ブラッドリー・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラッドリー・クーパー
Bradley Cooper
Bradley Cooper
2018年
本名 Bradley Charles Cooper
生年月日 (1975-01-05) 1975年1月5日(44歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
身長 185cm
職業 俳優
映画監督
映画プロデューサー
活動期間 1999年 -
配偶者 ジェニファー・エスポジート (2006年 - 2007年)
主な作品
映画
ハングオーバー!』シリーズ
リミットレス
世界にひとつのプレイブック
アメリカン・ハッスル
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ
アメリカン・スナイパー
アベンジャーズ』シリーズ
アリー/ スター誕生
運び屋
テレビドラマ
エイリアス/2重スパイの女

ブラッドリー・チャールズ・クーパーBradley Charles Cooper, 1975年1月5日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画監督映画プロデューサー歌手

俳優業と映画プロデューサー、映画監督として成功をおさめ、7つのアカデミー賞トニー賞を含む多くの賞にノミネートされており、グラミー賞BAFTA賞を受賞している。

生い立ち[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。父親のチャーリー・クーパーはアイルランド系メリルリンチに勤務していた。母親のグロリア(旧姓カンパーノ)はイタリア系ジョージタウン大学を優秀な成績で卒業後[1][2]アクターズ・スタジオで演劇を学んだ[1][3]。学生の頃にフランスに留学した事もあり、フランス語が堪能[4][5][6]

キャリア[編集]

1998年にテレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』でデビュー[7]。2001年に『Wet Hot American Summer』で映画デビュー。テレビシリーズを中心に活動しており、『エイリアス』や『キッチン・コンフィデンシャル』で知られるようになる。

2006年に舞台『Three Days of Rain』でジュリア・ロバーツポール・ラッドと共にブロードウェイの舞台に立った[8][9]。2012年には舞台『エレファントマン』で主演のエレファントマンを演じた[10]

『ハングオーバー!』プレミアでのクーパー

2009年公開の『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクし、MTVムービー・アワード コメディ演技賞にノミネートされた。しかし、同年公開の『ウルトラ I LOVE YOU!』ではサンドラ・ブロックと共にゴールデンラズベリー賞最低スクリーンカップル賞を受賞。

2011年公開の『リミットレス』でも商業的な成功を収めた。ハングオーバー!シリーズ第2作にあたる『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』の演技でピープルズ・チョイス・アワードのコメディ映画男優賞にノミネートされた。

2011年11月、米『ピープル』誌の「最もセクシーな男性」に選ばれた[11]

2012年公開のジェニファー・ローレンスと主演を務めた『世界にひとつのプレイブック』は商業的に大きな成功を収め、クーパーの演技も称賛され、MTVムービー・アワード2013で男性演技賞を受賞し、アカデミー賞やゴールデングローブ賞全米映画俳優組合賞で主演男優賞にノミネートされた。

2013年の『アメリカン・ハッスル』でも高い評価を受け、アカデミー賞やBAFTA賞、放送映画批評家協会賞、およびゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされた。

クリント・イーストウッド監督の『アメリカン・スナイパー』でも称賛を受け、MTVムービーアワード2015の最優秀男優賞を受賞した。3年連続でアカデミー賞にノミネートされたが、ここでも受賞はならなかった。

2014年にブロードウェイで公演された『エレファントマン』でジョン・メリックを演じて批評家から賛辞を受け、トニー賞 演劇主演男優賞にノミネートされた。

プロデューサー業も務めており、『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・ハッスル』では製作総指揮、『アメリカン・スナイパー』、『アリー/スター誕生』では製作を務めている。

2015の『アロハ』と『二ツ星の料理人』、『ジョイ』も成功した。

マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズにロケットの声優として出演し、『アベンジャーズ』シリーズにも出演。

2018年に『アリー/スター誕生』で主演兼初監督を務めた。『スタア誕生』のリメイクにあたるこの映画は第75回ヴェネツィア国際映画祭で初上映され、その後世界中で公開された。この映画は批評家から絶賛され、ブラッドリー自身も監督として、俳優として称賛を受けた。また、主演のレディー・ガガと共同で作り上げたサウンドトラックも絶賛され、『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』はBillboard 200を含む多くの国で1位を獲得し、『シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた』は第61回グラミー賞で最優秀レコード賞を含む3部門にノミネートされ、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンスをガガとクーパーは受賞した。映画は 第91回アカデミー賞に作品賞を含む7部門でノミネートされ、歌曲賞を受賞した[12]第72回英国アカデミー賞では一回の式典での史上最多となる5部門にノミネートされたが、ここでも受賞は作曲賞だけに留まった[13]。映画及びブラッドリーは第76回ゴールデングローブ賞を含む他の多くの賞にノミネートされ、いくらか受賞した。

