江原正士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えばら まさし
江原 正士
プロフィール
本名 江原 正士(えはら まさし)
愛称 エバラン
性別 男性
出生地 日本の旗 日本神奈川県
生年月日 1953年5月4日(63歳)
血液型 O型
身長 175 cm[1]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 81プロデュース
声優活動
活動期間 1979年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 ローリー(『若草物語』)[2][3]
俳優活動
活動期間 1973年 -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

江原 正士(えばら まさし[注 1]1953年5月4日[4][5] - )は、日本声優俳優ナレーター

神奈川県出身。81プロデュース所属。血液型O型

概要[編集]

経歴[編集]

東京都立千歳丘高等学校卒業後[6]東宝芸能アカデミーに通い演技を学ぶ[6]

ミュージカル路線転換前で新劇も上演していた劇団四季に所属し、セリフの発声法など演技の基礎を磨く[6][7][8][9]。その間に観劇した舞台での西田敏行の演技に感動し、約3年間在籍した四季を退団して劇団青年座映画放送部に移籍する[6][7][8][9]。映画放送部だったため主に出演していた舞台は青年座が主催する青年座劇場の公演ではなく、地方巡業した緒形拳主演の『王将』や神保共子井川比佐志・西田敏行出演の『セチュアンの善人』など当時青年座のプロデューサーだった金井彰久が企画・製作した作品[6][10]、その他民音労演等の演劇鑑賞団体が企画した作品といった外部の舞台劇だった[7]。そして青年座の仕事で1979年の『若草物語』でローリー役を演じ声優デビューした[3]

その後別の劇団への移籍を経て、1981年から劇団員が吹き替え声優として活躍することが多い劇団昴[11] に所属し[3][8]、昴の公演や商業演劇などの舞台俳優として活動する傍ら[8][12]、俳優として大河ドラマ2時間ドラマなどに出演したり、映画の吹き替えなど声優としても活動していた[8]。次第に声優業が仕事の大半を占めるようになったため舞台への出演が少なくなり[8]、1990年に退団後81プロデュースに所属し、以降は主に声優として活動している[13][注 2]。フジテレビで月曜深夜に放送されていた『二か国語』には顔出しで出演し、毎回1本の海外映画を紹介した後その中の台詞を取り上げ、番組独自の翻訳で解説進行するキャスターを1994年から2002年まで8年間務めた[12]

2015年12月に千葉県柏市で行われた数学者 秋山仁と女優 由美かおるのライブ[15]をプロデュース[16]するなど声優とは違った一面も見せている。

特色[編集]

役を作り込みシリアスな役からコミカルな役、陽気な役柄から冷酷非道な悪役まで、役柄を問わない多彩な演技力を持つ[17][18][19]。洋画吹き替え、アニメーションなど媒体を問わず幅広く出演する。

数多くの洋画吹き替え作品に出演しており、トム・ハンクスをはじめ、ウィル・スミスウェズリー・スナイプスエディ・マーフィビル・マーレイロビン・ウィリアムズなどを持ち役としている。過去にはアレック・ボールドウィンアンディ・ガルシアも担当していた。

一般的な話しのスピードより速く喋ることもできるため[5][20]、普段のスピードを仮定して翻訳されている台本では台詞が足りなくなることが多く[5][20]、そのときは台詞を現場で足してもらったり自分で足したりするという[5]。アドリブも得意であり、数々の作品で披露している[13][21][22][23]。また吹き替えを演じる際は、演じる前に役者の事を十分にリサーチした上で演技を行う。役の入り込み方として、台本が届いてから何度も読み返していくとだんだん演じている俳優になりきっていくことができ、さらにそこからその俳優が演じようとしているキャラクターになることができると語った[5][14]。本番に向けての練習方法として、台本を各シーンごとに集中的に見て、画面を見ながら台詞を言えるようにしているという[13]。そして演じる声の高さは仕込みと呼ばれる演じる準備の段階で決め、その後は場面ごとに変えることはないとも話し[5]、その理由を「声の高さにこだわりすぎ、伝えたいニュアンスが飛んでしまうことを避けるため」であると語った[5]。他に『ターミネーター2』のT-1000など全編を通して台詞が少ない役を担当するときでも、その場の空気を感じるため、朝から晩までスタジオにいて緊張感を保つという[13]。また、静かな役の場合は、はじめは静かにしてだんだんと声量を上げていくとも述べた[13]

吹き替えに関して[編集]

担当することが多い俳優について、特に担当回数が多いトム・ハンクスに関しては演技に何度も感服を受けて、好きになった俳優と語っており[14]、『フォレスト・ガンプ』『レディ・キラーズ』などのコミカルな演技から『ダ・ヴィンチ・コード』『プライベート・ライアン』のようなシリアスな演技にかけてまで声を務めており、ハンクス独特の鼻声の喋りが、本人そっくりに声を吹き替えていると評価が高い。吹き替えを演じる上で、最も集中力を必要とする俳優の1人としてもハンクスを挙げており、「よくわからない喋り方をしているようで、実はものすごくコントロールしていて、役への集中力もある」、「それを合わせないと平板になってしまう」と理由を語った[5]ロビン・ウィリアムズに関しては、彼はストレスの強いしゃべり方をするため、そのアクセントを日本語に合わせるため仕込みに相当時間をかけると語った[13]。そして日本人にはわかりにくい、人物のモノマネやギャグをよく披露するウィリアムズに対して、彼自身によるモノマネもあんまり似ておらず、彼に似せようと思うのではなく彼がやろうとしているキャラクターをつかむようにして演じているという[5][13]。ウィリアムズを初めて吹き替えた『グッドモーニング, ベトナム』で「アメリカ側の勝手な正義感」をアドリブにより表現し、制作局から賞が贈られた[5]。『ミセス・ダウト』のフジテレビ版では、普通なら原語を流用するオリジナルのスクリプトにも記載されていなかった冒頭の早口気味なイタリア語の歌も、翻訳を担当した松崎広幸[注 3]が昔から江原と親しく[20]、松崎が「速く喋れる江原さんだから歌ってもらおう」と耳から起こす形で歌詞を採って、吹き替えで歌うことになった[5][20]。その歌を吹き替える際に、ウィリアムズは独特のタメが入るため、尺どおりに歌うとうまく合わないといい、ウィリアムズのタメをつかむために、電車に乗っているときにも歌を聴いたりするなど、歌を合わせるのに苦労したと語った[5][13]。『アンドリューNDR114』では、ウィリアムズが演じるロボットのアンドリューを、吹き替えでロボットであることをどのように表現するかが大きなポイントで[17]、その役作りとして最初はぎこちない話し方で喋り、アンドリューがバージョンアップしてだんだんと人間味を帯びてきたとき、人間的な表現で自然な台詞になるようにしたと語った[17]。また、エディ・マーフィは台詞を言うテンポがあるため演じやすく、イメージでいうとダフィー・ダックのような感じであると語り、逆にビル・マーレイは、台詞が言いっ放しで演技のテンポがバラバラなため、それにあわせるのが難しく、前述のロビン・ウィリアムズはその中間であるとも述べた[5]ウェズリー・スナイプスについては、よく喋るが首や目の動きにアクセントがあり、それに合わせるように喋るとうまく合うと語った[5]ウィル・スミスに関しては、『メン・イン・ブラック』で初めて吹き替えを担当することになり、ラッパー出身で当時俳優としては新人だったため日本ではあまり知られていなかったスミスの「独特なノリとキレのいい若々しいキャラクター」に魅力を感じたという[14]。そこで、映画の設定の新人エージェントである点を意識して「人のいいノリのいい若者」という役作りを行い、表情豊かなスミスの台詞あわせについてかなり努力したと語った[14]。同業者からは台本への書き込み量の多さでも知られる[25]

