ハッピー・ホーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハッピー・ホーガン
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Tales of Suspense #45 (1963年9月)
クリエイター スタン・リー
ドン・ヘック
作中の情報
フルネーム Harold "Harry" Hogan
種族 人間

ハロルド・"ハリー"・ホーガン (Harold "Harry" Hogan)、通称ハッピー・ホーガン (Happy Hogan) は、マーベル・コミックの世界に登場する、アイアンマンのサポートキャラクター。

経歴[編集]

元ボクサーのハッピーは、『Tales of Suspense』#45(1963年9月)でトニーの命を救ったことをきっかけに、彼の運転手兼個人秘書として雇われる。ハッピーは、『Tales of Suspense』 #70(1965年10月)でトニーがアイアンマンであると知る。

『Tales of Suspense』 #74 (1966年2月)で、医師がスタークの実験用の「Enervator」装置によって動かされたコバルト光線マシンを使用して彼を治療しようとしたとき、深刻な病気のハッピーはフリークという巨大で惨忍で超人的に強い人間型の生物に変異する。アイアンマンがフリークを止めるために到着する前に彼は逃げ、そして暴れ始める。

アイアンマンは実験室にフリークを連れ戻すが、パワーを使い果たして崩壊する。フリークはペッパー・ポッツに遭遇し、彼を見て気絶した彼女を運び去る。アイアンマンはペッパーを助け、再びフリークを研究室に連れてゆく。『Tales of Suspense』#76(1966年4月)でアイアンマンがもう一度Enervatorに彼をさらすと普通の身体を取り戻すが、『Tales of Suspense』#83(1966年11月)まで一時的な記憶喪失のために苦しめられる。

後にアイアンマンがアーマーを再建するのを助けている間、ハッピーは再びコバルト光線に露出されてフリークになった。フリークはアイアンマンを壁に叩きつけ、彼と共にペッパーを連れて行く。アイアンマンは再びハッピーをもとに戻すことができた。

コレクターは後に、自身のコレクションにフリークを追加する目的でハッピーとペッパーを誘拐する。

その後、ハッピーはアイアンマンのアーマーを着けているときに負傷し、スタークは、装置の欠陥が直ったと思って彼を救うのにEnervatorを使用する。するとまたしても装置は再びハッピーをフリークに変えた。彼が結局、臨界質量に達して、爆発するエネルギーで輝くことを引き起こし、コバルトに自分をさらした。スタークが再びハッピーEnervatorを使用して元に戻すまで、2度戦った。

彼は『Tales of Suspense』#91(1967年7月)でペッパー・ポッツと結婚するが、彼らは後に離婚する。

ハッピーは、スタークインダストリーズ、スタークエンタープライズ、およびスタークソリューションズを含むスタークのほぼすべての会社のために働いていた。しかしながら、トニー(アイアンマン)がオンスロートサーガの間いなくなったとき、ホーガンは、スターク・フジカワによって雇われるのを拒否するが、スタークが戻るとまた雇用される。 また、彼はペッパー・ポッツと再婚する。

シビル・ウォーの際に、かなりの道徳的で政治上、そして、感情的な問題をトニー・スタークは引き起こしており、ハッピー・ホーガンは、多くの必要なアドバイスをトニーに与え続けた。

他のバージョン[編集]

アマルガム・コミックス[編集]

アマルガム・コミックス・ユニバースでは、アイアンマンはDCコミックスグリーンランタンと合体してアイアンランタンとなる。アイアンランタンはスタークエアクラフトのオーナーのハル・スタークであり実験的な航空機の開発者である。スタークの主要な整備士はハッピー・カルマク(マーベルのハッピー・ホーガンとDCのトーマス・カルマクの合体)である。

ヒーローズリボーン[編集]

『ヒーローズリボーン』シリーズでは、ハッピー・ホーガンはスタークの広報チーフである。ペッパーとは軽い恋愛関係にある。

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメット・マーベルユニバースでは、ホーガンはアルティメッツシリーズでアイアンマンと共に登場する。彼は、頻繁にペッパー・ポッツと共にアイアンマンのアーマーのコントロールルームに現れる。

マイケル・ジャン・フリードマンによるスピンオフ小説のトゥモローマンで、ホーガンが長い間スタークと共に働いているが、彼が決して公式にMITの学位を得なかったことが明らかにされる。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

出版[編集]

  • Avengers vol. 1 #9, 16
  • Avengers vol. 3 #28
  • Black Panther vol. 3 #42
  • Force Works #8, 10
  • Iron Man vol. 1 #3–4, 21, 26, 59, 61, 63–66, 69–71, 73, 82–83, 86–88, 112, 199–201, 210, 259, 284, 300, 313, 315, 318–319, 327–329
  • Iron Man vol. 3 #2–9, 11–18, 20, 23–25, 28–29, 37–39, 41–42, 45–47, 49–51, 59–63, 65–69, 79, 86–89
  • Iron Man vol. 4 #13–14
  • Iron Man/Captain America '98
  • Iron Man: Age of Innocence #1
  • Iron Man: Bad Blood #1, 3–4
  • Iron Man: The Inevitable #1, 3
  • Marvel: Heroes & Legends #2
  • Shadow & Light #1
  • Spider-Man Team Up #4
  • Tales of Suspense vol. 1 #45–48, 60–61, 63–71, 73, 76, 82–87, 89, 91
  • Untold Tales of Spider-Man '97
  • Warlock vol. 3 #2

アイアンマンとして

  • Iron Man vol. 1 #82–83, 300
  • Tales of Suspense vol. 1 #84–86

フリークとして

  • Iron Man vol. 1 #3–4, 84–85
  • Tales of Suspense vol. 1 #74–75