ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
Walt Disney Pictures
子会社
業種 映画製作
設立 1923年10月16日(ディズニー・ブラザース・カートゥーン・スタジオとして)
1983年4月1日(ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとして)
創業者 ウォルト・ディズニー ウィキデータを編集
本社
カリフォルニア州バーバンク市サウス・ブエナ・ビスタ・ストリート500
主要人物
ショーン・ベイリー
製品 映画
親会社 ウォルト・ディズニー・スタジオ
ウォルト・ディズニー・カンパニー

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(Walt Disney Pictures)は、ウォルト・ディズニー・カンパニーが所有するウォルト・ディズニー・スタジオの子会社であるアメリカの映画製作スタジオである。カリフォルニア州バーバンクにあるウォルト・ディズニー・スタジオを拠点とし、ウォルト・ディズニー・スタジオ内の実写長編映画を製作している。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオピクサー・アニメーション・スタジオが製作したアニメーション映画もこのスタジオのバナーの下で公開されている。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズは、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが制作した映画を配給・販売している。

ディズニーは、1950年代にウォルト・ディズニー・プロダクションという包括的な社名で実写映画の制作を開始した。実写部門が現在のウォルト・ディズニー・ピクチャーズという名称になったのは、1983年にディズニーがスタジオ部門全体を再編成したときである。その際、長編アニメーション部門を分離し、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズでの公開には適さない大人向けの映画を制作する姉妹部門として、タッチストーン・ピクチャーズを設立した。タッチストーン・ピクチャーズは、ウォルト・ディズニー・スタジオをハリウッドの主要な映画スタジオのひとつに押し上げたのである。

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは現在、ウォルト・ディズニー・スタジオ内の5つの実写映画スタジオのうちの1つで、他には20世紀スタジオマーベル・スタジオルーカスフィルムサーチライト・ピクチャーズがある。2019年にリメイクされた『ライオン・キング』は16億ドルで同スタジオの世界最高興行収入を記録しており、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは同スタジオで最も成功した映画シリーズであり、5作品で合計45億ドル以上の世界興行収入を記録している。

作品[編集]

外部リンク[編集]