土井美加牛山茂と同じように、ディズニーキャラクターを多く演じているが、ポニー、バンダイ発売のビデオではすでに絶版になっている。ただし、モーティマー・マウスの声と、『美女と野獣』(ルミエール役)のようにブエナビスタジャパン発売のビデオで江原が演じたキャラクターの声は今でも聞くことができる。またディズニーのライバルと言えるワーナーでもルーニー・テューンズにおいて、旧録ではダフィー・ダック、旧録・新録ともにシルベスター[注 4]を担当しており、洋画アニメでも多彩なキャラクターの声を務めている。

人物[編集]

特技は殺陣[17][26]。趣味はドライブ[27]、小さい文房具集め[28]。性格は気さくで明るく、話好きで収録の合間にはよくスタッフや他の声優と話をしているという[18][29][30]山寺宏一は2003年の『宇宙船レッド・ドワーフ号』声優インタビューで、江原を「語りたがる人」と述べている[31]。また、『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』で共演した森田成一によると芝居の熱量がすごいという[32]。昔は半健康オタクで、自分で浄水した水をドイツ製水筒に入れて持ち歩いていたと語っている[28]。その他に『えいご漬け 文法/語順』の解説・例文を担当した英語教材編集者の鈴木希明によると英語の発音が抜群で、江原のマネージャーは、江原は耳がすごくいいと語った[33]

1998年当時のインタビューで仕事が休みのときは新しい映画を映画館で鑑賞すると語り、そのときは字幕版で見るという[13]。理由として、その吹き替えを後に自分がやる場合があり、人の吹き替えを見ると違った方向の演技にしてしまう性があるためだと語っている[13]。自分が吹き替えた作品も、「反省点が気になりすぎてしまい、ほとぼりが冷めるまで見ることができない」とも語った[13]

収録では、ライブ収録という複数の声優が掛け合いで演じることが好きだと語った[3][14]。ライブ収録時の感覚をジャズグルーヴ感に近いといい[34]、自分と映像と相手が三位一体となって呼吸し、それが合った瞬間にグルーヴが生まれるとも語り、演じているその相手に感動するという[3]。1人で収録することが多くなった現在でもライブ収録を意識し、何回も収録することがあるという[3]。吹き替え製作は1本の作品を創作することに等しいかという質問がされたときは、芝居のリアリティを掘り起こすという意味では完全な創作であると語った[13]。そして、吹き替えはスタッフとキャストのチームとして製作するもので[5][13][35]、キャストだけではなく製作スタッフからも意見を聞いたほうがいいとも述べた[5]。また、吹き替えるときはただ俳優の口の動きに合わせるだけではなく、ドラマ性も失わないようにすることも大事だと語っている[3]

アドリブに関して、ゲームなどではリアルな会話にするため空白部分を埋める目的と役のイメージを補強するために[29]、吹き替えでは元のニュアンスだと見ている人に伝わらないようなときなどに入れているという[5]。またアドリブを入れるときの秘訣を聞かれたときには、不要ならばアドリブ部分を編集で消してもらう気持ちで、恐れずに入れることだと答えた[29]。共演することが多い堀内賢雄によると、『宇宙船レッド・ドワーフ号』の吹き替えでは各声優が音響監督の向山宏志と演技や考えたギャグなどキャラに合った台詞への修正、アドリブの方向性を話し合っていたがその中でも江原は一番回数が多かったといい、多忙のため別録りだった山寺宏一を除いたメンバーでの収録時に向山と江原が毎回長く話し合っていたため、堀内は度々待たされていたと話した[36][37]。江原自身は台詞を変更することについて相談した結果、音響監督によっては全部元に戻すよう言われたこともあったと述べた[36][25]

テレビの洋画劇場で吹き替え新録がテレビ局ごとに頻繁に行われていたころ、エディ・マーフィ、ロビン・ウィリアムズ、トム・ハンクスなど江原が担当した俳優を、同作品の別の吹き替え音源で担当することが多い山寺をライバル視しているかという質問に対して、「配役は上の人が決めるため、やりたいと思ったからやれるものじゃないので、当事者である役者同士は意識してないと思います」と答えた[5]

アニメのインタビューでは若者が持つ「青春のパワー」を描いていることに言及することが多く[38][39][40][41]、若い人たちがアニメを通して「青春期のエネルギーをなんらかの方向性を持って沸き立たせていけると嬉しい」と語った[40]

普段も携帯しているデジタルカメラなどのデジタル家電が好きで[28][31][42]、スタジオなどで撮影した写真を編集して配ったりしている[31][43][44]。また『NARUTO -ナルト-』で共演している同じくデジタル家電好きの伊藤健太郎と収録の合間にその話題で盛り上がっているという[28]。2005年のオー!NARUTOニッポン出演時には文房具も好きだと話し、新宿の『NARUTO -ナルト-』の収録スタジオに行く途中にある大きな文房具店で、世界各国のマニアックな文房具を探すことが日課となっていると語った[28]

エピソード[編集]

テレビアニメ『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』では美形の敵役「メオ・トロルのフーリガー」を演じていたが、この役が気に入っていたらしく、江原から届くメールの署名が「フーリガー司令」となっていたと高山みなみが語っていた。

NARUTO -ナルト-』のマイト・ガイ役では、アドリブを盛り込み台本通りに演じたことがほとんどなく、収録のときには既に台詞を暗記していて、台本を持たずに演じているとうずまきナルト役の竹内順子が語っている[28]。それについて本人は「ガイを演じる際はガイになりきってしまうため、彼が言わないような台詞をアドリブで変えてしまう」と説明した[28]

かいけつゾロリ』で江原が演じたガオンは、山寺宏一が演じたゾロリのライバルとして登場する。このガオンは、原作者の原ゆたかが『カウボーイビバップ』の大ファンで、作品で山寺演じる主人公スパイクのライバルである江原演じるアンディを見て「彼のようなキャラクターを、『かいけつゾロリ』にも登場させたい」とインスパイアされて生まれたキャラクターであり、アンディと同じく江原がガオンの声を演じることになった[45]

