アイアンマン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイアンマン2
Iron Man 2
監督 ジョン・ファヴロー
脚本 ジャスティン・セロウ
原作 キャラクター創造
スタン・リー
ドン・ヘック
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 スーザン・ダウニー
ジョン・ファヴロー
アラン・ファイン
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
デニス・L・スチュワート
ルイス・デスポジート
出演者 ロバート・ダウニー・Jr
グウィネス・パルトロウ
ドン・チードル
スカーレット・ヨハンソン
ミッキー・ローク
音楽 ジョン・デブニー
撮影 マシュー・リバティーク
編集 ダン・リーベンタール
リチャード・ピアソン
製作会社 マーベル・スタジオズ
フェアヴュー・エンターテインメント
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年4月26日(プレミア)
アメリカ合衆国の旗 2010年5月7日
日本の旗 2010年6月11日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $170-200 million[1][2]
興行収入 $594,280,000[2] 世界の旗
$299,280,000[2] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
12.0億円[3]日本の旗
前作 アイアンマン(シリーズ前作)
インクレディブル・ハルクマーベル・シネマティック・ユニバース前作)
次作 アイアンマン3(シリーズ次作)
マイティ・ソーマーベル・シネマティック・ユニバース次作)
テンプレートを表示

アイアンマン2』(Iron Man 2)は、2010年アメリカ映画。「マーベル・コミック」のヒーローコミック作品『アイアンマン』の実写映画化の第2弾。2008年の映画アイアンマン』の続編である。

また、様々な「マーベル・コミック」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては、第3作品目となる。

概要[編集]

前作『アイアンマン』の公開後、そのヒットを受け本作の製作が決定。監督のジョン・ファヴローによると前作の製作当初から3部作構想があり、第2作での悪役に「アイアンモンガー」を想定していたと言うが、結局アイアンモンガーは前作の悪役として登場、ジェフ・ブリッジスが同役を演じた。その結果、製作側は本作における新たな悪役としてミッキー・ローク演じる「ウィップラッシュ」、そしてサム・ロックウェル演じる「ジャスティン・ハマー」を登場させている。また、原作の人気キャラクターであるもうひとりのアイアンマンこと「ウォーマシン」、そして謎めいた女スパイの「ブラック・ウィドー」も本作より登場。それぞれドン・チードルスカーレット・ヨハンソンが演じている。ちなみにチードルは、前作から降板したテレンス・ハワードの後を継ぐ形でキャスティングされた。このチードル演じるジェームズ・“ローディ”・ローズが本作に初登場する後ろ姿のシーンにおける彼のセリフは、単に劇中における「ローディ」のセリフというのみならず、このキャスティング変更について観客に説明するために監督がチードルやロバート・ダウニー・Jrと相談して付け加えるに至った脚本に無いセリフである[4]。メインロールであるアイアンマンことトニー・スターク役、そしてトニーを支えるペッパー・ポッツ役は前作同様、ロバート・ダウニー・Jrとグウィネス・パルトロウが続投している。監督のファヴローも前作に続いて俳優として出演しており、メインキャスト扱いではないものの、前作と比べて出番が多くなっている。

2008年7月、映画『トロピック・サンダー / 史上最低の作戦』の脚本を執筆し、同作に出演したダウニー・Jrにアカデミー賞ノミネートをもたらしたジャスティン・セロウがダウニー・Jrの推薦によって[5]ライターに就任。原作の1エピソード「Demon in the Bottle」編をモチーフとし、ファヴローとダウニー・Jrによる原案を基に執筆を始めた[6]ストーリーボードはアニメーターとして知られるゲンディ・タルタコフスキーが担当[7]。また『リーサル・ウェポン』などの脚本で知られるシェーン・ブラックが、ファヴローとダウニー・Jrに「トニーの人物像を物理学者ロバート・オッペンハイマーに近づけてはどうか」などのアドヴァイスをした[8]。ちなみにブラックは、本シリーズの次作である『アイアンマン3』にて、ファヴローに代わって監督を務めることが決定している。アイアンマンのアーマーをデザインしたのは前作に引き続いてアディ・グラノヴ[9]

主要撮影は2009年4月6日より、カリフォルニア州マンハッタン・ビーチにあるローリー・スタジオにて開始[10][11]。撮影現場では作品の情報漏洩を防ぐため、『Rasputin』というフェイク・タイトルが使われた[12]。また、モナコでのシーンは急遽一部が撮影不可能となり、ロサンゼルスにセットを作って撮影した。

日本での配給は前作のソニー・ピクチャーズからパラマウント映画の日本法人であるパラマウント ジャパンに変更され、全世界で配給元が統一された。

ストーリー[編集]

