KADOKAWA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社KADOKAWA(初代法人)
KADOKAWA CORPORATION
Kadokawa logo.svg
Kadokawa Shoten (head office).jpg
角川第2本社ビル
種類 株式会社
市場情報
略称 角川
本社所在地 日本の旗 日本
102-8177
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
設立 1954年4月2日
(株式会社角川書店
業種 情報・通信業
法人番号 1010001013874
事業内容 出版物の編集・製作・販売・広告事業
劇場映画の製作・配給
アニメ作品の制作・販売
DVD・Blu-rayパッケージ・ゲームソフト・音楽CDの制作・販売
情報・デジタルコンテンツ配信事業
eコマース事業
版権事業、イベント事業
代表者 松原眞樹(代表取締役社長)
井上伸一郎(代表取締役副社長)
資本金 50百万円(2019年7月)[1]
売上高 1091億81百万円(2019年3月期)[1]
営業利益 32億32百万円(2019年3月期)
経常利益 48億93百万円(2019年3月期)
純利益 27億40百万円(2019年3月期)
純資産 936億17百万円(2019年3月)
総資産 1738億16百万円(2019年3月)[1]
従業員数 2,104名(2017年3月)
決算期 3月末日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 株式会社KADOKAWA 100%
主要子会社 株式会社ビルディング・ブックセンター
株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS
関係する人物 角川源義(創業者)
角川歴彦(取締役会長)
佐藤辰男(元社長、相談役)
関谷幸一(取締役専務執行役員)
芳原世幸(取締役専務執行役員)
夏野剛(取締役)
外部リンク https://ir.kadokawa.co.jp/
特記事項:2013年に角川グループホールディングスより社名変更。
テンプレートを表示
KADOKAWAの製造・物流・開発拠点で、本社機能と本社所在地の移転を検討している集客型文化複合施設ところざわサクラタウンの建設状況(2019年3月29日撮影)

株式会社KADOKAWA(初代法人)(カドカワ、: KADOKAWA CORPORATION)は、日本出版社映画会社、映像・音楽ソフト会社、グッズ会社、ウェブサイト運営会社、イベント会社、ゲーム会社。2019年7月1日にKADOKAWA(初代法人)が、出版物の製造・物流子会社を束ねる中間持株会社、株式会社KADOKAWA Future Publishingに、カドカワがKADOKAWA(二代目法人)に商号変更。法人格としては1954年昭和29年)に設立した角川書店(初代)、旧角川ホールディングス、旧角川グループホールディングス、KADOKAWA Future Publishingと同一である。

概要[編集]

1945年、国文学者の角川源義により角川書店として創業。 出版第1号は佐藤佐太郎歌集「歩道」。角川の鳳凰のマークは、1946年創刊の飛鳥新書で使用したことに始まる[2]。1949年創刊の「角川文庫」と1952年発刊の「昭和文学全集」が成功し、文芸出版社として基礎を確立する。1956年「角川国語辞典」を刊行し、辞典分野に進出。1957年には高等学校の国語教科書に参入[3]。1972年に富士見書房を設立。源義時代の角川では、漫画と女性の裸とスキャンダルはやってはいけないという掟が存在した[4]

1975年角川春樹が社長就任後、角川文庫を文芸路線から横溝正史を初めとする一般大衆向けに路線転換し、翌年には『犬神家の一族』で映画製作に進出。1979年に角川レコードを設立し、音楽産業へ参入。自社発行書籍を原作として映画を製作し、テレビコマーシャルを利用して大々的に宣伝し、原作書籍と自社グループ製作の映画・音楽を販売する出版と映像と音楽のメディアミックスを成功させ、日本映画界に角川映画旋風を巻き起こした。

1982年にテレビ情報誌の「ザテレビジョン」創刊以降、ゲームソフト情報誌「コンプティーク」やアニメ情報誌「Newtype」、ビデオ情報誌「ビデオでーた(現・DVD&動画配信でーた)」、都市情報誌「東京ウォーカー」などの各種メディア対応の情報誌を立て続けに創刊。1983年に映画『幻魔大戦』でアニメ製作に参入。1984年角川ビデオを設立し、ビデオグラムの製作に参入。

1988年に「富士見ファンタジア文庫」と「角川スニーカー文庫」を創刊し、ライトノベルというジャンルが確立されて以来、電撃文庫MF文庫Jなどをあわせてライトノベル市場の国内最大手となる[5]。1993年の『無責任艦長タイラー』からKADOKAWAの発行書籍を原作としたテレビアニメが放送されるようになる。

1985年に少女コミック誌「ASUKA」を創刊し、コミック出版に本格進出。後発参入だった角川は、アニメやゲームといった近接ジャンルのプロや同人誌卸売会からスカウトした同人作家を漫画家・漫画原作者として起用することで先行する出版社にはないタイプの作家や作品が生まれる[6]

1993年にメディアワークスの代表を兼務する形で社長に就任した角川歴彦は、メガソフトウェア・パブリッシャーを標榜し、資本と経営の分離、M&Aや業務提携、コンテンツのマルチメディア展開を行う。1995年にスーパーファミコンソフト『妖怪バスター ルカの大冒険』でゲームパブリッシャー事業に参入。2000年にはWeb媒体と紙媒体が連動した情報サイト『ウォーカープラス』を開設。2002年11月に大映の営業権を取得し、スタジオ運営事業に進出。

2003年4月に角川書店は、角川書店(二代目法人)、メディアワークス、SSコミュニケーションズ、角川大映映画、ビルディング・ブックセンターを統括する出版と映像、ネット事業の持株会社角川ホールディングスへ移行。同年9月にストック型フリーペーパー事業に参入。2004年1月に映像ソフト販売会社角川エンタテインメントを設立し、それまで他社に委託していたビデオグラム(DVDソフト)の販売を自社販売に切り替えた。2005年3月に日本ヘラルド映画を子会社化したことで、外国映画の輸入配給、映画の興行、吹替・字幕版制作に本格進出。

2006年7月に角川グループの持株会社であることを社名に示すため角川ホールディングスから角川グループホールディングスに社名変更。2009年に角川グループ合同児童書レーベル角川つばさ文庫を創刊し、2012年から児童文庫レーベルシェアNo.1となる[7]

2013年4月に角川グループホールディングスが角川グループパブリッシングと合併し事業持株会社となる[8]。これに伴い同年6月に角川グループホールディングスは、株式会社KADOKAWAへ社名変更[9]。2013年10月に連結子会社9社と合併しOne CompanyになったKADOKAWAは、角川源義が創業した角川書店と角川春樹が1976年に設立した角川春樹事務所、角川歴彦が創業したメディアワークス以外に、旧・セゾングループSSコミュニケーションズ、旧・大映の営業権を継承した角川大映、旧・ヘラルドグループ日本ヘラルド映画西和彦らが創業したアスキー魔法のiらんど、旧・リクルートグループメディアファクトリー中経出版新人物往来社を出身母体とする企業となった。

2014年10月、株式会社ドワンゴと世界に類のないコンテンツプラットフォームを確立することを目的して統合会社「株式会社KADOKAWA・DWANGO(現・株式会社KADOKAWA)」を設立。

