2050年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2020年代 2030年代 2040年代 - 2050年代 - 2060年代 2070年代 2080年代
: 2050年 2051年 2052年 2053年 2054年 2055年 2056年 2057年 2058年 2059年

2050年代(にせんごじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)2050年から2059年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた2050年代について記載する。

予定・予測されるできごと[編集]

  • 国際連合大学「環境と人間の安全保障研究所」によると、地球温暖化の影響により世界的に洪水の被害が深刻化し、2050年には2004年の2倍に当たる約20億人が大洪水の危険にさらされる。
  • 国立環境研究所などのチームは、南極上空でオゾン層の回復が進み、このころにはオゾンホールができなくなると予測している。
  • 少子・高齢化によりASEAN諸国にも高齢社会が到来。
  • この頃には世界人口が95億人を超えている一方で、年間の人口増加は750〜1500万人の規模と予測され、しだいに増加幅は縮小していく(国連の中位予測)。

2050年[編集]

2052年[編集]

2053年[編集]

  • 日本でテレビ本放送開始から100年。

2054年[編集]

2055年[編集]

2056年[編集]

2057年[編集]

2058年[編集]

  • 第39回参議院議員通常選挙
  • 国連の世界人口推計2019年版では、この頃に日本の人口が1億人を下回ると予測している(中位推計)[7][8]

2059年[編集]

フィクションのできごと[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本の将来推計人口(平成18年12月推計)
  2. ^ a b c UN. Department of economic and social affairs(世界人口動態)
  3. ^ ロシアの人口問題
  4. ^ 温室効果ガス、2050年に実質ゼロ 首相が表明へ調整(朝日新聞デジタル 2020年10月21日)
  5. ^ 温室効果ガス排出ゼロ宣言 菅首相が達成時期を初めて明示した舞台裏(毎日新聞 2020年10月26日)
  6. ^ Передача и поиски разумных сигналов во Вселенной”. Cplire.ru. 2008年9月14日閲覧。
  7. ^ a b 世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書(プレスリリース日本語訳)*世界人口推計2019年版データブックレット(日本語訳)をアップしました!/世界人口推計2019年版 データブックレット (PDF) - 国連広報センター (2019年7月2日)
  8. ^ a b 日本の人口、2100年に7500万人 減少見通し加速 - 朝日新聞デジタル (2019年6月18日)
  9. ^ ウィル・マッカーシイ『アグレッサー・シックス』早川書房、2005年、19・44 - 47・365頁。ISBN 978-4-15-011507-4
  10. ^ アーサー・C・クラーク『太陽からの風』早川書房、1978年、183 - 189頁。ISBN 978-4-15-010292-0
  11. ^ クリス・ボイス『キャッチワールド』早川書房、1981年、9 - 17・35 - 45・259・317頁。ISBN 978-4-15-010431-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、2050年代に関するカテゴリがあります。