ルミエール (美女と野獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルミエール (美女と野獣)
Lumiere
初登場 美女と野獣
原語版声優 ジェリー・オーバック
日本語版声優 江原正士
若江準威知(歌)
詳細情報
種族 蝋燭に姿を変えられた人間
性別

ルミエール (Lumière) は、1991年公開のディズニーの長編アニメーション映画『美女と野獣』のディズニーキャラクター野獣の召使いの一人で城の給仕頭。呪いで燭台に姿を変えられている。フェザーダスターの恋人。

声優[編集]

作品 声優
美女と野獣(1991年)
美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント(1997年)
ジェリー・オーバック
江原正士/若江準威知(歌)
美女と野獣 ベルのファンタジーワールド(1998年)
ハウス・オブ・マウス(2001年)
ジェリー・オーバック
江原正士
キングダム ハーツII(2005年) ジェフ・ベネット
江原正士

最初にルミエールの声を担当したジェリー・オーバックは2004年12月に没している。

設定[編集]

陽気で女好き。フェザーダスターといちゃいちゃするシーンは劇中何度も出てきている。フェザーダスターの他にもOVA『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』で出てくる女性アンジェリーク(クリスマスエンジェルにされた城の装飾係)を口説くシーンがあり、浮気性であることが示されている。美辞麗句やお世辞を並べることが得意だが、反面「愛している」などといった直接的な物言いが苦手である。

野獣のベルへのプレゼントを彼女が最も喜ぶであろう城の図書室にしたり、ガストンたちが城を襲撃したときに奇襲を思いついたり、要所要所で優れた発想をひねり出すことができる。

呪われたときの姿は、枝付き燭台および燭台に備え付けられた蝋燭で構成されている。蝋燭は三本付いており、それぞれ人間のときの頭部・右手・左手に相当している。三本の蝋燭はルミエール自身の意志により点火・消火・火力の調整が可能。しかし一旦手元を離れた炎はコントロールできないらしく彼の炎により城で火災が発生したこともある。

美女と野獣[編集]

呪いを解くためポット夫人らと共に野獣とベルが恋に落ちるよう手助けをした。映画の最後に呪いが解けてスマートな人間の男性の姿に戻ることができた。

ゲストをもてなすことが得意で、モーリスの接待やベルの晩餐会を率先して行った。アカデミー歌曲賞にノミネートされた『ひとりぼっちの晩餐会 (Be Our Guest) 』は彼が中心になって歌う。

コグスワースとはいつも喧嘩ばかりしているが、ルミエールが大抵勝つ。ちなみに、コグスワースとルミエールが共に「自分が『ベルが呪いを解く』と予言した」と言い張って喧嘩をする場面があるが、予言したのはルミエールである。

美女と野獣 ベルのファンタジーワールド[編集]

呪いが解ける前の短編集。短編の一つ『ルミエールとフィフィの記念日 (Fifi's Folly) 』ではフィフィ(フェザーダスター)と主役になっている。

ディズニーパークとルミエール[編集]

ディズニーパークのアトラクションやパレード、イベントにルミエールが登場することがある。

ミュージカル版[編集]

映画などアニメーション版では燃やせる蝋燭の量についての説明はなかったが、ミュージカル版では己が燃え尽きることを危惧する設定が追加された。劇団四季の公演でルミエールを演じた俳優には次のような人物が居る。

外部リンク[編集]