佐藤じん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤祐基から転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「佐藤汛」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
さとう じん
佐藤 汛
本名 佐藤 祐基(さとう ゆうき)
別名義 佐藤 智仁(さとう ともひと)
生年月日 1984年2月22日(31歳)
出生地 日本の旗 日本東京都品川区
身長 178 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
活動期間 2005年 -
活動内容 デビュー作:『ごくせん
事務所 エヴァーグリーン・エンタテイメント
公式サイト 佐藤汛オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーカブト
白と黒
ギラギラ
ヴォイス〜命なき者の声〜
アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜

佐藤 汛(さとう じん、1984年2月22日 - )は、日本俳優。旧芸名および本名、佐藤 祐基(さとう ゆうき)。一時、佐藤 智仁(さとう ともひと)の芸名も使用していた。

東京都品川区出身。2010年3月よりエヴァーグリーン・エンタテイメント所属。かつてはトップコートに所属していた。

略歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • オーディションを受けたキッカケは、本人曰く「有名になりたい」という願望が強いのと、幼い頃から役者に興味があり、なりたいと思っていたが、その当時はプロ野球選手を目指すも「なれない」と諦める。その時に役者になりたいという思いが再び出始め、なることを決意。インターネットで検索したオーディションに応募[4]し、トップコートのオーディションで合格した。
  • 幼少時代に見ていた仮面ライダーは『仮面ライダーBLACK』と『仮面ライダーBLACK RX[4]
  • 幼少の頃は本人曰く「自然の中で育った子供」。両親がスポーツをしていた影響からか、自身もスポーツが趣味・特技。高校時代は野球部所属。[4]
  • 好きな役者は堤真一江口洋介[4]
  • 『仮面ライダーカブト』で共演した水嶋ヒロ加藤和樹とは「仕事抜きで親友」と言うほど、プライベートでもとても仲が良い[5]。また、水嶋ヒロとは過去に『ごくせん』で共演しており、その頃からの親友同士でもある[6]。『カブト』で一緒にいることが多かった山口祥行永田杏奈とは三人でファミレスに行くなど仲が良い[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

佐藤祐基 名義
佐藤智仁 名義
佐藤汛 名義

映画[編集]

佐藤祐基 名義
佐藤智仁 名義

舞台[編集]

  • ブラウニング・バージョン(2005年10月20日 - 30日)ピーター・ギルバート 役
  • キサラギ(2009年4月9日 - 19日)安男 役
  • オサエロ(2010年8月26日 - 30日)
  • 朗読劇 私の頭の中の消しゴム(2010年9月)
  • 十二人の怒れる人々(2011年1月26日 - 30日)
  • MOTHER マザー〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜(2011年9月25日)※秋田公演
  • SAKURA(2011年10月19日 - 24日)
  • オフィスインベーダー「方舟」(2011年9日 - 13日)
  • いい日、僕なり。(2012年6月13日 - 18日)
  • トロイラスとクレシダ(2012年8月17日 - 9月2日)
  • アバドンの巣窟(2013年7月19日 - 24日、AQUA studio)

PV[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

佐藤祐基 名義
佐藤汛 名義

その他[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  • LORD OF THE SPEED(2006年) - テレビドラマ『仮面ライダーカブト』挿入歌

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリコンスタイル“ギラギラ俳優”佐藤智仁が舞台降板 代役は渋江譲二”. 2008年12月4日閲覧。
  2. ^ 佐藤汛に改名しました。”. NEWS. エヴァーグリーン・エンタテイメント (2015年9月25日). 2015年10月3日閲覧。
  3. ^ 佐藤汛 (2015年9月25日). “汛。”. 佐藤汛オフィシャルブログ. 2015年10月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e 東映ヒーローネット 佐藤祐基インタビュー”. 2013年4月22日閲覧。
  5. ^ イケメンガレッジVol.21 佐藤智仁インタビュー”. 2013年4月24日閲覧。
  6. ^ 仮面ライダーカブト 佐藤祐基インタビュー”. 2012年4月24日閲覧。
  7. ^ 【レポート第14回】佐藤祐基さん(仮面ライダーガタック役)”. 2013年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]