私生活[編集]

2006年に女優のジェニファー・エスポジートと結婚した[14]が、2007年10月に離婚[15]。離婚前にはジェニファー・アニストンと、離婚後にはキャメロン・ディアスレネー・ゼルウィガー[16]らとの交際が噂になった。2012年には女優のゾーイ・サルダナと交際していた[17]。イギリスのモデルであるスキ・ウォーターハウスとも交際し、ステディな関係になるが2015年春に破局。

2015年春からロシアのモデルのイリーナ・シェイクと交際し、2016年からイリーナの左手薬指には指輪が見られた。2017年3月にシェイクとの間に女児が誕生したが[18]、2019年6月、二人は結婚することなく破局を迎え、共同親権の方向で調整に入っているとの報道があった。[19]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2002 私が幸せになる恋のルール
Bending All the Rules
ジェフ・マクリーン
処刑・ドット・コム
My Little Eye
トラヴィス
2005 ウエディング・クラッシャーズ
Wedding Crashers
サック 高瀬右光
2006 恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜
Failure to Launch
デモ 後藤敦
2007 鉄板スポーツ伝説
The Comebacks
カウボーイ TBA
2008 Older Than America ルーク
ROCKER☆40歳のロックデビュー
The Rocker
ヴェスヴィオス
ミッドナイト・ミート・トレイン
The Midnight Meat Train
レオン
イエスマン “YES”は人生のパスワード
Yes Man
ピーター 藤井啓輔
2009 そんな彼なら捨てちゃえば?
He's Just Not That into You
ベン・ガンダース 竹若拓磨
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
The Hangover
フィル・ウィネック 桐本琢也
ウルトラ I LOVE YOU!
All About Steve
スティーブ・ミュラー 東地宏樹
ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
ガス
ケース39
Case 39
ダグラス・J・エームズ 藤井啓輔
2010 バレンタインデー
Valentine's Day
ホールデン・ウィルソン 宮内敦士
特攻野郎Aチーム THE MOVIE
The A-Team
“フェイス” テンプルトン・ペック中尉 堀内賢雄
2011 リミットレス
Limitless
エディ・モーラ 浜田賢二
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
The Hangover Part II
フィル・ウィネック 桐本琢也
2012 ザ・ワーズ 盗まれた人生
The Words
ロリー・ジャンセン 兼製作総指揮
HIT&RUN
Hit and Run
アレックス・デミトリ
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
The Place Beyond the Pines
エイヴリー・クロス 桐本琢也
世界にひとつのプレイブック
Silver Linings Playbook
パット・ソリータ 兼製作総指揮
アカデミー賞主演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
全米映画俳優組合賞主演男優賞ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 男優賞受賞
2013 ハングオーバー!!! 最後の反省会
The Hangover Part III
フィル・ウィネック
アメリカン・ハッスル
American Hustle
リッチー・ディマーソ 兼製作総指揮
アカデミー賞助演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
2014 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
ロケット 声の出演 加藤浩次
セリーナ 炎の女
Serena
ジョージ・ペンバートン 桐本琢也

(桐本拓哉)

アメリカン・スナイパー
American Sniper
クリス・カイル 兼製作
アカデミー賞主演男優賞ノミネート
アカデミー作品賞ノミネート
2015 アロハ
Aloha
ブライアン・ギルクレスト 阪口周平
二ツ星の料理人
Burnt
アダム・ジョーンズ 東地宏樹
ジョイ
Joy
ニール・ウォーカー 桐本拓哉
2016 10 クローバーフィールド・レーン
10 Cloverfield Lane
ベン 声の出演(カメオ出演) 松川央樹
ウォー・ドッグス
War Dogs
ヘンリー・ジラード 兼製作 桐本拓哉
2017 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
Guardians of the Galaxy Vol. 2
ロケット 声の出演 加藤浩次
2018 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
アリー/ スター誕生
A Star Is Born
ジャクソン・メイン 兼監督・脚本・製作
アカデミー作品賞ノミネート
アカデミー賞主演男優賞ノミネート
アカデミー脚色賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 監督賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
桐本拓哉
運び屋
The Mule
コリン・ベイツ捜査官 桐本拓哉
2019 アベンジャーズ/エンドゲーム
Avengers: Endgame
ロケット 声の出演 加藤浩次
ジョーカー
Joker
N/A 製作 N/A
TBA (タイトル未定) Netflix映画 ハルク・ホーガン伝記の製作

