エディ・レッドメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エディ・レッドメイン
Eddie Redmayne
エディ・レッドメイン Eddie Redmayne
2016年撮影
本名 Edward John David Redmayne
生年月日 (1982-01-06) 1982年1月6日(36歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 184cm[1]
職業 俳優
活動期間 1992年 - 活動中
配偶者 ハンナ・バグショー(2014年 - )
主な作品
マリリン 7日間の恋
レ・ミゼラブル
博士と彼女のセオリー
リリーのすべて
ファンタスティック・ビースト』シリーズ

エディ・レッドメインEddie Redmayne, 1982年1月6日 - )[2]は、イギリス俳優

プロフィール[編集]

イングランドロンドン出身。父リチャードは銀行の頭取。兄がおり、チャールズは企業家、ジェームズは銀行の重役である。英国一の名門であるイートン校で学ぶ。ケンブリッジ公ウィリアム王子と同級生であった[3]。イートン校卒業後、『十二夜』で初舞台を踏み、その後ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学。美術史を専攻。2003年に大学を卒業した。2014年に結婚した妻のハンナ・バグショーとは、レッドメインがイートン校在学中に、同級生らと共にバグショーが通っていた近くの女子校のチャリティー・ファッションショーにモデルとして招かれた際に知り合い、以来十数年に亘って友人関係であった。2012年に交際を始め、2014年12月にイングランドサマーセットで結婚した[4]

2005年、エドワード・オールビー作の劇『山羊…それって…もしかして…シルビア?』に出演し、劇の新人賞を受賞。

2006年イギリスの名門寄宿学校の生徒である17歳の青年を演じた『ザ・デンジャラス・マインド』で映画デビューし、舞台と平行しながら多数の作品に出演。2007年、マット・デイモン主演作『グッド・シェパード』に出演し、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞。

2008年にはバーバリーのモデルをつとめた[5]。映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』で知られるモデル・女優のカーラ・デルヴィーニュとも雑誌で共演。同年、高倉健主演作『幸福の黄色いハンカチ』をハリウッドでリメイクした『イエロー・ハンカチーフ』に出演。人気女優のクリステン・スチュワートとも共演した。

2009年ジョン・ローガンによる舞台『Red』でローレンス・オリヴィエ賞助演男優賞とトニー賞を受賞。2012年には、名作ミュージカルを映画化したトム・フーパー監督作『レ・ミゼラブル』にマリウス役で出演。舞台で培った実力を見事発揮し一部では「映画の中で最も力強いボーカル」と称された。2011年9月10日、クロエ・グレース・モレッツブレイク・ライヴリーと共演した映画HICK ルリ13歳の旅』のため、トロント国際映画祭に出席。メディアのインタビューに応じた。

2013年9月、イギリス版『GQ』誌のGQ Men Of The Year 2013「レミー・マルタン・ブレイクスルー」賞(Rémy Martin Breakthrough Award)[6]、2015年と2016年に英GQ読者が選ぶ男性ベストドレッサー賞を受賞[7][8]

2014年映画教育支援事業の一つであり、世界で最も、大きな若者のための映画祭を開催する「イントゥ・フィルム」に、マイケル・シーンと、『マイティ・ソー』、『シンデレラ』、『オリエント急行殺人事件』の監督として知られるケネス・ブラナーとともにイギリス大使に就任した。レッドメインはイングランド代表として引き受けた。

