ブラックラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラックラッシュ
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 ウィップラッシュとして:
Tales of Suspense #97 (1968年6月)
ブラックラッシュとして:
Iron Man #146 (1981年5月)
クリエイター スタン・リー
ジーン・コラン
作中の情報
本名 Mark Scarlotti
種族 人間
所属チーム Maggia
Death Squad
Sinister Syndicate
著名な別名 Whiplash, Marc Scott
能力 Weapons master

ブラックラッシュBlacklash、本名:マーク・スカーロッティ)は、マーベル・コミック社の漫画に登場する架空の人物である。以前はウィップラッシュWhiplash)の名で知られていた。初登場はスタン・リージーン・コランによる『Tales of Suspense #97』(1968年6月)である。

出版史[編集]

マーク・スカーロッティMark Scarlotti)は、元々、スターク・インターナショナルズ・シンシナティ支店の天才的な電気技術者だったが、ぜいたくな生活を望んでプロの犯罪者となる。彼自ら設計した服と精巧な金属のむちを身に付けてウィップラッシュとなり、犯罪組織マッジャに所属する兵器デザイナー、スペシャル・エージェント、および暗殺者となる。マッジャを代表して、ウィップラッシュはヒーローのアイアンマン[1]と、マッジャのギャンブル船を攻撃しているAIMのエージェント[2]と戦う。

スカーロッティはスターク・インターナショナルズ・シンシナティ・プラントで、マッジャに秘密の仕事に割り当てられ、Head of Researchになる。ウィップラッシュとして、マッジャをやめて、スカーロッティは次に、アイアンマンとの別の決定的でない戦いを持って、現場から逃げた[3]。ウィップラッシュは、仲間のスーパーヴィランのメルターマン・ブルと共に、他に次元の悪人のブラック・ラマによって結成されたデス・スクワッドに加入し、アイアンマンと戦う。彼らは、ブラック・ラマのGolden Globe of Powerを勝ちとるために「スーパーヴィラン・ウォー」に突入するが、すべて破られる[4]

ウィップラッシュは再びマッジャに加わり、ニュージャージー州スパイダーマン、アイアンマンと戦うが、自警団員のWraithによって破られる[5]。犯罪王ジャスティン・ハマーがウィップラッシュを、メルターと初代ブリザードと共に雇い、アトランティックシティカジノの強盗を試みたが、アイアンマンによって止められた[6]。ウィップラッシュは、ハマーによって刑務所から釈放され、ハマーの服を着せられた工員のひとりとして、ほとんど勝ち目がないにもかかわらず、再びアイアンマンと戦う[7]

スカーロッティはハマーによって融資された無名の共同体にスターク社の従業員のヴィク・マルティネッリを殺すために再度雇われ、アップグレードした服、武器、および新しい名前「ブラックラッシュ」を提供される。アップグレードしたにもかかわらず、スカーロッティはアイアンマンに敗北し、雇い主の前に引きずられることによって辱しめられた[8]。スカーロッティはマスターヴィランのマッドティンカーにウィップラッシュとして雇われ、ニューヨーク病院で休んでいるザ・シングを殺し損ねた[9]

スカーロッティは結局、刑務所の精神科医によって躁鬱病と診断された。改心するのを試みるが、彼の故郷の両親と居住者によって拒絶され、スカーロッティは再びブラックラッシュになった。ブラックラッシュはマッジャで暗殺を企てるが、ウォーマシーンスパイダーマンによって阻止される[10]。スパイダーマンはもう一度ブラックラッシュを破り[11]、また、強盗を遂行している間、キャプテン・アメリカによって逮捕される[12]。スーパーヴィランチームの「シニスター・シンジゲート」に加わった後、スパイダーマンを殺し損ね[13]、ジャスティン・ハマーによって再雇用され、ビートル二代目ブリザード共に、ハマーの元エージェントのフォースを暗殺するために送られた。しかしながら、アイアンマン、ジェームズ・ローディ、およびフォースはその三人組を破った[14]

スカーロッティはアイアンマンとジェームズ・ローディと共に破壊活動家に対して働くために送られるが、アイアンマンに反抗する[15]。スパイダーマンのヴィランであるライノと共に、盗んだ武器をハマーに返さないスコーピオンを倒した[16]

