金尾哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かなお てつお
金尾 哲夫
プロフィール
本名 金尾 哲夫[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1950-09-29) 1950年9月29日(73歳)
血液型 O型[3]
職業 俳優声優
事務所 劇団昴[2]
配偶者 あり
公式サイト 金尾哲夫|劇団昴
公称サイズ(時期不明)[4]
身長 / 体重 172 cm / 71 kg
俳優活動
活動期間 1977年[5] -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優活動
活動期間 1978年 -
ジャンル 吹き替えアニメゲーム
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

金尾 哲夫(かなお てつお、1950年9月29日[4][6] - )は、日本俳優[4]声優[6]東京都出身[4][6][7][2]劇団昴所属[2]

略歴[編集]

慶應義塾大学商学部[8]在学中に当時は日本の学生運動だったこともあり、「就職はいけないんだ。」と考えていた[9]。しかし大学4年生の時に周囲が就職活動をしており、「どうしようかな」と考えていた[9]。その時にある店で知り合って付き合っていた女性が、劇団の芝居を見たことあったことから東京都港区六本木の地下で活動していた劇団を見に行って感銘を受けて役者を志す[9]。同大学商学部卒業後[8]劇団雲の研究生を経て、1977年劇団昴に所属する[5][10][7]。以降俳優として舞台テレビドラマに出演するほか、30代のころより声優としても洋画吹き替えを中心に活躍している[10][7]

同期には伊藤和晃牛山茂仲野裕などがいる[11]

人物[編集]

洋画の吹き替えや劇団の舞台などでは悪役が半分以上で、本人も「演じていて楽しい」「最後の最後にやられる瞬間が快感」と発言している[10][12][7]。特に『ハピネスチャージプリキュア!』で演じたナマケルダや『仮面ライダービルド』で演じたブラッドスタークのようなひねくれた悪役を好んでいる[10]吹き替えではウィル・パットンジョン・マルコヴィッチを主に担当している。

本人曰く自身は「落ち着いて、紳士的で穏やかな人間」[12]や「優しい良い人」[10]と称している。

趣味はギター[4]

ゲームは昔『ボンバーマン』などをやったことがあり、妻が『ボンバーマン』をやっているのを脇で見て楽しんだりしていたことがあったが『ボンバーマン』以降はストップしており、やってはいないのだという[12]

インターネットはやるが、インターネット通販は怖くてできないらしい[12]

父親は既に他界しているが、芝居好きで自身の舞台をよく見に来てくれていた[12]

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

1978年
1983年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
  • 名探偵コナン(1997年 - 2012年、村瀬、梶村洋介、亀岡丈二、板倉創、大東幹彦、後藤警部、福地明歳)
  • 烈火の炎(磁生)
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

劇場アニメ[編集]

1993年
1994年
2002年
2004年
2013年
2016年
2021年

OVA[編集]

1992年
1993年
1998年
2004年
2013年
2018年
2020年
2022年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1994年
1996年
1997年
  • バウンダリーゲート(プレリアール公、アッシュ)
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2009年
2010年
  • テイルズ オブ グレイセス エフ(総統、オズウェル)
2012年
2013年
2015年
2017年
2018年
2019年
2020年
2023年
2024年
  • 金色のガッシュベル!! 永遠の絆の仲間たち(リュック[29]

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • NHK-FM 青春アドベンチャー
    • 「着陸拒否」(1998年) - Dr.ラスティ
    • 「戦争童話集」(2002年)
    • 「バルト海の復讐」(2002年) - ギュンター
    • 「聖杯伝説」(2003年) - アーリーン・コーイ

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アーノルド・ヴォスルー
  • ダークマン2(ペイトン・ウェストレイク)※VHS版
  • ダークマン3(ペイトン・ウェストレイク)
  • ハード・ターゲット(ヴァン・クリーフ)※ソフト版
ウィル・パットン
ウィレム・デフォー
エド・ハリス
カート・ラッセル
グレッグ・ヘンリー
ゲイリー・グラッブス
ゲイリー・ビジー
コービン・バーンセン
コルム・フィオール
ジェフ・ゴールドブラム
ジョー・パントリアーノ
ジョー・モートン
ジョン・マルコヴィッチ
チャールズ・ダンス
ピーター・ウェラー
ブライアン・クランストン
マイケル・マドセン
  • 刺青 BLUE TIGER(銃の店員)
  • ストレート・トーク/こちらハートのラジオ局(スティーヴ)
  • レザボア・ドッグス(ミスター・ブロンド/ヴィック・ベガ)


