大谷省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷 省吾(おおたに しょうご、1969年[1] - )は、日本美術史学者、東京国立近代美術館美術課長、博士(芸術学)[2]。研究分野は、近代日本美術史で、特にシュルレアリスム絵画の日本における受容と展開について[2]。東京国立近代美術館では、「地平線の夢 昭和10年代の幻想絵画展」(2003年)、「生誕100年 靉光展」(2007年)、「麻生三郎展」(2010年)、「生誕100年 岡本太郎展」(2011年)などを企画担当している[2]

1992年、筑波大学芸術専門学群芸術学専攻卒業。1994年、同大学大学院芸術学研究科修了。1994年から東京国立近代美術館に勤務。  2004年、倫雅美術奨励賞受賞[2]

著書[編集]

  • 激動期のアヴァンギャルド シュルレアリスムと日本の絵画一九二八ー一九五三、国書刊行会、2016年[3]

脚注[編集]