トニー・スターク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイアンマン > トニー・スターク

トニー・スターク (: Tony Stark) は、マーベル・コミックが刊行しているアメコミシリーズ『アイアンマン』の登場人物であり、同作の主人公。自身の開発した、科学技術の粋を凝らしたパワードスーツを着用することで、スーパーヒーロー「アイアンマン」として活躍する。

概要[編集]

本名:アンソニー・エドワード・(トニー)スタークAnthony Edward "Tony" Stark

1970年5月29日生まれの双子座、父親はアメリカの巨大軍需企業「スタークインダストリーズ」CEOハワード・スターク。マサチューセッツ工科大学首席で卒業し、20歳の誕生日に両親が事故で他界してしまい、莫大な遺産と大企業の経営権を得ることになった。社長に就任したトニーは、自身の頭脳を使って数々の新技術を次々に開発し、一躍時の人となった。

折りしも、ベトナム戦争の真っ最中。トニーも新兵器の実用テストのために、ベトナムジャングルを訪れていたが、そこで誤って地雷を踏んでしまい、現地ゲリラに捕らえられてしまう。心臓近くに突き刺さった破片により、余命いくばくも無いトニー。彼が天才的発明家であることに目をつけたゲリラの首領は、手術をする代わりに新兵器の開発を強制する。

この設定は1990年代に湾岸戦争で負傷したと修正されていたが、2005年にリブートされたアイアンマンの第4シリーズにおいて、トニーがゲリラに捕まった地がアフガニスタンと2度目の修正がされた。2008年の映画版はこれを踏襲している。

生きるためにその要求を受け入れたトニーだが、同じく捕虜として捕まっていた天才的物理学者のインセン教授と共に兵器開発のふりをしながら、自身の心臓のペースメーカーとなるパワードスーツを作り上げる。最後の充電中自らの命と引き換えに時間を稼いでくれたインセン教授のおかげでパワードスーツを起動させることに成功し、アイアンマンとなったトニーはゲリラたちを一蹴、母国へ帰還する。その後、アイアンマンを自社のボディーガードとして公表しヒーロー活動を始める。

Secret Invasion[編集]

トニー・スタークは体を乗っ取ったウルトロンとの交戦を生き残ったが、病院でスパイダー・ウーマンと遭遇する。彼女はエレクトラに化けたスクラルの遺体を携えていた。迫りつつあるスクラルの侵略に気付いたトニーはイルミナティを招集し、遺体を示し、戦争状態である事を宣言した。ブラックボルトの正体がスクラルであることが明かされネイモアに殺害されてから、スクラルの軍勢が攻撃しトニーは他のイルミナティを立ち退かせ一体を破壊し、全てのスクラルを殺害せねばならなかった。互いを信用できないことが分かったメンバーたちは個別行動を開始し、来たるべき侵略への計画を練ることになった。

Dark Reign[編集]

スタークは世間から姿を自在に変える異星人スクラルの地球侵略を防ぐ力がなかったこととスタークテックが実質的に独占していた世界規模の防衛産業を無力化されたことから信頼されなくなり中傷を受けることになった[1]。侵略後、合衆国政府は彼をS.H.I.E.L.D.の長官から罷免しアベンジャーズを解散させ、イニシアチブの指揮をノーマン・オズボーン(=グリーン・ゴブリン)に任せることにした。

アイアンマンはその後ヘンリー・ピムのマイティ・アベンジャーズのメンバーとして登場している[2]。チソンの脅威と戦う前に、アイアンマンはハルクを抑制する手伝いをした[3]。彼はチームを離脱した。自分にはまだチームの一員になる準備ができていないと気付いたからである[4]

エクストリミスの力を失い、スタークはウイルスをアップロードし登録法の全てのレコードを破壊した。オズボーンに自分の仲間のヒーローの正体を気付かせるのを防ぐ為である。唯一のコピーはスタークの頭の中である。彼は現在予備のアーマーの一つを使っており[5]、スタークタワーにある本来のアーマーは現在オズボーンの手中にある[6]。ウォーマシーンとの偽の交戦を経て、アイアンマンはどうにかして新たなアーマーを手に入れ、スターク・アンダーシー・ベースで自分を殺す為にオズボーンに雇われたネイモアと戦った。スタークはアトランティス人の裏をかき、崩れゆく基地から脱出することができた[7]。秘密組織キャバルのメンバー達はスタークの捕獲を含めた多くの問題を議論する為に集まっている[8]

能力とパワー[編集]

トニーは、研究開発が主な仕事の「未来派芸術家」であり、常に新たな技術を作り出し、それを証明する方法を求めている。これは自身の強敵やデストラップに対峙した際のオーソドックスではないが、効率的なスーツの使い方を考案する事が可能な「創意工夫をする能力」に拡張されている。

また未来派芸術家であることに誇りを持っているアメリカの産業資本家億万長者・軍事契約業者である。ビジネス界ではビジネス倫理と従業員に対しての誠実さで知られ、経済的な事象について話す時は人々の注目を集めている。ビジネスにおける環境保護への責任も果たそうとしており、多大な利益を上げ、ドクター・ドゥームと違法な取引をした従業員を即刻解雇した。

トニーは、一時期自分のアーマーが使用不可能になって戦う事ができなかった時にキャプテン・アメリカに格闘技のトレーニングを請うており、アーマーなしでもそれなりに戦える存在となった。

脚注[編集]

  1. ^ Secret Invasion #1
  2. ^ Mighty Avengers #21
  3. ^ Mighty Avengers #22
  4. ^ Mighty Avengers #23
  5. ^ Invincible Iron Man #10
  6. ^ Dark Avengers #1
  7. ^ Invincible Iron Man #11-12
  8. ^ Mighty Avengers #24