スクルージ・マクダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スクルージ・マクダック
Scrooge McDuck
初登場 Christmas on Bear Mountain(1947年のコミック)
スクルージ・マクダックとお金(スクリーンデビュー作)
原語版声優 ダラス・マッケノン(1960)
ビル・トンプソン(1967)
アラン・ヤング(1983 -2016 )
デイヴィッド・テナント (2017 -)
日本語版声優
BVHE
北村弘一(1989 - 2007)
伊井篤史(2007 - 2016)
小形満 (2017 -)
詳細情報
種族 アヒル
性別
テンプレートを表示

スクルージ・マクダック (Scrooge McDuck) は、カール・バークス原作によるウォルト・ディズニー・カンパニー漫画及びアニメキャラクター東京ディズニーリゾート等のサイト内では、アンクルスクルージと表される場合もある。

彼が初めて登場したのは、1947年12月出版のドナルドダックを主人公としたディズニーコミック『Christmas on Bear Mountain』(作者:カール・バークス、日本では未出版)であった。

スクリーンデビューは1967年の「スクルージ・マクダックとお金」(en: Scrooge McDuck and Money)である。名前はチャールズ・ディケンズの短編小説『クリスマス・キャロル』の主人公である冷酷な老人エベニーザ・スクルージに由来しており、1983年公開短編映画『ミッキーのクリスマスキャロル』(ディズニー制作)にて、そのエベニーザをスクルージ本人が演じている。

座右の銘は" Fortuna favet fortibus "(運命の女神は勇者に味方する)

フォーブス』では2005年以降「フィクション版世界長者番付」を企画、発表しているが、2013年版ではスクルージの推定総資産額は654億ドルで1位を獲得している[1]

『トゥーンタウン・オンライン』ではジャイロが発明した失敗作のロボットを「触るな!危険」という注意書きがあったのにも関わらず、金儲けがしたいがために無視して勝手に起動させ、騒動の引き起こしてしまう。

設定[編集]

架空の町ダックバーグに住む年老いたアヒルドナルドダックの伯父。お金を何よりも愛する世界一の金持ちだが、ドナルドの甥である三つ子・ヒューイ・デューイ・ルーイとの出会いによりお金より家族を大事に考えるようになる。1987年スタートのテレビシリーズ『ダックテイルズ』では主人公を務めた。しかし甥であるドナルドとの共演は極めて少なかった。かなりの倹約家であり、常にお金儲けの事ばかり考えている。そのためか、『ハウス・オブ・マウス』では、ライバルのフリントハートのような強欲な悪役のように描かれていた。一方、クリスマス作品では 悪戯ばかりする子供達に、かつて自分はサンタの良い子リストに載れなかったと話すなど、家族や友人を思い遣る一面を見せている。

自分の所有するお札の番号を全て暗記している。様々な財宝を捜し求めているが、お金ならなんでもいいという訳ではない。身につかない「あぶく銭」は欲しがらず、事業で正当に稼いだお金や苦労して探し出した財宝にだけ貪欲でハイリスクのギャンブルにも興味がない。タダなどの言葉に弱く、基本的にお金を払いたがらない。一見、強欲な頑固者だが、自分のやり方が間違いだと気づくと 考えを改め、お金や財宝を犠牲にする事を承知の上で他者のために行動する素直さも持ち合わせる。旧『ダックテイル』の物語の構成では、前半は金の亡者だが、後半は情に厚く、子供達を導く大人として描かれるケースが多かった。

『ダックテイルズ』ではあまりがめつくなく、勇敢で現実的な冒険家として描かれており、三つ子のいたずらに加担したり、お金よりも冒険を優先する人物になっている。以前は甥ドナルドと姪デラを助手に冒険をしていたが、10年前にデラが「(宇宙船の)セレネの槍を取ってごめんなさい」という手紙を残して宇宙に失踪してしまい、大金を費やしてまで彼女を探すも見つけることができず、大切な姪を失ったショックで自暴自棄になり、冒険をやめ、ドナルドとも疎遠になってしまう。屋敷に三つ子が来てからは家族とよりを戻し、以前のように冒険をするようになった。ドナルドとは当時のことでわだかまりがあったが、一応和解して船が直るまで自分の屋敷に泊めている。当時のことを三つ子に話した際、その事を責め立てられ、苛立ちで三つ子だけでなくウェビーやミセス・ビークリーまでも追い出すも幸運の10セントに封印されたマジカ・デ・スペルがリナを利用して復活を果たし、その復讐でスクルージを逆に10セントに封印されるもドナルドや三つ子、ウェビー達によって救われ、和解した。

