エクストリミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"エクストリミス
Extremis"
出版社 マーベルコミックス
出版日 2005年1月 - 2006年4月
製作者
レタラー ランディ・ジェンティーレ
着色 アディ・グラノフ英語版
編集者 トム・ブレブールト英語版
モリー・レーザー
アンディ・シュミット英語版
ニコール・ワイリー
ペーパーバック ISBN 0-7851-2258-3
ハードカバー ISBN 0-7851-1612-5
日本語版 ISBN 978-4864910545

エクストリミス」("Extremis")は、マーベルコミックスより出版されるコミック作品『アイアンマン』の第4期シリーズ英語版で2005年から2006年にかけて6号にわたって展開されたストーリーである。脚本はウォーレン・エリス英語版、イラストはアディ・グラノフ英語版である。「エクストリミス」ではアイアンマンの現状が再設定され[1]、彼のアーマーは大幅に強化される。

「エクストリミス」は高い評価を受け[2]、アイアンマンのベストストーリーのひとつとしてしばしば挙げられる[3][4][5]。2008年の映画『アイアンマン[6]やテレビアニメ『アイアンマン ザ・アドベンチャーズ』の第42話「鼓動」は「エクストリミス」の要素が入っており[7]、また2013年の映画『アイアンマン3』の主要な参照元となっている。

製作[編集]

「エクストリミス」は、アベンジャーズの解散を描いた「Avengers Disassembled」以降では初めてとなるアイアンマンのストーリーである。また、『アイアンマン』誌第4期としても最初のストーリーとなる。

アイアンマンのオリジン(誕生譚)が、湾岸戦争での負傷からアフガニスタンに変更されるといった設定の変更も本ストーリーから行われている。

2013年4月に「エクストリミス」全6話の日本語版がヴィレッジブックスより発売された。翻訳は秋友克也石川裕人が行った。

ストーリー[編集]

11月7日、テキサス州バストロップ英語版の食肉処理場に3人の男が侵入した。そのうちの1人の「マレン英語版」と呼ばれる男に薬物が打ち込まれ、激痛の後に倒れた。やがてマレンの身体に奇妙な変化が訪れて暴れだし、残りの2人は部屋を飛び出して彼を閉じ込めた。

11月9日。コニーアイランドのワークショップでトニー・スタークは秘書のミセス・レニーからの電話で目覚める。スタークは鏡の前に立ち、写った自分の目を嫌いだと述べ、そしてジャーナリストでドキュメンタリー映画『20世紀の亡霊』を撮っているジョン・フィリンガーからのインタビューへ向かった。フィリンガーはスタークがかつて多くの兵器を開発し、スターク自身もアフガニスタンでその武器により負傷し、さらに今もなお世界が兵器によって苦しめられていると主張し、またアイアンマンスーツは兵器ではないかと主張した。スタークはアイアンマンがアベンジャーズを始めとする公共活動に貢献しており、また電子技術革新への貢献や、武器を売った金を医療用品の開発に使っていることを例に挙げて反論し、そしてフィリンガーに「君は何かを変えられたか?」と問いかけた。フィリンガーは「わかりませんね」と答えた。

場面は変わってバストロップの倉庫ではマレンの身体が奇妙な膜に覆われていた。

テキサス州オースティンのフューチャーファーム・コーポレーションのオフィスでエルドリッチ・キリアン博士は遺書を残して拳銃自殺した。遺書を読んだ同僚のマヤ・ハンセンによると、キリアンは同社が開発した新薬「エクストリミス」を盗み、何者かに渡していたのだった。ハンセンはかつての友人のスタークに電話をかけ、ニューヨーク上空を飛行中だった彼はJFK空港にスーツを格納して飛行機でテキサスへ向かった。

再びテキサス州の食肉処理場に2人の男たちが戻ると金属の扉が変形しており、そして膜が無くなって生存しているマレンが発見された。

スタークはテキサス州へ向かう飛行機の中でインターネット会議に参加し、取締役会から会社のCEOとしての責務を問われた。フューチャーファームに到着するとスタークは生体電子学の研究を盗まれたことをハンセンから教えられ、衛星を通してキリアンのハードディスクをハッキングさせた。その後2人は古い友人で師でもあるサル・ケネディのもとへ向かった。

スタークたちがケネディの話を聞いている頃、食肉処理場の3人はFBIのヒューストン支局に到着した。マレンは武装した兵たちを次々と倒し、口から火を吐き、大勢の人々を殺害した。そしてその模様はニュースで流れるのを見るとスタークはオースティンに車を届けるように命じ、ハンセンと共に出発した。一方、殺戮を終え、バンに戻ったマレンは仲間たちに、「始めただけだ」と伝えた。

飛行中、ハンセンはスタークにエクストリミスのことを説明した。エクストリミスは超人兵士の製造を目的としオリジナルの超人兵士血清に匹敵する効力を持った薬品であり、肉体の修復機能を乗っ取ってあらゆる機能の臓器を作り出せるというものだった。その後スタークはハッカーからの電話を受け、キリアンはエクストリミスを地元の民兵組織に渡したことを知った。スタークは空港へ到着するとアベンジャーズにメッセージを送り、そしてアイアンマンのスーツを身につけた。

