メリー・ジェーン・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メリー・ジェーン・ワトソン
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 アメイジング・スパイダーマン 25号(1965年6月)
クリエイター スタン・リー
作中の情報
フルネーム Mary Jane Watson
種族 人間
著名な別名 MJ
能力 幅広い演技のスキル

メリー・ジェーン・ワトソン(Mary Jane Watson)は『スパイダーマン』の登場人物。

経歴[編集]

通称はMJ。職業は女優モデル。様々な恋人と付き合った後にスパイダーマンであるピーター・パーカーの恋人になった。メイデイ・パーカーの母でもある。

脚本家を志すフィリップと演劇科の学生マデリーン・ワトソンの間に生まれる。後に夢に行き詰まったフィリップが家庭内で暴力をし始めたため、マデリーンは夫を置いて2人の娘とともに家を出た。その後も姉のゲイルが夫に捨てられ、生活に苦しんでメリー・ジェーンを頼ってくるなど苦労が絶えなかった。

このような人生を送ってきたことにより、本当の自分の感情を覆い隠すような幅広い演技のスキルを身に付けた。これが女優としての仕事に役立つことになる。

他のメディア[編集]

映画[編集]

サム・ライミ三部作[編集]

キルスティン・ダンストが演じる。吹き替えは岡寛恵が担当。

MCU[編集]

ゼンデイヤが演じる。吹き替えは真壁かずみが担当。名前がミシェル・ジョーンズに変更されている。

スパイダーマン:スパイダーバース[編集]

ゾーイ・クラヴィッツが演じる。吹き替えは甲斐田裕子が担当。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • スパイダーマン(PS) - ジェニファー・ヘイルが声を担当。吹き替えは佐久間レイが担当。
  • SPIDER-MAN(PS2・GC・Xbox) - キャット・オコナーが声を担当。吹き替えは岡寛恵が担当。
  • スパイダーマン2(PS2・DS・PSP) - キルスティン・ダンストが声を担当。吹き替えは岡寛恵が担当。
  • スパイダーマン3(PS2・PS3・Wii) - カリ・ウォールグレンが声を担当。吹き替えは岡寛恵が担当。
  • Marvel's Spider-Man(PS4) - ローラ・ベイリーが声を担当。吹き替えは森なな子が担当。

外部リンク[編集]