2015年6月に「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」創刊し、学習まんがに参入[10] 。同年10月にWEB小説のレーベル「カドカワBOOKS」創刊し、既存のUGC(ユーザージェネレイテッドコンテンツ)と呼ばれる、ネット上で発表された作品を書籍・電子書籍化して出版する小説の総称を「新文芸」と名付け、新たなジャンルとして展開[11]

沿革[編集]

関連会社の統廃合図
会社設立から持株会社化(2003年3月31日)までの詳細は角川書店を、2003年4月1日から2013年9月30日までの詳細は角川グループホールディングスを参照。
  • 1945年11月10日 - 角川源義が「角川書店」を創業。
  • 1954年4月2日 - 東京都千代田区富士見二丁目7番地に株式会社角川書店(初代法人)を設立。資本金は385万円。
  • 1972年 - 角川書店発刊の教科書の自習書の発刊・販売を目的として株式会社富士見書房を設立。
  • 1974年 - 株式会社角川文庫流通センター(子会社、現・ビルディング・ブックセンター)を設立。
  • 1975年 - 角川源義が死去。編集局長の角川春樹が社長に就任。
  • 1976年 - 角川春樹が株式会社角川春樹事務所(初代法人)を設立。映画製作と出版を連携。角川文化振興財団を設立。
  • 1983年
    • 6月8日 - 株式会社角川トラベル・ サービス(現・角川メディアハウス)を設立。
  • 1984年10月 - 本社を東京都新宿区揚場町4番地に移転。
  • 1986年
  • 1988年6月 - 本社を東京都文京区本郷五丁目24番地5号に移転。
  • 1989年4月 - 株式会社角川春樹事務所を吸収合併。
  • 1991年 - 株式会社富士見書房を吸収合併し、富士見事業部を設置。
  • 1992年
  • 1993年
    • 3月 - 株式会社ザテレビジョン、株式会社角川春樹事務所(二代目法人)及び株式会社角川メディアオフィスを吸収合併し、雑誌事業部、ソフト事業部、雑誌編集部を設置。
    • 8月29日 - 角川春樹社長がコカイン密輸容疑で逮捕される。
    • 9月 - 取締役会で角川春樹社長の辞任が了承され、専務の大洞國光が代表取締役社長に就任。角川歴彦が顧問として角川書店に復帰。
    • 10月 - 臨時株主総会が開催され、角川歴彦が代表取締役社長に、佐野正利が代表取締役専務に就任。
  • 1994年 - 株式会社角川書店流通センターを吸収合併。
  • 1995年
    • 9月 - 株式会社ヘラルド・エースを子会社化し、株式会社エースピクチャーズに社名変更。
    • 10月 - 本社を東京都千代田区富士見二丁目13番3号に移転。
  • 1998年
  • 1999年
    • 1月 - 株式会社メディアワークスの販売・物流業務を受託開始。
    • 4月 - 台湾国際角川書店股份有限公司(現・台灣角川股份有限公司)を設立。
    • 5月 - 株式会社東芝等と共同出資にて映像制作会社「トスカドメイン株式会社」を設立。
    • 11月 - 株式会社キャラクター・アンド・アニメ・ドット・コム(現・キャラアニ)を設立。
  • 2000年
  • 2001年8月21日 - 西友から株式会社エス・エス・コミュニケーションズの株式を取得し、同社を子会社化。
  • 2002年
  • 2003年
    • 4月1日 - 持株会社方式による分社型新設分割を実施し、新設子会社の株式会社角川書店(二代目法人)に営業の一切を承継させ、株式会社角川書店(初代法人)は、株式会社角川ホールディングスに商号変更。角川歴彦が代表取締役社長兼CEOに就任。
    • 10月 - 株式交換によりトスカドメイン株式会社を完全子会社化。
  • 2004年
    • 1月 - 子会社角川書店(二代目法人)のエンタテインメント事業部の一部を、子会社株式会社角川大映映画に継承。株式会社角川エンタテインメントを設立。
    • 3月18日 - 株式会社エンターブレイン及び株式会社アスキーの持株会社である株式会社メディアリーヴスの株式公開買い付けを実施し、同社を子会社とする。
    • 4月 - 連結子会社株式会社角川大映映画及びトスカドメイン株式会社が合併し、商号を角川映画株式会社に変更。
    • 9月1日 - 東京証券取引所市場第一部上場。
  • 2005年
    • 3月 - 日本ヘラルド映画株式会社(後の角川ヘラルド・ピクチャーズ)とその子会社のグロービジョン株式会社を影響力基準により連結子会社化。
    • 4月 - 歴彦が代表取締役会長兼CEOに、本間明生が代表取締役社長兼COOに就任。
    • 4月 - KADOKAWA HOLDINGS CHINA LTD.(現・KADOKAWA HOLDINGS ASIA LTD.)及びKADOKAWA HONG KONG LTD. を設立。
    • 8月 - 株式交換により日本ヘラルド映画株式会社を完全子会社化。
    • 9月 - 株式会社ムービータイム(現・株式会社角川アップリンク)を設立。
    • 10月1日 - 子会社角川書店(二代目法人)の会社分割により、株式会社富士見書房(二代目法人)を設立。
    • 11月 - INTERCONTINENTAL GROUP HOLDINGS LTD.及びその子会社10社の株式を取得。
    • 12月 - 子会社株式会社角川モバイル(現・株式会社ブックウォーカー)を設立。
  • 2006年
    • 2月 - 株式会社角川オーバーシーズを吸収合併。
    • 3月 - 子会社角川映画株式会社及び株式会社角川ヘラルド・ピクチャーズが合併し、角川ヘラルド映画株式会社に商号変更。
    • 4月1日 - 子会社角川書店(二代目法人)の会社分割により、株式会社角川クロスメディア及び株式会社角川ザテレビジョンを設立。
    • 8月1日 - 会社分割により、子会社株式会社角川エンタテインメントと関連会社を子会社角川ヘラルド映画株式会社に譲渡。
    • 6月1日 - 連結子会社株式会社角川クロスメディアが株式会社ウォーカープラス及び株式会社角川書店北海道を吸収合併。連結子会社株式会社角川ザテレビジョンが株式会社角川インタラクティブ・メディアを吸収合併。
    • 7月1日 - 40社を超える傘下企業の結束力を高め、グループ一体の連結経営を強力に推進する責任が当社にあることを、グループ内外に示すため商号を株式会社角川グループホールディングス(角川GHD)に変更。
  • 2007年
    • 1月1日 - 子会社角川書店(二代目法人)の吸収分割により、管理部門を当社が、映像関連子会社及び関連会社の管理事業を角川ヘラルド映画株式会社が継承。
    • 1月4日 - 子会社角川書店(二代目法人)の新設分割により、株式会社角川書店(三代目法人)及び株式会社角川マガジンズ(初代法人)を設立。
    • 1月4日 - 株式会社角川書店(二代目法人)の商号を株式会社角川グループパブリッシングに変更。
    • 1月4日 - 会社分割により、株式会角川・エス・エス・コミュニケーションズと株式会角川マガジンズ(初代法人)の持株会社「株式会社角川マガジングループ(後の角川マガジンズ)」を設立[12]
    • 3月 - 角川ヘラルド映画株式会社が再び角川映画株式会社に商号変更。
    • 4月1日 - 会社分割により、角川HDチャイナの管理事業を角川映画株式会社に継承。
    • 4月2日 - 株式会社角川プロダクションを設立。
    • 7月 - 子会社株式会社角川グループパブリッシング及び角川出版販売株式会社が合併。
  • 2008年
    • 4月1日 - 連結子会社株式会社メディアワークス及び株式会社アスキーが合併し、商号を株式会社アスキー・メディアワークスに変更。
    • 4月1日 - 角川マガジングループの商号を株式会社角川マーケティングに変更すると共に、角川GHD・角川書店傘下のクロスメディア事業子会社を譲渡。
    • 4月1日 - 佐藤辰男が代表取締役社長兼COOに就任。
    • 7月 - 子会社株式会社角川プロダクションが、株式会社アミューズメントメディア総合学院の子会社トライアルプロダクションに出資し、合弁会社株式会社プロダクション・エースを設立。
    • 10月 - 連結子会社株式会社キャラアニ及び株式会社トイズワークスが合併。
  • 2009年
