北村弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きたむら こういち
北村 弘一
プロフィール
本名 木村 一[1]
(きむら はじむ)[2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本大阪府[3]
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
生年月日 (1931-12-18) 1931年12月18日
没年月日 (2007-10-02) 2007年10月2日(75歳没)
血液型 A型[4]
職業 声優俳優
事務所 マウスプロモーション(最終所属)[3]
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 173 cm / 56 kg
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
俳優活動
活動期間 1959年 - 2007年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

北村 弘一(きたむら こういち、1931年12月18日[1] - 2007年10月2日[2])は、日本声優俳優大阪府出身[3]マウスプロモーションに所属していた[3]

所属歴[編集]

来歴[編集]

戦時中は軍国教育を学び、旧制中学2年生の時に終戦を迎え、1年後に当時避難していた満洲国から日本に帰国。その後、日本の学校に入学したが、すべてに対して凄く懐疑的になり、「これからどういう風に自分の人生を求めて行ければいいのか」と思い、哲学研究会、社会研究会を結成し、勉強する。しかしなかなかこれだというものがつかめず、文芸部をしていたが、学校創立記念日に「芝居をやったらどうか」ということになり、その町に劇団があり、基礎を学び、学校で芝居をしたところ面白くなり、その劇団に誘われて入団し、早稲田大学[5]文学部演劇科に進学し、学生劇団に所属。その後、新演劇研究所[7]経て、新劇の劇団に入団し、舞台俳優として活動[9]

その後、文化放送に入所し、朝の連続ラジオドラマのアシスタントディレクターとして就職していた学生劇団の後輩に「そんな情けない暮らしをしているなら、ラジオドラマに出してあげる」と言われたが、所属していた劇団はマスコミの仕事を禁止していたが、「朝の短い時間だから、名前を変えれば大丈夫」と言われて、ラジオドラマに出演し、番組レギュラーとして出演することになり、その時に付けられた名前が生前のこの芸名だった。その後、ラジオドラマに出演していたことがバレて劇団を退団し、プロダクションに所属してテレビドラマに出演し、『月光仮面』の警官役で番組レギュラーとして出演していた。その後、映画生放送のアテレコに参加して声優としての活動を始める[9]

江崎プロダクションの創立メンバーの一人である。マウスプロモーション付属養成所の講師をしており[10]、生徒に最初に入団した劇団の研究生で教えてもらっていた朗読を教えていた[9]

2007年頃から持病が進行し、『ザ・シンプソンズ MOVIE』の劇場版吹き替えのオファーが来た時点でスタジオ入りできないほどに悪化していたため、伊井篤史が代役を務めた。後に制作されたオリジナル版の吹き替えでは小形満が代役を務めた。

ディズニーキャラクター・スクルージ・マクダックの専属声優であった。前述の伊井が2代目、小形が3代目を引き継ぎ務めている。

2007年10月2日肺炎のため東京都新宿区の病院で死去。75歳没。

人物[編集]

大阪府出身であり、関西弁で話すことで知られていた[3]

1970年代からは主に老人役を多く演じており、生前のサンプルボイスでも「若い頃から老人の役をやっていたが、いつの間にか自分もそういう年齢になった」と語っている。

特技は乗馬[6]

後任[編集]

北村の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 作品 後任の初出演
関根信昭 木耳持兼 忍たま乱太郎 17期
伊井篤史 スクルージ・マクダック[注 1] ディズニー 『ディズニー・シンク 早押しクイズ』
チャールズ・モンゴメリ・バーンズ社長 ザ・シンプソンズ ザ・シンプソンズ MOVIE』劇場公開版
ウォルドーフ[注 2] マペッツシリーズ スタジオDC:オールスターライブ
中博史 ドクター・フィル ゴンゾ宇宙に帰る
八木光生 ねぼすけ 白雪姫』1980年公開版 キングダム ハーツ バース バイ スリープ
宮本充 ディズニー・クリスマス・ストーリーズ
小形満 チャールズ・モンゴメリ・バーンズ社長 『ザ・シンプソンズ』 『ザ・シンプソンズ MOVIE』オリジナル版
小川真司 アルフレッド・ペニーワース バットマン バットマン ゴッサムナイト
納谷六朗 関谷直忠 天誅 『天誅 4』
うえだゆうじ 本屋さん おじゃる丸
大木民夫 ヤギ画伯 それいけ!アンパンマン
柏崎念至 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編』
外波山文明 両津勘兵衛 こちら葛飾区亀有公園前派出所 こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国!負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦!
山寺宏一 おそうじまん 『それいけ!アンパンマン』
こてつじいさん それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星
二又一成
田中亮一 中尾監督 ナイン アオイホノオ

