アントマン (サウンドトラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ant-Man (Original Motion Picture Soundtrack)
クリストフ・ベック映画音楽
リリース
ジャンル 映画音楽
時間
レーベル
クリストフ・ベック 年表
キューティ・コップ
(2015)
アントマン
(2015)
I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
(2015)
マーベル・シネマティック・ユニバース』サウンドトラック 年表
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
(2015)
アントマン
(2015)
Captain America: Civil War
(2016)
テンプレートを表示

アントマン・オリジナル・モーション・ピクチャ・サウンドトラック』(Ant-Man Original Motion Picture Soundtrack)は、マーベル・スタジオの映画『アントマン』の映画音楽である。作曲者はクリストフ・ベックであり、ハリウッド・レコードより2015年7月17日にデジタル盤、8月7日にCDアルバムが発売された。

他に劇中ではザ・キュアーの「Plainsong」が使われているがサウンドトラックアルバムには未収録である。また映画終盤のブリーフケース内でのイエロージャケットアントマンの戦いの場面ではSiriが曲を再生している。

背景[編集]

2014年2月、監督のエドガー・ライトスティーヴン・プライス音楽を作曲するとツイートした[1] 。しかしながら2014年5月にライトがプロジェクトを離れるとすぐにプライスも降板した[2]。2015年1月、ライトに代わって監督となったペイトン・リードと『チアーズ!』で組んだ経験のあるクリストフ・ベックがプライスに代わって作曲家となった[3]。映画音楽についてベックは「『アントマン』のために私は広範囲で大きく、キャッチなメインテーマとともに大好きなスーパーヒーロー映画の壮大で伝統的な曲を書きたかった。これが結局、スーパーヒーロー映画だけでなく強盗コメディでもあるから、この音楽を他のマーベル映画の中で目立たせるずるい遊び心がある」と説明した[4]。サウンドトラックは2015年7月17日にデジタル、8月7日にCDで発売された[5]

トラックリスト[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「Theme from Ant-Man」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
2. 「Honey, I Shrunk Myself」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
3. 「Escape from Jail」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
4. 「Ant 247」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
5. 「Paraponera Clavata」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
6. 「San Francisco, 1987」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
7. 「I'll Call Him Antony」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
8. 「Tiny Telepathy」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
9. 「First Mission」(アラン・シルヴェストリによる『アベンジャーズ』のテーマとヘンリー・ジャックマンによる『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のthe Falconテーマを含む)   特記のないものは全てクリストフ・ベック
10. 「Signal Decoy」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
11. 「Old Man Have Safe」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
12. 「Pym's Lab」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
13. 「Antfiltration」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
14. 「Your Mom Died a Hero」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
15. 「Scott Surfs on Ants」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
16. 「The Water Main」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
17. 「CrossTech Break-In」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
18. 「Into the Hornet's Nest」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
19. 「Become the Hero」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
20. 「Insecticide」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
21. 「A Center for Ants!」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
22. 「Cross Gets Cross」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
23. 「Fight of the Bumblebee」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
24. 「Ants on a Train」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
25. 「Small Sacrifice」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
26. 「About Damn Time」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
27. 「Tales to Astonish!」   特記のないものは全てクリストフ・ベック
28. 「Borombon」(アルバムのみ)   カミロ・アスキータ
29. 「Escape」(アルバムのみ)   ロイ・エアーズ
30. 「I'm Ready」(アルバムのみ)   コモドアーズ
31. 「Pink Gorilla」(アルバムのみ)   HLM

出典[編集]

  1. ^ Goldberg, Matt (2014年2月16日). “Bill Pope to Handle Cinematography for ANT-MAN; GRAVITY Composer Steven Price to Write the Score”. Collider. 2014年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月16日閲覧。
  2. ^ The ANT-MAN Director Derby Narrows (Again) To Two New Finalists!”. Ain't It Cool News (2014年6月6日). 2014年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月15日閲覧。
  3. ^ Christophe Beck to Score Marvel Studios’ ‘Ant-Man”. Film Music Reporter (2015年1月6日). 2015年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月7日閲覧。
  4. ^ McCue, Michelle (2015年6月16日). “Composer Christophe Beck Talks Score For ANT-MAN”. We Are Movie Geeks. 2015年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月20日閲覧。
  5. ^ ‘Ant-Man’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2015年7月15日). 2015年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月15日閲覧。