    • 3月 - 連結子会社株式会社角川ザテレビジョン及び株式会社角川クロスメディアが合併し、商号を株式会社角川マーケティング(二代目法人)に変更。子会社株式会社角川マーケティングは株式会社角川メディアマネジメントに商号変更。
    • 4月1日 - グループ内のゲーム事業統括会社として株式会社角川ゲームスを設立。
    • 4月7日 - 株式会社中経出版の株式を取得し、中経出版及びその子会社の新人物往来社荒地出版社、樂書舘を連結子会社化。
    • 10月1日 - 連結子会社株式会社中経出版及び株式会社樂書舘が合併。連結子会社株式会社新人物往来社及び株式会社荒地出版社が合併[13]
  • 2010年
    • 4月1日 - 連結子会社株式会社角川メディアマネジメント及び株式会社角川マーケティング(二代目法人)が合併し、再び株式会社角川マーケティングに商号変更。
    • 3月4日 - 子会社株式会社アスキー・メディアワークスが株式会社魔法のiらんどの発行済み株式70%を取得し、子会社化。
    • 6月 - 歴彦が取締役会長に、佐藤辰男が代表取締役社長に就任。
    • 10月 - 連結子会社株式会社エンターブレイン及び株式会社メディアリーヴスが合併。
    • 10月 - 株式会社ドワンゴとの電子書籍や各種コンテンツの配信に関して包括業務提携を発表[14]
    • 12月3日 - 電子書籍ストア『BOOK☆WALKER』をサービス開始。
  • 2012年
    • 5月 - 株式会社NTTドコモと株式会社角川書店(三代目法人)の合弁会社株式会社ドコモ・アニメストアを設立し、スマホ向けアニメ配信サービス開始。
    • 7月 - 連結子会社株式会社角川グループパブリッシング及び角川出版販売株式会社が合併。
  • 2011年
    • 1月1日 - 子会社株式会社角川書店(三代目法人)及び角川映画株式会社が合併。 連結子会社株式会社角川マーケティング及び株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズが合併。連結子会社株式会社アスキー・メディアワークス及び株式会社魔法のiらんどが合併。株式会社角川コンテンツゲート(現・株式会社ブックウォーカー)及びワーズギア株式会社が合併。
    • 3月 - 連結子会社株式会社エンターブレイン及び株式会社角川マガジンズ(初代法人)が合併。
    • 5月26日 - 株式会社ドワンゴと資本提携との業務提携を発表[15]
    • 7月 - 子会社株式会社角川マーケティングが株式会社角川マガジンズ(二代目法人)に商号変更。
    • 11月12日 - 株式会社リクルートから子会社の株式会社メディアファクトリーの全株式の譲渡を受け、同社を子会社化。
    • 11月12日 - 角川グループの電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」とドワンゴの電子書籍サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」との連携、ならびに株式会社角川書店が「ニコニコ動画」と連携した無料WEB漫画誌 「角川ニコニコエース」を創刊[16]
  • 2013年
    • 2月 - 株式会社角川アスキー総合研究所(初代)を設立。
    • 3月7日 - ドワンゴの子会社である株式会社スカイスクレイパーの株式60%を取得し子会社化、と同時に商号を「株式会社スマイルエッジ」に変更[17]
    • 3月8日 - エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社からドワンゴ株式を追加取得し12.23%を保有する第2位株主となる[18][19]
    • 3月29日 - 株式会社角川ブックナビを設立。
    • 4月1日 - 株式会社角川グループパブリッシングを吸収合併し、事業持株会社体制に移行[8]
    • 4月1日 - 子会社角川書店(三代目法人)の会社分割により、株式会社角川大映スタジオを設立。連結子会社中経出版及び新人物往来社が合併[8]
    • 6月22日 - 商号を株式会社KADOKAWAに変更[9][20]
    • 10月1日 - 連結子会社の株式会社アスキー・メディアワークス(旧メディアワークス)、株式会社エンターブレイン(旧ベストロン映画)、株式会社角川学芸出版(旧飛鳥企画)、株式会社角川書店(三代目法人)、株式会社角川プロダクション、株式会社角川マガジンズ(旧角川マガジングループ)、株式会社中経出版、株式会社富士見書房(二代目法人)、株式会社メディアファクトリー(旧リクルート出版)を吸収合併[9][20]。角川プロダクションを除く8社はいずれもブランドカンパニーとして存続する。この日より提供クレジットやCMの最後に挿入されるサウンドロゴも基本的にKADOKAWAに統一[注 1]し、商号に「角川」を冠したグループ企業についていた鳳凰マークも引き継いだ[注 2]。キャッチコピーは「新しい物語をつくろう。」。
    • 10月10日 - 「角川EPUB選書」を創刊[21]
    • 10月22日 - KADOKAWA International Edutainment株式会社(現・KADOKAWA Contents Academy)を設立。
    • 10月25日 - ボカロコミックいっぱいの少女向けデジタルコミック誌「ミルフィ」本創刊[22]
    • 12月26日 - 株式会社汐文社の発行済み株式を全取得し子会社化する[23]
  • 2014年
    • 1月 - 日本コカ・コーラ社との共同事業としてスマートフォン向け無料週刊誌「週刊ジョージア」を創刊[24]
    • 3月3日 - 株式会社ドワンゴ、株式会社ハーツユナイテッドグループとの共同出資で株式会社リインフォースを設立[25]
    • 3月22日 - ウェブコミックサービス『ComicWalker』をスタート[26]
    • 3月31日 - 新規ネットサービス運営事業を分割し株式会社Walker47を設立[27]
    • 4月1日 - 松原眞樹が代表取締役社長に就任。
    • 4月30日 - 美少女系コンテンツ雑誌「電撃G’sマガジン」からコミックコンテンツを独立させ、電撃ブランドのコミック誌「電撃G’sコミック」を刊行開始[28]
    • 5月14日 - 株式会社ドワンゴとの統合契約書の締結及び株式移転計画書の作成について発表[29][30]
    • 5月21日 -トランスコスモス株式会社から株式会社フロム・ソフトウェアの株式を取得し、同社を子会社化[31]
    • 5月30日 - 埼玉県所沢市と2012年に廃止となった旧所沢浄化センター跡地の売却に関する基本協定書の締結を発表[32]。同年10月に約33億円で所沢市から買収。
    • 6月14日 - 「富士見L文庫」創刊[33]
    • 6月20日 - KADOKAWAのデジタル戦略子会社である株式会社ブックウォーカーが、NTTドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」に雑誌専用ビューワーを提供[34]
    • 6月30日 - KDDIのauユーザー向けアニメ配信サービス「アニメパス」の運営に協力[35]
    • 9月25日 - カシオ計算機株式会社と音楽分野における協業により音楽レーベル「Mono Creation(モノ クリエーション)」を設立[36]
    • 9月26日 - ドワンゴと同時に上場廃止。
    • 10月1日 - ドワンゴとの統合会社「株式会社KADOKAWA・DWANGO」を設立し、株式移転を実施、同社の完全子会社となる。
    • 10月6日 - ダ・ヴィンチ×niconico「次にくるマンガ大賞」創設[37]
    • 12月3日 - エンタメ小説誌『文芸カドカワ』を電子書籍で創刊[38]
    • 12月24日 - KADOKAWAのハイエンド書籍編集部を株式会社ドワンゴに移管し、ドワンゴとKADOKAWAの共同技術書出版レーベル「アスキードワンゴ (ASCII DWANGO)」を設立[39]
  • 2015年
    • 2月17日 - 「フルールコミックス」創刊[40]
    • 3月31日 - 株式会社Walker47を吸収合併。
    • 4月1日 - 社内カンパニー制を廃止し、各ブランドカンパニーをジャンルごとの部局に再編(ブランド自体は存続)。また、旧エンターブレインBCのゲームメディア関連事業、マーケティングリサーチ事業をKADOKAWA・DWANGOに移譲[41][42]。子会社のKADOKAWA Contents Academy株式会社に海外需要開拓支援機構紀伊國屋書店パソナグループが資本参加[43]
