坂倉準三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂倉 準三
生誕 1901年(明治34年)5月29日
日本の旗 日本 岐阜県羽島郡竹ヶ鼻町
死没 (1969-09-01) 1969年9月1日(68歳没)
日本の旗 日本 東京都港区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
パリ工業大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞
(1955年、1960年)
正五位勲三等瑞宝章(1969年)
所属 坂倉準三建築研究所
建築物 パリ万博日本館
神奈川県立近代美術館
新宿駅西口広場

坂倉 準三(さかくら じゅんぞう、1901年明治34年)5月29日 - 1969年昭和44年)9月1日)は、日本の建築家

ル・コルビュジエに師事し、モダニズム建築を実践した。1937年(昭和12年)のパリ万国博覧会では、日本館の設計を手がけ、日本のなまこ壁を思わせるデザインとモダニズムの理念を統合し、世界でも高い評価を受けた。

妻は西村伊作の次女の坂倉ユリ(1912-2007)。息子に同じく建築家の坂倉竹之助、孫にはヒップホップMCSPHEREがいる[1]

経歴[編集]

主要作品[編集]

パリ万博日本館
神奈川県立近代美術館
国際文化会館
伊賀市庁舎
芦屋市民センター・ルナホール
小田急百貨店
建造物名 所在地 状態 指定 備考1
はりはんこくはく/パリ万博日本館 1937年 パリ 現存せず [注 1]
いいはしてい/飯箸邸 1941年 20長野県軽井沢町 移築 DOCOMOMO 現・ドメイヌ・ドゥ・ミクニ
/大阪スタヂアム 1949年 27大阪市浪速区 現存せず
/神奈川県立近代美術館 鎌倉館本館 1951年 14神奈川県鎌倉市
/東京日仏学院 1951年 13東京都新宿区 現・アンスティチュ・フランセ東京
/岡本太郎 1953年 13東京都港区 現・岡本太郎記念館
/関西電力丸山発電所 1954年 21岐阜県八百津町
/東急会館 1954年 13東京都渋谷区 現・東急百貨店東横店西館
/国際文化会館 1955年 13東京都港区 日本建築学会賞、DOCOMOMO  前川國男吉村順三と共同設計
とうきゆう/東急文化会館 1957年 13東京都渋谷区 現存せず
/南海会館 1957年 27大阪市中央区 現存せず
/羽島市庁舎 1959年 21岐阜県羽島市 日本建築学会賞、DOCOMOMO
/シルクセンター国際貿易観光会館 1959年 14神奈川県横浜市
/上野市公民館 1960年 24三重県伊賀市 現存せず
/塩野義製薬中央研究所 1961年 27大阪市福島区 現存せず
/西条市体育館 1961年 38愛媛県西条市 現存せず
/呉市庁舎 1962年 34広島県呉市 現存せず
/東洋レーヨン基礎研究所 1962年 14神奈川県鎌倉市 現・東レ基礎研究所
/羽島市勤労青少年ホーム 1963年 21岐阜県羽島市
/佐賀県体育館 1963年 41佐賀県佐賀市 現・市村記念体育館
/大阪府立阪南高等学校 1963年 27大阪府大阪市
/上野市庁舎 1964年 24三重県伊賀市 南庁舎のみ現存 現・伊賀市庁舎
/三重県上野総合庁舎 1964年 24三重県伊賀市
/枚岡市庁舎 1964年 27大阪府東大阪市 現・東大阪市旭町庁舎
/芦屋市民センター 市民会館本館 1964年 28兵庫県芦屋市
/ホテル三愛 1964年 01北海道札幌市 現・札幌パークホテル
/岩手放送会館 1964年 03岩手県盛岡市 現・IBC岩手放送会館
/東京近鉄ビル 1965年 13東京都千代田区 現存せず
/神奈川県立近代美術館鎌倉館新館 1966年 14神奈川県鎌倉市 現存せず
/神奈川県庁新庁舎 1966年 14神奈川県横浜市
/新宿駅西口広場 1966年 13東京都新宿区 日本建築学会賞・DOCOMOMO
/名古屋近鉄ビル 1966年 23愛知県名古屋市
/小田急電鉄新宿駅西口本屋ビル 1967年 13東京都新宿区 現・小田急百貨店本店
/岐阜市民会館 1967年 21岐阜県岐阜市
/山口県立山口博物館 1967年 35山口県山口市
/大阪府立総合青少年野外活動センター 1967年 27大阪府能勢町 日本建築学会賞
/駐仏日本大使公邸 1967年 パリ
/羽島市民会館 1968年 21岐阜県羽島市
/芦屋市民センター 市民会館ルナ・ホール 1969年 28兵庫県芦屋市
/タイ国文部省職業教育学校・日本人学校 1969年 タイ 一部現存せず
/大阪万国博覧会電力館 1970年 27大阪府吹田市 現存せず
/奈良近鉄ビル 1970年 29奈良県奈良市
/国鉄渋谷駅西口ビル 1970年 13東京都渋谷区
/宮崎県総合博物館 1971年 45宮崎県宮崎市
/ホテルパシフィック東京 1971年 13東京都港区 現・SHINAGAWA GOOS

著書[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 前川国男や吉田鉄郎らが指名されて参加したが、実施案は敷地など現地で相次ぐ条件変更が生じたため、現地滞在の坂倉によって変更。博覧会の建築競技審査で一等を受賞した。

出典[編集]

外部リンク[編集]