ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Walt Disney Pictures
企業形態 ウォルト・ディズニー・スタジオの一部門
業種 映画製作
設立 1923年 (ディズニー・ブラザース・カートゥーン・スタジオとして)
本社 アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンク市サウス・ブエナ・ビスタ・ストリート500
主要人物 ショーン・ベイリー
製品 映画
親会社 ウォルト・ディズニー・スタジオ
(ウォルト・ディズニー・カンパニー)
ウェブサイト www.waltdisneystudios.com
テンプレートを表示

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(Walt Disney Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作会社。ウォルト・ディズニー・スタジオの子会社。同グループにおいて主にアニメーション映画やファミリー向け(主にMPAAレイティングG相当)映画を担当している。

同社が製作し、過去に興行収入10億ドルを突破した映画としてはパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年)、アリス・イン・ワンダーランド(2010年)、トイ・ストーリー3(2010年)、アナと雪の女王(2013年)、ズートピア(2016年)、ファインディング・ドリー(2016年)、インクレディブル・ファミリー(2018年)がある。ディズニーが同じ年に複数映画の興収10億ドルを突破したのは初めてであった[1]

作品[編集]

※表中の年はアメリカの公開年

アニメーション映画[編集]

ウォルト・ディズニー・スタジオ製作 実写映画[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ Toy Story 3 reaches $1 billion dollars globally; The Pixar Blog”. The Pixar Blog (2010年8月27日). 2010年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]