トニー・スタークが自らアイアンマンであると公表してから半年後。「マーク4」を纏って世界各地で起こる紛争を鎮圧し続け世界平和のために貢献しようとするトニーだったが、政府からアーマーを兵器として見なされアーマーの引き渡しを求められてしまう。アーマー開発の経緯からトニーは断固として要求を拒否するが、トニーの体はアーマーの動力源にして生命維持装置でもあるアーク・リアクターの動力源「パラジウム」が放出する毒素に蝕まれつつあった。トニーは命あるうちに使命を全うすべく、スターク・インダストリーズ社長の座を秘書のペッパーに譲り、新たな秘書として保安部にいたナタリー・ラッシュマンをヘッドハンティングする。後世にテクノロジーを伝える博覧会「スターク・エキスポ」も開催。

それと前後して、かつてアメリカに亡命し、トニーの父親であるハワード・スタークの共同研究者を務めた事もあるロシアの元物理学者アントン・ヴァンコが他界。彼はハワードともにアーク・リアクターの研究に携わっていた優秀な化学者だったがスパイ容疑で逮捕され、強制送還された後シベリアに送られて貧しい生活を余儀なくされた。アントンの息子、イワンはその事でスターク一族を逆恨みし、父が残していた設計図から独学で小型アーク・リアクターを作り上げ、それを動力源として動く武器「エレクトリカル・デス・ウィップ」を開発。モナコにてカーレースに参加中のトニーを急襲するも、「マーク5」を装着したトニーによって返り討ちにされてしまう。イワンは収監されるも事件はアイアンマンと同等のテクノロジーが他に存在すると世間に知らしめ、「トニー・スターク1人で世界を守れるのか」「政府にアーマーを渡せば良かったのではないか」と世論を騒がせてしまう。世論に嫌気がさしたトニーはマリブにある自宅で開催した自らの誕生会にアーマーを着て現れ、泥酔して大騒ぎするなど醜態をさらしてしまう事に。そんな彼に堪忍袋の緒が切れた空軍中佐のトニーの友人ローディは、彼を止めようとトニーの自宅にあった「マーク2」を無断で装着して殴り合いのケンカをし、そのままマーク2を没収して空軍に持ち帰る。

一方、ハマー・インダストリーズ社長ジャスティン・ハマーが裏で手を回してイワンを脱獄させていた。ハマーは目の敵であるトニーの技術力を凌駕し、優れた科学者でもあるイワンを雇い自社の兵器ラインを拡張させ、政府との軍事提携を目論んでいた。イワンの介入で当初の目論見からは外れたものの、ハマーは量産型遠隔操作式二足歩行無人機「ドローン」を完成させ、同時にローディが持ち帰ってきたマーク2に銃火器と装甲を付加して「ウォーマシン」を製作し、「スターク・エキスポ」の会場でドローンとウォーマシンの発表会を行った。ウォーマシンはローディが装着した。S.H.I.E.L.D.のリーダーであるニック・フューリーと彼の仲間だったナタリーことナターシャ・ロマノフに諭されて立ち直ったトニーは、父の遺品から得たヒントを元に新たなリアクターを作り出し、イワンの企みを阻止するためにエキスポの会場に駆けつける。だが、イワンがドローンとウォーマシンをハッキングしており、暴れさせた。会場にいたハマーを詰問し、イワンが全ての元凶であることを突き止めたロマノフはハマーのラボラトリーへ急行、ハッキングを解除する事に成功するが、イワンは自分用に作り上げていたアーマーを装着してエキスポへ向かった後だった。トニーとローディはドローン部隊を全滅させ、乗り込んできたイワンとの決戦に挑み、2機のリパルサー・レイでイワンを撃破。アーク・リアクターとアイアンマンのテクノロジーの悪用は防がれたのだった。