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

1965年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

OVA[編集]

1969年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1997年
1998年
2001年
2006年

劇場アニメ[編集]

1981年

1982年

1983年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2001年

2003年

ゲーム[編集]

1988年
1991年
1992年
1993年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2012年
2020年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

ドラマCD[編集]

その他[編集]

  • ソースネクスト メキメキ算数伝説/算数伝説 ドラゴンクリスタルを探せ(かめ王)※北村公一と誤記
  • ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実(デヴィッド・エマーソン、グエン・ゴク・リン)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 伊井も2016年に降板。2017年の『ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリスマス・スペシャル』からは小形満が引き継いでいる。
  2. ^ 伊井も2012年に降板。2018年の『マペット・ベビー』からは吉富英治に引き継がれた。
  3. ^ 1969年版のみ担当。
  4. ^ 本放送時。
  5. ^ 1998年から1999年のBS再放送時。
  6. ^ 『スーパーロボット大戦F』(1997年)、『F完結編』(1998年)
  7. ^ 『スーパーロボット大戦α』(2000年)、『α for Dreamcast』(2001年)

出典[編集]

  1. ^ a b 『声優名鑑』、427頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b “訃報:北村弘一さん75歳=声優”. 毎日jp (毎日新聞). (2007年10月4日). オリジナルの2007年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015174141/http://mainichi.jp/select/person/news/20071004k0000e060066000c.html 2020年1月17日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 北村弘一”. マウスプロモーション. 2007年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月13日閲覧。
  4. ^ 北村弘一(きたむらこういち)の解説”. goo人名事典. 2020年1月13日閲覧。
  5. ^ a b 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、124頁。ISBN 978-4-9901242-2-9
  6. ^ a b 『日本タレント名鑑(1986年版)』VIPタイムズ社、1986年、79頁。
  7. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、79頁。
  8. ^ 『出演者名簿(1968年版)』著作権資料協会、1967年、125頁。
  9. ^ a b c 「Persons/北村弘一さん」『はばたきウォッチャー2002秋号』コナミ、2002年9月、27-29頁。ISBN 978-4-7571-8129-8
  10. ^ 付属俳優養成所の概要”. マウスプロモーション. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月26日閲覧。
  11. ^ 天才バカボン”. メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。
  12. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  13. ^ a b 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  14. ^ 闘士ゴーディアン”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。
  15. ^ “バーチャファイター”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=108 2016年5月5日閲覧。 
  16. ^ ごぞんじ!月光仮面くん”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  17. ^ サクラ大戦”. メディア芸術データベース. 2016年9月4日閲覧。
  18. ^ スタッフ&キャスト”. パタパタ飛行船の冒険 公式サイト. 2002年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月7日閲覧。
  19. ^ LAST EXILE”. メディア芸術データベース. 2016年8月10日閲覧。
  20. ^ “ルパン三世 お宝返却大作戦!!”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=469 2016年5月2日閲覧。 
  21. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2010年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  22. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  23. ^ a b “時空の旅人”. マッドハウス. http://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  24. ^ ドラえもん のび太と竜の騎士”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  25. ^ サクラ大戦 活動写真”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  26. ^ ぼくの孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  27. ^ キャラクター”. るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒. 2012年8月8日閲覧。
  28. ^ 007 トゥモロー・ネバー・ダイ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]