稲葉友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いなば ゆう
稲葉 友
本名 同じ
生年月日 (1993-01-12) 1993年1月12日(28歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県相模原市
身長 175 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 2009年 - 現在
事務所 レプロエンタテインメント
公式サイト レプロエンタテインメントによるプロフィール
主な作品
ドラマ
仮面ライダードライブ
御曹司ボーイズ
映画
春待つ僕ら
ダウト-嘘つきオトコは誰?-
テンプレートを表示

稲葉 友(いなば ゆう、1993年1月12日 - )は、日本俳優ラジオパーソナリティー神奈川県相模原市出身[2]レプロエンタテインメント所属。身長175cm。

略歴[編集]

人物[編集]

エピソード[編集]

高校時代の担任、および所属していたハンドボール部の顧問は、俳優の頃に『魔法戦隊マジレンジャー』でヒカル / マジシャイン役だった市川洋介だったため、実はライダーよりも戦隊ヒーローが好きだった[6]

『仮面ライダー ドライブ』関連[編集]

  • 稲葉は『ドライブ』出演以前にも毎年仮面ライダーのオーディションを受けていて最終選考まで残ったこともあり[7][8]、『ドライブ』主演の泊進ノ介役オーディションにも参加していた[9]。チーフプロデューサーの大森敬仁は起用の理由として、芝居的・人間的に成長したことを挙げており[8]、進ノ介役オーディションの時とは人が変わったようであったと述べている[9]
  • 番組後半での剛の演技では、設定を知らされたのみで含みのある演出の中で感情表現も要求され、苦心したが勉強になったとしている[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

※ゲスト出演はのぞく

映画[編集]

Webドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 灼熱の闘牌録!鉄火場のシン 卓上に賭けた絆(2014年9月3日発売、ビデオプランニング)
  • ドライブサーガ
    • ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー(2016年、東映) - 詩島剛 / 仮面ライダーマッハ 役
    • ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート(2016年、東映) - 主演・詩島剛 / 仮面ライダーマッハ

ドラマCD[編集]

  • ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ夢想伝(2016年) - 主演・詩島剛

PV[編集]

ラジオ[編集]

イベント[編集]

舞台[編集]

  • Knocturn『真田十勇士〜ボクらが守りたかったもの〜』(2011年12月2日 - 11日、天王洲銀河劇場) - 主演・猿飛佐助
  • KIRA 〜赤穂事件推理帳〜(2012年2月1日 - 6日、エアースタジオ
  • パルコ・プロデュース『露出狂』[36](2012年7月26日 - 8月4日、パルコ劇場 / 8月27日、日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール / 8月29日、森ノ宮ピロティホール) - 香森 役
  • GROW -愚郎-(2012年11月2日 - 4日、恵比寿・エコー劇場) - 主演・村上敦
  • レンタル彼女(2012年11月28日 - 12月2日、中野ザ・ポケット)
  • GORCH BROTHERS PRESENTS『飛龍伝』(2013年1月23日 - 27日、本多劇場[37]
  • 疾走ライダー(2013年3月15日 - 20日、新宿SPACE107) - 卓三 役
  • 劇団たいしゅう小説家 Present's『ルカルカナイトフィーバー』 〜ダル谷やんと三銃士〜 秋原台定時制高校編(2013年5月15日 - 19日、萬劇場) - 主演・谷口幸男(ダル谷やん)
  • 『パニ☆ホス』劇団「PU-PU-JUICE」主宰(2013年8月1日 - 11日、新宿SPACE107) - 内藤一人 役
  • TAKUMA FESTIVAL JAPAN第1弾公演『晩餐』(2013年10月3日 - 27日、サンシャイン劇場 / 10月31日 - 11月4日、名鉄ホール / 11月6日、アステールプラザ大ホール / 11月9日・10日、キャナルシティ劇場 / 11月14日 - 17日、道新ホール / 11月21日、富山県教育文化会館 / 11月23日、りゅーとぴあ・劇場 / 11月30日、電力ホール / 12月2日 - 8日、森ノ宮ピロティホール
  • Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜(2014年5月14日 - 18日、青山円形劇場) - 主演・彼(イーブ) 役(Wキャスト)
  • なかやざき『フランダースの負け犬』(2014年7月10日 - 21日、シアターサンモール) - ビューロウ大将 役
  • ウォーキング・スタッフプロデュース『304』(2014年11月22日 - 30日、下北沢シアター711) - デンパ(秋山) 役
  • すべての四月のために(2017年11月11日 - 29日、東京芸術劇場プレイハウス / 12月8日 - 13日、ロームシアター京都サウスホール / 12月22日 - 24日、北九州芸術劇場大ホール) - 高田太平 役
  • リーディングドラマ『シスター』(2018年12月19日、よみうり大手町ホール)
  • エダニク(2019年6月22日 - 7月15日、浅草九劇)
  • 母を逃がす(2020年5月7日 - 25日、Bunkamuraシアターコクーン / 6月上旬、大阪公演)※公演中止
  • ぼくの名前はズッキーニ(2021年2月28日 - 3月14日、よみうり大手町ホール / 3月19日 - 21日、COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール) - シモン 役[38]
  • マーダーミステリーシアター『演技の代償』(2021年7月17日、配信公演)
  • ともだちが来た (2021年10月27日 - 11月7日、浅草九劇)

