坂倉準三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂倉 準三
人物情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 1901年(明治34年)5月29日
日本の旗 日本 岐阜県羽島郡竹ヶ鼻町
死没 1969年9月1日(満68歳没)
日本の旗 日本 東京都港区
母校 東京帝国大学
パリ工業大学
所属 坂倉準三建築研究所
業績
建築物 パリ万博日本館
神奈川県立近代美術館
新宿駅西口広場
受賞 日本建築学会賞作品賞
(1955年、1960年)
正五位勲三等瑞宝章(1969年)

坂倉 準三(さかくら じゅんぞう、1901年明治34年)5月29日 - 1969年昭和44年)9月1日)は、日本の建築家ル・コルビュジエに師事し、モダニズム建築を実践した。1937年(昭和12年)のパリ万国博覧会では、日本館の設計を手がけ、日本のなまこ壁を思わせるデザインとモダニズムの理念を統合し、海外でも高い評価を受けた。妻は西村伊作の次女の坂倉ユリ(1912-2007)。息子に同じく建築家の坂倉竹之助、孫にはヒップホップMCSPHEREがいる[1]

経歴[編集]

主要作品[編集]

神奈川県立近代美術館
国際文化会館
芦屋市民センター・ルナホール
小田急百貨店
前川国男や吉田鉄郎らが指名されて参加したが、実施案は敷地など現地で相次ぐ条件変更が生じたため、現地滞在の坂倉によって変更。博覧会の建築競技審査で一等を受賞した。

著書[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]