    • 4月15日 - 「ビーズログ文庫アリス」創刊[44]
    • 10月15日 - 「it COMICS」創刊[45]
    • 10月21日 - 小学生男児向けのゲーム総合誌「デンゲキバズーカ!!」創刊[46]
    • 5月21日 - 子会社台灣角川股份有限公司が、訪日外国人向けSIMカード「J Walker SIM」販売開始。
    • 7月1日 - ところざわサクラタウンの企画準備会社として株式会社ところざわサクラタウンを設立。
    • 7月21日 - 雑誌「第二次世界大戦映画DVDコレクション」創刊[47]
    • 8月27日 - 4コマ誌「月刊コミックキューン」創刊[48]
    • 10月30日 - 子会社のKADOKAWA HOLDINGS ASIA LTD.がマレーシアのコミック・児童書等の出版大手Art Square Groupの株式を取得し、KADOKAWA GEMPAK STARZがグループ入り。
    • 11月28日 - 電撃文庫×niconicoのメディアミックス企画、ユーザー参加型新感覚プロジェクト「多数決ドラマ」を開始。
    • 12月22日 - 少年エース、ヤングエース、ガンダムエース、コンプエース、コンプティークの5誌のポータルサイト「webエース」をオープンし、webコミック誌『ヤングエースUP』を創刊[49]
  • 2016年
    • 2月15日 - 「NOVEL 0(ノベルゼロ)」創刊[50]
    • 2月29日 - はてなとの共同開発でWEB小説投稿サイト『カクヨム』をサービス開始。
    • 3月30日 - 電子雑誌『週刊 東京ウォーカー+(プラス)』創刊[51]
    • 4月 - 子会社株式会社角川ゲームスに中国のAlpha Animation and Culture (Hong Kong) Ltd.と台湾のSNSplus Investco Co.,Ltd.が資本参加。米国アニメ配信大手Crunchyrollと戦略的提携。
    • 5月1日 - 子会社のKADOKAWA PICTURES AMERICA, INC.がアメリカ大手出版社Hachette Book Groupとの合弁会社Yen Press,LLCを設立。
    • 6月13日 - pixiv×KADOKAWAによるWEBエッセイコミック誌「ピクシブエッセイ」創刊[52]
    • 9月 - 子会社KADOKAWA HOLDINGS ASIA LTD.の合弁会社広州天聞角川動漫有限公司にテンセントが出資し、合弁体制を変更。タイの総合出版最大手Amarinグループとの合弁会社KADOKAWA AMARINを設立。
    • 11月22日 - 「角川まんが科学シリーズ」を創刊し、その第一弾として「どっちが強い!?」シリーズを刊行開始[53]
  • 2017年
    • 2月28日 - KADOKAWA GEMPAK STARTZ SDN BHDが、マレーシアで訪日旅行客向けの定期刊行誌「JapanWalkerマレーシア」を創刊[54]
    • 4月5日 - 電子書籍レーベル「角川ebook」「角川ebooknf」創刊[55]
    • 4月 - 「ハルタコミックス」 創刊。
    • 5月31日 - 文芸情報サイト『カドブン』オープン[56]
    • 6月 - 子会社角川アスキー総合研究所の子会社株式会社クールジャパントラベルにWILLER株式会社が資本参加。
    • 6月21日 - 「角川まんが学習シリーズ『まんが人物伝』」創刊[57]
    • 7月1日 - 会社分割により、雑誌『DVD&ブルーレイでーた』および映画情報ウェブサイト『Movie Walker』の関連事業を株式会社エイガウォーカーに移管し、株式会社エイガウォーカーは株式会社ムービーウォーカーに商号変更[58]
    • 9月25日 - ドラゴンエイジ増刊誌『別冊ドラゴンエイジ』刊行開始[59]
    • 10月6日 - 月刊コミックビームのデジタル増刊『コミックビーム100』を創刊[60]
    • 11月 - KADOKAWAの無料マンガサイト『ComicWalker』とドワンゴの無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』の連携プロジェクトを始動[61]
    • 11月 - 一般社団法人宮城インバウンドDMO、株式会社パソナと宮城県南への観光促進に関する協定を締結[62]
  • 2018年
    • 1月31日 - ところざわサクラタウンの地鎮祭を実施。社長の松原が、所沢市に本社機能の移転を検討していることを明らかにした。
    • 2月5日 - 「FLOS COMIC(フロースコミック)」創刊[63]
    • 4月1日 - アスキー・メディアワークス事業局のアスキー事業を株式会社角川アスキー総合研究所に移管[64]
    • 4月1日 - 子会社株式会社ブックウォーカーが、株式会社ドワンゴから株式会社トリスタの全株式を譲受し子会社化[65]
    • 4月 - 株式会社ブックウォーカーのエンターテインメント事業部タレントデータベースグループの行う事業を吸収分割により承継。
    • 4月 - 株式会社C2プレパラートとの合弁会社として株式会社角川アーキテクチャを設立。
    • 4月2日 - 子会社KADOKAWA HOLDINGS ASIA LTD.が、中国市場向けマーケティング子会社として株式会社J-GUIDE Marketingを設立[66]
    • 4月4日 - サミー株式会社、株式会社ウルトラスーパーピクチャーズとの共同出資でハイブリッドデジタルアニメーション制作スタジオ「株式会社ENGI」を設立。
    • 9月14日 - 株式会社EiMとの協業で”現実世界”と”ライトノベル作品”の持つ世界観を結び繋げることをコンセプトとしたアパレルブランド「CONNECT:ED」をスタート[67]
    • 6月15日 - スマートフォン向け公式アプリ「KADOKAWAアプリ」を配信開始[68]
    • 6月29日 - 子会社株式会社K’s Labが、レストラン「INUA」を開業[69]
    • 9月21日 - 「角川パーフェクト過去問シリーズ」刊行開始[70]
    • 10月15日 - 「ジーンLINEコミックス」刊行開始[71]
    • 11月8日 - 「ブリッジコミックス」創刊[72]
    • 12月14日 - 株式会社ドワンゴ・ 株式会社カラー・株式会社インクストゥエンターアソビシステムホールディングス株式会社との共同出資でVTuberを起用したモーションキャプチャアニメの制作およびVTuberの開発・マネジメント・プロデュース等の事業を展開する合弁会社「株式会社リド」を設立[73]
  • 2019年
    • 1月17日 - 「電撃の新文芸」創刊[74]
    • 2月5日 - 「ドラゴンノベルス」創刊[75]
    • 4月1日 - カドカワ株式会社(親会社)の吸収分割により経営管理事業を継承し、株式会社ドワンゴ、株式会社Gzブレイン及び株式会社大百科ニュース社を完全子会社化[76]役員管掌制から6本部制への組織再編を実施[77]。エンジニアリング子会社として株式会社KADOKAWA Connectedを設立。
    • 4月1日 - 電撃文庫×niconicoによるPC用ブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』をサービス開始[78]
    • 4月9日 - 株式会社ビルディング・ブックセンターが所有する角川本郷ビル(現・ナガセ本郷ビル)を売却[79]
    • 5月 - 株式会社KADOKAWA KEY-PROCESSを設立。
    • 6月 - ビジネス領域を中心としたセミナー「KADOKAWAビジネスセミナー」の企画・制作・運営を本格始動[80]
    • 6月6日 - “手に取れる”新しい物語をコンセプトとしたフィギュアブランド「KDcolle(KADOKAWAコレクション)」を設立[81]
    • 7月1日 - ビルディング・ブックセンターとKADOKAWA KEY-PROCESSの株式所有に関わる事業を除く全事業をカドカワ株式会社(株式会社KADOKAWAへ商号変更)に簡易吸収分割で承継させ、出版物の製造・物流子会社を束ねる中間持株会社「株式会社KADOKAWA Future Publishing」に商号変更[82]。資本金及び資本準備金の額を減少[1]関谷幸一が代表取締役社長に就任[83]

