岡本一平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡本 一平
Ippei Okamoto.jpg
生誕 1886年6月11日
日本の旗 日本北海道函館区汐見町
死没 1948年10月11日(満62歳没)
日本の旗 日本岐阜県加茂郡[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
作詞家
小説家
活動期間 1912年 - 1948年
ジャンル 漫画漫文
代表作 刀を抜いて(小説)
テンプレートを表示

岡本 一平(おかもと いっぺい、1886年明治19年)6月11日 - 1948年昭和23年)10月11日)は、日本漫画家作詞家。妻は小説家岡本かの子画家岡本太郎の父親である。

来歴・人物[編集]

津藩に仕えた儒学者、岡本安五郎の次男で書家岡本可亭(本名:良信、通称:竹二郎)と母・正の長男として北海道函館区汐見町に生まれる。東京・大手町の商工中学校から東京美術学校西洋画科に進学し、藤島武二に師事する。この時美術学校の同級生の仲介で大貫カノ(岡本かの子)と知り合い、後に和田英作の媒酌で2人は結婚するが岡本家に受け入れられず、2人だけの新居を構えた。

1910年(明治43年)に美術学校を卒業帝国劇場舞台芸術の仕事に関わった後、夏目漱石から漫画の腕を買われて1912年大正元年)に朝日新聞社に紹介されて入社し、漫画記者となる[2]朝日新聞を中心に新聞や雑誌で漫画に解説文を添えた漫画漫文という独自のスタイルを築き、大正から昭和戦前にかけて一時代を画し、美術学校時代の同級である読売新聞社の近藤浩一路とともに「一平・浩一路時代」と評された。1929年(昭和4年)5月に刊行を開始した『一平全集』(先進社、全15巻)に5万セットの予約が入ったのを機に、同年12月から1932年(昭和7年)3月にかけ、一家でヨーロッパを旅して漫画漫文集『世界漫遊』などをものした。また「一平塾」という漫画家養成の私塾を主宰、近藤日出造杉浦幸雄清水崑らを育てた。

後年は小説にも進出。『刀を抜いて』は映画化・舞台化が実現した[注釈 1]

私生活では前述・大貫(岡本かの子)と、美術学校卒業の1910年(明治43年)に結婚し、長男太郎ら3人(次男・長女は夭折)の子をもうけたが、かの子が不倫を繰り返し、果ては不倫相手の医師を家族と同居させるという奇妙な夫婦生活を送り、歌人仏教研究家から小説家に転じたかの子を支え、画家を志望していた太郎を応援。1939年(昭和14年)2月のかの子急病死まで変わらぬ夫婦生活をまっとうした。

かの子の死後2年経った1941年(昭和16年)1月、山本八重子と再婚。太郎とは異母弟妹にあたる4人の子、いづみ(二女)・和光(三男)・おとは(三女)・みやこ(四女)を授かる。

太平洋戦争末期の1945年3月、岐阜県加茂郡白川町疎開[3]。終戦後、ユーモアを織り込んだ十七文字形式の短詩「漫俳」を提唱した[3]。1946年より加茂郡古井町下古井(現在の美濃加茂市)に移り、当地で没するまで文芸活動を行った[4]。一平最晩年の住居「糸遊庵」は太田宿中山道会館に再現されている[4]

1948年(昭和23年)10月11日、脳内出血で死去[1]

池部良である。

代表曲[編集]

作詞家としても活動し、1940年(昭和15年)発売の「隣組」は戦時下にも関わらず、ユーモアのある歌詞で親しまれた。

エピソード[編集]

  • 岡本かの子が青山に住んでいた頃、同宿の恒松安夫の中学時代の同窓・三明永無川端康成一高からの友人)が出入りし、1923年(大正12年)8月に三明を介して銀座のモナミ(レストラン)で、恒松安夫、一平、かの子、川端が会い、それ以降、一平・かの子夫婦と川端は長く親交を持つようになった[5][2]。かの子を小説家として世に出した川端に対する一平の尊崇の念は、かの子の死後も変わりなく、6.2メートルもの巻紙で丹念に書かれた長いものを含む数々の手紙を川端に送っている[6][2]。川端は、この一平の手紙の内容をヒントにして、亡妻の姪に妻ができなかった国文学や芸事を継がせる思いを綴った男の独白を描いた書簡体小説『手紙』(掌の小説)を創作した[7][2]
  • 1929年(昭和4年)に全国高等学校野球選手権大会の取材で阪神甲子園球場に来ていた一平は、この年大幅に増築されたスタンドが観客の着衣で白く映え上がって見えたことを、一緒に観戦していた息子の太郎が「わあ、凄い。まるでアルプスみたいだね。」と発した言葉からインスピレーションを受け、「ソノスタンドハマタ素敵ニ高ク見エル、アルプススタンドダ、上ノ方ニハ万年雪ガアリサウダ」とイラストつきで朝日新聞に発表。このことから「アルプススタンド」と呼ばれるようになった。
  • 手塚治虫は幼少期に、一平の『一平全集』を読んで影響を受けたと語っている[8]

弟子[編集]

伝記[編集]

  • 瀬戸内晴美「かの子繚乱」(1979年、講談社)
  • 竹内一郎作・演出「奇妙なり―岡本一平とかの子の数奇な航海」2016年5月 紀伊国屋ホール 岡本一平役は岡本高英

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 映画は1929年(昭和4年)から戦前 3度、戦後も1963年(昭和38年)マキノ雅弘監督・坂本九主演で東映が配給。舞台については宝塚歌劇団が舞台化したものが著名。詳細は公演記録の項目を参照されたい。

出典[編集]

  1. ^ a b 岡本一平”. 東京文化財研究所. 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 郡司勝義「解題」(補巻2・書簡 1984-05, p. 624)
  3. ^ a b ユーモアで救え!疎開先の白川町で生み出した一平晩年の「漫俳」”. 日本公園村てくてく通信. 中濃地方拠点都市地域整備推進協議会事務局. 2015年12月19日閲覧。
  4. ^ a b 岡本一平・・人気漫画家の晩年をさぐる・・ ゆかりの家「糸遊庵」”. 太田宿中山道会館. 2015年12月19日閲覧。
  5. ^ 三明永無「川端康成の思い出」(作品研究 1969-03, pp. 500-508)
  6. ^ 岡本一平「川端康成宛ての書簡」(昭和15年4月27日付)。補巻2・書簡 1984-05, pp. 313-317に所収。
  7. ^ 川端康成「手紙」(朝日新聞PR版 1962年11月17日号に掲載)。『川端康成全集第1巻 小説1』(新潮社、1981年10月)、掌の小説 2011-08に所収。
  8. ^ 手塚治虫『手塚治虫 漫画の奥義』(講談社、1997年3月)pp.16-27。ISBN 978-4061759916

参考文献[編集]

外部リンク[編集]