プロテクター (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロテクター
The protector
威龍猛探
監督 ジェームズ・グリッケンハウス
脚本 ジェームズ・グリッケンハウス
製作 デヴィッド・チャン
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 ジャッキー・チェン
ダニー・アイエロ
音楽 ケン・ソーン
撮影 マーク・アーウィン
配給 香港の旗 ゴールデン・ハーベスト
アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 東宝東和
公開 香港の旗 1985年7月11日
日本の旗 1985年6月15日
アメリカ合衆国の旗 1985年8月23日
上映時間 96分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
広東語
テンプレートを表示

プロテクター』(原題:The protector、中国語題:威龍猛探)は、1985年製作のアメリカ香港合作映画。ジャッキー・チェン主演、ジェームズ・グリッケンハウス監督。

概要[編集]

バトルクリーク・ブロー』でアメリカで初進出したジャッキー・チェンが引き続いて主演した、アメリカ映画第2弾。香港のゴールデン・ハーベスト社とワーナー・ブラザースの合作として製作された。

ストーリー[編集]

強盗団との戦いで相棒を失ったばかりのニューヨーク市警の刑事ビリーは、あるファッションショーの警備を担当するが、ショー主宰者の娘ローラが何者かに誘拐され、香港へ連れ去られてしまった。

ビリーは新しい相棒ガローニと共に香港へ派遣されるが、香港の署長は二人に冷淡で協力が得られない。勝手に捜査を進めるビリーたちは、ローラをさらったのが香港マフィアのボス、コウであることを突き止める。

やがてビリーはローラを救出するも、入れ替わりにガローニが敵の手に落ちてしまった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ビリー・ウォン ジャッキー・チェン 石丸博也
ダニー・ガローニ ダニー・アイエロ 玄田哲章 青野武
ローラ・シャピロ ソーン・エリス 本田貴子 弘中くみ子
ハロルド・コー ロイ・チャオ 池田勝 笹岡繁蔵
サリー サリー・イップ 潘恵子
ソー・リン ムーン・リー 達依久子
スタン・ジョーンズ キム・バス 竹村拓
ベニー・ガルーチ ビル・ウォレス 田中正彦 徳丸完
ホワイトヘッド署長 リチャード・クラーク 田原アルノ 大木民夫
リー・ヒン ピーター・ヤン 仲野裕 藤本譲
本部長 ローナン・オケイシー 広瀬正志 北村弘一
ボブ・カントレル ロン・パラディ 相沢まさき 仲木隆司
  • ソフト版:DVD、BD収録
演出:市来満
  • フジテレビ版:初回放送1987年4月11日『ゴールデン洋画劇場』※エクストリーム・エディションBD収録

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

グリッケンハウス版とジャッキー版[編集]

ダーティハリー』のような作品を意図していたジェームズ・グリッケンハウス監督とジャッキー・チェンは撮影中から相当に反発し合っており、特にアクション関係の演出について2人は決定的に意見が食い違っていた[1]。このため作品の出来に不満なジャッキーが制作元のワーナーに詰め寄り、最終的にアジア圏で公開するバージョンについてはジャッキーが監督として修正を入れることを承諾させる。この行動に、ゴールデン・ハーベスト側のレイモンド・チョウ社長はワーナー社との契約違反となることを危惧したが、最終的には改訂のための費用は全てジャッキーが個人で捻出し、ジャッキー自身の責任において行うことで目をつぶっている。

作品の改訂権を得たジャッキーは直ちに脚本の改訂を行い、出演者たちを再び集め、さらには新たな登場人物を追加し、ほとんどのアクションシーンをジャッキーが監督して撮り直しを行い、グリッケンハウスが完成させたものと差し替えを行った。さらにジャッキーが「自分の作品に相応しくない」として、ダーティハリー風に口汚く罵るような台詞のシーンや、敵の秘密工場で全裸のままで稼働する女性工員のシーンなどを悉くカットしている。こうして本作には、欧米圏で公開されたオリジナル版(グリッケンハウス版)と、東南アジア圏で公開されたジャッキー版の2種類が存在することになった。

結果としては、オリジナル版はジャッキー本人にとっては大変不満なできあがりでアクションカットも平凡な作りだが、アメリカ映画として見るならば統一感のある作品に仕上がっており、ジャッキー版はアクションシーンは見事なリテイクとなっているものの、グリッケンハウスとジャッキーの演出が混合し、さらに英語音声(オリジナル版から残ったシーン)と広東語音声(ジャッキーがリテイクしたシーン)が混在するなど、継ぎ接ぎで作られた印象が強い。[要出典]

本作のビデオやDVDソフトについて、オリジナル版はアメリカを中心にソフト化されているが、それ以外の国では主にジャッキー版を発売している。オリジナル版の発売国は少なく、レアな作品としてかえってジャッキーのマニアにとっては支持の多い珍品となった。[要出典]

日本で発売されたDVD[編集]

スパイク版[編集]

ジャッキー版。87分(PAL早送り)。広東語5.1ch、北京語5.1ch。4:3レターボックス、ビスタサイズ。オリジナル予告編、サイクロンZ、スパルタンX予告編収録。片面1層。

ユニバーサル版[編集]

「成龍 ジャッキー・チェン アクション・ヒストリーDVD-BOX」内のみ収録。
グリッケンハウス版。95分。英語ドルビー6.1ch、dts-ES。16:9ビスタサイズ。オリジナル、最新版、日本版予告編収録。デジタル・リマスター版。片面2層。

脚注[編集]

  1. ^ 『I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔』 近代映画社

外部リンク[編集]