アッタプー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッタプー県
ແຂວງອັດຕະປື
統計
県都: サーマッキーイサイ郡
面積: 10,320 km²
人口: 114,300人 (2004年)
人口密度: 11人/km²
ISO 3166-2:LA: LA-AT
位置
アッタプー県の位置}
行政区分
Attapu Province districts.png

アッタプー県(アッタプーけん)はラオス・南部の県の一つ。

民族[編集]

住民のほとんどは中地ラオス人(少数民族)である。

産業[編集]

  • 近年インフラが飛躍的に整備された。
  • ボーラウェン高原の玄関口として今後観光客の増加が見込まれる。

行政区分[編集]

  1. 1705 プーウォン郡英語版
  2. 1702 サーマッキーサイ郡英語版
  3. 1703 サナームサイ郡英語版
  4. 1704 サーンサイ郡英語版
  5. 1701 サイセーター郡英語版

水害[編集]

2018年7月24日、建設中の水力発電用ダム、セピアン・セナムノイダムが決壊。死者、行方不明者数百名、6000人以上が家を失う[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ラオス ダム決壊、行方不明は数百人か 数人が死亡”. 毎日新聞 (2018年7月25日). 2018年7月25日閲覧。