映画(吹き替え)[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

1980年
1983年
1987年
1988年
2016年
2017年
  • 仮面ライダービルド(2017年 - 2019年、エボルト / ブラッドスターク / 仮面ライダーエボルの声、エボルドライバーシステム音声) - 6作品[注 1]

映画[編集]

舞台[編集]

1981年
  • もしもあの時……(ジャック・チェスニー)
1982年
1983年
1984年
1985年
  • 島清、世に敗れたり(1985年 - 1986年、橋場忠三郎)
  • 夏の夜の夢(1985年 - 2006年、シーシアス、シーシアス、オーベロン)
1986年
1987年
  • アズ・イズ
1988年
  • 世阿彌
1989年
1990年
1991年
  • 寺院の殺人(誘惑者、騎士)
1992年
  • STEP!-ふんだりけったり-(トリストラム・ワトソン)
1993年
1994年
1995年
  • ザ・カヴァルケイダーズ(テリー)
1996年
  • 愛の讃歌(ルイ・バリエ)
1997年
  • 十二夜(オーシーノー)
  • 戦後一幕物傑作選「秋の歌」
1998年
1999年
  • スィート・パニック(ボルトン)
1999年
2000年
  • 罪と罰(ルージン)
  • 友達と恋人と(オッターヴィオ)
2001年
2002年
2004年
  • 日々の敵
2008年
2009年
  • サウンド・オブ・サイレンス
  • 隣で浮気?(フランク・フォスター)
2010年
  • 木の皿(フロイド・デニソン)
  • 東京坊ちゃん(夏目漱石)
  • 瑠璃の壺
2011年
  • ミュージカル パパからもらった宝もの(2011年 - 2016年)
2012年
  • 石棺-チェルノブイリの黙示録-(セルゲイエフ)
  • ミュージカル しあわせの青い鳥
2013年
  • ハムレット・レポート
2014年
  • ラインの監視(2014年 - 2016年、テック)
2016年
2017年
  • ミュージカル 緑の村の物語
2018年
  • アシバー〜沖縄遊侠伝〜(宮下智)
  • 評決 The Verdict(ブロフィー司教)
2019年
  • ミュージカル 姫神楽
2021年
  • ミュージカル 小さな貴婦人

CM[編集]

ボイスオーバー[編集]

ナレーション[編集]

玩具[編集]

  • 変身ベルト DXエボルドライバー(2018年5月12日) - システム音声
  • DXマッスルギャラクシーフルボトル[注 2](2019年4月24日、玩具) - システム音声

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『仮面ライダービルド』(2017年)、『ハザードレベルを上げる 7つのベストマッチ』『ROGUE』『劇場版 Be The One[47]仮面ライダープライムローグ』(2018年)、『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ[48](2019年)
  2. ^ Blu-ray / DVD『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ マッスルギャラクシーフルボトル版』付属。

シリーズ一覧

  1. ^ 第1期(2013年)、第2期『2』(2017年)
  2. ^ 第1期(2014年)、第2期『AVENGING BATTLE』(2014年)
  3. ^ 第1期(2015年)、第2期『THE LAST SONG』(2016年)
  4. ^ 『アレスの天秤』(2018年)、続編『オリオンの刻印』(2019年)
  5. ^ 第1クール(2019年)、第2クール(2019年)
  6. ^ 第1期(2019年)、第2期『STONE WARS』(2021年)、第3期『NEW WORLD』第1クール(2023年)、第3期『NEW WORLD』第2クール(2023年)
  7. ^ シーズン1/パート1・2(2019年)、シーズン2/パート1(2023年)