フジテレビで放送されていた『ゴールデン洋画劇場』では様々な役の吹き替えを担当していたが、二枚目の役はもっと若いころにやりたかったと語っている[13]。中でも『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のトム・クルーズを担当することになったときは、普段担当することがないタイプであるため焦ったといい[13]、この役について本人は「(ヴァンパイアという)お化け」として割り切っているという[5]。しかし個性派俳優を担当することが多く[46] 正統派の二枚目俳優を担当することが少ない江原自身は、『スピード』のキアヌ・リーブスなどの役が来ると嬉しいとも語った[5][注 5]。ゴールデン洋画劇場で演じた中で気に入っている作品は、ジェームズ・ウッズの『サルバドル/遥かなる日々』とロビン・ウィリアムズの『グッドモーニング, ベトナム』だと答えた[13]。前者はたくさん喋った最初の作品で原語でもアドリブが多かったため、吹き替えでもかなり台詞を足したといい、江原本人はウッズの最高傑作だと語っている[13]。後者は、アメリカの正義を表現するため「オレたちは君たちを助けに来たんだ!」という台詞をアドリブで入れ、それが放送で使われたことが嬉しかったという[13]

インタビューで声優になるきっかけを聞かれた際に、声優として最初にもらった仕事の『若草物語』のローリー役については常にアップで写っていて台詞が少なく等身大で合わせやすかったが[3][5][14]、その劇団では声優としての仕事はそれっきりだったと答えた[3]。別の劇団に移籍後、前の劇団ですでに声優デビューしていたことでプロ扱いになっていたため、そのキャリアを抹消しデビューし直すことになった[3]。しかし、その後すぐにもらった吹き替え収録の際に、最初の仕事のようなアップで喋るシーンがない白黒のフランス映画だったためどこで喋っていいかわからず、全然違うところで喋るなど失敗を重ねたために結局その劇団では在籍中二度と声の仕事がもらえず、劇団昴に移籍するまでしばらく干された状態だったと語った[3][5]

2012年のインタビューで印象に残っている作品を聞かれたときは、印象に残る作品はたくさんあるがふと思い出した作品が『3人のゴースト』で、心温まる作品だと答えた[14]。そのインタビューでは、吹き替え作品で共演が多かった野沢那智[注 6]や若手を含めて好きな人はたくさんいるが、中でも前述の『3人のゴースト』や『アンタッチャブル』などで共演した富山敬の仕事への真摯な姿勢を模範にしたいとも語った[14]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1979年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • 怪盗ジョーカー シーズン2(ボス)
  • NARUTO -ナルト- 疾風伝(マイト・ダイ)
  • ニセコイ:(アーデルト・桐崎・ウォグナー)
  • フューチャーカード バディファイト100(葱ノ山一束[62]、竜騎士 ヴラド・ドラキュラ)

OVA[編集]

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • GRANDEEK〜外伝〜(ルーク・スレイトン)
  • まんがビデオ・魔殺ノート 退魔針(風早三平)

2002年

2004年

2006年

2007年

2008年

  • やなせたかしメルヘン劇場 第2幕 ガンバリルおじさんのまめスープ(ガンバリルおじさん

2009年

2010年

2011年

2015年

劇場アニメ[編集]

1988年

1989年

1991年

1992年

1993年

1994年

1997年

1998年

2001年

2002年

2003年

2005年

2006年

2007年

2012年

2014年

2016年

ゲーム[編集]

1994年

1995年

1998年

1999年

  • エースコンバット3(アビサル・ディジョン)
  • 奏(騒)楽都市OSAKA(岩井・参仁)
  • Heart of Darkness(アミーゴ、サーヴァント)
  • BLACK/MATRIX AD(バアル・ゼブブ、強欲ドクターズ、ナレーション)※ドリームキャスト版

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

  • アスラズ ラース(七星天デウス[70]
  • 王と魔王と7人の姫君たち 〜新・王様物語〜(ハウザー[71]
  • NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション(マイト・ガイ)

2013年

2014年

2015年

2016年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

アレック・ボールドウィン

アンディ・ガルシア

ウィル・スミス

ウィレム・デフォー

ヴィンス・ヴォーン

ウェズリー・スナイプス

エディ・マーフィ

カート・ラッセル

ジェームズ・ウッズ

ジョン・C・ライリー

チャーリー・シーン

テッド・ダンソン

トム・ハンクス

ニコラス・ケイジ

ビル・マーレイ

ブルース・キャンベル

マーティン・ショート

マーティン・ローレンス

マイケル・ダディコフ

ロビン・ウィリアムズ

  • グッドモーニング, ベトナム(1992年) - クロンナウア ※フジテレビ版(江原初のウィリアムズの吹き替え)
  • いまを生きる(1994年) - ジョン・キーティング ※フジテレビ版
  • 9か月(1996年) - Dr.コスヴィッチ
  • ジュマンジ(1996年) - アラン・パリッシュ ※ビデオ・DVD版
  • 野性発見の旅 〜イルカとロビン・ウィリアムス〜(1996年) - 本人 ※NHKドキュメンタリー
  • ジュマンジ(1998年) - アラン・パリッシュ ※フジテレビ版(デラックスエディションBD収録)
  • ミセス・ダウト(1998年) - ダニエル・ヒラード = ミセス・ダウトファイアー ※フジテレビ版
  • アンドリューNDR114(2000年) - アンドリュー ※ソフト版
  • ジュマンジ(2000年) - アラン・パリッシュ ※テレビ朝日版
  • 聖なる嘘つき(2000年) - ジェイコブ・ハイエム
  • ジャック(2001年) - ジャック・パウエル ※フジテレビ版
  • ストーカー(2003年) - サイ・パリッシュ
  • RV(2006年) - ボブ・マンロー
  • インソムニア(2006年) - ウォルター・フィンチ ※テレビ東京版
  • ジュマンジ(2006年) - アラン・パリッシュ ※BD・新DVD版
  • 最高のともだち(2009年) - パパス
  • ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら…(2009年) - トム・ドブズ
  • Curiosity:好奇心の扉「薬物が人体におよぼす影響とは?」(2011年) - ナビゲーター ※ディスカバリーチャンネル

洋画[編集]

1976年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

不明

海外ドラマ[編集]

1984年

1987年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

  • 新アウターリミッツ 「隣人たちの素顔」(ネッド・ベイリー〈ピーター・アウターブリッジ〉)
  • 心理探偵フィッツ #14 - 16「傷ついた男たち」(フロイド・マルコム〈グレアム・アグリー〉)

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

  • サイエンス・シミュレーション 人類 火星に立つ(アントワーヌ・エベール〈ロテール・ブリュトー〉)
  • Dirt(アダム・プロトー〈ジュリアン・アコスタ〉)
  • 名探偵モンク5 第2話「ブラザー殺しだぜ」(マーダラス = ラッセル・クロイ〈スヌープ・ドッグ〉)

2010年

2011年

2013年

2015年

2016年

海外アニメ[編集]

その他[編集]

特撮[編集]

