ターミネーター4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ターミネーター4
Terminator Salvation
監督 マックG
脚本 ジョン・D・ブランケート
マイケル・フェリス
デヴィッド・キャンベル・ウィルソン
原作 キャラクター創造
ジェームズ・キャメロン
ゲイル・アン・ハード
製作 デレク・アンダーソン
ヴィクター・キュビチェク
ジェフリー・シルヴァー
モリッツ・ボーマン
製作総指揮 アンドリュー・G・ヴァイナ
出演者 クリスチャン・ベール
サム・ワーシントン
アントン・イェルチン
ムーン・ブラッドグッド
ブライス・ダラス・ハワード
コモン
ジェーン・アレクサンダー
ヘレナ・ボナム=カーター
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 シェーン・ハールバット
編集 コンラッド・バフ
製作会社 ハルシオン・ホールディング・グループ
配給 ワーナー・ブラザース
ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年5月21日
日本の旗 2009年6月13日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2億ドル[1]
興行収入 $125,322,469[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$372,046,055[1] 世界の旗
33億2000万円[2] 日本の旗
前作 ターミネーター3
次作 ターミネーター:新起動/ジェニシス
テンプレートを表示

ターミネーター4』(Terminator Salvation)は、2009年アメリカ映画アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作となった『ターミネーター』(以下『T1』)から続くシリーズの4作目であり、『T4』とも呼ばれる。

概要[編集]

前3作で断片的に語られていた、核戦争後の世界で生き残った人類とそれを絶滅しようとするスカイネットの機械軍との全面戦争を描く。キャッチコピーは「どこで誰が、未来を変えたのか?」。

2008年12月15日、マックG監督より第5作の製作が正式に発表され、本作が新3部作の序章であることも明かされていたが、製作会社の倒産と版権の売買により、続編は製作中止になった。

ストーリー[編集]

(日本版では)2018年。地球上のあらゆる都市が、人類に反旗を翻した超高性能コンピューターネットワーク「スカイネット」による核攻撃を受けた「審判の日(ジャッジメント・デイ)」後の荒廃した世界。スカイネット率いる機械軍は、いよいよ人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようとしていた。

「審判の日」を生き延び、レジスタンスの部隊長となったジョン・コナーはスカイネット研究所での機械軍との抗戦のさなか、スカイネットが人々を生け捕りにし、生体細胞を複製しようとしている事実を掴む。スカイネットはついに、民間潜入型ターミネーター「T-800」の開発に着手していたのだ。同じ頃レジスタンス本部では、アシュダウン将軍ら司令部がスカイネット総攻撃の計画を企てていた。ジョンはその目的がスカイネットが秘密裏に遂行しようとしている「暗殺リスト」の阻止にあると知るが、そのリストには自分の名前だけではなく、最重要ターゲットとして「カイル・リース」の名前があったのだった。

一方、ロサンゼルス郊外の荒れ野原でひとりの男が目を覚ました。男の名はマーカス・ライト。目を覚ます前の記憶を一切を失っていたマーカスは荒れ果てた光景に驚きを隠せない。間もなく汎用殺人型ターミネーター「T-600」に遭遇。マーカスは窮地に陥るがその場に居合わせた孤児の少年に命を救われる。同じく孤児で口が利けない少女スターと共に戦禍を生き延びてきたその少年だが、彼自身がスカイネットの最重要ターゲットにして、後にジョンの父となるカイル・リースだった。

彼らと行動を共にすることになったマーカスは、ある晩短波ラジオでレジスタンスの決起放送を耳にする。「君たちは決して孤独ではない」。そう呼びかけているのは、密かに人々の間で「救世主」として伝説となっているジョンの声だった。カイルに抵抗軍のことを聞いたマーカスは、カイルとスターを連れてジョンの元へと急ぐ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本語吹替版[編集]

役名 俳優 日本語吹替声優
劇場公開版
ジョン・コナー クリスチャン・ベール 檀臣幸
マーカス・ライト サム・ワーシントン 東地宏樹
カイル・リース アントン・イェルチン 内山昂輝
ブレア・ウィリアムズ ムーン・ブラッドグッド 朴璐美
ケイト・コナー ブライス・ダラス・ハワード 林真里花
バーンズ コモン 宮内敦士
アシュダウン マイケル・アイアンサイド 辻親八
セレーナ・コーガン ヘレナ・ボナム=カーター 坪井木の実
サラ・コナー(声) リンダ・ハミルトン 佐々木優子
ヴァージニア ジェーン・アレクサンダー 有田麻里
ロシェンコ将軍 イヴァン・グヴェラ 水内清光
  • 劇場公開版吹替 - DVD/BD収録。
    • 演出:岩見純一、翻訳:松崎広幸、翻訳監修:松本淳生、録音/調整:菊池悟史/北浦祥子、録音スタジオ:ACスタジオ、ダビング:ソニー・ピクチャーズ・カルバーシティ・スタジオ、製作担当:菊池謙、プロデューサー:吉岡美恵子、製作:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント/ACクリエイト
    • 1作目同様に冒頭のプロローグのオリジナル英語音声にはナレーションが入ってないが、日本語吹替版ではナレーションの吹き替えがある。