テレビシリーズ[編集]

邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1999 セックス・アンド・ザ・シティ
Sex and the City
ジェイク 第2シーズン第4話「They Shoot Single People, Don't They?」
2000-2001 The $treet クレイ・ハモンド 計5話出演
2001-2006 エイリアス/2重スパイの女
Alias
ウィル・ティッピン 計46話出演 村治学
2004 タッチング・イーブル〜闇を追う捜査官〜
Touching Evil
マーク・リヴァース 計6話出演 大西健晴
2004-2005 Jack & Bobby トム 計14話出演
2005 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
ジェイソン・ウィテカー 第6シーズン第20話「沈黙が招く悲劇」
LAW & ORDER:陪審評決
Law & Order: Trial by Jury
ジェイソン・ウィテカー 第11話「決着」
2005-2006 キッチン・コンフィデンシャル
Kitchen Confidential
ジャック・ボーデイン 計13話出演
2007-2009 NIP/TUCK マイアミ整形外科医
Nip/Tuck
エイダン・ストーン 計6話出演
2015-2016 リミットレス
Limitless
エドワード・“エディ”・モーラ 兼製作総指揮
計4話出演

日本語吹き替え[編集]

吹き替えは『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』以降、桐本拓哉が担当することが多い。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Murray, Rebecca. “Bradley Cooper Biography”. About.com. 2009年5月25日閲覧。
  2. ^ Bradley Cooper Comes Back to Georgetown”. Georgetown University (2010年9月3日). 2014年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月9日閲覧。
  3. ^ The Office of Alumni Relations”. The New School. 2011年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月28日閲覧。
  4. ^ Smith, Lori (2010年9月14日). “People: Taylor and Burton's Brangelina romance to be a film”. The Denver Post. 2011年6月15日閲覧。
  5. ^ Zuckerman, Esther (2009年6月22日). “Five Things You Need to Know About Bradley Cooper – Movie News, Bradley Cooper”. People. 2011年6月15日閲覧。
  6. ^ Le journal de 20h” (2011年5月30日). 2013年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月30日閲覧。
  7. ^ Stated on Inside the Actors Studio, 2011
  8. ^ Brantley, Ben (2006年4月20日). “It's Her! It's Her! And, Oh Yeah, There's a Play”. The New York Times 
  9. ^ Paul Rudd and Bradley Cooper Round out Three Days of Rain Cast with Julia Roberts, Show Begins March 28”. Broadway World.com (2005年11月29日). 2010年7月16日閲覧。
  10. ^ “Bradley Cooper Joins ‘The Elephant Man’”. The New York Times. (2012年4月15日). http://theater.nytimes.com/2012/04/16/theater/bradley-cooper-joins-the-elephant-man.html?_r=0 2013年1月5日閲覧。 
  11. ^ "Bradley Cooper Named Sexiest Man Alive", Access Hollywood, November 16, 2011
  12. ^ レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパーの濃密すぎるデュエットが物議…ガガがコメント:第91回アカデミー賞”. シネマトゥデイ. 2019年6月17日閲覧。
  13. ^ アカデミー賞、まさかの落選も…ブラッドリー・クーパーが得た“それ以上””. Yahoo!ニュース. 2019年6月17日閲覧。
  14. ^ Jordan, Julie (2007年1月4日). “Bradley Cooper and Jennifer Esposito Marry”. People. 2010年7月16日閲覧。
  15. ^ Fromm, Emily (2007年5月2日). “Jennifer Esposito, Bradley Cooper Split”. People. 2010年7月16日閲覧。
  16. ^ Bradley Cooper on Renee Zellweger: "I Just Love Her"”. Us Weekly (2010年9月29日). 2011年1月16日閲覧。
  17. ^ “ブラッドリー・クーパーとゾーイ・サルダナがクリスマス前に破局”. シネマトゥデイ. (2013年1月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0049092 2013年1月5日閲覧。 
  18. ^ Bradley Cooper and Irina Shayk's First Child's Name and Sex Revealed | E! News”. E! (2017年4月10日). 2017年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月15日閲覧。
  19. ^ ブラッドリー・クーパーとイリーナ・シェイクが破局。” (日本語). VOGUE JAPAN (2019年6月7日). 2019年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]