サンダーアーム/龍兄虎弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンダーアーム/龍兄虎弟
龍兄虎弟
The Armour of God
監督 ジャッキー・チェン
脚本 エドワード・タン
バリー・ウォン
ロー・キン
シト・チクホン
ジョン・シェパード
製作 レナード・ホー
チュア・ラム
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 ジャッキー・チェン
アラン・タム
ロザムンド・クワン
音楽 マイケル・ライ
撮影 ボブ・トンプソン
ピーター・ニョール
アーサー・ウォン
アブドル・モハメッド・ラムジャン
チャン・ユージョ
配給 香港の旗 ゴールデン・ハーベスト
日本の旗 東宝東和
公開 香港の旗 1987年1月17日
日本の旗 1986年8月16日
上映時間 98分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
製作費 $15,000,000
興行収入 $35,469,408 香港の旗
次作 プロジェクト・イーグル
テンプレートを表示
サンダーアーム/龍兄虎弟
各種表記
繁体字 龍兄虎弟
簡体字 龙兄虎弟
拼音 Lóng Xiōng Hǔ Dì
注音符号 ㄌㄨㄥˊㄒㄩㄥㄏㄨˇㄉㄧˋ
発音: ロンシィォンフーディ
広東語拼音 Lung4 Hing1 Fu2 Dai6
英文 Armour of God
テンプレートを表示

サンダーアーム/龍兄虎弟』(サンダーアーム りゅうけいこてい、原題:龍兄虎弟、英語題:The Armour of God)は、1986年香港で制作され、同年8月に日本で公開されたジャッキー・チェン主演のアクション映画

概要[編集]

ストーリー[編集]

数千年前、世界中に散逸した5種の神の武器を集め、世界を支配しようと企む邪教集団。彼らは冒険家アジアの鷹ことジャッキーを利用しようと企む。

そこで彼らはジャッキーの親友アランの恋人ローラを誘拐し、ジャッキーに協力を要求する。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ版 テレビ朝日版
アジアの鷹・ジャッキー ジャッキー・チェン 石丸博也
アラン アラン・タム 森川智之 関俊彦 堀内賢雄
ローラ ロザムンド・クワン 日野由利加 佐々木るん 岡本麻弥
メイ ローラ・フォルネル 園崎未恵 土井美加 勝生真沙子
バノン伯爵 ボジダール・スミルジャニック 金尾哲夫 阪脩 内田稔
魔王 ケン・ボイル 樋浦勉 安田隆 内海賢二
教団長 ジョン・ラダルスキー 塾一久 飯塚昭三 青野武
なお、テレビ朝日版とフジテレビ版でそれぞれ主題歌が異なっている(テレビ朝日版ではアラン・タムの「ローレライ(Lorelei)」が使用されたが、フジテレビ版ではジャッキー・チェンの「フライト・オブ・ザ・ドラゴン」である。)

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:レイモンド・チョウ
  • 製作:レナード・ホー、チュア・ラム
  • 監督/武術指導:ジャッキー・チェン
  • 原案/監督補:エリック・ツァン
  • 脚本:エドワード・タン、バリー・ウォン、ロー・キン
  • 音楽:マイケル・ライ
  • 武術指導クルー:ジャッキー・チェン・スタントチーム(成家班)、ユエン・チョンヤン、ラウ・カーウィン

作品解説[編集]

冒頭の木から木へ飛び移るシーンの撮影中(2テイク目)、捕まった木が折れてジャッキーが落ちてしまうハプニングが起きた。その際にジャッキーは頭蓋骨骨折の大怪我を負ってしまった。日本では「ジャッキーチェン死亡か?」とささやかれた。冒頭のシーンでジャッキーの髪の毛が一瞬で長くなっているが、それは手術のために坊主になったのと、事故の傷跡を隠すためと言われている。なお、ジャッキーはこの事故による後遺症で左耳がほぼ聞こえなくなってしまった。

当初の監督はエリック・ツァンだったが、ジャッキーの事故からの復帰後はスケジュールの都合でジャッキー自身が監督に交代した。また、ジャッキーの事故のため、当初は出演予定であったシンシア・ロスロックローラ・フォルネルに交代した。

主題歌[編集]

  • 本作には通常版の他、再公開版があり、主題歌が異なる。
通常版
  • 「暴風女神Lorelei」アラン・タム
  • 「Friend of mine」アラン・タム&ジャッキー・チェン
再公開版
  • 「再越新高峯」(広東語)ジャッキー・チェン
  • 「フライト・オブ・ザ・ドラゴン」(「再越新高峯」の英語歌詞)ジャッキー・チェン

エピソード[編集]

ジャッキーは、撮影で使っている三菱ミラージュスパイダーを気に入り、撮影が終了したらその車を貰う約束をしていたが、

スタント用車両と貰う予定の装置が可動する車両を間違え、スタッフがカースタントの際に貰う予定の車両を爆発させてしまったという。

ちなみに、スタント用車両は現在、三菱自動車の岡崎技術センターに動態保管されている(一般公開はされていない)

シリーズ[編集]

本作の主人公「アジアの鷹」を主人公としたシリーズ作。

外部リンク[編集]