同年9月7日、主演作『博士と彼女のセオリー』がトロント国際映画祭でプレミア上映。12月10日にはドバイ国際映画祭で上映。日本では2015年3月に公開された。

2015年2月22日に、物理学者のスティーブン・ホーキングを演じた『博士と彼女のセオリー』で初のアカデミー主演男優賞を受賞したほか、同作品でゴールデングローブ賞主演男優賞英国アカデミー賞主演男優賞全米映画俳優組合賞等数々の賞を受賞した。ホーキング本人はこの描写にとても心を打たれ、「ところどころまるで自分をみているようだった」とコメントした。しかし、その翌年には『リリーのすべて』でアカデミー主演男優賞にノミネートされる(受賞はならず)一方、『ジュピター』で第36回ゴールデンラズベリー賞最低助演男優賞を受賞した。同年9月5日、主演作『リリーのすべて』がヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映。12日、同作品のため、トロント国際映画祭に出席。ファンサービスに応じた。年12月にはハンナ・バグショーが第一子を妊娠しているというニュースがThe Sun紙によって報じられ、同紙によると2016年6月ごろ出産予定である。

2016年大英帝国勲章OBEを受章[9]。『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演して、世界中で大きな話題を呼んだ。同年7月にはPRのため、キャストと共にサンディエゴ・コミコンに初出席した。

2018年7月、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のPRのため、キャストと共にサンディエゴ・コミコンに出席した。同日にはサイン会にも姿を現した。

2019年には、『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュ監督と再タッグを組んだ『ジ・エアロナーツ』(原題)が、2020年には、サシャ・バロン・コーエンと共演する実話をもとにした作品『トライアル・オブ・シカゴ7』(原題)が公開予定である。

現在、映画『ザ・グッド・ナース』(原題)に400人の患者を奪った殺人鬼役で出演交渉中である。

来日[編集]

2013年、世界中でで大ヒットを記録した映画『レ・ミゼラブル』のDVDプロモーションで初来日。主演のヒュー・ジャックマンらと共に会見に出席。インタビューでは、映画の革命を志し蜂起する学生たちがバリケードを作るシーンの撮影について「楽しかったよ」と感想を述べ、「トム(・フーパー)は、とにかくリアルであることを求める監督なんだ。だからあのときも、農民や学生役のエキストラが40人くらいいたんだけど、そこにコスチュームを着せたカメラマンを潜り込ませてね。で、トムが言ったんだ、『バリケードを作れ! アクション!』とね。最初はなんのことだか分からなかったよ。そうしたら次の瞬間、ピアノやらいろんなものが上から降ってきた。10分足らずのことだったけれど、ものすごい光景でとても怖かった。だけど、いい思い出になったよ」と上から降ってくるものをよける身ぶりをしながら撮影当時の様子を語った。来日中、「居酒屋刺身を食べて、おいしかった」と笑顔を見せた他、「原宿でショッピングをしたい」と言いつつ、今回はとてもそんな時間を取れそうにないといい、「今度、ぜひ行ってみたい」と目を輝かせていた。

2016年3月9日に、東京TOHOシネマズ日劇開催された主演作『リリーのすべて』のジャパンプレミアに、メガホンをとったトム・フーパー監督と出席。約3年ぶりの来日を果たした。他に、ZIPめざましテレビの番組コーナーに出演した。

2016年11月21日、東京六本木ヒルズで行われた『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のジャパンプレミアに、共演者のキャサリン・ウォーターストンアリソン・スドルダン・フォグラーデヴィッド・イェーツ監督、プロデューサーのデヴィッド・ハイマンと参加し、宣伝大使を務めたDAIGOと対面を果たした。「日本のみんなにかけたい魔法は?」と聞かれ「日本のみんなの温かい歓迎を受けて、日本の『ファンタスティック・ビースト』のファン全員を魔法のトランクに入れて持ち帰りたい!」と胸いっぱいの様子で語った。翌日は東京・表参道ヒルズで行われた映画のファンイベントに出席。「日本愛しています!」と日本語で話しファンを喜ばせたあと、「日本に『ハリー・ポッター』ファンが多いことは世界でも有名なんですよ」と笑顔を見せた。自身の子供にかけたい魔法を聞かれて「守ってくれるような魔法がいいですね」と回答。続けて「でも今は夜泣きに悩まされているので、一晩だけでもちゃんと寝てほしいです」と打ち明けた。さらに翌日には東京・新宿ピカデリーの舞台挨拶にキャストや監督と出席。終盤には映画のヒットを祈願して鏡開きを行った。他に、ZIP!めざましテレビの番組コーナーに出演した。ZIP!ではインタビュアーにいくつかの魔法を教えたり、プレゼントの葛飾北斎の関連本にに驚いた様子を見せた。