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 105頁
  2. ^ a b c d 金尾哲夫|劇団昴”. 劇団昴公式ホームページ. 2023年2月2日閲覧。
  3. ^ 金尾 哲夫”. 声優グランプリWEB. 声優名鑑. 主婦の友インフォス. 2023年10月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e 金尾哲夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月25日閲覧。
  5. ^ a b 「演出家・出演者プロフィール」『1989年 劇団昴公演 『セールスマンの死』パンフレット』、現代演劇協会、1989年6月、8頁。 
  6. ^ a b c 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、35頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  7. ^ a b c d e ビルド読本 2018, pp. 40–41, 「KAMEN RIDER BUILD VOICE ACTOR INTERVIEW 金尾哲夫」
  8. ^ a b 『新劇便覧 1984』演劇雑誌「テアトロ」、1983年12月、105頁。 
  9. ^ a b c 服部幸子の「おゆき語り」第1回”. YouTube. マダム路子チャンネル (2012年8月30日). 2022年12月15日閲覧。
  10. ^ a b c d e 「キャッチ・ザ・ボイス 金尾哲夫」『宇宙船』vol.160(SPRING 2018.春)、ホビージャパン、2018年4月1日、40-41頁、ISBN 978-4-7986-1670-4 
  11. ^ 宮本充 (2010年3月27日). “6人の同期”. 宮本充のきまぐれ週報. 2012年2月12日閲覧。
  12. ^ a b c d e ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ6。
  13. ^ character”. ∀ガンダムWeb. サンライズ. 2022年4月9日閲覧。
  14. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  15. ^ プピポー!: 作品情報”. アニメハック. 2024年3月9日閲覧。
  16. ^ TVアニメ『GANGSTA.』公式サイト”. 2014年12月9日閲覧。
  17. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」公式サイト. 2015年7月3日閲覧。
  18. ^ スタッフキャスト”. TVアニメ「舟を編む」公式サイト. 2016年9月8日閲覧。
  19. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2019年3月31日閲覧。
  20. ^ CHARACTER”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年9月25日閲覧。
  21. ^ キャラクター紹介”. 「ルパン三世vs名探偵コナン」製作委員会. 2022年5月12日閲覧。
  22. ^ ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  23. ^ キャスト/スタッフ|探偵オペラ 逆襲のミルキィホームズ 劇場版 - ウェイバックマシン(2017年3月31日アーカイブ分)
  24. ^ ヴィム・ジェターク”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  25. ^ 追加キャラクター第二弾解禁!!”. アニメ「ケンガンアシュラ」公式サイト. 2019年4月26日閲覧。
  26. ^ CHARACTER サブキャラクター”. ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】公式サイト. 2012年5月16日閲覧。
  27. ^ 『龍が如く7 光と闇の行方』新舞台となる横浜・伊勢佐木異人町の最大極道組織“横浜星龍会”の情報が公開。会長・星野龍平に迫る”. ファミ通.com. 2019年11月8日閲覧。
  28. ^ 「新キャラピックアップガチャ」開催中!”. ワールドフリッパー公式サイト. Cygames. 2020年5月17日閲覧。
  29. ^ "CAST(キャスト)". スマホ向けゲーム『金色のガッシュベル!!永遠の絆の仲間たち』(トキワズ)公式サイト. NEOWIZ. 2024年1月13日閲覧
  30. ^ Products”. ドラマCD『GANGSTA.』公式サイト. 2014年7月10日閲覧。
  31. ^ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス”. ふきカエル大作戦!!. 2017年5月12日閲覧。
  32. ^ 子役・新井美羽がNetflix『クリスマス・クロニクル』に吹替で参加”. CinemaCafe.net (2018年11月15日). 2018年12月31日閲覧。
  33. ^ レッド・ブレイク”. アメイジングD.C.. 2023年2月9日閲覧。
  34. ^ トータル・リコール”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  35. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  36. ^ GODZILLA ゴジラ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月5日閲覧。
  37. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  38. ^ S.W.A.T.”. 日曜洋画劇場. 2016年7月16日閲覧。
  39. ^ バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生”. ふきカエル大作戦!! (2016年3月25日). 2021年9月25日閲覧。
  40. ^ “話題のふきカエ ジャスティス・リーグ”. ふきカエル大作戦!!. (2017年11月28日). http://www.fukikaeru.com/?p=8265 2017年11月28日閲覧。 
  41. ^ ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年9月21日). 2021年9月25日閲覧。
  42. ^ ザ・フラッシュ -日本語吹き替え版”. 吹替キングダム (2023年11月2日). 2023年11月2日閲覧。
  43. ^ “ドクター・スリープ”. ふきカエル大作戦!!. (2020年3月3日). https://www.fukikaeru.com/?p=13455 2020年3月4日閲覧。 
  44. ^ ラストサムライ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  45. ^ 登場人物”. 薔薇の名前. NHK. 2019年12月1日閲覧。
  46. ^ 劇団昴マネージメント部の2016年3月4日のツイート”. Twitter. 2016年3月6日閲覧。
  47. ^ toei_riderBUILDのツイート(1005993376309600257)
  48. ^ “「仮面ライダービルド」新世界が舞台のVシネ「仮面ライダークローズ」、主役は万丈だ”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/296860 2017年8月27日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK BUILD BEST MATCH CREATION [仮面ライダービルド 公式完全読本]』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2018年12月25日。ISBN 978-4-7986-1837-1 

外部リンク[編集]