ファンタスティック・フォー (2015年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファンタスティック・フォー
Fantastic Four
Fantastic Four Logo.png
監督 ジョシュ・トランク
脚本 ジェレミー・スレイター英語版
サイモン・キンバーグ
ジョシュ・トランク
原作 スタン・リー
ジャック・カービー
ファンタスティック・フォー
製作 サイモン・キンバーグ
マシュー・ヴォーン
ハッチ・パーカー
ロバート・クルツァー
グレゴリー・グッドマン英語版
製作総指揮 ケヴィン・フェイグ
アヴィ・アラッド
スタン・リー
出演者 マイルズ・テラー
マイケル・B・ジョーダン
ケイト・マーラ
ジェイミー・ベル
トビー・ケベル
レグ・E・キャシー
ティム・ブレイク・ネルソン
音楽 マルコ・ベルトラミ
フィリップ・グラス
撮影 マシュー・ジェンセン
編集 エリオット・グリーンバーグ
スティーヴン・E・リフキン
製作会社 20世紀フォックス
マーベル・エンターテインメント
コンスタンティン・フィルム
マーヴ・フィルムズ英語版
1492ピクチャーズ
Kinberg Genre
Robert Kulzar
Productions
TSGエンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年8月7日
日本の旗 2015年10月9日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $120,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $167,977,596[2]
アメリカ合衆国の旗 $56,117,548[2]
日本の旗 3億3467万円[3]
テンプレートを表示

ファンタスティック・フォー』(Fantastic Four)は、マーベル・コミック同名のスーパーヒーローチームをベースにした、2015年のアメリカのスーパーヒーロー映画。映画「ファンタスティック・フォー」フランチャイズのリブート作品である。ジェレミー・スレーター、サイモン・キンバーグと共同で脚本を執筆したジョシュ・トランクが監督を務め、マイルズ・テラーマイケル・B・ジョーダンケイト・マーラジェイミー・ベルトビー・ケベルらが出演している。

概要[編集]

ファンタスティック・フォー:銀河の危機』の興行成績が振るわなかったため、20世紀フォックスはフランチャイズのリブート計画を発表し、2009年に開発が開始された。2012年7月にトランクが監督に起用され、2014年1月に主要キャラクターのキャスティングが行われた。主要撮影は2014年5月4日よりルイジアナ州バトンルージュで開始され、2ヶ月間行われた。監督のオリジナル・カットに不満があったフォックスの幹部は、再撮影を義務付け、2015年1月に行われた。

2015年8月4日にニューヨークのウィリアムズバーグ・シネマズでプレミア上映され、米国では8月7日に公開された。脚本、演出、ユーモアの欠如、ダークなトーン、テンポ、編集、ビジュアル、主要キャラクターのダイナミックさの欠如、原作への不忠実さなどが批判され、概ね否定的な評価を受けたが、キャストの演技やミュージカル・スコアについては賞賛の声もあった。製作費1億5,500万ドルに対し、全世界で1億6,800万ドルの興行収入を上げ、8,000万ドル以上の損失を出した。また、トランクは、スタジオの妨害を理由にして、最終的な作品への不満を口にした。

第36回ゴールデンラズベリー賞では、「最低監督」「最低前日譚・リメイク・盗作・続編」「最低作品」の各部門で受賞し(後者は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』と同点)、「最低スクリーン・コンボ」「最低脚本」にもノミネートされた。

2017年6月9日に続編の公開が予定されていたが、1作目の失敗を受けて中止された。また、2019年のディズニーによる21世紀フォックスの買収に伴い、映画化権がマーベル・スタジオに戻ったため、20世紀フォックスが配給した「ファンタスティック・フォー」の3作目にして最後の作品となった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2009年8月、20世紀フォックスは『ファンタスティック・フォー』の映画フランチャイズをリブートする計画を発表した。プロデューサーとしてアキヴァ・ゴールズマン、脚本家としてはマイケル・グリーンが雇われた[6]。2012年7月、ジョシュ・トランクが監督[7]、ジェレミー・スレーターが脚本家として雇われた[8]。2013年2月、マシュー・ヴォーンがプロデューサーとして加わった[9]。2013年6月、セス・グレアム=スミスが脚本修正のために雇われた[10]。コンサルタントのマーク・ミラーによると、本作は映画『X-メン』シリーズ世界設定を共有している[11]。2013年10月、 サイモン・キンバーグが共同脚本家兼プロデューサーとして雇われた[12]

2014年2月、マイケル・B・ジョーダンジョニー・ストーム / ヒューマン・トーチを演じる予定であり、またケイト・マーラスーザン・ストーム / インビジブル・ウーマン英語版役にキャスティングされたことが明らかとなった[13]。ジョーダンはトランクの前作で監督デビュー作である『クロニクル』にも出演していた。2014年3月、トビー・ケベルヴィクター・フォン・ドゥーム / ドクター・ドゥーム役にキャスティングされ[14]マイルズ・テラーリード・リチャーズ / ミスター・ファンタスティック役に検討されていることが明らかとなり、さらにジェイミー・ベルベン・グリム / ザ・シング英語版役に決定したことが報じられた[15]。これ以前にはキット・ハリントンジャック・オコンネルはリード・リチャーズ役として検討され、またシアーシャ・ローナンがスーザン・ストーム役の候補に挙がっていた[16]。またサム・ライリーエディ・レッドメインドーナル・グリーソンがドクター・ドゥーム役に考慮されていた[17]

Nerdist英語版によると、ドゥームボット英語版が登場する[18]。4月末、キンバーグは本作が「前2作よりも現実的」であると説明し[19]、1作目でやったよりも「若い」物語であると述べた[20]。同月末までにティム・ブレイク・ネルソンハーヴェイ・エルダー英語版役の最終交渉に入った[21]。2014年5月、レグ・E・キャシーがスーザンとジョニーの父であるフランクリン・ストーム役にキャスティングされた[22]