バストロップへ戻るバンの中でマレンは、子供時代に家族がATFによって殺害されたことを思い出していた。その上空を飛行中のアイアンマンはリパルサーをバンに発射し、マレンと他2人を切り離して戦いを挑んだ。だがアイアンマンは敗れ、マレンは逃亡してしまう。

スタークはアイアンマンのスーツを着たままフューチャーファームへ空輸され、そこでハンセンの前で素顔を見せて正体を明かした。スタークは傷を癒し、さらにアーマーと脳を直結させて反応速度を上げるためにハンセンに再調整したエクストリミスを打ように頼んだ。エクストリミスを打ち込まれて眠りに入ったスタークは、アフガニスタンでテロリストの攻撃を受け、ホ・インセン博士と共に最初のアイアンマン・スーツを開発したときのことを思い出していた。24時間後、スタークは繭の中から目覚めた。エクストリミスの力を手に入れたスタークはアンダーシースを圧縮して体内に格納し、考えるだけでアイアンマンのアーマーを操り、さらに携帯電話や人工衛星にアクセスできるようになっていた。

アーマーを身につけたスタークはマレンが居るワシントンD.C.へと飛んだ。アイアンマンはマレンを殺さないようにして戦うが、マレンが首を絞めて殺そうとしてきたため、アイアンマンは彼の胸にリパルサーを放ち、さらに頭部を吹き飛ばして止めを刺した。

殺したくなかったと言うスタークはさらにもう1つの仕事のためにフューチャーファームへと飛んだ。スタークはエクストリミスの保管庫に入るためには2人のキーカードが必要であることに気づき、ハンセンを問い詰めた。スタークは、キリアンとハンセンは試薬をテロリストに渡してアイアンマンと戦うことでエクストリミスの効力を示し、軍からの資金を得ようとしたのだと推理する。ハンセンはエクストリミスの研究を続ければ軍拡を終わらせて、医療革命を起こせたと弁明する。そして彼女はスタークは自分と同じ穴の狢であると指摘する。それに対しスタークは、朝洗面台に写る自分の顔を真正面から見られるよう努力すると答えるのだった。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

アニメ[編集]

『アイアンマン ザ・アドベンチャーズ』第42話「鼓動」は「エクストリミス」の要素が含まれている。

ドラマ[編集]

エージェント・オブ・シールド』第1シーズンでムカデ計画としてエクストリミスを研究している。

映画[編集]

2008年の『アイアンマン』で描かれたアイアンマンの誕生譚とアーマーは「エクストリミス」のそれと酷似している。「エクストリミス」の作画のアディ・グラノフが雇われ、彼は映画のアイアンマンの最終バージョンをデザインした[6][8]。『アイアンマン』のDVDでは「Extremis and Beyond」が特別映像として収録された[9]

2013年の『アイアンマン3』のストーリーは「エクストリミス」が基となっており、アルドリッチ・キリアンをガイ・ピアース[10]、マヤ・ハンセンをレベッカ・ホールが演じる[11]

コンピュータゲーム[編集]

MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』ではエクストリミススーツのアイアンマンが登場する[12]

参考文献[編集]

  1. ^ Digital Comics Storyline Spotlight: Extremis”. Marvel.com (2008年5月1日). 2011年9月21日閲覧。
  2. ^ Smithson, Arlin (2006年6月1日). “Comix-to-Flix #28”. Joblo.com. 2011年9月21日閲覧。
  3. ^ James Hunt (2008年4月28日). “Alternate Cover: the best and worst Iron Man stories”. Denofgeek.com. 2011年9月21日閲覧。
  4. ^ Alan Kistler (2008年4月30日). “10 Must-Read Stories Before You Watch 'Iron Man' in Theaters”. Comicmix.com. 2011年9月21日閲覧。
  5. ^ Ultimate Bookshelf 2.0: Iron Man, IGN
  6. ^ a b Iron Man: This One was Mine”. Warrenellis.com (2008年5月4日). 2011年9月21日閲覧。
  7. ^ Episode 42”. toonzone.com. 2013年4月25日閲覧。
  8. ^ Forging Iron: Adi Granov talks Iron Man, Newsarama, September 11, 2007
  9. ^ Neil Miller (2008年8月8日). “Iron Man Looks Like a Badass on his DVD Cover, Too”. Filmschoolrejects.com. 2011年9月21日閲覧。
  10. ^ http://film-book.com/iron-man-3-2013-guy-pearce-is-extremis-geneticist-aldrich-killian/
  11. ^ http://www.ifc.com/fix/2012/05/rebecca-hall-iron-man-3
  12. ^ GT Pop-Block: Debut Trailer: Marvel Vs Capcom 3: Fate Of Two Worlds Video Game”. GameTrailers.com (2010年4月22日). 2011年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]