史』(筑摩叢書 1963年)
  • 安曇野』(全5巻、筑摩書房、1965年-1974年/ちくま文庫 1987年)
  • 臼井吉見評論集〜戦後』(全12巻、筑摩書房、1965年-1966年)
  • 『蛙のうた〜ある編集者の回想』(筑摩書房、1965年)
  • 『人間の確かめ』(文藝春秋 1968年)
  • 『一つの季節』(筑摩書房 1975年)小説
  • 『田螺のつぶやき』(文藝春秋、1975年)
  • 『教育の心』(毎日新聞社、1976年)
  • 『日本語の周辺』(毎日新聞社 1976年、旺文社文庫 1982年)
  • 『肖像八つ』(筑摩書房、1976年)
  • 『残雪抄』(筑摩書房 1976年)
  • 『ものいわぬ壷の話』(筑摩書房、1976年)
  • 『展望 或る編集者の戦後』(創世記 1977年)
  • 『作家論控え帳』(筑摩書房、1977年)
  • 事故のてんまつ』(筑摩書房、1977年)
  • 『ほたるぶくろ』(筑摩書房、1977年)
  • 『文芸雑談』(筑摩書房、1978年)
  • 『炉ばた談義』(筑摩書房 1978年)
  • 『自分をつくる』(筑摩書房〈ちくまぶっくす〉 1979年、ちくま文庫 1986年)
  • 『獅子座』(全5巻、筑摩書房、1979年-1981年)
  • 『草刈鎌』(筑摩書房、1980年)
  • 臼井吉見集』(全5巻、筑摩書房、1985年)

編著[編集]

  • 宮本百合子研究』 (津人書房 1948年)
  • 『大学生 この考える葦』(河盛好蔵共編 潮文社 1958年)
  • 太宰治読本 その生涯と作品』(学習研究社 1959年)
  • 『安保・1960』(筑摩書房 1969年)
  • 『そのひと ある出版者の肖像』(径書房、1980年)。古田晁の回想記
  • アンナ・シュウエル『黒馬ものがたり』(筑摩書房、1955年)。児童向け再話

主な編集[編集]

  • 戦後十年名作選集 (1955年)
  • 現代教養全集 (1956年-1960年)
  • 現代の教養 (1966年-1967年)
  • 柳田國男回想 (筑摩書房 1972年)
  • 碌山荻原守衛全作品集 (1975年)
  • 土とふるさとの文学全集 (1976年)

校歌[編集]

関連書籍[編集]

  • 『わが心の出版人 角川源義・古田晁・臼井吉見』加藤勝代 河出書房新社 1988
  • 『臼井吉見「安曇野を抱えて」我がふるさとの文学者』下条じゅん子、近代文芸社 1989 
  • 『友 臼井吉見と古田晁と 出版に情熱を燃やした生涯』柏原成光 紅書房 2013

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "岡本太郎が、いる" 34P (岡本敏子著, 新潮社 1999年)

外部リンク[編集]