テレビ放送履歴[編集]

回数 放送日時 放送分数 放送局 単発特別番組枠 視聴率 備考
1 2012年9月22日(土) 21:00-23:10 130 フジテレビ 土曜プレミアム 10.4%
2 2014年3月4日(火) 25:50-28:00 ミッドナイトアートシアター 字幕版
3 2015年1月17日(土) 21:00-23:10 土曜プレミアム 11.4%
4 2016年9月30日(金) 21:00-22:52 112 金曜プレミアム

製作[編集]

シリーズを通じてターミネーター(T-800・T-850)役を演じてきたシュワルツェネッガーは、2003年の『T3』公開直後、カリフォルニア州知事に就任して俳優業を休業した。タイトルロールを失ったシリーズは続行不可能とされていたが、『T3』製作総指揮のモリッツ・ボーマンがハルシオン・カンパニーと提携し、2007年にシリーズの権利を獲得した。

2007年当時は『T3』のジョナサン・モストウ監督、および知事職が2期目に入ったシュワルツェネッガーも作品への関与に肯定的だったが、ロケ地をめぐる意見の相違により両方が降板。『チャーリーズ・エンジェル』のMcG(マックジー)がモストウの後を継いで監督に抜擢された[3]

シュワルツェネッガー[編集]

シュワルツェネッガーがハルシオン・カンパニーに自身の肖像権の使用を許可している事実や、インタビューでMcGがシュワルツェネッガー出演の可能性をほのめかした[4]ことから、キッキンガーとは別にシュワルツェネッガーもターミネーター役で登場するのではないかと噂された。後に、監督のMcGからシュワルツェネッガーの出演が発表され、サンフランシスコのILMで若いシュワルツェネッガーの映像を再構築していることが明かされた[5]。劇場公開直前には、シュワルツェネッガーの登場場面の詳細が明かされた[6]

その他の配役[編集]

ジョン・コナー役にクリスチャン・ベール、本作のキーパーソンとなるマーカス・ライト役にサム・ワーシントン、カイル・リース役にアントン・イェルチンが決定。2008年5月にクランクインし、本格的に製作が開始された。

ジョンと共に「審判の日」を生き残ったケイト・コナー(『T3』ではケイト・ブリュースター)役は、当初シャルロット・ゲンズブールが演じる予定だったが間もなく降板[7]。代役としてブライス・ダラス・ハワードがキャスティングされた。

シュワルツェネッガーに続く注目のターミネーター(T-800)役は、奇しくもシュワルツェネッガーと同じオーストリア生まれで同じくボディビルダー出身のローランド・キッキンガーに決定した。しかし最終的には顔がデジタル合成で若い頃のシュワルツェネッガーに差し替えられている。

作品解説[編集]

本作に関して、ジェームズ・キャメロンがアドバイスを与えたという報道が一部にあったが、キャメロン本人はこの報道を否定している。[8]ただし、McGは完全に非公式な物と断った上で、キャメロンに個人的に相談をしてアドバイスを貰ったことと、サム・ワーシントンの起用は既に『アバター』の主演に抜擢していたキャメロンの推薦による物だったことを明かしている。

第1作からシリーズ全作で特殊メイクを担当したスタン・ウィンストンは撮影中の2008年6月15日に他界したため、ウィンストンの遺作となった。McG監督はエンドクレジットで本作品をスタン・ウィンストンに捧げている。

T-800の試作品[編集]

シュワルツェネッガーとキッキンガーが今回、CGにて演じたT-800は試作品RIP―Resistance Infiltrator Prototype―(レジスタンス潜入型プロトタイプ)であり、T1、T2で登場するT-800とは異なる。試作品といってもT-600などの旧式のターミネーターとは違って動きが非常に人間的であり、暴走するT-600を素手で破壊するほどの攻撃力を保有している、変声装置を使って標的をおびき寄せる等の知能を持ち、作品の舞台となる2018年では最新鋭の高性能ターミネーターである。

このT-800は2018年にはこのたった一体のプロトタイプしか製造されておらず、劇中で見られた生産ラインで製造されていたのはその前身であるT-700である。本作でジョン・コナーの手によってターミネーターの生産工場が爆破されたため、T-800量産計画が8年も遅延することになった。これに関連して、劇中でジョンがT-800の開発時期について「予想以上(サラから聞いていたよりも早い)」と呟くシーンがあるが、これは歴史が変わったわけではない。前述の生産工場爆破によってT-800量産化が遅れたという歴史を、カイルが「2026年に量産化された」とだけサラに伝えたことによって生じた誤解であった。