決算[編集]

KADOKAWA Future Publishing(旧:角川書店、角川ホールディングス、角川グループホールディングス、KADOKAWA)
決算期(決算年月) 売上高 経常利益 当期純利益 備考
第41期(1995年3月) 565億44百万円 40億32百万円 18億6百万円
第42期(1996年3月) 610億98百万円 41億9百万円 18億91百万円
第43期(1997年3月) 677億38百万円 50億41百万円 22億32百万円
第44期(1998年3月) 778億3百万円 81億55百万円 33億35百万円
第45期(1999年3月) 847億38百万円 71億51百万円 33億56百万円
第46期(2000年3月) 994億13百万円 64億54百万円 31億66百万円
第47期(2001年3月) 970億28百万円 25億79百万円 12億29百万円
第48期(2002年3月) 894億11百万円 7億48百万円 ▲36億70百万円
第49期(2003年3月) 763億77百万円 32億4百万円 13億59百万円
第50期(2004年3月) 13億33百万円 5億85百万円 3億33百万円 事業を子会社に譲渡して純正持株会社化
第51期(2005年3月) 24億28百万円 14億60百万円 12億86百万円
第52期(2006年3月) 31億75百万円 20億92百万円 ▲7億79百万円 子会社1社を吸収合併
第53期(2007年3月) 40億53百万円 26億81百万円 50億22百万円
第54期(2008年3月) 48億45百万円 24億58百万円 28億5百万円
第55期(2009年3月) 44億96百万円 15億72百万円 ▲97億49百万円
第56期(2010年3月) 39億60百万円 13億20百万円 6億99百万円
第57期(2011年3月) 39億75百万円 10億10百万円 ▲5億91百万円
第58期(2012年3月) 67億18百万円 29億49百万円 27億47百万円
第59期(2013年3月) 57億19百万円 9億71百万円 6億77百万円
第60期(2014年3月) 946億55百万円 15億64百万円 176億73百万円 子会社10社を合併して事業会社化
第61期(2015年3月) 1216億77百万円 26億10百万円 ▲65億14百万円 [84]
第62期(2016年3月) 1108億13百万円 40億85百万円 36億29百万円 ゲームメディア関連事業を親会社に譲渡
第64期(2017年3月) 1122億31百万円 54億8百万円 51億74百万円
第64期(2018年3月) 1131億83百万円 41億4百万円 35億67百万円
第65期(2019年3月) 1091億81百万円 48億93百万円 27億40百万円 [1]

子会社[編集]

ビルディング・ブックセンター[編集]

株式会社ビルディング・ブックセンター
Building Book Center Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
354-0043
埼玉県入間郡三芳町竹間沢315番地1
設立 1974年10月
(株式会社角川文庫流通センター)
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 9030001056443
事業内容 倉庫・保管業、荷受、梱包業
出版物の荷受、在庫管理、出荷業務
書籍の改装、再生の請負業務
一般貨物自動車運送業
製本及び、通信販売業務の受託
不動産の賃貸管理及びコンサルタント業務
代表者 小倉雅博(代表取締役)
資本金 1億円
外部リンク http://www.bbc-kadokawa.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ビルディング・ブックセンターは、KADOKAWAグループの出版物を取り扱う物流サービス会社[85]。1974年10月に株式会社角川文庫流通センターとして設立。1990年3月に新物流センターが完成。1998年3月、株式会社ビルディング・ブックセンターに商号変更し、不動産管理業務を行う東京支店を開設。2005年10月に子会社の株式会社明日香ブックセンター(書籍の仕分け・改装と出荷業務)、株式会社明日香エキスプレス(書籍・雑誌の輸送業務)と角川グループ会社の株式会社コオトブックライン(製本部門)を吸収合併し[86][87]、 会社組織の再編を実施。2017年8月、ロジスクエア新座(埼玉県新座市中野)内に新座センターを開設[88]

KADOKAWA KEY-PROCESS[編集]

株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS(カドカワキープロセス)は、プリプレス業務や電子書籍制作を行う会社。

ブランド[編集]

主な発行書籍[編集]

エンタテインメントノベル[編集]

ライトノベル[編集]

新文芸[編集]

辞典・辞書[編集]

  • 角川新字源 改訂版

児童書[編集]

コミック[編集]

電子書籍[編集]

  • オシリス文庫
  • eロマンスロイヤル
  • eロマンス文庫
  • eロマンス新書
  • TL☆恋乙女ブック
  • BL☆美少年ブック

主な雑誌[編集]

生活情報誌[編集]

テレビ情報誌[編集]

エリア情報誌[編集]

競馬情報誌[編集]

映像エンターテインメント情報誌[編集]

ゲーム情報誌[編集]

キャラクター・コンテンツ情報誌[編集]

アニメ情報誌[編集]

イラスト雑誌[編集]

