Club AT-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Club AT-X(クラブエーティーエックス)は、アニメ専門チャンネルアニメシアターX(AT-X)」で放送されている、アニメ声優情報番組である。2002年6月放送開始。

日時[編集]

  • 日曜24:00〜24:30 - 隔週(第1・第3)更新、第2・第4は再放送、第5は番外編『櫻井孝宏の(笑)』
  • 土曜24:00〜24:30 - 再放送
2012年9月までは日曜22時に本放送(第1・第3週のみ、第5週は番外編『櫻井孝宏の(笑)』)、土曜25時に再放送であった。

概要[編集]

1999年に開始された、AT-X初の自社製作番組ミニ番組『DIAMOND TIME』が前身であり、『DIAMOND TIME DX』と入れ替わりにスタートした。

主にAT-Xで放送されているアニメ作品にまつわる情報や関係者インタビュー、出演者やゲストを交えてのフリートークで構成される。メインゲストは2回(1か月)連続で登場する。

2010年4月よりハイビジョン制作になる。

サブタイトル・司会者[編集]

司会者は1年~数年の不定期で交代し、2組目からは司会者毎に異なるサブタイトルが付いている。

公式の回数カウントはサブタイトルと司会者が変わってもリセットされず通算される。希に特別編成があるため、月数×2が回数とはならない。

各回に登場のゲスト(月替わり)は公式サイトを参照。

サブタイトル 開始 終了 月数 男性出演者 女性出演者
(なし) 00#1 2002年06月 31 矢尾一樹 桂亜沙美
福愛美
0#61 2004年12月 浜田翔子
櫻井探偵事務所 0#62 2005年01月 0#93 2006年03月25日 15 櫻井孝宏
AT-X学園 0#94 2006年04月21日 #124 2007年07月13日 30 岸尾だいすけ 神吉綾子
#125 2007年08月03日 #126 2007年08月17日 (なし)
#127 2007年09月01日 #152 2008年09月19日 稲村優奈
だぶるあ〜る #153 2008年10月02日 #230 2011年12月18日 39(最長) 小山力也 田中理恵
しもがめ #231 2012年01月01日 下野紘 大亀あすか

初期[編集]

#1(2002年6月)から#61(2004年12月)までの31か月・61回。

バーの店内風のスタジオで収録されていた。初回は1時間スペシャルで放送された。

アシスタントは2002年~2004年のAT-Xイメージガールで、新しいイメージガールが選ばれると交代した。

櫻井探偵事務所[編集]

#62(2005年1月)から#93(2006年3月25日)までの15か月・32回。

探偵事務所という設定で、マンションの一室風のスタジオで収録されていた。

レポーターは、スタジオのメインゲスト以外のリポートコーナー(毎回0~2程度)で1人ずつ登場した。

浜田は櫻井と並ぶメインの出演者扱いだったが、実際は出演しない回が多く、レポーターの1人が代わりにスタジオに登場した。

AT-X学園[編集]

#94(2006年4月21日)から#152(2008年9月19日)までの30か月・59回。

メインコーナー(ゲストとのトーク)は学校の教室風のスタジオで収録されていた。

神吉は芸能界引退により、#124(2007年7月15日)が最後の出演となった(学校設定では「休学」)[1]。続く8月は生徒役が不在で、#127(9月1日)から稲村が「転入生」として登場した[2]

番組当初は神吉が週変わりでコスプレするコーナーがあった。

だぶるあ〜る[編集]

#153(2008年10月2日)から#230(2011年12月18日)。2011年6月で32か月になり、これまでのサブタイトル(サブタイトルなしを含む)で最長となった。

あ~る星から到来した宇宙船「あ~る号」内から地球のアニメ・声優関連情報をレポートする、という設定。スタジオもあ~る号船室内とされているが和室である。

「だぶるあ~る」(ダブルR)は2人のイニシャル Rikiya と Rie より。2人は番組冒頭では「R-1(アールワン)」「R-2(アールツー)」(「R-I」「R-II」とも)と名乗る。

コーナー進行は:

ギャラクシー作品紹介 (ギャラ作)
ゲストの出演作を紹介する。
ギャラクシーレポート
別録りの、別のゲストによる作品紹介。
ギャラクシーリサーチ(ギャラリサ)
ゲストへの一問一答と、商品を賭けてのゲーム。
ギャラクシーニュース
ナレーターによる、アニメ・声優ニュース。
ギャラクシーエンディング
〆めのトーク。

しもがめ[編集]

#231(2012年1月1日)から放送開始[3]

当シリーズよりTwitterを利用して視聴者からの投稿を受け付けている。

番外編[編集]

Club AT-Xの放送枠の第5日曜日(ある月のみ)に番外編が放送されている。ただし2008年3月は第1日曜日に放送。

櫻井孝宏の(笑)[編集]

2006年7月30日、単発のトーク番組として放送され、以降3か月毎(第5日曜日)の放送が企画された。しかし、櫻井の主宰劇団「joy2006」の盗作問題による一部活動自粛に伴い、1回のみで『声優戦線異状なし!?』に差し替えられた。その後、2007年4月29日に再開。

(笑)』は「かっこわらい」と読む。

声優戦線異状なし!?[編集]

2006年10月29日放送。『櫻井孝宏の(笑)』の休止による代替のトーク番組。ゲストは大原さやか

2007年4月に『櫻井孝宏の(笑)』が再開したため1回のみの放送。

放送リスト[編集]

放送リスト(一部)
放送日 ゲスト 内容
2006年07月30日 松風雅也 『(笑)』第1回。NGワードを引き出そうとして櫻井が自爆する。
2006年10月29日 大原さやか 『(笑)』休止、清水香里下野紘による『声優戦線異状なし!?』。
2007年04月29日 井上喜久子 『(笑)』再開。櫻井がもっとも苦手する「料理」。ハンバーグを井上と協力して作る。
2007年07月29日 下野紘 後輩女性声優3人にツッコミトークをする。
2007年09月30日 水島大宙 釣り堀釣りをし、メンズエステで癒しの時を楽しむ。
2008年03月02日 広橋涼 駄菓子屋バーで遊んだ。
2008年06月29日 柿原徹也 体育館でスポーツ対決。
2008年08月31日 野中藍 の代金を掛けて利き日本酒対決をし、その後怪談を聞く。
2010年05月30日 仙台エリ&松風雅也 番組HD化。櫻井×仙台の食わず嫌い対決

Club AT-X やっぱりアニメが好き。[編集]

2002年10月13日より2004年3月28日まで文化放送で放送されていたアニラジ番組。

パーソナリティーは、浅川悠松岡由貴金田朋子の「三姉妹」[4]と、2003年1月からは2003年度AT-Xイメージガールの福愛美

AT-XのPRコーナーも存在し、キャンペーンガールも毎年ごとに交代していた。公開録音が幾度か行なわれた。

コーナー[編集]

三姉妹物語(仮)[4]
ユウ・ユキ・トモの三姉妹が登場するラジオドラマ。
CD『やっぱり劇場やや連続魔女っ子三姉妹物語 第1巻』 (2003年11月2日)・『やっぱり劇場不連続三姉妹物語 第1巻』 (2004年1月31日) がリリースされた。
スナックひろみ[4]
浅川のコーナー。
白やぎミステリー研究所テケテケメー[4]
松岡のコーナー。
朋子の三人で一人前とことで[4]
金田のコーナー。
文化放送 日曜21:30–22:00
前番組 番組名 次番組
Club AT-X やっぱりアニメが好き。

出典[編集]

外部リンク[編集]