アントマン (サウンドトラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ant-Man (Original Motion Picture Soundtrack)
クリストフ・ベック映画音楽
リリース
ジャンル 映画音楽
時間
レーベル
クリストフ・ベック 年表
キューティ・コップ
(2015)
アントマン
(2015)
I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
(2015)
マーベル・シネマティック・ユニバース』サウンドトラック 年表
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
(2015)
アントマン
(2015)
Captain America: Civil War
(2016)
テンプレートを表示

アントマン・オリジナル・モーション・ピクチャ・サウンドトラック』(Ant-Man Original Motion Picture Soundtrack)は、マーベル・スタジオの映画『アントマン』の映画音楽である。作曲者はクリストフ・ベックであり、ハリウッド・レコードより2015年7月17日にデジタル盤、8月7日にCDアルバムが発売された。

他に劇中ではザ・キュアーの「Plainsong」が使われているがサウンドトラックアルバムには未収録である。また映画終盤のブリーフケース内でのイエロージャケットアントマンの戦いの場面ではSiriが曲を再生している。

背景[編集]

2014年2月、監督のエドガー・ライトスティーヴン・プライス音楽を作曲するとツイートした[1] 。しかしながら2014年5月にライトがプロジェクトを離れるとすぐにプライスも降板した[2]。2015年1月、ライトに代わって監督となったペイトン・リードと『チアーズ!』で組んだ経験のあるクリストフ・ベックがプライスに代わって作曲家となった[3]。映画音楽についてベックは「『アントマン』のために私は広範囲で大きく、キャッチなメインテーマとともに大好きなスーパーヒーロー映画の壮大で伝統的な曲を書きたかった。これが結局、スーパーヒーロー映画だけでなく強盗コメディでもあるから、この音楽を他のマーベル映画の中で目立たせるずるい遊び心がある」と説明した[4]。サウンドトラックは2015年7月17日にデジタル、8月7日にCDで発売された[5]

トラックリスト[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「Theme from Ant-Man」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
2.「Honey, I Shrunk Myself」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
3.「Escape from Jail」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
4.「Ant 247」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
5.「Paraponera Clavata」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
6.「San Francisco, 1987」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
7.「I'll Call Him Antony」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
8.「Tiny Telepathy」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
9.「First Mission」(アラン・シルヴェストリによる『アベンジャーズ』のテーマとヘンリー・ジャックマンによる『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のthe Falconテーマを含む) 特記のないものは全てクリストフ・ベック
10.「Signal Decoy」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
11.「Old Man Have Safe」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
12.「Pym's Lab」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
13.「Antfiltration」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
14.「Your Mom Died a Hero」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
15.「Scott Surfs on Ants」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
16.「The Water Main」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
17.「CrossTech Break-In」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
18.「Into the Hornet's Nest」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
19.「Become the Hero」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
20.「Insecticide」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
21.「A Center for Ants!」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
22.「Cross Gets Cross」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
23.「Fight of the Bumblebee」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
24.「Ants on a Train」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
25.「Small Sacrifice」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
26.「About Damn Time」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
27.「Tales to Astonish!」 特記のないものは全てクリストフ・ベック
28.「Borombon」(アルバムのみ) カミロ・アスキータ
29.「Escape」(アルバムのみ) ロイ・エアーズ
30.「I'm Ready」(アルバムのみ) コモドアーズ
31.「Pink Gorilla」(アルバムのみ) HLM

出典[編集]

  1. ^ Goldberg, Matt (2014年2月16日). “Bill Pope to Handle Cinematography for ANT-MAN; GRAVITY Composer Steven Price to Write the Score”. Collider. 2014年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月16日閲覧。
  2. ^ The ANT-MAN Director Derby Narrows (Again) To Two New Finalists!”. Ain't It Cool News (2014年6月6日). 2014年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月15日閲覧。
  3. ^ Christophe Beck to Score Marvel Studios’ ‘Ant-Man”. Film Music Reporter (2015年1月6日). 2015年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月7日閲覧。
  4. ^ McCue, Michelle (2015年6月16日). “Composer Christophe Beck Talks Score For ANT-MAN”. We Are Movie Geeks. 2015年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月20日閲覧。
  5. ^ ‘Ant-Man’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2015年7月15日). 2015年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月15日閲覧。