2018年11月9日、フランスパリで開催された映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のプレミアでは、「前回と日本に行ったんだけどとてもいい時間を過ごした。毎度食事はおいしいしね。エズラがカラオケに行くと脅してきている(笑)。みんな楽しみにしているよ」と来日への期待をコメントした。

2018年11月21日、東京六本木ヒルズアリーナで行われた映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のジャパンプレミアに出席し、来日中のキャサリン・ウォーターストンジュード・ロウら6名のキャスト陣と共に登場した。約30分にわたって笑顔でサイン写真撮影などのファンサービスに応じた後、壇上に上がると、前作以来約2年ぶりの来日となったため、「2年間、新作の秘密を守って、やっと解き放つことが出来ました」と新作を待ちわびたファンに感謝の気持ちを込めて語り、「前作から続役したキャストは、家族のような存在でした。新キャストと打ち解けるか不安だったのですが、今では才能あふれる方たちと仕事ができて、本当に嬉しく思います」とジュードや、グリンデルバルドを演じたジョニー・デップとの共演を振り返った。翌日は豊洲PITで開催された、魔法ワールドの大ファンであるハリー杉山と、高橋愛が司会を務めたスペシャルファンナイトでは「ファンタビ」のキャラに扮したファンタビのファンら約1,300人の観客が集まった満席の会場に来日キャストと共に登場。質問コーナーで、好きな日本食について聞かれたときは「寿司鉄板焼きしゃぶしゃぶが好きだよ。」と感想を述べた。スペシャル抽選会ではステージに上がった当選者に挨拶をしたり、自らセルフィ―棒を使って記念撮影も行った。翌日は東京新宿ピカデリーの舞台挨拶にキャストや監督と出席。満員の会場に笑顔を見せ、終盤には前回同様、映画のヒットを祈願して鏡開きを行った。他に、ジュードとスッキリズームイン‼サタデーZIP!めざましテレビの番組コーナーに出演した。一部の番組ではカラオケでビートルズブリトニー・スピアーズの曲を歌うことがわかった。

2020年公開予定の『ファンタビ』3作目(日本公開未定)のPRでの来日が期待されている。

エピソード[編集]

過去に、歌手のテイラー・スウィフトレオナルド・ディカプリオ主演作『華麗なるギャツビー』や『17歳の肖像』に出演したキャリー・マリガンなどとの交際の噂があった。

プライベートから面白いことを言ったり、面白い役を演じたいそうだが自分ではあまり自信を持っていないそう。

画家マーク・ロスコのアシスタント役を演じた時に、「芸術家とは才能がある者のことではない。永遠に完璧なものをつくれないと理解しながら完璧を目指し続ける者のことだ」という言葉を知って以来、その言葉を自分の理念にしているとのこと。

博士と彼女のセオリー』の役作りのため、8キロ近く体重を落とし、4か月間ダンサーから体のコントロールの仕方を学び、40人のALS患者と会い、筋肉がどう落ちていくかのグラフを作った。

カラオケが好きで、猛スピードで選曲するらしく、良く歌うのはケイティ・ペリーボン・ジョビの『Livin' On A Prayer』だそう。

赤緑色盲で、色の判別が上手く出来ず、役のために赤毛にした時も「自分では見えないから気にならないけれど、皆が赤いねと言ってくるから早く元の色に戻したい」と答えていた。

ライブ放送のバラエティに出演しない理由は、オファーが無いのではなく、間違ったら取り返しがつかない生中継が怖いのだそう。(のちにスッキリに出演している。)