数日後、S.H.I.E.L.D.のエージェントであるフィル・コールソンらはアズガルドの神・ソーの持つ魔法の鎚「ムジョルニア」を某所の砂漠で発見。この出来事が「マイティ・ソー」のプロローグとなる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版 テレビ朝日
アンソニー・"トニー"・スターク / アイアンマン ロバート・ダウニー・Jr 藤原啓治 池田秀一
ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ グウィネス・パルトロー 岡寛恵 田中敦子
ジェームズ・"ローディ"・ローズ / ウォーマシン ドン・チードル 目黒光祐 山寺宏一
ナタリー・ラッシュマン / ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ スカーレット・ヨハンソン 佐古真弓 冬馬由美
イワン・ヴァンコ / ウィップラッシュ ミッキー・ローク 菅生隆之 磯部勉
ジャスティン・ハマー サム・ロックウェル 森川智之 飛田展男
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰 玄田哲章
J.A.R.V.I.S.の声 ポール・ベタニー 加瀬康之 東地宏樹
ハロルド・"ハッピー"・ホーガン ジョン・ファヴロー 大西健晴 落合弘治
ハワード・スターク ジョン・スラッテリー 仲野裕 野島昭生
フィル・コールソン クラーク・グレッグ 村治学 根本泰彦
クリスティン・エヴァーハート レスリー・ビブ 北西純子 魏涼子
スターン議員 ギャリー・シャンドリング 石住昭彦 西村知道
ミード将軍 エリック・L・ヘイニー 原康義
ラリー・キング スタン・リー
その他吹き替え:伊藤和晃高岡瓶々伝坂勉宗川めぐみ藤井ゆきまつだ志緒理岡哲也金元寿子永吉ユカ、根本泰彦、喜山茂雄小島敏彦小林美奈東條加那子三浦綾乃田坂浩樹
その他吹き替え:藤本譲紺野相龍木村雅史宗矢樹頼原島梢武田華加藤拓二林和良荻野晴朗織田芙実松本佳奈須藤翔

スタッフ[編集]

マーケティング[編集]

2009年サンディエゴ・コミコンで約5分間に及ぶ予告編が特別公開[13]。劇場用特報はダウニー・Jr主演の映画『シャーロック・ホームズ』の公開に併せて披露され、本予告は2010年3月7日、『ジミー・キンメル・ライブ!』にダウニー・Jrが出演した際公開された[14]。宣伝パートナーはシマンテックドクターペッパーバーガーキングセブン-イレブンアウディ、LGモバイル[15]。宣伝にかかった費用はおよそ7500万ドルと言われている[16]。また、FIFAワールドカップによる観客動員への影響を考慮し、国際公開日が本国アメリカ合衆国の公開よりも早いという異例の措置が取られている[17]

日本[編集]

同じくマーベル・コミックが原作の映画『スパイダーマン2』同様、歌舞伎役者の中村獅童が「和製アイアンマン」としてアイアンマンのコスチュームに身を包み、日本各地でプロモーションが展開された。ジャパンプレミアでは前作のようにキャストの来日はなかったが(前作の公開時にはダウニー・Jrが来日)、中村に加えて格闘家の蝶野正洋が「和製ウィップラッシュ」としてコスチュームを着て登場。さらに日本人で構成されたアイアンガールズも登場した。プレミアの模様はUstreamにてネット配信された。公開時の作品キャッチコピーは「ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。」「鉄(アイアン)、なめんなよ」。宣伝パートナーは国土交通省消防庁、全国理容組合。

評価[編集]

2011年1月25日第83回アカデミー賞視覚効果賞部門にノミネートされた。

興行収入[編集]

ヨーロッパ諸国では2010年4月28日に公開され、220万ドルを記録するスタートを切り[18]公開後5日間で53カ国での国際興行収入が1億20万ドルに達した[2]。アメリカ合衆国では4380スクリーンで公開され、公開週末3日間で約1億2812万ドルの興行収入を記録。『パイレーツ・オブ・カリビアン / デッドマンズ・チェスト』に次いで歴代5位の記録となった[19]IMAXシアターでは48劇場で225万ドルを稼ぎ出し、『トランスフォーマー/リベンジ』の持つ210万ドルという記録を大きく塗り替えた[20]

2010年6月11日に全国公開され、週末3日間で3億4326万700円の興行収入を記録。配給元のパラマウント ジャパンによると、前作比135%のヒットとなった。だが、公開週の映画動員ランキングでは前週1位を記録している『告白』に及ばず、初登場2位でランクインしている[21]

続編とマーベル作品とのクロスオーバー[編集]