趣味は、金貨が大量に保管してある金庫をプールに見立てて泳ぐことや硬貨を上に積み上げていくことなど。また、レジスターをピアノのように演奏したり、幼い頃からの趣味でバグパイプの演奏を好むが全く持って下手。世界一の腕を持つロイ伯爵に習ったのでフェンシングの腕はなかなかのもの。ここでは、金庫経営者、製菓会社社長、資産家、実業家、投資家、コイン収集家、冒険家などといった様々な顔を持つ。好物はスコーン(スコットランド発祥のパン)である。

マチルダ・マクダック、ホーテンス・マクダックという二人の妹がいて、ホーテンスがドナルドダックの母親。

スクルージの持つ10セント硬貨は旧ダックテイルズの吹き替えでは幸運の金貨と呼ばれたことがあったが、本来はその呼び方はしない。第2シリーズ以降からは10セントコインと呼んでいる。『ハウス・オブ・マウス』ではこのコインを自慢するもほとんどの観客に価値を理解されず、結果的に営業を失敗に終わらせてしまう等の演出があった。『ダックテイルズ』では上記の通り、旧作同様幸運のコインであると同時に昔、宿敵のマジカ・デ・スペルを封印するために使った設定が追加され、影だけの存在となったマジカはリナに奪うようを指示を出している。

これまでの経歴[編集]

1867年スコットランド生まれ。生まれて初めて自分の手で稼いだ10セント硬貨が米国のものであったことから米国に興味を持ち、渡米した。各地を転々とし、ゴールドラッシュ最中のクロンダイクを訪れ金塊を発見し、石油やダイヤモンドなどで資産を増やす機会に恵まれ、最終的に世界一の金持ちになった。

お金にがめつい若い頃の恋人ゴールディ・オ・ギルトとは、今でも愛し合っているが別々に暮らしている。結婚したら財産を分けなければならないという理由で生涯独身を通すと決めている(ただし、何度か結婚しようとしたことがあった)。

声優[編集]

原語版では1960年のアルバム『Donald Duck and His Friends』のダラス・マッケノン、1967年のスクリーンデビュー作『スクルージ・マクダックとお金』のビル・トンプソンを経て、1983年の『ミッキーのクリスマスキャロル』からはアラン・ヤングが専属声優になり、2016年に老衰で逝去するまで出演した。2017年のリブート版『ダックテイルズ』では、俳優デイヴィッド・テナントが担当している。

日本語版では1980年代のポニー版・バンダイ版の『ミッキーのクリスマスキャロル』で吉水慶、テレビ東京版・バンダイ版『わんぱくダック夢冒険』の内海賢二を経て、BVHE版初代の北村弘一に統一され、2007年に逝去するまで専属で担当した。2008年の『ディズニー・シンク 早押しクイズ』からは伊井篤史が引き継ぎ、2016年に『ミッキーマウス!』49話をもって降板後、2017年の『ドナルド劇場:ミッキーマウス! クリスマス・スペシャル』から小形満が担当している。

服装[編集]

トレードマークはクチバシの上に乗せるようにかけている小さな鼻眼鏡とシルクハットにステッキ。旧『ダックテイルズ』の作中と東京ディズニーランドのエントランスと東京ディズニーシー内でのキャラクターグリーティングでの服装は青地に袖口と襟とベルトが赤の服。東京ディズニーランドのトゥーンタウンでのキャラクターグリーティングではオレンジ地に襟が紫の上着に黄色のスカーフ。2017年に制作開始された『新ダックテイルズ』ではコミックスと同じく赤い服を着ている。

原作である『アンクル・スクルージ』シリーズでは赤地に灰色の袖が多いが、様々な色が存在している。

エピソード[編集]

主役となったコンピュータゲーム[編集]

  • わんぱくダック夢冒険(1990年1月26日発売、ファミリーコンピュータ専用、開発・発売:カプコン
  • ダックテイルズ2 (1993年4月23日発売、ファミリーコンピュータ専用、開発・発売:カプコン)
  • ダックテイルズ2 (1993年12月3日発売、ゲームボーイ専用、発売・開発・発売:カプコン)
  • DuckTales: Remastered (2013年北米・欧州にて発売。Steam、Playstation 3、Xbox 360、Wii U向け、開発:WayForward Technologies・発売:カプコン。)
  • ダックテイル・リマスタード(2015年4月にWindows8. Android. ios版が国内向けに配信開始。(こちらは配信:Disneyで日本語翻訳つき)わんぱくダック夢冒険をリメイクしたもの。)

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ The 2013 Forbes Fictional 15”. フォーブス (2013年7月31日). 2015年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]