シーズ・ソー・ラヴリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーズ・ソー・ラヴリー
She's So Lovely
監督 ニック・カサヴェテス
脚本 ジョン・カサヴェテス
製作 ルネ・クレイトマン
製作総指揮 ベルナール・ブーイ
ジェラール・ドパルデュー
ショーン・ペン
ジョン・トラボルタ
出演者 ショーン・ペン
ロビン・ライト・ペン
ジョン・トラボルタ
音楽 ジョセフ・ヴィタレッリ
撮影 ティエリー・アルボガスト
編集 ペトラ・フォン・オルフェン
製作会社 ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年8月27日
日本の旗 1998年3月21日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $7,281,450[2]
テンプレートを表示

シーズ・ソー・ラヴリー』(原題:She's So Lovely)は、1997年制作のアメリカ合衆国フランス恋愛映画ジョン・カサヴェテスが生前に執筆したシナリオを息子のニック・カサヴェテスが映画化。ショーン・ペンロビン・ライト・ペン(当時ショーンの妻)、ジョン・トラボルタらが出演、ジェラール・ドパルデューが製作総指揮に名を連ねている。

ショーン・ペンは第50回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した[3]

あらすじ[編集]

エディとモーリーンの夫婦は子供の誕生を間近に控えていたが、エディは重度のアルコール依存症放浪癖を抱えていた。

ある日、エディの留守中にモーリーンが隣人から暴行を受ける。それを知ったエディは怒りのあまり銃を手にして暴れ回り逮捕され、矯正施設に収容されてしまう。

10年後、施設を出所したエディはモーリーンのもとを訪ねるが、彼女はエディの収容中に離婚、ジョーイという資産家と再婚し、3人の子供の母親となっていた。

再会したエディとモーリーンは、お互いに激しく動揺する。再びよりを戻すべきか否かと。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エディ ショーン・ペン 池田秀一
モーリーン ロビン・ライト・ペン 佐々木優子
ジョーイ ジョン・トラボルタ 谷口節
キーファー ジェームズ・ガンドルフィーニ 立木文彦
ショーティ ハリー・ディーン・スタントン 金尾哲夫
ジョージー デビ・メイザー さとうあい
ナンシー クロエ・ウェッブ
ソウル デヴィッド・ソーントン
カルメン ジャスティナ・マシャド
ロレンゾ バート・ヤング
ミス・ジェーン ジーナ・ローランズ 寺内よりえ

脚注[編集]

  1. ^ She's So Lovely (1997) - Box office - business
  2. ^ She's So Lovely”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月25日閲覧。
  3. ^ Festival de Cannes: She's So Lovely”. festival-cannes.com. 2013年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]