ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パルク・ウォルト・ディズニー・スタジオス
Walt Disney Studios Park
( Parc Walt Disney Studios )
施設情報
愛称 WDS(略称)
テーマ ディズニー
キャッチコピー映画の世界
面積 29万m2
来園者数  
開園 2002年3月16日
所在地 フランスの旗 フランス
イル=ド=フランス地域圏
セーヌ=エ=マルヌ県
マルヌ=ラ=ヴァレ
位置 北緯48度52分2.28秒 東経2度46分44.43秒 / 北緯48.8673000度 東経2.7790083度 / 48.8673000; 2.7790083座標: 北緯48度52分2.28秒 東経2度46分44.43秒 / 北緯48.8673000度 東経2.7790083度 / 48.8673000; 2.7790083
公式サイト ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク オフィシャルウェブサイト
テンプレートを表示

ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク(フランス語:Parc Walt Disney Studios、英語:Walt Disney Studios Park、略称:WDS)はフランスイル=ド=フランス地域圏パリ市外近郊にあるセーヌ=エ=マルヌ県マルヌ=ラ=ヴァレに所在している、ディズニーランド・パークなどと共にリゾート施設群「ディズニーランド・パリ」を形成するディズニーパークである。

概要[編集]

「ディズニーランド・パリ」内に2002年3月16日開園した、映画をテーマにしたディズニーパーク。フロリダウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあった「MGMスタジオ」(現在のディズニー・ハリウッド・スタジオ)を導入したものであり、パーク全体の基本的な構成やアトラクションはかなり共通している。経済的な理由で当初計画よりも規模を縮小してオープンたが、オープン後、少しずつエリアとアトラクションを拡大している。

シンボルは、「ミッキー型の貯水塔 ("Earful Tower")」である。

沿革[編集]

施設[編集]

ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークは、以下の4つの「テーマエリア」で構成されている。

フロント・ロット[編集]

フロント・ロットは、著名な映画スタジオのクラシカルなエントランスを再現したテーマエリアで、パーク全体のエントランスでもある。ディズニーランド型のテーマパークにおけるメインストリートUSA(東京ではワールドバザール)のような役割を果たしている。

プロダクション・コートヤード[編集]

プロダクション・コートヤードは、映画やテレビの楽しさをテーマにしたテーマエリア。トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーの開業と共に、その周辺のエリアとトラム・ツアー部分を併せてハリウッド・ブールバールと呼ばれていたが、現在はプロダクション・コートヤードとなっている。

バック・ロット[編集]

バックロットは、スタントアクションと興奮、映画の特殊効果などをテーマとしたテーマエリアである。大掛かりな仕掛けや刺激の強いアトラクションが多い。

トゥーン・スタジオ[編集]

トゥーン・スタジオは、アニメーションの秘密をテーマにしたテーマロット。「レミーのおいしいレストラン」「ファインディング・ニモ」「アラジン」「カーズ」「ファンタジア」などのディズニーアニメを題材にしたアトラクションが集まっている。

トイ・ストーリー・プレイランド[編集]

2010年8月には「トイ・ストーリー」をテーマに扱ったエリア、「トイ・ストーリー・プレイランド」がトゥーン・スタジオ内にオープンした。エリア入り口に巨大なバズ・ライトイヤーの像が立っている。トイ・ストーリー・プレイランドは全体が映画のアンディの家の庭などをデザインして作られており、置かれているものはみな巨大サイズで、まるで自分たちがおもちゃの世界に迷い込んだかのような錯覚を受けるように作られている。

パリのレミーレストラン[編集]

2014年4月にはレミーのおいしいレストランをテーマに扱ったエリアがトゥーン・スタジオ内にオープンした。パリの中心商店街を完全再現し、フランス式の花壇や優雅な噴水を歩いて、映画の主役のネズミが経営するレストランで食事をすることができる。

交通機関[編集]

ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークを含むディズニーランド・パリの最寄り駅は、高速郊外鉄道RER、及びTGVLGV東連絡線上にあるマルヌ=ラ=ヴァレ=シェシー駅である。パリ市内からはRER A線が乗り入れ、TGV駅にはTGVの他に、タリスユーロスターも1日に数往復停車する。

今後の計画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]