1989年

  • 仮面ライダーBLACK RX(ニュースキャスター)※俳優として
    • 第25話「さそり座の花嫁」(庭林吾郎)
    • 第29話「水のない世界」(庭林吾郎)
    • 第33話「瀬戸大橋の大決戦」(本多政勝)

1993年

1996年

2011年

  • 海賊戦隊ゴーカイジャー(ダイランドーの声)
    • #41「なくしたくないもの」
    • #42「宇宙最強の男」
    • #43「伝説の勇者に」
    • #44「素敵な聖夜」
    • #46「ヒーロー合格」
    • #49「宇宙最大の宝」
    • #50「決戦の日」
    • #51「さよなら宇宙海賊」

2012年

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

モーションコミック[編集]

ドラマCD[編集]

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1999年

2000年

  • KOUDELKA(パトリック・ヘイワース)

2001年

2002年

  • ゼノサーガOUTER FILE 01(ジギー)
  • ゼノサーガOUTER FILE 02(ジギー)
  • テイルズ オブ エターニア Labyrinth 〜Forget-me-not〜(フォッグ)
  • FAKE-Final Act-(バークレー・ローズ)

2003年

  • ゼノサーガOUTER FILE 03(ジギー)

2004年

2006年

2007年

2008年

  • 灼眼のシャナII -Second- アニメージュスペシャルドラマCD「迷子の迷子のゆうじ君」(アラストール)

2009年

2010年

  • キューティクル探偵因幡(ロレンツォ)
  • ひまわり(日向宗一郎)
  • FINAL FANTASY XIII Episode Zeroシリーズ(サッズ)
    • FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise- Story01 -ENCOUNTER-
    • FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise- Fabula Nova Dramatika α
    • FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise- Fabula Nova Dramatika Ω

2012年

  • オジサマ専科 Vol.6 Escape to the Future〜明日への脱出〜(甘利京介)
  • キューティクル探偵因幡 第3巻(ロレンツォ)
  • 灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III Vol.1 , Vol.3(アラストール)

2015年

2016年

音楽CD[編集]

発売日 タイトル 名義 曲名 規格品番
1991年10月21日 おばけのホーリーII 音楽篇』 ニャンギラス 3.「おばけにゃんかこわくにゃい」 VICL-5120
1992年12月16日 チロリン村物語 ソング・コレクション』 ブラックバット 5.「俺は大悪党」 VICL-2103
1994年12月16日 幽☆遊☆白書 ミュージックバトル編3 〜魔界伝説〜』 黄泉 12.「千年の闇の果て」 MRCA-20052
1995年05月19日 『幽☆遊☆白書 メモリアルCD-BOX』 黄泉 Disc3 13.「千年の闇の果て」 MRCA-20063
1996年09月19日 伝説のコンビニ バッキー 1.「伝説のコンビニ」 TODG-2002
1996年11月27日 まちかどド・レ・ミ』アルバム バッキー 2.「伝説のコンビニ」
12.「サンダルのうた〜明日天気になーれ」
TOCG-5406
1998年07月29日 『まちかどド・レ・ミ〜よろしくマカレナ〜』 バッキー 1.「よろしくマカレナ」
4.「伝説のコンビニ」
TOCG-5450
1999年09月22日 『まちかどド・レ・ミ〜ウェルカム!ハミングナッツ〜』 バッキー 6.「伝説のコンビニ」
8.「よろしくマカレナ」
TOCF-57024
2002年06月21日 COWBOY BEBOP CD-BOX』 アンディ・フォン・デ・オニヤテ Disc5 2.「魅惑のホースライディング」 VIZL-64
2008年07月09日 『東京ディズニーランド® ミュージック・アルバム』 うさぎどん 9.「スプラッシュ・マウンテン "ライドスルー・ミックス"」 AVCW-12668
2008年09月17日 『東京ディズニーシー® ディズニー・ア・ラ・カルト』 ルミエール テーブル・イズ・ウェイティング AVCW-12685
2009年05月27日 YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ EHARA "ANDY" MASASHI Disc3 4.「魅惑のホースライディング」 VTCL-60141
2011年11月02日 『東京ディズニーシー® テーブル・イズ・ウェイティング』 ルミエール 「テーブル・イズ・ウェイティング」 AVCW-12858
2012年09月26日 『東京ディズニーランド® ディズニー・ハロウィーン2012』 おばけの手紙の配達人 「Disney’s Halloween Street “Welcome To Spookyville”」 AVCW-12914
2012年11月21日 『東京ディズニーシー® クリスマス・ウィッシュ2012』 ルミエール 「テーブル・イズ・ウェイティング・クリスマスキュイジーヌ」 AVCW-12930
2016年2月17日 『ポコポッテイトうたいっぱい〜ポコポコ ぽてぽて ぽていじま〜』 アオアシカツオドリのだんなさん 15.「おしゃれサマー」
16.「ポッテイト音頭」
31.「おにぎり ころぎゅっぎゅ」
32.「ああ、めおとばし」
47.「まっかなジャム」
51.「ポコポコ ぽてぽて ぽていじま(2ばん)」
PCCG-01508
マーモット3きょうだい 15.「おしゃれサマー」
16.「ポッテイト音頭」
28.「まだまだ もっと!」
33.「なかよし ありがとう」
51.「ポコポコ ぽてぽて ぽていじま(2ばん)」
はまぐりさんじゅうし 56.「はまぐりさんじゅうしのうた」
57.「うたってハッピー」

ナレーション[編集]