男性コミック誌[編集]

女性コミック誌[編集]

ライトノベル誌[編集]

本の情報誌[編集]

文芸誌[編集]

  • 本の旅人(毎月27日発売)
  • 短歌(発行:角川文化振興財団、毎月25日発売)
  • 俳句(発行:角川文化振興財団、毎月25日発売)

児童誌[編集]

ムック[編集]

コミックアンソロジー[編集]

直販誌[編集]

  • スカパー!ザテレビジョン 月刊大人ザテレビジョン
  • スカパー!ザテレビジョン 月刊スカパー!プレミアム光
  • 毎日が発見(発行:株式会社毎日が発見)

フリーマガジン[編集]

  • 週刊アスキー 秋葉原限定版(発行:角川アスキー総合研究所)

カスタムマガジン[編集]

電子雑誌[編集]

Webメディア[編集]

Webコミック[編集]

UGCサイト[編集]

  • 魔法のiらんど ※無料ホームページ・ブログ作成サイトサービス、小説投稿サービス、韓国トレンド情報を提供。
  • カクヨムはてなと共同) ※小説投稿サービス。

レコメンドサイト[編集]

  • キミラノ

動画・生放送チャンネル[編集]

  • 角川スニーカー文庫 公式チャンネル(ニコニコチャンネル・YouTubeチャンネル)
  • 電撃オンラインch(YouTubeチャンネル・Periscope・ニコニコチャンネル)
    • 電撃PlayStation Live(YouTubeチャンネル)
  • ワールドウィッチーズチャンネル(ニコニコチャンネル)
  • 伏見つかさチャンネル(ニコニコチャンネル)
  • クトゥルフ神話TRPGチャンネル(ニコニコチャンネル・YouTubeチャンネル)
  • 富士見書房ファンタジア文庫・ドラゴンブックチャンネル(ニコニコチャンネル)
  • グラビアごはん「グラ飯」(ニコニコチャンネル)
  • 著者セミナー.tv

映像事業[編集]

日本映画の企画・製作・配給、外国映画の輸入・配給、アニメ企画・製作、ドラマの企画・製作、外国ドラマの輸入、映像配信権の許諾、映像パッケージ(セル・レンタル)の販売を行っている。映像配信については、「とある魔術の禁書目録シリーズ」(アスキー・メディアワークス製作)などKADOKAWAからビデオグラム化されていない作品も含まれている[90]

音楽事業[編集]

アニメ・映画音楽の制作と音楽配信権の許諾、音楽CDの販売、音楽著作権の管理を行っている。

  • KADOKAWA(音楽レーベル) - 旧メディアファクトリーの音楽事業。アニメサウンドトラックやキャラクターソング、アニメタイアップアーティストのCD販売と音楽配信権の許諾を行っている。
  • enterbrain/エビテンレコード[94] - ECサイトエビテン内で展開しているゲームサントラを中心としたCDショップ「エビテンレコード」のCDレーベル。専売商品を除きソニー・ミュージックマーケティングに販売を委託。

ゲーム事業[編集]

ソフトウェア[編集]

ブラウザゲーム[編集]

スマートフォンアプリ[編集]

テーブルトークRPG[編集]

EC事業[編集]

  • カドカワストア - KADOKAWAの発売中の全書籍と雑誌、グッズが購入できる公式ショッピングサイト。
    • ケツジツ - 受注生産販売プラットフォーム
  • エビテン(ebten) - エンターブレインのECサイト。
  • 電撃屋 - 電撃ブランドのECサイト。

映画興行[編集]

  • EJアニメシアター新宿(新宿区) - 東宝所有の新宿文化ビル4階に入居しているアニメ専門映画館(2018年7月にリニューアル)。5階は「アニメギャラリー」となっている。
  • 角川シネマ有楽町(千代田区有楽町) - 読売会館8階に入居しているミニシアター。

事件・騒動[編集]

お家騒動[編集]

  • 1992年9月、当時の社長・角川春樹の下で副社長を務めていた春樹の実弟・角川歴彦が春樹との路線対立から突如辞任し、同年10月株式会社メディアワークスを設立。これに伴い歴彦が社長を務めていた角川メディアオフィスの従業員も大挙して退社、メディアワークスに移籍するという分裂状態が発生した。歴彦辞任後、取締役国際部長兼社長室長に昇格した春樹の長男による角川書店社員へのホモセクハラ疑惑が週刊文春より報じられた。1993年7月角川書店写真室係長が成田空港にてコカイン密輸の現行犯で逮捕され、8月11日角川書店関連会社役員が逮捕、同月12日ロサンゼルスにあるKADOKAWA PRODUCTIONS U.S. INCを、同月26日角川書店本社を家宅捜索し角川書店労働組合が春樹社長の解任要求、同月27日春樹を除く角川書店役員全員が春樹社長の解任要求、同月28日春樹社長がコカイン密輸容疑で逮捕される。9月2日開催の取締役会で春樹の社長辞任が承認され、後任に大洞國光が社長に就任、同月15日歴彦が顧問として復帰。同月24日森村誠一松原治らが、角川書店の将来を考える会を発足。10月19日開催の臨時株主総会を経て歴彦がメディアワークスの社長を兼務する形で角川書店社長に就任。最終的にはメディアワークスを角川書店の事実上子会社化することで決着を見た。

それ以外の騒動[編集]

  • 筒井康隆断筆騒動 - 高校国語の教科書をめぐって差別表現があったとして筒井が断筆を宣言した騒動。
  • 12月25日発売予定だった谷津矢車の小説「からくり同心 景 黒い好敵手」を担当編集者が物語の肝になる部分も含め無断で改変を加えた、この問題は作者のゲラチェックの際発覚し既に発行していた「からくり同心 景」にも同様の問題が起きていたことが発覚し回収の末絶版となった[95][96]
  • 岐阜市が編集協力した雑誌『岐阜信長歴史読本』にて約30箇所の誤植が起きた。本来2回行う校正は1回のみであったこと、校正を委託する際編集部の不手際でチェックが行き届かなかったことからとKADOKAWAは結論を付け請け負った編集プロダクションに謝罪の電話をした[97]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メディアファクトリーは製品のCMの最後に挿入されるサウンドロゴは以前のまま使用していたが、2014年作品からはKADOKAWAのサウンドロゴを使用している。
  2. ^ 一部の変化はあるが、基本デザインは角川書店時代のものを踏襲している。
  3. ^ 販売業務提携を行っていた同朋舎から取得