撮影[編集]

撮影は2014年5月5日にルイジアナ州バトンルージュのケルト・メディア・センターで開始された[23][24]

封切り[編集]

日本では2015年10月9日に639スクリーンで公開され、公開初週土日2日間の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場6位、動員7万761人、興収9,395万7,600円を記録した[25]

評価[編集]

本作は批評家より酷評されている、2016年3月4日の時点でRotten Tomatoesでは208のレビュー中9%の支持となっており、平均点は10点満点で3.4点となった。「物質転送装置の開発に重きを置き過ぎて、アクションシーンがほとんど無い」ことが最も大きな批判を呼ぶこととなった。

本作は、第36回ゴールデンラズベリー賞で最低作品賞と最低リメイク、パクリ、続編映画賞を受賞した[26]

続編[編集]

2017年7月14日に続編が公開予定であったが[27]のちに製作中止された。

参考文献[編集]

  1. ^ https://m.imdb.com/title/tt1502712/
  2. ^ a b Fantastic Four (2015)”. Box Office Mojo. 2017年8月5日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  4. ^ 堀北真希、吹き替え声優初挑戦 起用の決め手は“透明感””. ORICON (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。
  5. ^ 岩の塊のようなビジュアルを持つ個性的なキャラクター“ザ・シング”役の日本語吹き替え版声優がガレッジセールのゴリさんに決定!”. 映画『ファンタスティック・フォー』オフィシャルサイト. 2015年9月14日閲覧。
  6. ^ Fox is Rebooting Fantastic Four” (2009年8月31日). 2013年6月23日閲覧。
  7. ^ Comic-Con: Fantastic Four Director Confirmed While Daredevil Director Exits” (2013年7月11日). 2013年6月23日閲覧。
  8. ^ Perry, Spencer (2013年7月13日). “Comic-Con: Fantastic Four Reboot Gets a Writer”. 2013年6月23日閲覧。
  9. ^ Lesnick, Silas (2013年2月22日). “Matthew Vaughn to Produce Fantastic Four”. 2013年6月23日閲覧。
  10. ^ Lesnick, Silas (2013年2月26日). “Seth Grahame-Smith Boards Fantastic Four”. 2013年6月23日閲覧。
  11. ^ Perry, Spencer (2013年8月19日). “Will Fantastic Four Share a Universe with X-Men?”. 2013年8月23日閲覧。
  12. ^ Kit, Borys (2013年10月1日). “Simon Kinberg Tapped to Write 'Fantastic Four' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fantasic-four-simon-kinberg-tapped-640054 2013年10月2日閲覧。 
  13. ^ Kroll, Justin (2014年2月19日). “‘Fantastic Four’ Cast Revealed”. Variety. https://variety.com/2014/film/news/miles-teller-kate-mara-fantastic-four-1201099921/ 2014年2月20日閲覧。 
  14. ^ “Toby Kebbell to Play ‘Fantastic Four’ Villain Doctor Doom (EXCLUSIVE)”. Variety. (2014年4月1日). https://variety.com/2014/film/news/toby-kebbell-fantastic-four-doctor-doom-1201125911/ 2014年4月1日閲覧。 
  15. ^ Vejvoda, Jim (2014年3月8日). “Miles Teller on What Appealed to Him About The Fantastic Four Reboot”. IGN. 2014年3月8日閲覧。
  16. ^ Kroll, Justin (2013年10月9日). “‘Fantastic Four’: Actors and Actresses Lining Up for Roles”. Variety. 2014年5月6日閲覧。
  17. ^ Sneider, Jeff. “‘Fantastic Four': Dr. Doom Short List Down to 4 Actors With Accents (Exclusive)”. The Wrap. 2014年5月6日閲覧。
  18. ^ Nerdist News: Exclusive FANTASTIC FOUR Details Revealed!”. Nerdist (2014年4月2日). 2014年4月2日閲覧。
  19. ^ WonderCon 2014: Simon Kinberg on X-Men & Fantastic Four”. Crave Online (2014年4月20日). 2014年4月20日閲覧。
  20. ^ Kaye, Don (2014年4月20日). “The Fantastic Four Movie: Simon Kinberg Drops Origin and Story Hints”. Den of Geek. 2014年4月20日閲覧。
  21. ^ Kit, Borys (2014年4月30日). “Tim Blake Nelson in Final Talks to Join 'The Fantastic Four' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2014年4月30日閲覧。
  22. ^ Siegel, Tatiana (2014年5月8日). “Fox's 'Fantastic Four' Reboot Adds 'The Wire's' Reg E. Cathey (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2014年5月8日閲覧。
  23. ^ Scott, Mike (2014年5月5日). “'Fantastic Four' reboot begins filming today in Baton Rouge; here's what we know so far”. Times-Picayune. 2014年5月5日閲覧。
  24. ^ Christine (2014年5月5日). “‘Fantastic Four’ begins filming in Louisiana!”. onlocationvacations.com. https://onlocationvacations.com/2014/05/05/fantastic-four-begins-filming-in-louisiana/ 2014年5月6日閲覧。 
  25. ^ 壬生智裕 (2015年10月14日). “岡田准一『図書館戦争』が前作超えの好スタートで1位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2015年10月15日閲覧。
  26. ^ アカデミー賞前夜に最低映画決定、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が5冠”. 映画ナタリー (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  27. ^ Couch, Aaron (2014年3月20日). “Fox Sets Dates for 'Wolverine,' 'Fantastic Four' Sequels”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fox-sets-dates-wolverine-fantastic-690143 2014年3月21日閲覧。 

外部リンク[編集]