ラッシュアワー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラッシュアワー
Rush Hour
監督 ブレット・ラトナー
脚本 ジム・コーフ
ロス・ラマンナ
製作 ロジャー・バーンバウム
アーサー・サルシキアン
ジョナサン・グリックマン
製作総指揮 ジェイ・スターン
出演者 ジャッキー・チェン
クリス・タッカー
音楽 ラロ・シフリン
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 マーク・ヘルフリッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年9月18日
日本の旗 1999年1月23日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $33,000,000[1]
興行収入 $141,186,864[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$244,386,864[1] 世界の旗
配給収入 12億円[2] 日本の旗
次作 ラッシュアワー2
テンプレートを表示

ラッシュアワー』(Rush Hour)は1998年に公開されたアメリカ映画

概要[編集]

本作はジャッキー・チェンが出演した米国映画で初めて米国国内での興行収入が1億ドルを突破した作品で[3]、ジャッキーとクリス・タッカーが共演した刑事コンビ映画であり、コメディとアクションを交えた構成となっている。

コメディのセリフの滑稽さを表現するために日本語字幕監修にナインティナインが起用されている。

『ラッシュアワー』シリーズを通して劇中にビーチボーイズの"カルフォルニア・ガールズ"が使われている。また、エドウィン・スターの「War」が一種のテーマソングとして使用されており、1、3ではエンディングシーンなど、2では劇中予告で使われている。

2014年10月1日、ワーナー・ブラザース・テレビジョンがテレビドラマ化の企画を発表した。2016年3月31日よりアメリカCBSにてブレット・ラトナーが製作総指揮を務めるリメイク版『ラッシュアワー英語版』の放送が開始するが、5月17日にシーズン1での放送打ち切りが決まったとことが判明した[4]

ストーリー[編集]

香港警察のリー警部は、香港政庁のハンと協力して、香港マフィアのジュン・タオから美術品の奪還に成功する。2か月後、在ロサンゼルス中国総領事となっていたハンは、ジュン・タオに誘拐された娘スー・ヤンを取り返すため香港からリーを呼び出す。しかし、捜査を担当するFBIのラス捜査官は余所者のリーの参加に難色を示し、リーを捜査に介入させないためにロサンゼルス市警察に彼の監視を依頼する。市警のディール警部は、独断で爆弾の密売人を検挙するために騒動を起こして停職処分を受けていたカーターにリーの監視を押し付ける。

自分が馬鹿にされていると感じたカーターは、FBIや市警の同僚を見返すため独断で捜査を始め、中国人グループが銃や爆弾を買い漁っていることを突き止める。一方、カーターの監視を振り切ったリーは総領事館に向かいハンと面会し、遅れて到着したカーターと共に捜査に加わる。その直後に、ジュン・タオの部下サンから身代金の要求の電話がかかり、逆探知して居場所を突き止めたラスは捜査官を率いて街中のビルに急行する。しかし、ビルの中には誰もおらず、捜査官たちはサンが仕掛けた爆弾によって全滅する。リーとカーターはサンを発見して追跡するが、コンビネーションの乱れから取り逃がしてしまう。

カーターはサンが現場に落とした機械が爆弾のリモコンであると知り、市警の留置所に向かい自分が検挙した爆弾密売人のクライブから爆弾の買い手の情報を聞き出す。二人はクライブからの情報を頼りに中華街の中華料理店に潜入するが、ジュン・タオに見付かってしまい店内で乱闘になった挙句、ジュン・タオに逃げられてしまう。乱闘騒ぎのせいで身代金の受け渡しに失敗したため、二人は捜査から外されリーは香港に帰国を命じられてしまう。しかし、カーターはリーを説得して操作を続行し、身代金の受け渡し場所である中国博覧会の会場に潜入する。

会場に潜入したカーターは、会場に居合わせた香港警察のトーマス・グリフィン警視長が、中国料理店で見かけた男と同一人物であり、彼がジュン・タオであると確信して騒ぎを起こす。正体が露見したグリフィンはスー・ヤンを人質にするが、カーターに奪還されFBIと彼の部下が銃撃戦を始める。グリフィンはラスから身代金を奪い逃亡用のヘリがある屋上に向かうが、追ってきたリーと揉み合いになり転落死する。事件の解決後、カーターはラスからFBIに勧誘されるが断り、休暇を過ごすためにリーと共に香港行きの飛行機に乗り込む。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(ソフト版/機内版)

評価[編集]

本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。最終的にアメリカでは1億4,000万ドル、世界では2億4,400万ドルの収益を上げた.[5][6]。また、Rotten Tomatoesでは60%の支持を得ており[7]Metacriticでは23件のレビューが寄せられ、60/100の評価となっている[8]ロジャー・イーバートはスタントマンを用いずにアクションシーンに挑んだジャッキー・チェンの演技を称賛し、同時にクリス・タッカーのコミカルな演技と合わさり効果的な作品になったと評価している[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Rush Hour (1998)”. Box Office Mojo. 2010年3月26日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁
  3. ^ [1]
  4. ^ 米CBS局、TVドラマ版「ラッシュアワー」シーズン1で放送終了を決定
  5. ^ Rush Hour”. boxofficemojo.com (1998年9月18日). 2006年6月25日閲覧。
  6. ^ Wolk, Josh (1998年9月28日). “Losers Take All”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,83742,00.html 2010年10月24日閲覧。 
  7. ^ Rush Hour (1998)”. Rotten Tomatoes. 2015年6月22日閲覧。
  8. ^ Rush Hour, Movie Reviews”. Metacritic. 2011年9月1日閲覧。
  9. ^ Ebert, Roger (1998年9月18日). “Rush Hour”. rogerebert.com. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19980918/REVIEWS/809180303/1023 2006年6月25日閲覧。 

外部リンク[編集]