ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハードボイルド 新・男たちの挽歌
辣手神探
監督 ジョン・ウー
脚本 バリー・ウォン
製作 リンダ・クック
出演者 チョウ・ユンファトニー・レオンアンソニー・ウォン
音楽 マイケル・ギブス
撮影 ウォン・ウィンハン
公開 香港の旗 1992年4月16日
日本の旗 1992年10月31日
上映時間 127分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
テンプレートを表示

ハードボイルド 新・男たちの挽歌』(中国語: 辣手神探,英題:Hard Boiled)は、1992年制作の香港映画。監督はジョン・ウー、主演にはチョウ・ユンファ、準主役にトニー・レオンを迎えた香港の2大スターが競演している。

ストーリー[編集]

香港において暴力団組織の抗争が密輸された大量の銃器により激化していた、その密輸を阻止するべく香港警察の警部補ユン・テキーラ(チョウ・ユンファ)は捜査を行っていたが武器取引現場において同僚を失い更には潜入捜査をしていた刑事まで射殺してしまう。その頃図書館にて武器密輸組織の一員である男が何者かにより射殺される事件が発生する。その殺しの手際からみてプロの殺し屋と判断して捜査を開始するテキーラはホイ(クワン・ホイサン)の組織と対立するジョニー(アンソニー・ウォン)の組織に揺さ振りをかけるがトニー(トニー・レオン)と呼ばれる男と衝突することになるが・・・

概要[編集]

ジョン・ウー製作の映画の中でもかなり火薬量の多い銃撃戦を展開している当作品は、香港のみならず海外からも高く評価されている作品である。理由として序盤の4分半近くに及ぶ御茶屋での銃撃戦と、後半の病院での銃撃戦の迫力があげられる。前者は主人公とマフィア同士の抗争によって、民間人も容赦なく巻き添えを喰らうといったジョン・ウーが得意とする暴力の醜さを徹底的に現しているシーンである。

続編として、同じくジョン・ウー監督でゲーム「ストラングルホールド」が製作されている。

エピソード[編集]

まだ撮影当時、大阪を基盤とする俳優だった國村隼の抜擢は『ブラック・レイン』を観た監督の推薦だった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TV版
テキーラ チョウ・ユンファ 江原正士 大塚芳忠
トニー トニー・レオン 山寺宏一 松本保典
ジョニー アンソニー・ウォン 金尾哲夫 若本規夫
テレサ テレサ・モウ 佐藤しのぶ 冨永みーな
局長 フィリップ・チャン 原田一夫 屋良有作
ホイ クワン・ホイサン 峰恵研 堀勝之祐
コウ トン・ワイ 森川智之 堀内賢雄
ウー ジョン・ウー 塚田正昭
殺し屋 國村隼

外部リンク[編集]