なお、「3」にてジョンはT-800の顔に愛着があるということが判明しているが、今作ではT-800には躊躇なく銃撃をしている。これは、「3」でT-850から「ジョンはT-800の顔に愛着があり、彼の暗殺には(T-800の顔と酷似した顔をした)私が選ばれた」と聞かされていたため、ジョンがT-800に動揺しなくなったためとされる。なお、シュワルツェネッガーが演じたT-800が、敵として登場するのはT1以来となる。

『T3』との関連性[編集]

本作は前作『T3』とは無関係であると一部メディアで報じられてきたが[9]、ジョンの妻が前作に登場したケイトである点とケイトが前作で獣医だった経験を活かして本作でも医療関係の仕事で抵抗軍をサポートしている点、ジョンが『ターミネーターの動力源に誘爆性があること』を知っている点、前作に登場したT-1の登場、また本作品のプロローグが2003年(『T3』における「審判の日」の前年)から始まること等から、『ターミネーター3』の続編であることは意識されている。

また、公式サイト(日本)においては本作の舞台は"「審判の日」から10年後"の2018年であるとされていて『T3』の設定(「審判の日」は2004年)とは矛盾が存在するが、公式サイト(米国)においては10年後という記述は無く、更に"Skynetは14年前に自我に目覚めた"との明示的な記載もあることから、「審判の日」に関する『T3』との整合性は後から取られたと考えられている。ただし映画本編においては、「審判の日が何年に起きたか」という具体的な説明は無い。

スカイネットセントラルにおけるT-800との交戦で、ジョン・コナーが溶けた鉄を浴びて灼熱化したT-800に頬を引っかかれて火傷を負うシーンがある。この負傷による傷跡は『T2』『T3』においてわずかに描写された、未来のジョン・コナーの容姿へリンクしている。

『サラ・コナー・クロニクルズ』との関連性[編集]

本作撮影前に『ターミネーター2』の後日譚という設定でTVシリーズ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』の製作が発表されたが、McG監督が示唆するに、このTVシリーズと『T4』とは無関係である[10]

音楽[編集]

予告編で使用された曲はナイン・インチ・ネイルズのアルバム『ザ・フラジャイル』収録の「ザ・デイ・ザ・ワールド・ウェント・アウェイ」のリミックス・ヴァージョンである。

日本での特番放送[編集]

2009年6月7日テレビ朝日で『ターミネーター4メイキング特番×ターミネーター3今夜9時放送をさらに楽しむ!』という特番が放送された。ちなみにナレーション役はT-800(声: 玄田哲章)という設定であった。

また『ドラえもん』とのコラボレーション企画として、2009年6月26日放映の『ドラえもん1時間お26(ふろ)スペシャル!』でのエピソード「のび太を愛した美少女」で共演が実現した。ただしアニメで登場するロボットは姿こそ似ているものの「ターリネーナー」というターミネーターとは無関係の変形ロボットで、内容的にもほんのわずかな登場シーンしかなかった。

興行収入[編集]

本作の制作費はシリーズ最高の製作費約2億ドル(280億円)と推定されており、これは前作『ターミネーター3』の製作費とほぼ同等である。しかし、全米では『ナイト ミュージアム2』に1位を奪われ、初登場2位に留まった。北米での興行収入はおよそ1億2500万ドル[1]で、国内で製作費を回収することができず、前作『ターミネーター3』の1億5000万ドルを下回る結果となってしまった。

一方、日本では興行チェーンが前3作の東宝洋画系から丸の内ピカデリーを筆頭とした松竹東急系へと変更され、2009年6月5日から3日間先行上映を行った後、6月13日から公開が始まり、オープニング5日間で興行収入10億2000万円[11]を稼ぎ、初登場1位を飾った。しかし日本での総興行成績は33.1億円に留まり、これは『ターミネーター3』の82億円の半分にも及ばず、大幅に下回る結果となっている。

全世界興行成績はおよそ3億7000万ドル[1]で、前作の4億3300万ドルを下回る不本意な成績で大赤字になった。後に制作会社は破産し、ターミネーターの制作権は宙に浮いたが後に競売にかけられヘッジファンドが落札した。

反響[編集]

シュワルツェネッガーは、一家で鑑賞後、自身の子ども達から「シリーズ最高の出来」と言われ、同作に出演していないことから深く傷付き[12]、後にインタビューで本作品を批判している[13]

ソフト化[編集]

DVD[編集]

