ショーガール (1995年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ショーガール
Showgirls
監督 ポール・バーホーベン
脚本 ジョー・エスターハス
製作 アラン・マーシャル
チャールズ・エヴァンス英語版
製作総指揮 マリオ・カサール
出演者 エリザベス・バークレー
カイル・マクラクラン
ジーナ・ガーション
音楽 デヴィット・A・スチュワート
撮影 ヨスト・ヴァカーノ
編集 マーク・ゴールドブラット
マーク・ヘルフリッチ
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
シャルジュール
ユナイテッド・アーティスツ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM/UA Distribution Co.
イギリスの旗 Guild Film Distribution
(正確には旗ではありません)世界の旗 カロルコ・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年9月22日
日本の旗 1995年12月16日
フランスの旗 1996年1月10日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $20,350,754[1]
テンプレートを表示

ショーガール』(: Showgirls)は、1995年アメリカフランス合作映画。ポール・バーホーベン監督。

アメリカでは劇場公開時に過激な暴力シーンや性的シーンが問題となりNC-17指定で公開された。

あらすじ[編集]

スターダンサーを夢みるノエミは憧れと自信だけを胸に、ショービジネスの都ラスベガスへとやってくる。しかし待っていたのは虚飾と、どろどろの人間模様。

しかし、それでもノエミはトップダンサーとして栄光をつかもうとする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

主人公。スターダンサーという夢を持ち、それを叶えるためにラスベガスにやってきた。
クリスタルの恋人。
ノエミのマネージャーとなる黒人女性。
  • ヘンリエッタ・バズーム - リン・トゥッチ
  • フィル・ニューカーク - グレッグ・トラヴィス(秋元羊介
  • ジェフ - デューイ・ウェーバー(子安武人
ノエミをヒッチハイクしたが、荷物を盗んで彼女を置いてけぼりにしたが、ラストでノエミが旅に出かけるときにヒッチハイクした車が彼であり、仕返しをくらうこととなった。

評価[編集]

1995年のゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)で13部門ノミネート、最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞・最低主演女優賞・最低新人俳優賞・最低主題歌賞・最低スクリーンカップル賞の7部門制覇(後に2000年の特別賞である1990年代最悪作品賞も受賞)した。

ラジー賞を受賞者が受け取ったのはビル・コスビービル・コスビーのそれ行けレオナルド』以来8年ぶり。実際に受賞会場に現れたのはバーホーベンが史上初となる[注 1]

ほかにも「この十年のワースト作品賞」受賞、「この二十五年のワースト・ドラマ作品賞」ノミネートなどワースト映画賞を総嘗めにしている。

またバーホーベン自身もこの作品を自虐的に捉え、一時期は「『ショーガール』の後ならもう怖いものはない」と公言していた。

影響[編集]

スクリーム2』の劇中、犯人が学生に「この世で最も怖いホラー映画は?」と尋ね、学生が『ショーガール』と答える場面がある。

本作と同じくジョー・エスターハスが脚本を担当した『アラン・スミシー・フィルム』では、作中登場する映画について「最低さ。ショーガールよりひどい」というセリフがある。 しかも『アラン・スミシー・フィルム』も評価は散々で、エスターハスはまたしてもラズベリー賞を受賞してしまった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Showgirls (1995)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]