CM[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

  • NHK総合 NHKスペシャル(1989年4月2日 - )(ボイスオーバー)
    • 復興・原子野から立ち上がった人々 (2005年6月4日、広島市役所総務課次席 村上敏夫)
    • “一瞬”の戦後史〜スチール写真が記録した世界の60年(2005年6月5日、写真家 エリオット・アーウィット、野党幹事長 モフセン・ミルダマディ)
    • 21世紀の潮流 アフリカゼロ年 第1回「ジェノサイドを止めるのは誰か」(2005年7月9日、AU平和維持部隊 ジーン・カズラ副司令官)
    • 21世紀の潮流 アフリカゼロ年 第2回「ナイジェリア石油争奪戦 〜貧困をもたらすの は誰か〜」(2005年7月23日、ボイスオーバー)
    • 21世紀の潮流 アフリカゼロ年 第3回「子ども兵を生んだのは誰か〜モザンビーク・内戦の果てに〜」(2005年7月24日、元更生施設所長 レイナルド・ムカベレ)
    • 21世紀の潮流 アフリカゼロ年 第4回「40万人を死なせたのは誰か〜南アフリカ・エイズ薬と命の値段〜」(2005年7月30日、ボイスオーバー)
    • 21世紀の潮流 追跡 核の闇市場〜放置された巨大ネットワーク〜(2005年8月8日)
    • そして日本は焦土となった 〜都市爆撃の真実 〜(2005年8月11日、カーチス・E・ルメイ将軍、他)
    • 復興への行進(マーチ) 〜音楽の街・ハリケーンから半年〜(2006年3月18日、ボイスオーバー)
    • 巨大穴 天坑 謎の地下世界に挑む(2006年4月11日、ボイスオーバー)
    • 危機と闘う テクノクライシス 第1回「あなたの預金が狙われる 国境を越えるサイバー 犯罪(2006年7月9日、ボイスオーバー)
    • 21世紀の潮流 ラテンアメリカの挑戦 第2回「格差からの脱出 〜ブラジルチリ〜」(2006年8月4日、ブッシュ大統領
    • 論文捏造 夢の医療はなぜ潰えたのか(2006年8月20日、ボイスオーバー)
    • 北極大変動 第2集 「氷の海から巨大資源が現れた」(2008年5月26日、世界自然保護基金 ニール・ハミルトン博士、スタトイルハイドロヘルゲ・ルンド英語版CEO)
    • 魔性の難問 〜リーマン予想・天才たちの闘い〜(2009年11月15日、ステクロフ数学研究所教授 ニコライ・ムニェフ博士、オックスフォード大学教授 マーカス・デュ・ソートイ、他)
    • 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第3回「“熱狂”はこうして作られた」(2011年2月27日、陸軍大臣 荒木貞夫、他)
    • 病の起源第4集 心臓病 〜高性能ポンプの落とし穴〜(2013年10月27日、アジット・バルキ教授)
    • 調査報告 STAP細胞 不正の深層(2014年7月27日、笹井芳樹CDB副センター長)
    • 生命大躍進 第3集「ついに"知性"が生まれた」(2015年7月5日、ロイヤル・ティレル博物館 ドナルド・ヘンダーソン博士、シカゴ大学 羅哲西教授、マックス・プランク心理言語学研究所 サイモン・フィッシャー英語版博士)
    • “終戦”知られざる7日間(2015年8月16日、歴史家 リチャード・フランク英語版
    • 新・映像の世紀
    • 盗まれた最高機密 〜原爆・スパイ戦の真実〜(2015年11月1日、スティーブンス工科大学准教授 アレックス・ウェラースタイン、再現ドラマのアルソス諜報部隊員)
    • 史上最悪の感染拡大 エボラ 闘いの記録(2016年2月6日、カーン医師の同僚、アメリカ チュレーン大学 ロバート・ギャリー博士、イングランド公衆衛生庁 マイルス・キャロル博士)
    • そしてテレビは“戦争”を煽った〜ロシアVSウクライナ 2年の記録〜(2016年5月21日、ロシア国営テレビ キャスター ドミートリー・キセリョフ、テーベーツェー記者 ピョートル・リュビーモフ、ドーシチ 記者 セルゲイ・エルジェンコフ)
  • NHK総合 クローズアップ現代(1993年4月5日 - 2016年3月17日)
    • 大津波から半年、被災地は今(2005年6月27日、ボイスオーバー)
  • NHK教育 ETV特集(1993年4月 - 2000年3月、2004年4月 - )
    • 新しい音が生まれた〜BEGINとギター職人たち(2004年6月11日)
    • ヨーヨー・マとシルクロード・アンサンブルの仲間たち〜対話と創造の8日間〜(2005年5月7日、ヨーヨー・マ)
    • わが父・溥傑〜ラストエンペラーの弟・波乱の生涯〜(2006年1月21日、愛新覚羅溥傑
    • 岡倉天心〜アジア100年の旅(2006年5月6日)
    • 焼け跡から生まれた憲法草案(2007年2月10日、社会政策学者・森戸辰男
    • 戦場で書く〜作家 火野葦平の戦争〜(2013年12月7日、菊池寛、他)
  • NHK教育 海外ドキュメンタリー サハラ砂漠のロッククライミング(1993年8月6日、ボイスオーバー)
  • フジテレビ 二か国語(1994年 - 2002年3月21日、司会)※顔出し出演
  • NHK BS1 世界は訴える さまよえる冷戦の遺物〜旧ソ連の原潜・タイフーン〜(1995年2月18日、ボイスオーバー)
  • NHK教育 まちかどド・レ・ミ バナナンストリート編(1996年度 - 1998年度、バッキー)
  • NHK BS2 フルーツサンデー(1997年4月13日 - 2002年3月29日、おしゃべりキツツキクリッキー)
  • NHK教育 天才てれびくんワイド(2000年度CGキャラクター・エバラン(参考:苗字・江原(えはら)とエバラを混ぜたCGキャラクター)
  • NHK総合 その時歴史が動いた(2000年3月29日 - 2009年3月18日)
    • 第145回 スパイ・ゾルゲ 最後の暗号電報 〜新資料が明かす国際スパイ事件〜(2003年7月30日、ゾルゲ
  • NHK-BShi ハイビジョンスペシャル(2000年12月 - 2003年度)
    • ロシア 小さき人々の記録(2001年8月12日、タラ文書資料館 レオニード館長、元アフガン兵 ワレンチン・シジェリニコフ)
    • トルストイの大地 〜辻井喬のロシア・ユートピア巡礼〜(2001年10月30日、ボイスオーバー)
    • 天才画家の肖像 ゴッホゴーギャン 二人のひまわり(2002年11月14日、ファン・ゴッホ美術館学芸員 ルイ・ファン・ティルボルフ、他)
    • 柿右衛門 はてしなき旅路〜ヨーロッパが愛した日本の美〜(2003年1月3日、大英博物館日本美術部長 ビクター・ハリス、ライデン大学教授 クリスティアン・ヨルフ、マイセン磁器製作所 ルッツ・リヒター)
  • NHK-BS2 スター・ウォーズ物語(2003年6月17日、ジョージ・ルーカス
  • NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー(ボイスオーバー)(2004年4月1日 - )