  • 第1作の公開後に3部作構想で製作されていたことが明らかとなっており、2012年の『アベンジャーズ』(ジョス・ウィードン監督)で『マーベル・シネマティック・ユニヴァース』シリーズのヒーローが一堂に会した後、これまで同様パラマウント映画の配給によって第3作が製作されることは確実視されていた。しかし2010年10月、パラマウントが今後製作予定であったマーベル・スタジオ映画の世界配給権を約1億1500万ドルでウォルト・ディズニー・スタジオに売却。2009年マーベル・コミック・グループを買収していたディズニーは、これによりアニメを含むマーベルの映像部門を完全に掌握することとなった。ディズニーとマーベル、そしてパラマウントは「日本を含む世界各国で『アベンジャーズ』『アイアンマン3』をディズニー配給のもと公開する」と発表[22]、結果的に第3作『アイアンマン3』の製作が間接的にではあるが公表された。またこの際、『アイアンマン3』の公開日が2013年5月3日となることも併せて発表された。ファヴロー監督は同じくディズニー製作による、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのアトラクション「マジック・キングダム」の映画化に際して監督を降板すると声明を出した[23]が『アベンジャーズ』に製作総指揮として携わっていることから少なからず『アイアンマン3』にも何らかの形で関与するものと思われる。ファヴローに代わって『アイアンマン3』の監督を務めるのは、本作のキャラクター創造でダウニー・Jrにアドヴァイスを提供したシェーン・ブラック[24]。一方でダウニー・Jrは「引き続き『アベンジャーズ』、そして『アイアンマン3』でもトニー・スターク役を演じる」と公言している。
  • トニーが父ハワードの遺品を調べるシーンで、キャプテン・アメリカの単行本らしきものが確認できる。また、トニーが自宅で新型アーク・リアクターを開発するシーンでは、前作でも僅かに登場したキャプテン・アメリカの盾らしきものが登場する(プリズム加速器の支えにされてしまう)。ちなみに新型リアクターのコアである架空の元素「ヴィブラニウム」は原作コミックにおけるキャプテン・アメリカの盾の素材でもある(映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』は2011年7月22日公開)。
  • ラスト近くで特殊機関S.H.I.E.L.D.の倉庫が登場するが、そこで流れているニュース映像にカルヴァー大学で暴れているハルクの姿が映っている。また、同シーンでフューリーがより「大きな」問題を抱えている旨を示唆するが、これは「巨大な」姿をしたハルクについての発言だと思われ、前作からその結成が暗示されて来たヒーロー・グループ「アベンジャーズ」の候補にハルクが挙がっていることを匂わせている(映画『アベンジャーズ』は2012年5月4日公開)。ちなみにニュース映像に使われているのは『インクレディブル・ハルク』の劇中映像であるが、『アベンジャーズ』でハルク役を演じるのはエドワード・ノートンではなくマーク・ラファロ
  • 本編のエンドロール終了後、コールソンがニューメキシコ州クレーターを見つめるシーンで、ソーの武器「ムジョルニア」らしきハンマーが登場する(同様のシーンはマイティ・ソー内でも繋がっている)(映画『マイティ・ソー』は2011年5月6日公開)。

関連情報[編集]

  • 本作ではORACLE社の製品が登場するほか、ORACLE社のCEOラリー・エリソンのカメオ出演やORACLE社のパビリオンでの戦闘、ホームページ内に本作の特設サイトが開設されるなど、密接な関係になっている。

関連商品[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

2010年10月22日パラマウント ジャパンよりリリース。

  • Blu-ray Disc
    • アイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット(3枚組。Blu-ray Disc2枚とDVD1枚のセット)
    • アイアンマン2 Amazon.co.jp限定スチールブック仕様(2枚組)
  • DVD
    • アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組)

日本では発売初週にDVD『スペシャル・コレクターズ・エディション』が2.8万枚、『ブルーレイ&DVDセット』が3.5万枚売り上げ、オリコン総合ランキングでDVD、Blu-ray共に首位となった[25]

サウンドトラック[編集]

AC/DCによる本作のサウンドトラックが2010年4月19日コロムビア・レコードより発売。また、ジョン・デブニーによるスコア盤も同年7月7日に発売された。(国内盤は未発売)

ノベライズ[編集]

アレクサンダー・アーヴァインによるノヴェライズ版が2010年4月アメリカで発売された。

ゲーム[編集]

2010年5月4日、本作を原作としたTVゲームがマルチプラットフォームでセガより発売された。シナリオは『ジ・インクレディブル・アイアンマン』の原作者であるマット・フラクションが担当。ドン・チードルサミュエル・L・ジャクソンが声優として参加している[26]Wii版とPSP版の開発はハイ・ヴォルテージ・ソフトウェアが手がけた[27]。この他、ゲームロフトからiPhoneおよびiPod touch専用のモバイルゲームもリリースされている[28]

参考文献[編集]

