ザ・フォーリナー/復讐者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・フォーリナー/復讐者
The Foreigner
監督 マーティン・キャンベル
脚本 デヴィッド・マルコーニ英語版
原作 スティーブン・レザー英語版
『チャイナマン』(新潮文庫)
製作 ジャッキー・チェン
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
アーサー・サーキシアン
スコット・ランプキン
ジェイミー・マーシャル
クレア・カプチャク
キャシー・シュルマン
出演者 ジャッキー・チェン
ピアース・ブロスナン
音楽 クリフ・マルティネス
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 アンジェラ・M・カタンサーノ
製作会社 STXフィルムズ英語版
スパークル・ロール・メディア
万逹影視伝媒有限公司
華誼兄弟傳媒中国語版
TMP
The Fyzz Facility
配給 アメリカ合衆国の旗STXフィルムズ
日本の旗ツイン
公開 中華人民共和国の旗2017年9月24日
アメリカ合衆国の旗2017年10月13日
日本の旗2019年5月3日
上映時間 アメリカ合衆国の旗114分[1]
日本の旗110分[2][3]
製作国 イギリスの旗 イギリス
中華人民共和国の旗 中国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[4]
興行収入 $145,374,099[4]
テンプレートを表示

ザ・フォーリナー/復讐者』(原題:The Foreigner、中国語題:英伦对決)は、2017年イギリス中国アメリカ合衆国合作のアクションスリラー映画。1992年のスティーブン・レザー英語版の小説『チャイナマン』(新潮文庫)を原作としている。

ストーリー[編集]

クァン・ノク・ミンはロンドンでチャイニーズ・レストランを経営していたが、ある日娘のファンの送迎中、爆発テロに巻き込まれ目の前で娘の命を奪われてしまう。

その後、北アイルランド解放を謳う過激派組織が犯行声明を出す。クァンは、かつて過激派組織の活動家だったが現在は北アイルランド副首相となっているリアム・ヘネシーとコンタクトを取り、犯人の名前を教えるようにリアムに迫るが、リアムは無関係を主張し、彼を帰してしまう。

しかし、クァンはベトナム戦争時代、アメリカの特殊部隊に所属していた優秀な工作員だった。

やがてクァンはリアムを追跡するようになり、クァン、リアムとその一派、過激派組織の三つ巴の戦いが始まっていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[5]

チャイニーズ・レストラン「ハッピー・ピーコック(HAPPY PEACOK)」の経営者、元アメリカ特殊部隊員。
北アイルランド副首相、元過激派組織活動家。
リアムの妻。
ロンドン警視庁テロ対策指令部指揮官。
リアムの愛人。
  • クリスティ・マーフィー - スティーブン・ホーガン
リアムの部下。
リアムの甥、元英軍特殊部隊。
リアムの片腕。
クァン・ノク・ミンの娘で三女。テロに巻き込まれて死亡する[6]
イギリス政府の閣僚。
チャイニーズ・レストラン「ハッピー・ピーコック」の従業員、クァンの友人。
  • パトリック・オライリー - ニール・マクナミー
過激派組織のテロリスト。
過激派組織の急進派リーダー。

作品解説[編集]

本作には日本を含めた中国、香港で公開された本国版とその他英語圏で公開された国際版が存在する。本国版は中国圏俳優同志の会話時は普通話に切り替わる、森の中でのファイトシーンが国際版よりも長く上映時間は110分である。一方、国際版の上映時間は114分となっている[7]

過激派組織は国際版ではIRAと表記されるが、本国版では「UDI」という架空の組織になっている。

劇中の描写[編集]

劇中では北アイルランドを巡るイギリスとアイルランドの対立の明暗が描かれており、例としてはとある登場人物の家族を過去に殺したアルスター義勇軍(UVF)の暗殺部隊のメンバーが政治的妥協によって生きたまま逮捕され、刑務所内で生きながらえている上に通信教育で大学生となっているという「厚遇」が描かれる一方で、過激派組織のアジトを特定して突入した警察の対テロ特殊部隊が、負傷するも生きているメンバーに爆弾テロを阻止するためとはいえ拷問を行ってテロの情報を聞き出し、テロの阻止後に特別な思惑からそのメンバーを逮捕せずに射殺するという場面がある。
なお、原作が出版された1992年には北アイルランド紛争は継続中であったが、1998年にベルファスト合意に基づいて和平合意が行われ、2017年の映画公開時点では紛争は終結している。
主人公のクァンが過去に所属していた部隊として、劇中に登場するアメリカ陸軍省名義の彼に関する資料の中で触れられている。また、この資料の中では「ARVN」や、「捕虜とされた(CAPTURED)」との記載もあり、さらにクァンが傷の治療のために上半身裸になった際にいくつもの切り刻まれた傷跡があることから、彼が捕虜となった後で北ベトナム側から苛烈な拷問を受けていたことが示唆されている。なお、劇中ではクァンの古巣について「米軍特殊部隊」ともされているが、ベトナム戦争当時のARVNは同盟国軍のアメリカ陸軍側から派遣された軍事顧問の援助を受けており、劇中での表現は決して間違ってはいない。ただし劇中ではクァンは中華人民共和国広西チワン族自治区出身となっており、どのような経緯でベトナム共和国陸軍特殊部隊に入ったかについては説明されていない。
なお、原作では主人公はニューエン・ニョク・ミンという中国系ベトナム人で、ヴェトコンのゲリラ兵として殺人技術を身につけたが、父親が内輪もめで殺されたのをきっかけに南ベトナム軍に投降。米軍の特殊部隊で活動するが、「戦争が終わったらアメリカに逃してやる」という約束が米軍撤退時に反故にされ、北ベトナム軍の捕虜になって拷問される。何年か後に家族と再会してボートで亡命しようとするが、海上でタイの海賊に襲われて、13歳の双子の娘たちを目の前でさらわれ、自分も撃たれたという設定である[8][9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]