ゲーム[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • アベイル(Avail) イメージモデル
  • Ground Y ☓ MASKED RIDER 2018-19AW Collection キービジュアルモデル
  • DXシフトライドクロッサー&シフトハートロン(2016年11月、玩具) - 詩島剛 役

ディスコグラフィ[編集]

書籍[編集]

  • 稲葉友ファースト写真集「通り道」(2015年9月18日、主婦と生活社ISBN 978-4-391-14762-9

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年7月17日から8月21日までFODで配信されたウェブドラマの地上波放送。
  2. ^ 仮面ライダーマッハ(声) 役のみ

出典[編集]

  1. ^ 稲葉友 | LesPros Entertainment
  2. ^ a b c “「マルチ」をめざすスターの原石”. タウンニュース. (2010年2月11日). http://www.townnews.co.jp/0303/2010/02/11/18238.html 2010年11月25日閲覧。 
  3. ^ “ジュノン・スーパーボーイ 高校2年の稲葉友さんがグランプリ イモトも「イチコロ」”. 毎日jp. (2009年11月23日). http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200911/23_2/index.html 2010年11月25日閲覧。 
  4. ^ a b “稲葉友、連ドラ初主演 『ひぐらしのなく頃に』前原圭一役”. ORICON STYLE. (2016年3月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2068547/full/ 2016年3月16日閲覧。 
  5. ^ “ジュノン・スーパーボーイグランプリの稲葉友、初々しい笑顔で母性本能を刺激しまくり!!”. シネマトゥデイ. (2010年1月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0022025 2021年7月17日閲覧。 
  6. ^ 劇場版「仮面ライダードライブ」「手裏剣戦隊ニンニンジャー」特集 (2/3) - 映画ナタリー Power Push
  7. ^ 宇宙船2015年1月号インタビュー[要ページ番号]
  8. ^ a b 「[対談]大森敬仁×望月卓」『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン、2015年10月1日、 pp.66-67、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  9. ^ a b 超全集 2015, pp. 104–105, 「三条陸(脚本)×大森敬仁(東映プロデューサー)×望月卓(東映プロデューサー)」
  10. ^ 超全集 2015, pp. 99–101, 「特状課のアフター5 「仮面ライダードライブ」メモリアル座談会」
  11. ^ 稲葉友“ウザい”新人編集者役に グルメドラマ『本棚食堂』に出演”. ORICON (2015年7月3日). 2015年7月3日閲覧。
  12. ^ “『夏樹静子サスペンス 光る崖』”. とれたてフジテレビ (フジテレビジョン). (2016年2月18日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160217-055.html 2016年2月19日閲覧。 
  13. ^ Inc, Natasha (2019年6月24日). “平祐奈、磯村勇斗出演「御曹司ボーイズ」が地上波放送、毎週2話ずつオンエア” (日本語). 映画ナタリー. 2019年6月30日閲覧。
  14. ^ 実写「サザエさん」稲葉友が21歳のイクラちゃん役で出演、学生起業しタラオ焦らす(コメントあり),映画ナタリー,2019年10月18日
  15. ^ “小説「破天荒フェニックス」がドラマ化、勝地涼、伊藤淳史、瀧本美織、稲葉友ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月14日). https://natalie.mu/eiga/news/355261 2019年11月14日閲覧。 
  16. ^ “稲葉友:小泉孝太郎主演ドラマで外来クラーク役 大和田伸也、磯野貴理子らも出演”. まんたんWEB (株式会社MANTAN). (2019年12月23日). https://mantan-web.jp/article/20191223dog00m200008000c.html 2020年1月20日閲覧。 
  17. ^ “小泉孝太郎『病院の治しかた』SPでコロナ禍の病院描く! 加藤シゲアキがゲスト”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20210626-1910668/ 2021年7月20日閲覧。 
  18. ^ 塩野瑛久・本田響矢ら、山口紗弥加と“マッチ”する年下イケメンキャスト一挙解禁<38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記>”. モデルプレス (2020年11月5日). 2020年11月6日閲覧。