  • NHK-BShi ハイビジョン特集(2004年度 - )
    • 地球大進化 第2回「繰り返される栄枯盛衰のドラマ」(2004年11月23日、南アフリカ博物館 ロジャー・スミス博士)
    • 危機を希望に アジア 世界遺産からのメッセージ(2006年3月22日、ホセ、テヘラン大学教授 アリレザ・エイニファー、石窟の住民 マオラ・ダッド、他)
    • 宇宙ロマン 星に秘められた46億年の物語(2006年4月6日、ワシントン大学 スターダスト計画科学総責任者 ドナルド・ブラウンリー英語版博士)
    • 天才画家の肖像 レンブラント 自画像が語る光と影(2006年11月13日、ボイマンス美術館 チーフキュレーター イェルーン・ヒルタイ)
    • 素数の魔力に囚われた人々 リーマン予想・天才たちの150年の闘い[注 7](2009年11月21日、ステクロフ数学研究所教授 ニコライ・ムニェフ博士、オックスフォード大学教授 マーカス・デュ・ソートイ、他)
  • フジテレビ WORLD DOWNTOWN(2004年4月13日 - 9月14日)(「全アフリカライオンズクラブ・セネガル支部長」マンデラ兄、「ビバリーヒルズ・コップ」エディ・マーフィ)
  • NHK BSプレミアム、他 世界ふれあい街歩き(2005年3月29日 - )
    • シドニー/オーストラリア(2007年6月26日、ツアーガイド バーニー・ウィートリー)
  • NHK総合 探検ロマン世界遺産(2005年3月31日 - 2009年3月28日)
  • TBS 神様のしわざ! 〜その時!カメラの前で奇跡が起きた! 世界○秘劇的映像スペシャル!!(2005年7月27日、マイケル・ヒングソン、副操縦士、クリス)
  • NHK教育 天才てれびくん外伝 宇宙船ソフィア号の冒険〜なぜ人は人の生命(いのち)を奪ってはいけないのか?〜(2005年8月13日)(異星人カオス)
  • フジテレビ 土曜プレミアムうそうそ』(2008年11月29日)(妖の声、番組プレゼントナレーション)
  • BS11 江原正士がナビゲート XIIIの世界に迫る(2009年12月13日、MC)※顔出し出演
  • NHK教育 デジスタ・ティーンズ(2010年、ティム・バートン
  • NHK-BShi プレミアム8 シリーズ 巨匠たちの肖像 セザンヌ 革命を起こした隠者(2010年5月25日、アンブロワーズ・ヴォラール
  • NHK総合 松本人志のコントMHK(2010年10月15日、ダイナミックアドベンチャーポータブルのDVDのガイダンスの声)
  • NHK総合 世界遺産への招待状 TRAVEL63 イスラムの一族 千年の祈り〜古都ボスラ〜(2011年1月21日、裁縫職人 ムハンマド・アフマド・アル・ミクダード、大学生 バヤーン・イスマイール・アル・バルヒー)
  • NHK BSプレミアム コズミックフロント(2011年4月3日 - 2015年3月27日)
  • NHK-BS1 BS1スペシャル(2011年度 - )
    • テレビと“戦争”(2016年7月1日、テーベーツェー記者 ピョートル・リュビーモフ)
  • NHK総合 WALKING EYES アルクメデスグリーン盤 「THE GREEN TILE」(2011年5月4日、ボール〈ジェフ・ワスティラ〉)
  • フジテレビ 新報道2001(2011年7月31日、カルロス・ゴーン社長)
  • テレビ愛知 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!(2011年9月、東京タワー)
  • BS11 FF13-2予約直前特番〜再び生を得る、新たな世界が明らかに!〜(2011年9月15日、ナビゲーター)※顔出し出演
  • BS11 FF13-2発売直前特番〜新たな物語が時をつなぐ!〜(2011年12月14日、MC)※顔出し出演
  • TBS 日立 世界・ふしぎ発見!(ボイスオーバー)
  • 旅チャンネル「夢のラグジュアリートラベル」(2012年)
  • NHK BSプレミアム 天海祐希 パリと女と…〜魅惑の新オルセー〜第2部「美しく生きる」(マチアス・オクレールオペラ座資料館主任学芸員)(2012年2月26日)
  • NHK教育 オトナへのトビラTV(2012年12月6日/13日、アニメ部分のヒーロー風キャラクター)
  • NHK BSプレミアム ザ・プレミアム 超常現象〜科学が挑む不可思議の世界〜第2集「秘められた謎のパワー」(2014年1月18日、ユリ・ゲラー、元アメリカ陸軍 ポール・スミス、ノエティック科学研究所 超心理学 ディーン・レイディン英語版博士)
  • AT-X 番宣部長(2014年4月[102])※顔出し出演
  • NHK BSプレミアム 英雄たちの選択(2014年4月3日 - )
  • NHK教育 サイエンスZERO(声の出演)
  • NHK総合 SONGS
  • NHK BSプレミアム 人類 未知なる宇宙に挑む(2014年8月7日、ラッセル・シュワイカート、他)
  • NHK Eテレ 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか
    • 知の巨人たち 第8回「宇宙から生命を見つめて」手塚治虫(2015年1月31日、漫画「紙の砦」軍事教練教官、漫画「アトム大使天馬博士
    • 未来への選択 第4回「格差と貧困 豊かさを求めた果てに」(2015年7月25日、社会政策学者・森戸辰男、経済学者・江口英一、他)
  • NHK BSプレミアム コズミックフロント☆NEXT(2015年4月9日 - )
    • 月のミステリー 奇妙な発光現象の正体は?(2015年4月9日、再現アニメのナレーション、アベリストウィス大学講師 トニー・クック博士、コロラド大学教授 ミハイ・ホラニー博士、NASAジョンソン宇宙センター管制室 交信担当官)
    • 宇宙の果てのミステリー(2015年6月25日、マサチューセッツ工科大学 マックス・テグマーク教授)
    • ミステリー 宇宙で最も寒い場所(2016年6月2日、惑星物理博士 ケビン・グレーザー博士、マックスプランク天文学研究所 オリバー・クラウゼ博士)
    • 太陽に謎のリング その正体は?(2016年6月16日、高高度観測所 元所長 ロバート・マックイーン、コロラド大学教授 ミハイ・ホラニー、TESSプロジェクト・サイエンティスト スティーブン・ラインハート)
    • 恒星間飛行 人類は隣の星へ行けるか?(2016年7月28日、惑星協会CEO ビル・ナイ、南カリフォルニア大学 クリフォード・ジョンソン英語版教授)
  • NHK総合 世界へGO! 徳川家康×エリザベス1世 大坂の陣の真実(2015年10月21日、イギリス王立武器庫学芸員 トム・リチャードソン、作家 ロバート・ハッチンソン英語版、中央大学 デレク・マサレラ教授、ウィールド鉄産業・溶鉱炉プロジェクト ジェラルド・ベーカー、朗読、タイトルコール)
  • NHK総合 日韓の国宝が海を越えた~半跏思惟像はるかな旅~(2016年6月15日、韓国・国立中央博物館館長 イ・ヨンフン)

