ミニーマウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミニーマウス
Minnie Mouse
初登場 プレーン・クレイジー(初制作)
蒸気船ウィリー(初公開)
作者 アブ・アイワークス
原語版声優 ウォルト・ディズニー(初代)
マーセリット・ガーナー(2代目)
テルマ・ボードマン(3代目)
ルース・クリフォード(4代目)
ルシー・テイラー(現在)
日本語版声優
BVHE
水谷優子遠藤綾
詳細情報
種族 ハツカネズミ
性別
テンプレートを表示

ミニーマウス (Minnie Mouse) はミッキーマウスの“永遠のガールフレンド”として登場するディズニーアニメキャラクター。頭にはチャームポイントともいえる大きなリボン、それとコーディネートされたワンピースドレスを着用し、大きめの靴を履いているスタイルが定番。デビューから暫くは一輪のを挿した帽子を被って登場することが多かった。

概要[編集]

1928年11月18日公開の『蒸気船ウィリー』でスクリーンデビュー。しかし厳密には同年5月15日に試写されたサイレント映画『プレーン・クレイジー』他で既にミッキーと共演している。『プレーン・クレイジー』を含むデビュー前の2作は『蒸気船ウィリー』公開後にトーキーで公開されている。

ミニーを主人公にしたアニメシリーズはないが、70を超える作品にミッキーマウスやプルートと共に出演している。

また、1929年8月28日公開の『ミッキーのフォーリーズ』にて披露されたミニーのテーマソング「ミニーのユー・フー!」はディズニーの短編映画中で使われた曲でも初めて明確な歌詞が付けられたものであり、世界初のアニメソングとされている[1]

声の出演[編集]

英語版声優
作品 声優
蒸気船ウィリープレーン・クレイジー1928年 - 1929年 ウォルト・ディズニー
バーン・ダンス〜ミッキーの一難去ってまた一難(1929年 - 1939年
ミッキーのミニー救出大作戦[2](2013年)
マーセリット・ガーナー
ミッキーのつむじ風ミッキーの青春手帳1941年 テルマ・ボードマン
ミッキーの誕生日プルートのクリスマス・ツリー
1942年 - 1952年
ルース・クリフォード
ミッキーのクリスマスキャロル〜(1983年 - ) ルシー・テイラー
日本語吹き替え声優

性格[編集]

誰よりもミッキーを大切に思っている女の子。おしゃれが大好きで感受性も豊か、歌やダンスも得意である。親切で思いやりもあるので友達も多い人気者である。時に気が強い場面もある(『プレーン・クレイジー』は無理矢理キスをしてきたミッキーに平手打ちしている)。一番の親友はドナルドダックの恋人のデイジーダックで一緒にショッピングに出かけたりして遊んでいる(別の友達はグーフィーチップ&デールクララベル・カウホーレス・ホースカラークララ・クラックプルート)。幼なじみのモーティマー・マウスはミニーのことが好きでミッキーの恋のライバル。

口癖
Why, hello!」、「Yoo-hoooo!」、「Oh, Mickey」、「Aren't you sweet
趣味
お菓子作り・ショッピング・音楽・ダンス・ガーデニング。

家族[編集]

孤児であり、出演した作品に両親や兄弟が登場するシーンはない。コミック・ストリップには、おじにモーティマー・マウス(幼なじみと同名のキャラクター)、双子の姪ミリー・マウスとメロディ・マウス(w:Millie and Melody Mouse)が登場している。

ミニーの正確な誕生日は明らかにされていない。しかし、ディズニージュニアch.では、ミニーの誕生日を11月18日として、特集番組を放送している(ミッキーも両親・兄弟がいるものの実は孤児という設定。しかしミッキーは公式に誕生日が設定されている)。

ペット[編集]

フィフィという名の飼い犬がいる。フィフィとミッキーの飼い犬プルートとの間には、5匹の子犬がいる。またミニーがプルートを飼ったこともある。

フィガロという名の飼い猫がいる。このフィガロは元は『ピノキオ』にてゼペットの飼い猫として登場していたキャラクターである。フィガロは『フィガロの短編映画シリーズ』としてスピンオフ作品が制作されている。

名前について[編集]

1942年1月19日から同年5月2日まで出版されていた漫画雑誌『The Gleam』の中の作品にはミネルヴァ・マウス (Minerva Mouse) として名前が紹介されている。これをもって、「ミニーマウスの本名はミネルヴァ・マウス(ミニーはミネルヴァの愛称)」とする説もあるが、公式には『ミニーマウス』という名前のみが登録されている。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tin Pan Alley, David A. JasenGoogle ブックス
  2. ^ アーカイブから音声を抽出し使用したライブラリー出演
  3. ^ 今日は何の日? 3月2日の記念日一覧。”. 2017年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]