バーティカル・リミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーティカル・リミット
Vertical Limit
監督 マーティン・キャンベル
脚本 ロバート・キング
テリー・ヘイズ
原案 ロバート・キング
製作 マーティン・キャンベル
ロバート・キング
マーシャ・ナサティア
ロイド・フィリップス
製作総指揮 マイク・メダヴォイ
マーシャ・ナサティア
ロイド・フィリップス
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 トム・ノーブル
配給 アメリカ合衆国の旗 SPE/コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年12月8日
日本の旗 2000年12月9日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $69,243,859[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
39.0億円[2] 日本の旗
$215,663,859[1] 世界の旗
テンプレートを表示

バーティカル・リミット』(Vertical Limit)は、2000年アメリカ合衆国で公開された山岳アクション映画である。マーティン・キャンベル監督。

ストーリー[編集]

若き青年ピーター・ギャレットは、父のロイス、妹のアニーとロッククライミングを楽しんでいたが、悪夢のような転落事故に巻き込まれる。ピーターは父に「妹を死なせるな」と諭され、父の命綱を切ることで助かるが、父が死んだことから、その決断はピーターを悩ませ、子供の頃より仕込まれてきた登山技術を捨て山から下りる。

そんな兄を妹は愛おしく、同時に許せないでもいた。アニーは父の遺志を継ぎクライミングを続け、雑誌の誌面を飾るトップ・クライマーの仲間入りを果たす。自然写真家としてカラコルムに来たピーターは、企業家のスポンサーから誘われてK2登山チームに加わったアニーと再会するが、兄妹には打ち解けない空気が漂う。

登頂の日、ピーターと和解できないままのアニーを含めたチームは、ベースキャンプより出発。しかし、悪天候により一行は登頂をあきらめ下山するが、途中で雪崩に巻き込まれる。生き延びたアニーだがクレバスに落下、このままでは高山病による高地肺水腫で死を待つ以外にない。無線を利用したSOS信号により事態を知った兄だが、ヘリは現地に飛べず、人力では雪の壁を崩せない。

必死のピーターは仲間を募り、危険な賭けに出る命知らず達が集まる。しかし、人間の精神と肉体がわずかの時間しか継続できないバーティカル・リミット(限界高度)の世界に挑もうとする彼らに、運命の悪魔は更なる悲劇をもって待ち構えていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ピーター・ギャレット クリス・オドネル 三木眞一郎 桐本琢也
エリオット・ヴォーン ビル・パクストン 内田直哉 牛山茂
アニー・ギャレット ロビン・タニー 小林さやか 石塚理恵
モンゴメリー・ウィック スコット・グレン 小川真司 佐々木勝彦
モニク・オーバーティン イザベラ・スコルプコ 渡辺美佐 日野由利加
トム・マクラレン ニコラス・リー 楠大典 佐久田修
カリーム アレクサンダー・シディグ 相沢正輝 隈本吉成
シリル・ベンチ スティーブ・ル・マルクアンド 江原正士 青山穣
マルコム・ベンチ ベン・メンデルソーン 小杉十郎太 小森創介
スキップ・テイラー ロバート・テイラー 田中正彦 山路和弘
ロイス・ギャレット スチュアート・ウィルソン 有本欽隆 稲葉実
本人役 エド・ベスターズ 田原アルノ
ラスル テムエラ・モリソン 谷昌樹
フランク・“チェーンソー”・ウィリアムス デヴィッド・ハイマン 中博史
ブライアン・マキ ロバート・マモーネ 古田信幸
キャンベル キャンベル・クーリー 長嶝高士
アリ アリスター・ブラウニング 天田益男
アミール・サリム大佐 ロシャン・セス 稲葉実
  • ソフト版
その他:楠見尚己、谷昌樹、星野充昭小池亜希子
日本語版制作スタッフ:演出:高橋剛、翻訳:松崎広幸、調整:高久孝雄、プロデュース:川島浩美、担当:神部宗之、制作:東北新社
  • テレビ朝日版:初回放送2003年10月5日『日曜洋画劇場』テレビ朝日開局45周年特別企画
その他:土田大出口佳代
日本語版制作スタッフ:演出:伊達康将、翻訳:松崎広幸、調整:田中和成、効果:サウンドボックス、制作:東北新社

原作[編集]

  • メル・オドム著、ロバート・キング:原案、脚本、テリー・ヘイズ:脚本、奥田祐二:訳 『バーティカル・リミット』(ソニー・マガジンズ,2000年) ISBN 9784789716390

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Vertical Limit (2000)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2001年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]