その他[編集]

書籍[編集]

  • 群像 2014年06月号内〈私のベスト3〉「日常の不思議」(講談社 2014年5月7日)

以下はすべて「漢詩をよむ」講師の宇野直人との対談方式

  • 杜甫―偉大なる憂鬱(平凡社 2009年2月、ISBN 4582834256
  • 李白―巨大なる野放図(平凡社 2009年2月、ISBN 4582834248
  • 漢詩を読む 1 『詩経』、屈原から陶淵明へ(平凡社 2010年4月20日、ISBN 4582834701
  • 漢詩を読む 2 謝霊運から李白、杜甫へ(平凡社 2010年11月26日、ISBN 4582834884
  • 漢詩を読む 3 白居易から蘇東坡へ(平凡社 2011年6月16日、ISBN 4582835295
  • 漢詩を読む 4 陸游から魯迅へ(平凡社 2012年1月26日、ISBN 4582835546

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本名の読みは「えはら まさし」。
  2. ^ 劇団時代から声優としての活動が多かったため、江原本人は劇団員時代と現在の差があまりなく、いつからが区切りかの概念がないという[13][14]
  3. ^ 江原が司会を務めたフジテレビの『二か国語』にも、音信不通となった外国人番組台本作家の代役として参加し、番組終了まで担当した[5][24]
  4. ^ 喋り方が異なり、新録版ではオリジナルでの構音障害が意識され江原も破裂音で喋っている。
  5. ^ ただし、『スピード』では正統派の二枚目ではなく体育会系のタフガイという役作りをしたという[5]
  6. ^ 江原は日曜洋画劇場の『ダイ・ハード』や『ラストマン・スタンディング』、野沢の遺作である『16ブロック』などで共演している。
  7. ^ 2009年11月15日に放送されたNHKスペシャル『魔性の難問 〜リーマン予想・天才たちの闘い〜』の90分拡大版

出典[編集]