  19. ^ 沢口靖子さん主演「小吉の女房2」制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年7月17日). 2020年7月20日閲覧。
  20. ^ “稲葉友『レンアイ漫画家』出演 年下教師役で吉岡里帆と恋の予感?”. ORICON NEWS. (2021年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2188502/ 2021年5月14日閲覧。 
  21. ^ フジテレビ・FOD「スイートリベンジ」
  22. ^ ドラマ「ギヴン」フジテレビで地上波放送、鈴木仁・さなり・井之脇海・柳俊太郎が出演”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  23. ^ “ドラマ「ハレ婚。」3人の妻を手に入れるハレ婚夫・龍之介役は稲葉友に決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年11月17日). https://natalie.mu/comic/news/453822 2021年11月17日閲覧。 
  24. ^ “劇場版「ジオウ」に稲葉友&クリス・ペプラー出演「ひとっ走りお付き合いください」”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/334753 2019年6月9日閲覧。 
  25. ^ 映画.com (2016年2月14日). “藤ヶ谷太輔×窪田正孝主演ドラマ「MARS」映画化決定!”. 2016年2月14日閲覧。
  26. ^ “知英&稲葉友がギターセッション!『私の人生なのに』予告&ポスター公開”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100868 2018年7月15日閲覧。 
  27. ^ “『春待つ僕ら』土屋太鳳主演で実写映画化 北村匠海、小関裕太ら共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2107077/full/ 2018年3月8日閲覧。 
  28. ^ “田中みな実:“年下彼氏”稲葉友からバックハグも 主演映画「ずっと独身でいるつもり?」の場面カット公開”. 毎日キレイ. (2021年8月30日). https://mainichikirei.jp/article/20210828dog00m100021000c.html 2021年8月31日閲覧。 
  29. ^ 映画「恋焦がれ歌え」”. 2021年9月8日閲覧。
  30. ^ 「花にけだもの」続編に青柳翔、篠田麻里子、稲葉友が参戦”. 映画ナタリー (2019年3月11日). 2019年3月12日閲覧。
  31. ^ Inc, Natasha. “「主夫メゾン」結木滉星 / 稲葉友 / 奥野壮 / 磯村勇斗 / 瀬戸利樹インタビュー - 映画ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 映画ナタリー. 2021年3月7日閲覧。
  32. ^ “鈴木仁主演のBLドラマ「ギヴン」に八木アリサ、奥野壮、小野寺晃良、稲葉友が出演”. 映画ナタリー. (2021年6月11日). https://natalie.mu/eiga/news/432002 2021年7月17日閲覧。 
  33. ^ “夏菜主演『スイートリベンジ』続編決定 小川紗良・莉子・稲葉友ら参戦”. マイナビニュース. (2021年8月16日). https://news.mynavi.jp/article/20210816-1947831/ 2021年8月16日閲覧。 
  34. ^ SHE’S 新曲「Spell On Me」 MVプレミア公開! キャスト稲葉友&小川あんからコメントも” (日本語). SHE’S (2021年6月3日). 2021年9月8日閲覧。
  35. ^ “稲葉友、ラジオレギュラー初挑戦「生活にそっと寄り添う番組に」”. ORICON STYLE. (2016年10月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2079311/full/ 2016年10月3日閲覧。 
  36. ^ パルコ劇場 - 露出狂
  37. ^ “GORCH BROTHERS PRESENTS「飛龍伝」 観劇レポート!”. e+(イープラス)Theatrix!. (2012年1月25日). http://etheatrix01.eplus2.jp/article/316159965.html 
  38. ^ “辰巳雄大主演「ぼくの名前はズッキーニ」 、孤独な少年の成長譚に「すごくワクワク」”. ナタリー. (2020年12月14日). https://natalie.mu/stage/news/408669 2021年7月21日閲覧。 
  39. ^ CHARACTER”. 仮面ライダー バトライド・ウォー 創世 公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2016年1月7日閲覧。
  40. ^ ボイス紹介”. 仮面ライダー ブットバソウル公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2018年9月5日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]