金尾哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かなお てつお
金尾 哲夫
本名 金尾 哲夫
かなお てつお
生年月日 (1950-09-29) 1950年9月29日(68歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm
職業 俳優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画アニメ吹き替え
活動期間 1977年[1] -
所属劇団 劇団昴

金尾 哲夫(かなお てつお、1950年9月29日[2][3] - )は、日本男性俳優[2]声優[3]。本名は同じ[4]東京都出身[2][3]。身長173cm[2]慶應義塾大学商学部卒業[5]劇団昴所属[6]

人物[編集]

慶應義塾大学商学部卒業後[5]劇団雲の研究生を経て、1977年劇団昴に所属する[1][7]。以降俳優として舞台テレビドラマに出演するほか、30代の頃より声優としても洋画吹き替えを中心に活躍している[7]

悪役が多く、本人も「演じていて楽しい」と発言している[8][7]。特に『ハピネスチャージプリキュア!』で演じたナマケルダや『仮面ライダービルド』で演じたブラッドスタークのようなひねくれた悪役を好んでいる[7]

本人曰く自身は「落ち着いて、紳士的で穏やかな人間」[8]や「優しい良い人」[7]と称している。

ゲームは昔『ボンバーマン』等をやった事があり、妻が『ボンバーマン』をやってるのを脇で見て楽しんだりしていた事があったが『ボンバーマン』以降はストップしておりやってはいないのだという[8]

ネットはやるが、インターネット通販は怖くて出来ないらしい[8]

既婚者であるが子供はいない[8][要検証]

父親は既に他界しているが、芝居好きで自身の舞台をよく見に来てくれていた[8]

同期には伊藤和晃牛山茂仲野裕などがいる[9]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

1978年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

劇場アニメ[編集]

1993年
1994年
2002年
2004年
2013年
2016年
  • 探偵オペラ 逆襲のミルキィホームズ 劇場版(モラン[15]

OVA[編集]

1992年
1993年
1998年
2004年

Webアニメ[編集]

2017年
2018年

ゲーム[編集]

1994年
1996年
  • 時空探偵DD 〜幻のローレライ〜(マッツォ・ベラスコーニ)
1997年
  • バウンダリーゲート(プレリアール公、アッシュ)
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2009年
2010年
  • テイルズ オブ グレイセス エフ(オイゲン、ガリード・オズウェル)
2012年
2013年
2015年
2017年
2018年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ウィル・パットン
ウィレム・デフォー
エド・ハリス
ゲイリー・ビジー
ジェフ・ゴールドブラム
ジョン・マルコヴィッチ
ピーター・ウェラー
ブライアン・クランストン

映画(吹き替え)[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1983年
1987年
1988年
2016年
2017年
  • 仮面ライダービルド(エボルト / ブラッドスターク / 仮面ライダーエボルの声、エボルドライバー関連アイテム音声)
2018年
2019年

ラジオドラマ[編集]

  • NHK-FM 青春アドベンチャー
    • 「着陸拒否」(1998年) - Dr.ラスティ
    • 「戦争童話集」(2002年)
    • 「バルト海の復讐」(2002年) - ギュンター
    • 「聖杯伝説」(2003年) - アーリーン・コーイ

ボイスオーバー[編集]

ナレーション[編集]

その他コンテンツ[編集]

  • 変身ベルト DXエボルドライバー(2018年5月12日、玩具)システム音声

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「演出家・出演者プロフィール」、『1989年 劇団昴公演 『セールスマンの死』パンフレット』、現代演劇協会、1989年6月、 8頁。
  2. ^ a b c d 金尾哲夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月25日閲覧。
  3. ^ a b c 『日本音声製作者名鑑2007』 小学館2007年3月25日、35頁。ISBN 978-4-09-526302-1
  4. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 105頁
  5. ^ a b 『新劇便覧 1984』 演劇雑誌「テアトロ」、1983年12月、105頁。
  6. ^ 劇団昴連名”. 劇団昴公式ホームページ. 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 「キャッチ・ザ・ボイス 金尾哲夫」、『宇宙船』vol.160(SPRING 2018.春)、ホビージャパン2018年4月1日、 40-41頁、 ISBN 978-4-7986-1670-4
  8. ^ a b c d e f ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ6。
  9. ^ 宮本充 (2010年3月27日). “6人の同期”. 宮本充のきまぐれ週報. 2012年2月12日閲覧。
  10. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  11. ^ TVアニメ『GANGSTA.』公式サイト”. 2014年12月9日閲覧。
  12. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」公式サイト. 2015年7月3日閲覧。
  13. ^ スタッフキャスト”. TVアニメ「舟を編む」公式サイト. 2016年9月8日閲覧。
  14. ^ ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  15. ^ キャスト/スタッフ”. 探偵オペラ 逆襲のミルキィホームズ 劇場版. 2016年1月8日閲覧。
  16. ^ CHARACTER サブキャラクター”. ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】公式サイト. 2012年5月16日閲覧。
  17. ^ Products”. ドラマCD『GANGSTA.』公式サイト. 2014年7月10日閲覧。
  18. ^ トータル・リコール”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  19. ^ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス”. ふきカエル大作戦!!. 2017年5月12日閲覧。
  20. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  21. ^ GODZILLA ゴジラ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月5日閲覧。
  22. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  23. ^ S.W.A.T.”. 日曜洋画劇場. 2016年7月16日閲覧。
  24. ^ “話題のふきカエ ジャスティス・リーグ”. ふきカエル大作戦!!. (2017年11月28日). http://www.fukikaeru.com/?p=8265 2017年11月28日閲覧。 
  25. ^ ラストサムライ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  26. ^ 劇団昴マネージメント部の2016年3月4日のツイート”. Twitter. 2016年3月6日閲覧。
  27. ^ toei_riderBUILDのツイート(1005993376309600257)
  28. ^ “「仮面ライダービルド」新世界が舞台のVシネ「仮面ライダークローズ」、主役は万丈だ”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/296860 2017年8月27日閲覧。 

外部リンク[編集]