  1. ^ 日本タレント名鑑. “Yahoo! JAPAN人物名鑑”. Yahoo! JAPAN. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ 「人気声優データファイル2009」、『アニメディア』、学習研究社、2009年6月。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 村上健一 (2010年9月29日). “江原正士インタビュー”. 20世紀フォックス. 2013年4月27日閲覧。
  4. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、373頁。ISBN 978-4415008783
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x とり・みき (2004). とり・みきの映画吹替王. 洋泉社. p. 178-183. ISBN 4896918371. 
  6. ^ a b c d e 「セチュアンの善人と… 出演者たちのプロフィール」、『1978年『セチュアンの善人』パンフレット』、劇団青年座、1978年6月、 19頁。
  7. ^ a b c 千野幸一「「椿姫」の出演者たち」、『1979年 日生劇場『椿姫』パンフレット』、松竹、1979年12月、 24頁。
  8. ^ a b c d e f 「演出家・出演者プロフィール」、『1989年 劇団昴公演 『セールスマンの死』パンフレット』、現代演劇協会、1989年6月、 9頁。
  9. ^ a b 「出演者の顔」、『1982年 劇団昴公演 『ヘンリー四世 騎士フォールスタフの滑稽譚』パンフレット』、現代演劇協会、1982年6月、 9頁。
  10. ^ 「出演者」、『1978年 『王将』パンフレット』、劇団青年座、1978年8月、 15頁。
  11. ^ 「吹替の帝王」『スピード』インタビュー集”. 20世紀フォックス (2014年1月20日). 2015年3月10日閲覧。
  12. ^ a b BOOK著者紹介情報. 日外アソシエーツ. 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 江原正士さんに聞く”. フジテレビ. 2001年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i ふきカエルインタビュー” (2012年5月25日). 2013年5月1日閲覧。
  15. ^ “[イベント情報] 秋山 仁 with 由美かおる”. http://kashiwainfo.net/?p=27867 2016年2月25日閲覧。 
  16. ^ 鬼武みゆき (2015年12月21日). “秋山仁さんと由美かおるさんのライブ”. 鬼武みゆきホームページ. 2016年2月25日閲覧。
  17. ^ a b c d DVDの秘密”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2004年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  18. ^ a b 日曜洋画劇場 映画を見たらハッピー、ラッキー、ヘルシー!!!”. テレビ朝日. 2013年5月2日閲覧。
  19. ^ 「吹替で蘇る!チャップリン笑劇場」放送決定”. スター・チャンネル (2014年8月4日). 2014年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月16日閲覧。
  20. ^ a b c d 松崎さんに聞く”. フジテレビ. 2001年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。
  21. ^ 上田燿司・永島由子のふたりごと” (2012年5月25日). 2013年4月27日閲覧。
  22. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 航海の果てに”. 東映. 2013年6月4日閲覧。
  23. ^ 酒井俊之 (2013年3月17日). “「007/慰めの報酬 TV吹替キャスト 新録版」完成。”. 管球再生式映画館. 2013年6月7日閲覧。
  24. ^ Vol.344 <前編>映像翻訳家 松崎広幸さん”. 翻訳学校 フェロー・アカデミー. 2015年11月14日閲覧。
  25. ^ a b 「死霊のはらわた リターンズ」、『映画秘宝』2016年8月号、洋泉社2016年6月21日、 28-31頁。
  26. ^ 公式プロフィール”. 81プロデュース. 2013年5月29日閲覧。
  27. ^ オジサマ専科 Vol.6 Escape to the Future~明日への脱出~”. ツーファイブ. 2015年3月19日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g オー!NARUTOニッポン(CD収録). NRN. 文化放送大阪放送. 2013年5月8日閲覧。
  29. ^ a b c Studio Bentstuff (2010). ファイナルファンタジーXIII ULTIMANIA Ω. スクウェア・エニックス. p. 414. ISBN 978-4-7575-2958-8. 
  30. ^ 田舎ワンダリング 渡辺瑠海official blog” (2010年5月6日). 2013年6月20日閲覧。
  31. ^ a b c 宇宙船レッド・ドワーフ号 DVD-BOX 声優インタビュー (DVD). ブロードメディア・スタジオ.. (2003年3月21日) 
  32. ^ BLEACH “B” STATION(CD収録). NRN. 文化放送・大阪放送. 2013年5月21日閲覧。
  33. ^ News”. プラト. 2005年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。
  34. ^ a b ファミ通.com 『HOMEFRONT(ホームフロント)』でコナー役を演じる江原正士氏を直撃”. エンターブレイン (2011年4月7日). 2013年5月2日閲覧。
  35. ^ 「ハリー・ポッター」吹替えキャスト” (2011年11月18日). 2013年6月12日閲覧。
  36. ^ a b 「吹替秘宝! 『宇宙船レッド・ドワーフ号』シリーズ9&10、DVD化記念座談会!」、『映画秘宝』2015年4月号、洋泉社2015年2月21日、 76-78頁。
  37. ^ 宇宙船レッド・ドワーフ号シリーズ9&10 DVD-BOX内声優座談会 (DVD). レインエンターテイメント.. (2015年2月3日) 
  38. ^ 電撃文庫ムービーフェスティバル”. アスキー・メディアワークス. 2007年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月9日閲覧。
  39. ^ アニメイトTV Web”. アニメイトTV. 2007年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月9日閲覧。
  40. ^ a b 武装錬金ドットコム”. 集英社. 2008年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月9日閲覧。
  41. ^ 灼眼のシャナⅢ-FINAL-”. アスキー・メディアワークス (March 13,2012). 2013年6月9日閲覧。
  42. ^ ゼノサーガ OUTER FILE 02 ボーナストラック. フロンティアワークス. 
  43. ^ ふきカエル(日本語吹替え版振興公式twitter)” (2014年11月27日). 2015年2月25日閲覧。
  44. ^ 宮原永海 (2007年6月16日). “江原正士さんが写真を”. 宮原永海BLOG. 2016年2月26日閲覧。
  45. ^ スパイク×ゾロリ アンディ×ガオン 山寺宏一×江原正士”. サンライズ (2012年10月29日). 2013年6月4日閲覧。
  46. ^ 「吹替の帝王」『スピード』インタビュー集” (2014年1月20日). 2015年3月10日閲覧。
  47. ^ スタッフ&キャスト”. シャーマンキング. 2016年6月27日閲覧。
  48. ^ 灼眼のシャナ 公式サイト”. 2005年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月4日閲覧。
  49. ^ 新釈 戦国英雄伝説 眞田十勇士 The Animation 公式サイト”. 2008年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月4日閲覧。
  50. ^ Xenosaga THE ANIMATION 公式サイト”. 東映アニメーション. 2016年5月4日閲覧。
  51. ^ 神様家族 公式サイト”. 東映アニメーション. 2016年5月4日閲覧。
  52. ^ 出ましたっ!パワパフガールズZ 公式サイト”. 東映アニメーション. 2016年5月4日閲覧。
  53. ^ 灼眼のシャナII(Second) 公式サイト”. 2008年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月4日閲覧。
  54. ^ 無限の住人 公式サイト”. 2013年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月4日閲覧。
  55. ^ 灼眼のシャナIII-FINAL- 公式サイト”. 2016年5月4日閲覧。
  56. ^ “NHKアニメワールド 「へうげもの」スタッフ・キャスト”. 「へうげもの」公式サイト. http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/staff/index.html 2016年4月26日閲覧。 
  57. ^ NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝 公式サイト”. 2016年5月4日閲覧。
  58. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2012年2月20日閲覧。
  59. ^ 夏アニメ『東京ESP』が、7月11日よりTOKYO MX他にて放送決定! 主人公・漆葉リンカ役に木戸衣吹さんが決定&新着情報を大公開!”. アニメイトTV. 2014年6月2日閲覧。
  60. ^ 少年ジャンプNEXT!』2014年2月1日号、集英社
  61. ^ フューチャーカード バディファイト キャスト・スタッフ”. テレビ愛知. 2015年5月13日閲覧。
  62. ^ フューチャーカード バディファイト100 キャスト・スタッフ”. テレビ愛知. 2015年5月4日閲覧。
  63. ^ ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow vol.3 アルンヘムの橋 スタッフ&キャスト”. KADOKAWA. 2015年5月2日閲覧。
  64. ^ PERFECT BLUE”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  65. ^ “スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. https://www.bandaivisual.co.jp/metropolis/staff.html 2016年5月5日閲覧。 
  66. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード”. メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。
  67. ^ 『伏 鉄砲娘の捕物帳』アフレココメント第1弾が到着!”. アニメイトTV. 2013年6月20日閲覧。
  68. ^ 入野自由さん、江原正士さん、大塚芳忠さんが3人の吸血鬼ハンターのキャストに決定! 『傷物語〈II熱血篇〉』本予告解禁!”. アニメイトタイムズ. 2016年6月29日閲覧。
  69. ^ マスターガーディアン”. スクウェア・エニックス. 2013年5月26日閲覧。
  70. ^ 『アスラズ ラース』で敵対する七星天とアスラの娘を紹介”. 電撃オンライン. 2013年5月26日閲覧。
  71. ^ 登場するキャラクターたち”. KONAMI. 2013年5月26日閲覧。
  72. ^ ヴァルハラナイツ3 : キャラクター / 世界観”. マーベラスAQL. 2013年5月29日閲覧。
  73. ^ CHARACTER”. ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル. 2013年12月3日閲覧。
  74. ^ NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 キャラクター”. バンダイナムコゲームス. 2013年5月11日閲覧。
  75. ^ 「メタルギア ライジング リベンジェンス」、『週刊ファミ通』2012年10月4日号、エンターブレイン、2012年9月20日
  76. ^ PS3/Xbox 360「LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII」”. Impress Watch. 2013年8月24日閲覧。
  77. ^ 『アサシン クリード ローグ』のストーリートレーラーが公開 気になる日本語版の声優は……”. ファミ通.com. 2014年12月5日閲覧。
  78. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション. 2014年7月29日閲覧。
  79. ^ 電撃Girl's Style』2014年2月号、アスキー・メディアワークス2014年1月10日
  80. ^ 幕末Rock 超魂”. マーベラス. 2014年9月14日閲覧。
  81. ^ トロピコ 5」、『週刊ファミ通』2015年2月19・26日・3月5日合併号、KADOKAWA2015年2月5日、 54-55頁。
  82. ^ 作品紹介”. プロトタイプ. 2015年7月5日閲覧。
  83. ^ PC版『ひまわり-Pebble in the Sky-』が2月5日より配信開始”. 電撃オンライン (2016年1月23日). 2016年6月15日閲覧。
  84. ^ 登場人物”. 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年2月16日閲覧。
  85. ^ bahamut_cygamesのツイート (743352435029139456)
  86. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4. 2015年6月26日閲覧。
  87. ^ 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」、『DVD&ブルーレイでーた』2015年3月号、KADOKAWA2015年2月20日、 40-41頁。
  88. ^ “作品情報”. http://www.captainphillips.jp/site/#about 2013年11月15日閲覧。 
  89. ^ Huluプレミア「死霊のはらわた リターンズ」GROOVYな30秒予告編 解禁!”. hulu (2016年6月15日). 2016年6月15日閲覧。
  90. ^ ハリー・ポッターと炎のゴブレット”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。
  91. ^ ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月21日閲覧。
  92. ^ ダークナイト”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  93. ^ バイオハザードV リトリビューション”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  94. ^ ハンク ‐ちょっと特別なボクの日常‐ 登場人物”. NHK. 2015年6月25日閲覧。
  95. ^ "凄ワザ吹替え"プロジェクト第2弾は『危険戦隊デンジャー5 ~我らの敵は総統閣下』!”. ふきカエル大作戦. 2016年7月20日閲覧。
  96. ^ 2016年7月22日の発言
  97. ^ 『危険戦隊デンジャー5 ~我らの敵は総統閣下~』キャラクター&声の出演者紹介!”. ふきカエル大作戦. 2016年8月21日閲覧。
  98. ^ ルーニー・テューンズ・ショー登場キャラクター”. カートゥーン ネットワーク. 2013年5月19日閲覧。
  99. ^ Folktales : Deceptive Friendship 日本語吹き替え版”. 2014年11月16日閲覧。
  100. ^ “『海賊とよばれた男』オーディオドラマ版”. http://www.febe.jp/documents/special/kaizoku/ 2013年12月20日閲覧。 
  101. ^ ヒーローズ編集部
  102. ^ “4月の番宣部長決定!”. http://www.at-x.com/whats_new/detail/3328 2014年3月31日閲覧。 
  103. ^ “チューリヒ美術館展 音声ガイド”. オリジナル2015年3月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150315000357/http://zurich2014-15.jp/guide/ 2014年9月25日閲覧。 
  104. ^ “チューリヒ美術館展 音声ガイド”. オリジナル2015年3月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150315000357/http://zurich2014-15.jp/guide/ 2015年3月10日閲覧。 

外部リンク[編集]