レ・ミゼラブル』のプロモーション中で宿泊したロサンゼルスのホテルで、大量のシャンプーを詰めて帰ったことがある。

12歳の時に初めてオーディションを受けた、シェイクスピアの戯曲を元にイアン・マッケランが共同脚本と主演を務めた『リチャード三世』で、王子の1人にエントリーしたが、役には合わないとしてイアンに落とされていた。また、2012年に公開され、大ヒットを記録した『ホビット 思いがけない冒険』の主人公、ビルボ・バギンズのオーディションも受けていた。

2014年の結婚式で、ハンナ・バグショーは30分遅れて登場。エディは「彼女はいつも遅れるから」と全く動じなかったそうだ。

飛行機の移動中で眠りに落ちているとき、フライトアテンダントが何度もレッドメインが寝ているところを見に来ていたことから、目が覚めたとき、隣の男性に「あなたはすごい人なのか?」と質問を受けた。 このとき彼自身に対する大衆の見方が変わったことに気づいたと言う。

曾祖父は1800年代の終わりにヘットン鉱山で、キャサリン妃の先祖のジョン・ハリソンと働いていた。

エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜』の出演交渉の際、役が欲しかったために「乗馬が出来る」と嘘をついていた。撮影中、問題の乗馬シーンで馬をコントロール出来ずに大暴走。彼だけでなく多くのスタッフが怪我を負いそうになり、メガホンを掴んだトム・フーパ―監督は「レッドメイン!この大嘘つき野郎ー!!」と怒鳴って彼を乗馬スクールへ送り出した。 後に同監督の『レ・ミゼラブル』撮影時に乗馬のシーンを必要以上に演じさせられたと言う。

彼の通っていたイートン校は全寮制男子校のため、演劇をする時は女性役も男子が演じる。彼は在学中にいくつかの女性役を経験しており、その時の写真がジェニファー・ガーナーに似ているとバラエティ番組で指摘され、ネット上でも話題になった。

2015年に公開され、数多くの記録を塗り替えた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の人気キャラクター、カイロ・レンオーディションを受けていたことを、米エンタメサイトUproxxのインタビューで明かした。、「『スター・ウォーズ』みたいなトップシークレット扱いの作品は、本物のセリフを渡してはくれないんだ。『プライドと偏見』のワンシーンを渡されて、君は今悪役のオーディションを受けていると言われたら、場違いな声色になっちゃうよね」と、その時の戸惑いを打ち明けている。オーディション会場にいたキャスティングディレクターは、以前からかかわりのあるニーナ・ゴールドだったといい、「あれは本当におかしな瞬間だったよ。彼女はただそこに座っていて、僕は『コー、ホー』(ダース・ベイダーの息の音)みたいな声を何度も違うバージョンにしてセリフを繰り返したんだ」と涙ぐましい努力を告白。「10回ほどやったあとで、彼女が『ほかに何かできるかしら?』って聞いてきたから、もう『いいえ』と答えるしかなかったよ」と、ことの成り行きを説明している。

私生活[編集]