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 第65期決算公告”. KADOKAWA. 2019年7月1日閲覧。
  2. ^ 【ロゴの研究】角川グループホールディングス”. 株式会社産経デジタル. 2009年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月26日閲覧。
  3. ^ 教科書発行者番号「153」
  4. ^ 日本のコンテンツ業界を振り返る「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第12回は,KADOKAWA代表取締役社長・佐藤辰男氏がゲスト”. www.4gamer.net. 2019年1月11日閲覧。
  5. ^ ライトノベル市場の実態と展望”. 株式会社矢野経済研究所. 2017年10月16日閲覧。
  6. ^ 常にニッチを開拓せよ角川グループのコミック展開”. 角川グループホールディングス. 2017年10月16日閲覧。
  7. ^ 児童書レーベルの文学賞「第5回角川つばさ文庫小説賞」受賞作品が決定!!2018年に10周年を迎える児童書No.1シェアレーベル”. KADOKAWA. 2017年10月15日閲覧。
  8. ^ a b c 当社完全子会社である株式会社角川グループパブリッシングの吸収合併に関するお知らせ”. 株式会社KADOKAWA. 2019年5月24日閲覧。
  9. ^ a b c 連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ”. 株式会社KADOKAWA. 2019年5月24日閲覧。
  10. ^ 発売4か月で110万部達成!”. PR TIMES. 2017年10月16日閲覧。
  11. ^ カドナビspecial article KADOKAWA井上伸一郎に聞くWEB発の新ジャンル新文芸”. KADOKAWA. 2017年10月16日閲覧。
  12. ^ 会社分割に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月4日閲覧。
  13. ^ 有価証券報告書 (PDF, (2010年6月28日、角川グループホールディングス))
  14. ^ 角川グループとドワンゴが電子書籍や各種コンテンツの配信に関して業務提携 (PDF, (2010年10月28日 、株式会社 角川グループホールディングス))
  15. ^ 株式会社角川グループホールディングスと株式会社ドワンゴの資本提携に関するお知らせ”. 株式会社KADOKAWA. 2019年5月22日閲覧。
  16. ^ 角川グループの電子書籍プラットフォームBOOK☆WALKER」が「ニコニコ静画(電子書籍)」との連携を開始”. 株式会社KADOKAWA. 2019年5月22日閲覧。
  17. ^ 株式会社角川グループホールディングスと株式会社ドワンゴによる広告に関わる合弁事業展開の基本合意に関するお知らせ (PDF, (2012年12月25日 、株式会社角川グループホールディングス))
  18. ^ 株式会社ドワンゴとの資本提携強化と業務提携の継続興隆に関するお知らせ”. 株式会社KADOKAWA. 2019年5月16日閲覧。
  19. ^ 日テレがドワンゴ株式取得 角川GHDは2位株主に”. ITmedia NEWS. 2019年5月16日閲覧。
  20. ^ a b 角川グループホールディングス、子会社9社を吸収合併”. INTERNET Watch (2013年3月28日). 2013年7月6日閲覧。
  21. ^ KADOKAWA、新選書レーベル『角川EPUB選書』を10月10日に創刊”. 週刊アスキー. 2019年7月6日閲覧。
  22. ^ ボカロ大好き少女に贈る新感覚コミック 「ミルフィ」本創刊!!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  23. ^ 株式会社汐文社の株式の取得(子会社化)のお知らせ,株式会社KADOKAWA,2013年12月26日
  24. ^ “[https://ir.kadokawa.co.jp/topics/20140123_geswk.pdf 日本コカ・コーラ社 コカ・コーラ社とのパートナーシップ パートナーシップ パートナーシップが実現 スマホ向け無料週刊誌「週刊ジョージア」創刊!]”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  25. ^ 株式会社リインフォースの設立についてのお知らせ (PDF, (2014年5月2日 、株式会社KADOKAWA))
  26. ^ KADOKAWAの新ウェブコミックサービス「ComicWalker」 3月22日(土)、始動!”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  27. ^ 会社分割(簡易新設分割)に関するお知らせ,株式会社KADOKAWA,2014年2月27日
  28. ^ 人気タイトルだけを集めたメディアミックスコミック誌「電撃G'sコミック」4月30日(水)誕生!”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  29. ^ 株式会社 KADOKAWA と株式会社ドワンゴとの統合契約書の締結及び株式移転計画書の作成について (PDF, (2014年5月14日 、株式会社KADOKAWA))
  30. ^ ドワンゴとKADOKAWA、経営統合を発表 新会社「KADOKAWA・DWANGO」10月設立”. ITmedia (2014年5月14日). 2014年5月14日閲覧。
  31. ^ 【速報】KADOKAWAがフロム・ソフトウェアの株式を取得、子会社化することが判明,ファミ通.com,2014年4月28日
  32. ^ KADOKAWA、所沢市と旧所沢浄化センター跡地の基本協定書を締結――出版拠点ほか美術館・図書館も併設 - 2014年6月閲覧。
  33. ^ あなたが好きなのはどのタイプ?「富士見L文庫」創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  34. ^ 雑誌読み放題サービス「dマガジン」に新開発の雑誌専用ビューワーを提供”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  35. ^ KDDI とコラボレーションau ユーザー向けアニメ配信サービス「アニメパス」開始!”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  36. ^ 音楽レーベル“Mono Creation”設立のお知らせ”. KADOKAWA. 2019年7月7日閲覧。
  37. ^ 雑誌「ダ・ヴィンチ」と「niconico」が『次にくるマンガ大賞』を創設!”. PR TIMES. 2018年10月1日閲覧。
  38. ^ 角川書店の新しいエンタメ小説誌『文芸カドカワ』2014年12月3日(水)電子書籍で創刊!!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  39. ^ IT技術書出版ブランド「アスキードワンゴ (ASCII DWANGO)」立ち上げのお知らせ”. 株式会社ドワンゴ. 2019年4月13日閲覧。
  40. ^ BLコミックスレーベル「フルールコミックス」創刊、2作品を紙と電子で同時発売”. ITmedia eBook USER. 2019年7月7日閲覧。
  41. ^ KADOKAWA社内カンパニー制廃止 「角川書店」「富士見書房」、組織名から消える,ITmedia,2015年4月16日
  42. ^ KADOKAWAが組織再編 伝統の「角川書店」消滅,日本経済新聞,2015年4月16日
  43. ^ クールジャパン機構、紀伊國屋書店、パソナグループ、KADOKAWA4社による“官民一体”の第三者割当増資が決定 (PDF, (2015年3月30日、株式会社KADOKAWA))
  44. ^ 女子向け小説の常識が変わる……!? ビジュアルライトノベルレーベル『ビーズログ文庫アリス』4月15日創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  45. ^ 【it COMICS創刊記念】it COMICSついに本日発売開始! ラインナップ5タイトルをおさらい”. 電撃オンライン. 2019年7月6日閲覧。
