岡本敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 岡本敏子
国籍 日本の旗 日本
出身校  東京女子大学文理学部卒業

岡本 敏子(おかもと としこ、1926年大正15年)1月1日 - 2005年平成17年)4月20日)は、画家岡本太郎のパートナーであり、養女。実質的なでもあった。千葉県出身。旧姓は平野

人物[編集]

1926年(大正15年)1月1日、千葉県に生まれる。東京女子大学文理学部卒業。出版社勤務を経て、岡本太郎主催「夜の会」で太郎と親しくなり秘書となった。事実上の妻であり、のちに太郎の養女となる。

1996年(平成8年)正月早々に太郎が急逝した際、未完の作品が数点のこっていたが、これらの全作品のその後の製作・仕上げにすべて監修として携わり、また太郎のアトリエ兼自宅を美術館として改装・公開を行った。その後、岡本太郎記念館の館長になる。太郎がメキシコで創作後、行方不明になっていた壁画『明日の神話』の捜索・補修に尽力した。2005年(平成17年)4月、自宅の浴室で心不全のため死去した。享年79。

テレビドラマ「TAROの塔」第4回の描写(大森寿美男脚本)にもあるように、太郎の生前から一般に太郎が大きく評価されることを望んでいた敏子は、その死後、インタビューや著書によって太郎の再評価をはたらきかけた。太郎の死後に、太郎が一般から再評価を受けるようになったのは、敏子の功績で、太郎にとっての敏子の存在はサルバドール・ダリにおける(二度目にして最愛の)妻・ガラのようなものであったと、財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団の平野暁臣(敏子の甥)が語っている。

敏子が「妻」ではなく「養女」として太郎に迎えられたのは、太郎が結婚というものを望まなかったためということが、二人と親交のあった瀬戸内寂聴から語られている。但し、太郎が結婚を望まなかった理由については明確になっていない。しかし、太郎がテレビで取り上げられる際には、「太郎は両親(岡本一平岡本かの子)の結婚生活に嫌気を感じていたため結婚を嫌い」というように触れられることが多い(知ってるつもり?!の岡本太郎の回など)。また、瀬戸内寂聴はテレビ番組の中で、「太郎さんの遺産相続の際に“妻”では数分の一が太郎の異母きょうだいに行ってしまう。養女になれば100%敏子さんのものになる。太郎さんの遺作品を管理できるのは敏子さんだけ」とも語っている(NHK BSプレミアム『太郎と敏子〜瀬戸内寂聴が語る究極の愛〜』[2011年4月1日 20:00-21:30]) 。

著書・編書[編集]

川崎市多摩区桝形にある川崎市岡本太郎美術館
  • 岡本敏子 著 「岡本太郎に乾杯」新潮社 1997年、新潮社 2002年 (新潮文庫)
  • 岡本敏子 著 「いま、生きる力」青春出版社 2002年、青春出版社 2005年 (青春文庫)
  • 岡本敏子 著 「奇跡」 集英社 2003年、集英社 2011年 (集英社文庫 )
  • 岡本敏子 著 「岡本太郎の遊ぶ心」 講談社 2005年
  • 岡本敏子 著 「太郎さんとカラス」アートン 2004年
  • 岡本敏子 編 「太郎神話 : 岡本太郎という宇宙をめぐって」 二玄社 1999年
  • 岡本敏子 編著 「芸術は爆発だ! : 岡本太郎痛快語録」小学館 1999年 (小学館文庫)
  • 岡本敏子 著 「恋愛芸術家」マガジンハウス 2001年
  • 岡本敏子 著 「岡本太郎の友情」 青春出版社 2011年
  • 岡本敏子 著 「岡本太郎が、いる」 新潮社 1999年
  • 岡本太郎 撮影、岡本敏子 編 「岡本太郎の沖縄」 日本放送出版協会 2000年
  • 岡本敏子、山下裕二 編 「岡本太郎が撮った『日本』」 毎日新聞社 2001年
  • 岡本敏子 著、篠藤ゆり 聞き手 「岡本太郎 : 岡本敏子が語るはじめての太郎伝説」 アートン 2006年
  • 岡本太郎 著、岡本敏子 編 「眼 : 美しく怒れ」 チクマ秀版社 1998年 (実学創書)
  • 岡本敏子、よしもとばなな 著 「恋愛について、話しました。」 イースト・プレス 2005年
  • 岡本敏子 文、塩澤文男 絵・原案 「海神の姫」 佼成出版社 2003年
  • 平井敏晴 著、岡本敏子 監修 「岡本太郎が愛した韓国」 アドニス書房 2004年
  • 岡本敏子、齋藤慎爾 編集 「岡本太郎の世界」 小学館 1999年
  • 岡本敏子 著、平野暁臣 構成・監修 「自分を賭けなきゃ。」 イースト・プレス 2009年
  • 岡本敏子 監修、文芸散策の会 編 「太陽の人・岡本太郎 : 芸術、人生、かの子・一平との親子関係」 JTB 1999年
  • 岡本太郎 著、岡本敏子 構成・監修 「強く生きる言葉」 イースト・プレス 2003年
  • 岡本太郎 著、岡本敏子 企画・構成・監修 「壁を破る言葉」 イースト・プレス 2005年
  • 岡本太郎 作品・文、岡本敏子 編 「岡本太郎歓喜」 二玄社 1997年
  • 岡本太郎 撮影・文、内藤正敏 プリント、岡本敏子、内藤正敏 共編 「岡本太郎神秘」 二玄社 2004年
  • 岡本太郎、岡本敏子 著、平野暁臣 構成・監修 「愛する言葉」 イースト・プレス 2006年
  • 岡本太郎 述、岡本敏子、川崎市岡本太郎美術館 共編「岡本太郎発言! : 対談集」 二玄社 2004年
  • 岡本太郎 写真・文、岡本敏子、飯沢耕太郎 監修「岡本太郎の東北」 毎日新聞社 2002年

岡本敏子を演じた女優[編集]

外部リンク[編集]