ワイルド・ワイルド・ウエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・ワイルド・ウエスト
Wild Wild West
監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 S・S・ウイルソン
ブレント・マドック
ジェフリー・プライス
ピーター・S・シーマン
製作 ジョン・ピーターズ
バリー・ソネンフェルド
製作総指揮 ビル・トッドマン・ジュニア
ジョー・サイモン
キム・ルマスターズ
トレイシー・グレイザー
バリー・ジョセフソン
出演者 ウィル・スミス
ケヴィン・クライン
ケネス・ブラナー
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 ジム・ミラー
製作会社 オーバーブック・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年6月30日
日本の旗 1999年12月4日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $170,000,000[1]
興行収入 $222,104,681[1]
テンプレートを表示

ワイルド・ワイルド・ウエスト』(Wild Wild West)は、1999年アメリカ映画1960年代のテレビシリーズ『0088/ワイルド・ウエスト』の映画化作品。SF映画アクション映画西部劇などの要素が含まれる映画である。

製作はワーナー・ブラザーズ。特殊メイクはリック・ベイカー、メイン・タイトルはカイル・クーパーが手がけた。

しかしながら最低の映画を決めるゴールデンラズベリー賞では最低作品賞、監督賞、スクリーンカップル賞、脚本賞、主題歌賞の5部門受賞(主題歌賞は本作以外にノミネートなし)という結果となった。

あらすじ[編集]

時は1860年代後半、南北戦争終結直後のアメリカ合衆国。陸軍第9騎兵連隊の騎兵大尉ジェームズ・ウエストは、“流血将軍”として悪名高い南軍のマグラスを一般市民の大量虐殺の件で追っていた。一方、連邦保安官のアーティマス・ゴードンは、科学者連続誘拐の捜査を行っていた。事件の裏で南部きっての科学者、アーリス・ラブレス博士が糸を引いている事が分かり、二人はグラント大統領から合同捜査を行ない博士を逮捕するよう命じられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
ジェームズ・ウエスト陸軍大尉 ウィル・スミス 森川智之 東地宏樹
アーティマス・ゴードン連邦保安官、グラント大統領 ケヴィン・クライン 井上和彦 大塚芳忠
アーリス・ラブレス博士 ケネス・ブラナー 佐古正人 広川太一郎
リタ・エイスコバー サルマ・ハエック 亀井芳子 朴璐美
マグラス将軍 テッド・レビン 飯塚昭三 藤本譲
コールマン M・エメット・ウォルシュ 村松康雄 川久保潔
アマゾニア フレデリック・ヴァン・デア・ヴァル 小田木美恵
ミュニーシア ムゼッタ・ヴァンデル 浅野まゆみ
リッペンレイダー ソフィア・エング 田村真紀 葛城七穂
メイリー・イースト バイ・リン 田中敦子 深見梨加
ハドソン ロドニー・A・グラント 長島雄一
ジョージ・ワシントン ジェリー・ポッター 後藤哲夫
サディアス・モートン教授 マイケル・シムズ 石波義人
日本語版1 役不明 城山堅楠見尚己廣田行生加納詞桂章
日本語版2 役不明 稲葉実長克巳西凜太朗篠原大作山下啓介福島桂子藤貴子関貴昭
  • 日本語版1:DVD&ビデオ版
プロデューサー:尾谷アイコ、演出:木村絵理子、翻訳:岸田恵子、編集:オムニバス・ジャパン、調整:宇田川亨子、制作:ワーナー・ホーム・ビデオ東北新社
  • 日本語版2:テレビ版
初回放送:2002年9月27日(金)日本テレビ『金曜ロードショー
演出:木村絵理子、翻訳:小寺陽子、調整:高久孝雄、効果:サウンドボックス、制作:東北新社

脚注[編集]

  1. ^ a b Wild Wild West (1999)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年10月29日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]