スカーロッティは犯罪者としてのアイデンティティを放棄すると決め、結婚して、子供を持った。スカーロッティは金の不足によって再びやむを得ずアイデンティティを得て、そして、彼は暗殺者の目標になった。アパートに戻るとき、その暗殺者は妻を殺した。ブラックラッシュとしてのスカーロッティは暗殺者を見つけて殺し、永遠にブラックラッシュとしてのアイデンティティを捨てると誓う[17]。しかしながらスカーロッティは、スタークのライバルによって雇われ、アップグレードした服と新しい武器と共にウィップラッシュに戻る。ウィップラッシュは、機能停止中のアイアンマンと遭遇して戦うが、数週間後にアイアンマンの新型のアーマーの暴走によって殺される[18]

シビル・ウォーの間、ウィップラッシュとブラックラッシュと呼ばれる2人の新しいヴィランが現れるが、どちらもマーク・スカーロッティとは関係が無い。ふたりは強制的にサンダーボルトに編成された[19]

パワーと能力[編集]

ジャスティン・ハマーの提供により、ブラックラッシュは防弾服を着ており、また、弾丸から向きをそらしたり、堅くしてヌンチャク棒高跳のポールとして使えるサイバネティックスで制御された1組のチタニウムムチを持っている。また、ブラックラッシュは兵器袋の中に、反重力ボーラと、彼の長手袋から電気エネルギーを解放するネクロ・ラッシュを含むさまざまな装置を入れて持ち運んでいる。スカーロッティは研究技師であり、大学で兵器工学者として設計している。

他のバージョン[編集]

アルティメット・マーベル[編集]

この並行世界では、ビジネスマンのマーク・スコットが軍事の契約法のために彼の会社のウィップラッシュを通してトニー・スタークと競争している[20]

Iron Man Vs. Whiplash[編集]

映画『アイアンマン2』に先駆けて発売された『Iron Man Vs. Whiplash』では、ウィップラッシュことアイヴァン・ヴァンコとトニーの出会いが詳細に描かれている。また、名前がアントン・ヴァンコに変更されている[21]

他のメディア[編集]

テレビシリーズ[編集]

アイアンマン(1994年のアニメ)
ブラックラッシュの声優はジェームズ・アヴェリー[要曖昧さ回避]ドリアン・ヘアウッドが担当した。
アイアンマン ザ・アドベンチャーズ
第5話「知られた素顔」(原題"Whip Lash"では、ウィップラッシュの声優はピーター・ケラミスが担当した。
アベンジャーズ 地球最強のヒーロー
ウィップラッシュは女性キャラクターとして登場。

映画[編集]

  • 2010年の映画アイアンマン2』ではミッキー・ロークがウィップラッシュことイワン・ヴァンコを演じる。映画のウィップラッシュはロシア人ヴィランのクリムゾン・ダイナモの要素が組み込まれている[22]。ヴァンコはスターク家に対して恨みを抱くロシアの物理学者であり、トニーのアーク・リアクターを再現し、リアクター搭載の装備を作る。

テレビゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tales of Suspense #97 - 99 (Jan. - Mar. 1968); Iron Man and Sub-Mariner #1 (Apr. 1968)
  2. ^ Iron Man #1 (May. 1968)
  3. ^ Iron Man #62 (Sep. 1973)
  4. ^ Iron Man #72 (Jan. 1974)
  5. ^ Marvel Team-Up #72 (Aug. 1978)
  6. ^ Iron Man #123 - 124 (Jun. - Jul. 1979)
  7. ^ Iron Man #126 - 127 (Sep. - Oct. 1979)
  8. ^ Iron Man #146 -147 (May - Jun. 1981)
  9. ^ Possibly a continuity error - See Marvel Two-In-One #96 (Feb. 1983)
  10. ^ Marvel Team-Up #145 (Sep. 1984)
  11. ^ The Spectacular Spider-Man #101 (Apr. 1985)
  12. ^ Captain America #319 (Sep. 1986)
  13. ^ Amazing Spider-Man #280 - 281 (Sep. - Oct. 1986)
  14. ^ Iron Man #223 - 224 (Oct. - Nov. 1987)
  15. ^ Iron Man #239 - 240 (Feb. - Mar. 1989)
  16. ^ Amazing Spider-Man #319 (Sep. 1989)
  17. ^ Elektra #5 - 7 (Mar - May 1997)
  18. ^ Iron Man #8 vol. 2, (Sep. 1998) & 26 & 28 (Mar. & May 2000)
  19. ^ Thunderbolts #104 (Sept. 2006)
  20. ^ Ultimate Iron Man vol. 2, #1 - 4 (Feb. - May 2008) & #5 (Oct. 2008)
  21. ^ Iron Man vs. Whiplash #1–4
  22. ^ Michael Fleming, Marc Graser (2009年3月11日). “Mickey Rourke set for 'Iron Man 2'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118001114.html 2009年3月11日閲覧。 

外部リンク[編集]