2018年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
10年紀: 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代
: 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年

2018年(2018 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年平成30年。この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

予定[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月1日 - 日本全国の証券取引所で上場企業の株式の売買単位が100株に統一される。
  • 10月31日 この日を以て日本の放送局の現行免許は失効、翌日より再免許となる。現在政府内で検討されている「放送と通信の完全融合」如何によっては、地方局を中心にテレビ局の完全放送終了の可能性がある。

11月[編集]

12月[編集]

時期が不明なもの[編集]

世界[編集]

日本[編集]

周年[編集]

イベント[編集]

経済[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

誕生[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1月 - 宇宙の進化ロボット「ロボイド」現る。(漫画『鉄腕アトム』「ロボイドの巻」)
  • 2月 - 「日本海溝界震」発生。日本海溝北西に出現した最初のヘテロダイン犬吠埼から日本に上陸し、東京を攻撃。自衛隊などが迎撃するも通常兵器は効果がなく、OE兵器の使用によって倒される。(アニメ『地球防衛企業ダイ・ガード』)[4][5]
  • 5月 - アトム、瓜二つ博士の勧めで「大人アトム」に電子頭脳を入れ替える。だが瓜二つ博士の正体は国際詐欺師ウント・モーカルで、アラビア砂漠内にある「ネオ・ピラミッド」に保管されている芸術品を奪おうとしていた。(漫画『鉄腕アトム』「盗まれたアトムの巻」)
  • 5月 - 井塩春三製作の青年ロボット・ロビオと、矢似鳴太製作の少女ロボット・ロビエットの間に、恋が芽生える。(『鉄腕アトム』「ロビオとロビエットの巻」)
  • 7月 - アメリカの宇宙船「リバティ号」がアポロ17号以来の月面着陸を果たすが、「月面ナチス」の襲撃を受け宇宙飛行士ジェームズ・ワシントンが拉致される。(映画『アイアン・スカイ』)[6]
  • 10月 - ロボット開放を掲げるロボット・青騎士が現れる。(漫画『鉄腕アトム』「青騎士の巻」)
  • 人類抵抗軍とスカイネットの抗争が激化。T-800の試作機が現れる。ジョン・コナー率いる抵抗軍がサンフランシスコにあるスカイネットセントラルの施設の破壊に成功。(映画『ターミネーター4』)
  • 土星の衛星タイタンの探査に向かったヨーロッパの宇宙探査機「ドーファン号」が、タイタンの地表の各所に人工的な巨大金属建造物群が存在することを発見する。(小説『造物主の掟』)[7][8]
  • スゴウ ガーランドSF-01 デビュー。シュトルムツェンダー シュティールHG164 デビューするも即リタイア。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • もう一つの月が再臨し、終末の地球大災異変が起こる。(書籍『月の謎と大予言―2018年、もう一つの月が再来する!? 』)
  • 文字通りの「平成三十年」。(堺屋太一の小説『平成三十年』)
  • 月面周辺の海にあった異星の宇宙船の残骸が、アルフォンサス英語版基地所属のスレッドや一〇五号調査機を攻撃し、同時にオレゴン州ウォスコーの森林地帯の地下1kmに埋められていた核融合装置が残骸からの指令を受け起爆。スレッドを操縦していたニッカ・アマジが残骸に接触し、その後、回収された残骸内のコンピューターの調査がアルフォンサス基地で開始される。(小説『夜の大海の中で英語版』)[9]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 発売終了および駅の自動改札機・バスでの共通利用終了についてスルッとKANSAI協議会 2016年7月1日。
  2. ^ セブンイレブン、沖縄に300店 2018年進出 一気にシェア獲得狙う(沖縄タイムス+プラス 2016年8月14日)
  3. ^ 千葉駅工事の遅延に伴い来年秋頃の開業を目指します JR東日本 2015年4月24日
  4. ^ 『地球防衛企業ダイ・ガード』第1話冒頭および第21話より。
  5. ^ 青木智彦 『小説 地球防衛企業ダイ・ガード 第1巻』 角川書店2000年、10 - 21・39 - 56頁。ISBN 978-4-04-422803-3
  6. ^ 高橋ヨシキ 『アイアン・スカイ』 竹書房2012年、20 - 23・34 - 38・58 - 72頁。ISBN 978-4-8124-9094-5
  7. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『造物主の掟』 東京創元社1985年、197・198頁。ISBN 978-4-488-66307-0
  8. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『造物主の選択』 東京創元社、1999年、13・14頁。ISBN 978-4-488-66320-9
  9. ^ グレゴリイ・ベンフォード 『夜の大海の中で』 早川書房1986年、305 - 311・320 - 352・362頁。ISBN 978-4-15-010658-4

関連項目[編集]