2014年12月にハンナ・バグショーと結婚し、2016年6月15日に第1子女児が誕生[10][11]。2018年3月10日には第2子男子が誕生した[12]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2006 ザ・デンジャラス・マインド
Like Minds
アレックス・フォーブス
グッド・シェパード
The Good Shepherd
エドワード・Jr.
2007 美しすぎる母
Savage Grace
アントニー・ベークランド
エリザベス:ゴールデン・エイジ
Elizabeth: The Golden Age
アンソニー・バビントン
2008 イエロー・ハンカチーフ
Yellow Handkerchief
ゴーディ
ブーリン家の姉妹
The Other Boleyn Girl
ウィリアム・スタッフォード
2009 アンダーテイカー 葬る男と4つの事件
Powder Blue
クワーティ・ドゥーリトル
ブラック・レコード〜禁じられた記録〜
Glorious 39
ラルフ・キーズ
2010 ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち
Black Death
オズマンド
2011 HICK ルリ13歳の旅
Hick
エディ・クリーザー
マリリン 7日間の恋
My Week with Marilyn
コリン・クラーク
2012 レ・ミゼラブル
Les Misérables
マリウス・ポンメルシー 全米映画俳優組合賞キャスト賞ノミネート
2014 ジュピター
Jupiter Ascending
バレム王 第36回ゴールデンラズベリー賞最低助演男優賞
博士と彼女のセオリー
The Theory of Everything
スティーヴン・ホーキング ハリウッド・フィルム・アワード - ブレイクアウト男優賞[13]
第72回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)[14]
第21回全米俳優組合(SAG)賞・主演男優賞[15]
第87回アカデミー賞主演男優賞
2015 きかんしゃトーマス 探せ!!謎の海賊船と失われた宝物
Sodor's Legend of the Lost Treasure
ライアン 声の出演
日本公開は2016年4月
リリーのすべて
The Danish Girl
アイナー・ヴェイナー / リリー・エルベ 第88回アカデミー賞・主演男優賞ノミネート
第73回ゴールデングローブ賞・主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
日本公開は2016年3月[16][17]
2016 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts and Where to Find Them
ニュート・スキャマンダー
2018 アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜
Early Men
ダグ 声の出演
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
ニュート・スキャマンダー

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Eddie Redmayne”. IMDb. 2017年10月29日閲覧。
  2. ^ “Made in Britain”. gqonline.it. http://www.gqonline.it/cont/060sty/062pro/0611/0200/default.asp?np=2 
  3. ^ Prince William with the Birdsong heart-throb and fellow Eton prefects... and some VERY wacky waistcoats
  4. ^ [1]
  5. ^ CRASH!: The ABCs of Burberry - Starring Eddie Redmayne and Alex Pettyfer
  6. ^ GQ Men of the year 2013”. gq-magazine.co.uk. 2013年10月28日閲覧。
  7. ^ 英GQ誌読者が選ぶ男性ベストドレッサーにエディ・レッドメイン”. 映画.com (2015年1月17日). 2015年1月19日閲覧。
  8. ^ 英GQ誌が選ぶ英国男性ベストドレッサー、エディ・レッドメインが2年連続1位”. 映画.com (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  9. ^ “エディ・レッドメイン大英帝国勲章を受章”. 映画.com. (2016年12月7日). http://eiga.com/news/20161207/13/ 2016年12月7日閲覧。 
  10. ^ “エディ・レッドメインに女児誕生”. 映画.com. (2016年6月20日). http://eiga.com/news/20160620/14/ 2016年6月21日閲覧。 
  11. ^ “エディ・レッドメインに第1子誕生”. シネマトゥデイ. (2016年6月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0083822 2016年6月21日閲覧。 
  12. ^ “エディ・レッドメインに第2子誕生!2人目は男の子”. 映画.com. (2018年3月19日). http://eiga.com/news/20180319/15/ 2018年3月20日閲覧。 
  13. ^ “賞レース幕開け!デヴィッド・フィンチャー『ゴーン・ガール』がハリウッド・フィルム・アワード受賞”. シネマトゥデイ. (2014年11月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068222 2014年11月18日閲覧。 
  14. ^ ゴールデン・グローブ賞発表!『6才のボクが、大人になるまで。』が最多3部門で受賞”. シネマトゥデイ (2015年1月12日). 2015年1月13日閲覧。
  15. ^ 米俳優組合賞発表 主演男優賞は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン”. 映画.com (2015年1月26日). 2015年1月27日閲覧。
  16. ^ エディ・レッドメインが女性になる新作公開日&邦題決定!『リリーのすべて』”. シネマトゥデイ (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  17. ^ エディ・レッドメイン主演作の公開日決定、世界初の性別適合手術を受けた男の実話”. 映画.com (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]