  46. ^ ニンテンドー3DS用オリジナルゲームが毎号付いてくる!小学生男児向けゲーム総合誌「デンゲキバズーカ!!」10月21日創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  47. ^ ~第二次世界大戦終結70年特別企画。激動の歴史を読む!観る!刻む!~ 『第二次世界大戦映画DVDコレクション』7月21日創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  48. ^ ページをめくれば恋をする、あなたのために作った新4コマ誌「月刊コミックキューン」2015年8月27日(木)創刊!!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  49. ^ 『webエース』サイトオープン&『ヤングエースUP』新創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  50. ^ KADOKAWAの新文庫レーベル“ノベルゼロ”、創刊。”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  51. ^ 雑誌斜陽の時代に、12年の時を経て再び週刊化へ。デジタル時代の新週刊誌、電子雑誌『週刊 東京ウォーカー+(プラス)』3月30日(水)創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  52. ^ pixiv × KADOKAWA によるWEBエッセイコミック誌「ピクシブエッセイ」6月13日(月)創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  53. ^ バトルで学習!『どっちが強い!?』250万部突破の大ベストセラー『日本の歴史』姉妹版、角川まんが科学シリーズ創刊”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  54. ^ KADOKAWAがマレーシアで、訪日旅行客向けの定期刊行誌「JapanWalkerマレーシア」を創刊”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  55. ^ 文庫化まで待てない!電子書籍の新レーベル「角川ebook」「角川ebooknf」2017年4月5日創刊!タブレットや旭山桜の苔玉他が当たる「からだと家計に優しいセット」プレゼ...”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  56. ^ 編集者から読者へ”物語”の面白さを直接お届け KADOKAWA発の文芸情報サイト「カドブン」オープン!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  57. ^ 大人が読んでも面白い!「角川まんが学習シリーズ『まんが人物伝』」6月21日創刊!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  58. ^ 雑誌「DVD&ブルーレイでーた」およびWebサイト「MovieWalker」事業がエイガウォーカーに”. 2017年7月7日閲覧。
  59. ^ ドラゴンエイジ増刊誌『別冊ドラゴンエイジ VOL.1』本日発売! ゲーマーズでは創刊を記念したフェア、展示会も開催決定!!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  60. ^ 100円の漫画誌創刊ってマジ!? デジタル増刊『コミックビーム100』は、電車の中で読み切れるコンパクトな漫画誌を目指す!”. PR TIMES. 2019年7月7日閲覧。
  61. ^ KADOKAWA無料マンガサイト『ComicWalker』とドワンゴ無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』連携プロジェクト始動!”. 株式会社KADOKAWA. 2017年12月16日閲覧。
  62. ^ 宮城インバウンドDMO・KADOKAWA・パソナ『宮城県南4市9町を中心とした国内外観光推進協定』締結”. 株式会社パソナグループ. 2018年4月2日閲覧。
  63. ^ 異世界に召喚されたOL、製薬に料理にと活躍「聖女の魔力は万能です」マンガ版1巻”. コミックナタリー. 2019年7月7日閲覧。
  64. ^ KADOKAWA アスキー事業の移管について”. 株式会社KADOKAWA (2018年2月27日). 2018年2月27日閲覧。
  65. ^ ブックウォーカーがトリスタを子会社化”. PR TIMES. 2018年4月2日閲覧。
  66. ^ 会社概要”. ジャパンガイドマーケティング. 2019年1月12日閲覧。
  67. ^ 「ライトノベル作品と繋がる」がコンセプトの、新しいアパレルブランドが登場! 第一弾に『このすば』『冴えカノ』『デート』『ノゲノラ』『リゼロ』”. PR TIMES. 2019年6月7日閲覧。
  68. ^ ポイント・マイルを貯めてプレゼントをゲットしよう! KADOKAWA初の公式アプリ「KADOKAWAアプリ」6月15日(金)スタート! 角川文庫ご購入10冊相当につき1冊をプレゼ...”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  69. ^ 「世界のベストレストラン50」創設者の一人が新設した世界規模の食のアワード「ワールド・レストラン・アワーズ2019」で、レストラン「INUA」が、「今年の新店」部門に...”. PR TIMES. 2019年4月19日閲覧。
  70. ^ 初のフルカラーを採用! 受験生のニーズに応える、圧倒的な使いやすさを実現した「角川パーフェクト過去問シリーズ」創刊!”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  71. ^ 『ガイコツ書店員』の本田による俳句マンガ『ほしとんで』など新レーベル「ジーンLINEコミックス」10月15日ついに刊行!”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  72. ^ マンガの感想をツイートしてAmazonギフト券20万円分をゲット!『ブリッジコミックス』11月8日(木)創刊を記念してツイッタ一での【ひとことレビュー】を大募集!”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  73. ^ ドワンゴ、KADOKAWA、 カラー、インクストゥエンター、アソビシステムの5社が VTuber事業会社「株式会社リド」を共同設立”. 株式会社ドワンゴ. 2018年12月21日閲覧。
  74. ^ 電撃が放つ、WEBエンタメノベル「電撃の新文芸」第1弾4作品、1月17日発売! 次のおもしろい、ここにあります。”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  75. ^ KADOKAWAから新文芸レーベル「ドラゴンノベルス」が創刊!”. PR TIMES. 2019年7月6日閲覧。
  76. ^ 特別損失の計上及び通期業績予想の修正、グループ経営体制刷新に伴う会社分割の実施、孫会社の異動、並びに代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ”. プロネクサス. 2019年2月13日閲覧。
  77. ^ 株式会社KADOKAWA 組織変更のお知らせ”. KADOKAWA. 2019年4月1日閲覧。
  78. ^ 電撃文庫×niconicoが贈る、完全オリジナル新作PCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』本日4月1日(月)よりサービス開始”. 株式会社ドワンゴ. 2019年5月15日閲覧。
  79. ^ 子会社の固定資産の譲渡に関するお知らせ”. プロネクサス. 2019年7月12日閲覧。
  80. ^ 「学ぶ・稼ぐ・創る」を応援する「KADOKAWAビジネスセミナー」6月より本格始動”. PR TIMES. 2019年6月7日閲覧。
  81. ^ “手に取れる” 新しい物語KADOKAWA発のフィギュアブランド始動!!”. KADOKAWA. 2019年6月7日閲覧。
  82. ^ 会社分割(簡易吸収分割)の実施、商号変更及び定款一部変更、並びに代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ”. プロネクサス. 2019年5月16日閲覧。
  83. ^ 株式会社 KADOKAWAと株式会社 KADOKAWA Future Publishing との吸収分割に関する事後開示書類”. 日本取引所グループ. 2019年7月12日閲覧。
  84. ^ 第61期決算公告”. KADOKAWA. 2019年4月23日閲覧。
  85. ^ 株式会社ビルディング・ブックセンター様”. NEC. 2019年7月12日閲覧。
  86. ^ KADOKAWA通信 2006秋号”. KADOKAWA. 2019年7月12日閲覧。
  87. ^ 有価証券報告書 第52期”. KADOKAWA. 2017年7月12日閲覧。
  88. ^ CRE/埼玉県新座市に2.5万m2の物流施設を竣工、入居率100%で稼働”. LNEWS. 株式会社ロジスティクス・パートナー. 2019年7月12日閲覧。
  89. ^ 「歌ってみたの本」から「ミレニアルズ」に誌名を変更!”. 2017年12月27日閲覧。
  90. ^ KADOKAWAのアニメ・動画”. バンダイチャンネル. 2018年10月11日閲覧。
  91. ^ a b ブランド紹介”. KADOKAWA. 2017年8月15日閲覧。
  92. ^ KADOKAWA 堀内大示 執行役員映像事業局局長 “「ごった煮」が我らの力””. 2017年8月13日閲覧。
  93. ^ メディアファクトリー映像の公式アカウント”. 2017年8月16日閲覧。
  94. ^ 「スプラトゥーン2」のサウンドトラックが、オリコン“CDアルバム”週間ランキング第4位を獲得”. PR TIMES. 2018年9月19日閲覧。
  95. ^ 担当編集者が原稿を改ざん KADOKAWAの新作小説が急きょ発売中止、過去作も回収・絶版に
  96. ^ KADOKAWA編集者が原稿を無断改変 「からくり同心 景」発売中止に
  97. ^ 「信長読本」間違いだらけ 岐阜市の教材、配布中止も

外部リンク[編集]