  1. ^ “Movie projector: 'Iron Man 2' has 'The Dark Knight' in its sights”. Los Angeles Times (Tribune Company). (2010年5月6日). http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/05/iron-man-has-the-dark-knight-in-its-sights.html 2010年5月10日閲覧. "The movie cost about $170 million to produce, and worldwide print and advertising costs are roughly $150 million, per insiders." 
  2. ^ a b c d Iron Man 2 (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amaozon.com. 2010年5月12日閲覧。
  3. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  4. ^ DVD収録のファヴロー監督による音声解説より。
  5. ^ Jenna Busch (2008年11月21日). “Justin Theroux on Tropic Thunder DVD/Blu-ray and Iron Man 2”. UGO Networks. http://movieblog.ugo.com/index.php/movieblog/more/justin_theroux_on_tropic_thunder_dvd_blu_ray_and_iron_man_2/ 2008年11月21日閲覧。 
  6. ^ Marc Graser (2008年7月15日). “Theroux to write 'Iron Man' sequel”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117989003.html 2008年7月16日閲覧。 
  7. ^ Eric Vespe (2008年10月29日). “Part 1 of Quint's epic interview with Jon Favreau! IRON MAN 2! IMAX! James Cameron's AVATAR! And... Genndy Tartakovsky?!?”. Ain't It Cool News. http://www.aintitcool.com/node/38907 2008年10月29日閲覧。 
  8. ^ Collura, Scott (2008年4月29日). “Downey Jr. on Tony Stark's Future”. IGN ("Newscorp"). http://uk.movies.ign.com/articles/869/869925p1.html 2008年4月29日閲覧。 
  9. ^ “Live chat with Jon Favreau today at 11am Pacific Time”. Los Angeles Times. (2008年10月1日). http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2008/10/live-chat-with.html 2008年10月2日閲覧。 
  10. ^ Marvel Studios (2008年10月7日). “Marvel to Film Next Four Films at Raleigh Studios”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/ironmannews.php?id=7706 2008年10月7日閲覧。 
  11. ^ War Machine To Appear In Iron Man 2!”. Screen Rant (2009年4月3日). 2009年4月3日閲覧。
  12. ^ “Iron Man 2 Filming at the Pasadena Masonic Temple?”. Superhero Hype!. (2009年4月6日). http://www.superherohype.com/news/ironmannews.php?id=8219 2009年4月6日閲覧。 
  13. ^ Stark Industries representatives at San Diego Comic-Con!”. Marvel.com (2009年7月21日). 2010年3月11日閲覧。
  14. ^ April MacIntyre (2010年3月10日). “Jimmy Kimmel's Handsome Men's Club video outtakes”. Monsters & Critics. 2010年3月11日閲覧。
  15. ^ Marc Graser (2010年4月7日). “Promo package turns "Iron Man 2" into gold”. Variety. 2010年4月8日閲覧。
  16. ^ 『アイアンマン2』が好調なスタート!最新全米映画”. サーチナ (2010年5月10日). 2010年5月12日閲覧。
  17. ^ Kelly Fiveash (2010年5月4日). “Pirate Bay dishes up Iron Man 2 ahead of US release”. The Register. 2010年5月12日閲覧。
  18. ^ Frank Segers (2010年4月29日). “'Iron Man 2' opens No. 1 in six markets”. Hollywood Reporter. 2010年4月30日閲覧。
  19. ^ Biggest Opening Weekends”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年5月12日閲覧。
  20. ^ Nightmare, Iron Man 2 Top Domestic and International Box Office Charts”. ComingSoon.Net (2010年5月2日). 2010年5月3日閲覧。
  21. ^ 【映画動員ランキング】V2『告白』はもはや社会現象 2位は『アイアンマン2』”. オリコン (2010年6月14日). 2011年2月13日閲覧。
  22. ^ “Disney to Distribute The Avengers and Iron Man 3”. ComingSoon.net. (2010年10月18日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=70864 2010年10月19日閲覧。 
  23. ^ “No Jon Favreau on Iron Man 3”. ComingSoon.net. (2010年12月15日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=72397 2010年12月16日閲覧。 
  24. ^ “「アイアンマン3」監督にダウニー・Jr.旧知のシェーン・ブラック”. 映画.com. (2011年2月28日). http://eiga.com/news/20110218/21/ 2010年12月16日閲覧。 
  25. ^ 『アイアンマン2』、DVD&BDランキング2冠ORICON STYLE 2010年10月27日
  26. ^ Don Cheadle and Sam L. Jackson sign on...”. marvel.com (2010年3月5日). 2010年3月10日閲覧。
  27. ^ “High Voltage developing Wii version of Iron Man 2"”. GoNintendo.com. (2010年4月1日). http://www.gonintendo.com/viewstory.php?id=110816 2010年5月2日閲覧。 
  28. ^ “Marvel and Gameloft Partner to Produce Mobile Content"”. Marvel.com. (2009年11月3日). http://www.marvel.com/news/vgstories.5820.Marvel_and_Gameloft_Team_for_Mobile_Games 2009年1月9日閲覧。 

外部リンク[編集]