岡本太郎記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 岡本太郎記念館
TARO OKAMOTO memorial museum
Taro Okamoto Memorial Museum Tokyo.jpg
施設情報
専門分野 美術館
館長 平野暁臣
事業主体 岡本太郎記念現代芸術振興財団[1]
管理運営 岡本太郎記念現代芸術振興財団[1]
開館 1998年平成10年)5月[2]
所在地 107—0062
東京都港区南青山6—1—19
位置 北緯35度39分40.71秒 東経139度42分56.1秒 / 北緯35.6613083度 東経139.715583度 / 35.6613083; 139.715583
公式サイト http://www.taro-okamoto.or.jp/
プロジェクト:GLAM

岡本太郎記念館(おかもとたろうきねんかん)は、東京青山にある美術館である。芸術家・岡本太郎がその父・岡本一平から相続して自宅兼アトリエとして使用していた南青山の資産を記念館としている[1]

概要[編集]

岡本太郎記念館には、多くの彫刻デッサンエスキースなどが展示保存されている。1階には岡本が使用した絵具、2階には油絵、彫刻などが展示されている。館内では写真撮影も自由である。

岡本太郎記念館を運営する財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団は岡本太郎が死亡した翌年である1997年平成9年)の2月に設立され、岡本太郎記念館は1998年平成10年)5月に開館した[2]。財団法人の理事長は平野暁臣[3]、理事として川崎市長・阿部孝夫[3]、実業家・糸井重里[3]、構造家・中田捷夫[3]、資生堂会長・福原義春[3]、美術評論家・山下裕二[3]らが名を連ねている。

歴史[編集]

岡本太郎は、この場所に1953年昭和28年)から84歳で没した1996年平成8年)まで暮らし、創作活動を行っていた。

岡本が初めに住んだ旧居は1945年昭和20年)5月、アメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)によって焼失している。この旧居には岡本の両親である一平かの子も共に長く暮らし、一家はここからヨーロッパに旅立っている。住居表示施行前のこの地の住所は、「青山高樹町三番地」であった[4]

日本の敗戦後に再建された建物は、岡本の友人でル・コルビュジェ弟子でもあった建築家・坂倉準三の設計により建てられたものである。岡本の要望により、積み上げたブロックの上に凸レンズ形の屋根の乗った独自の形象をしており、壁には岡本の描くと「TARO」の赤いサインが入っている。1970年昭和45年)に行われた大阪万国博太陽の塔の構想もここで練られた。

開館時間[編集]

春の岡本太郎記念館
川崎市多摩区桝形にある川崎市岡本太郎美術館
  • 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
  • 火曜日 休館(祝日の場合は開館)
  • 観覧料
    • 一般 600円
    • 小学生 300円
    • 15人以上は100円引き

脚注[編集]

  1. ^ a b c About Us 財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団 岡本太郎記念館のウェブサイト、平成24年3月4日閲覧
  2. ^ a b 岡本太郎年表 岡本太郎記念館のウェブサイト、平成24年3月4日閲覧
  3. ^ a b c d e f 役員・評議員 岡本太郎記念館のウェブサイト、平成24年3月4日閲覧
  4. ^ アイランズ 『東京の戦前 昔恋しい散歩地図』 草思社 平成16年1月30日発行第1刷

関連項目[編集]

外部リンク[編集]