  • ターミネーター4 ※コレクターズ・エディション ※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2011年4月6日に発売。
  • ターミネーター4 ※ T-600 フェイスマスク・ケース付 【Amazon.co.jp 完全限定販売商品】※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。
  • ターミネーター4 ※ モト・ターミネーターフィギュア付 DVD-BOX ※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。
  • ターミネーター ※ DVDクアドリロジーBOX(ターミネーター1/2/3/4セット4枚組)※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。

Blu-ray disc[編集]

Blu-ray版には、途中カットされたヌードシーンが追加されている。追加されたのは3分程度の内容[14]

  • ターミネーター4 ※スペシャル・エディション ※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2010年4月16日に発売。
  • ターミネーター4 ※T-600 フェイスマスク・ケース付 【Amazon.co.jp 完全限定販売商品】※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。
  • ターミネーター4 ※T-600リアルヘッドフィギュア付 Blu-ray BOX ※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。

UMD[編集]

  • ターミネーター4 ※ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより2009年11月20日に発売。

ビデオゲーム[編集]

詳細についてはターミネーター4 (ビデオゲーム)を参照
  • ターミネーター: サルベーション(Xbox360,PS3)(2009年9月17日発売)
  • ターミネーター4:マシニマ(DVD,Blu-ray)(2009年11月18日発売)

ターミネーター4の2年前の世界観を描いた作品で、ゲームの他、映像作品「ターミネーター4:マシニマ(英題:Terminator Salvation Machinima Series)」もリリースされた。

備考[編集]

  • カイルがマーカスからショットガンに紐をくくりつけ、相手に銃を奪われないようにする『手品』を教えられるシーンがあるが、これは『T1』でパトカーから奪ったショットガンのストックを切り落とした後、紐をくくりつけるシーンへのリンクである。
  • マーカスとカイルとスターが車を取りにグリフィス天文台へ向かうが、そこは「T-1」でT-800がタイムトラベルした場所である。
  • シリーズ通しての名言「生きたいなら付いてこい(「死にたくなければ付いてこい」)(Come with me, If you want to live)」、「また来る、(必ず戻ってくる)」(I'll be Back)が今作でも使用されている。
  • 一部アクションシーンでカイルの声真似をしてジョンをおびき出すT-800など、前作のオマージュとも取れる演出が為されている。
  • オープニングクレジットの演出は1作目のオマージュである。また、オープニングクレジットで本作のタイトルが2回出る。またジョンがモトターミネーターを捕獲する際に流した曲は「T2」の主題歌であるガンズ・アンド・ローゼズの「ユー・クッド・ビー・マイン」である。
  • アメリカでの公開日は5月21日であり、本編冒頭での戦闘も2018年5月21日となっている。誘導ミサイルディスプレイの右下に日付が表示されている。
  • 劇中でジョンが使用しているモバイルPCはソニーVAIO-Uである[15]
  • T-800役には当初ローランド・キッキンガーがそのままの姿で登場する予定だったが、編集段階で急遽顔のみシュワルツェネッガーに差し替えられることになった。また、メイキング映像に登場するキッキンガーの顔は映らないように構成されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Terminator Salvation (2009)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 109頁
  3. ^ 当初McG監督は監督候補の候補外であった。
  4. ^ シュワちゃん新作「T4」ちょい役出演か
  5. ^ 『ターミネーター4』に若いアーノルド・シュワルツェネッガーが登場?
  6. ^ 「ターミネーター4」にシュワ氏出演!その出演場面が明らかに
  7. ^ “Bryce Dallas Howard Replaces Charlotte Gainsbourg in Terminator 4. MovieWeb. (2008年6月2日). http://www.movieweb.com/news/25/29025.php [リンク切れ]
  8. ^ James Cameron Clarifies His Thoughts on Terminator Salvation
  9. ^ 前作『T3』の設定や演出に、シリーズの生みの親・ジェームズ・キャメロン監督が激怒したとの話が流れたことと、T2の後日談という設定を借りたドラマ版が制作されたことで、その噂に拍車をかける事態となった。
  10. ^ Does "Terminator: The Sarah Connor Chronicles" have anything to do with this film?
  11. ^ ターミネーター4:5日で興収10億円突破 初登場1位の好スタート”. 毎日jp. 2009年9月28日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ シュワ、「T4はシリーズ最高」と家族に言われ傷つく - MovieWalker
  13. ^ アーノルド・シュワルツェネッガー、『ターミネーター4』を「あれはひどかった」とこき下ろす”. シネマトゥディ (2012年4月9日). 2014年12月4日閲覧。
  14. ^ CINEMATODAY Inc カットされた秘蔵ヌードが存在!『ターミネーター4』ブルーレイ版でご開帳!
  15. ^ 別エンディングがあった!裏話続出でターミネーター完全解剖!『T4』DVD&Blu-ray発売イベント[リンク切れ]アメーバニュース 2009年11月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]