コニーアイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Coney Island
—  ブルックリンの近隣住区  —
ボードウォークからのアミューズメント・パークの眺め
Coney Islandの位置(ニューヨーク内)
Coney Island
Coney Island
ニューヨーク市における位置
座標: 北緯40度34分27.9秒 西経73度58分42.9秒 / 北緯40.574417度 西経73.978583度 / 40.574417; -73.978583
アメリカ合衆国
ニューヨーク州
ニューヨーク市
ブルックリン区
定住 17世紀
創設者 オランダ人入植者
面積
 - 計 0.7mi2 (1.7896818km2)
人口 (2010)
 - 計 24,711人
 - 人口密度 35,761.2人/mi² (13,807.5人/km²)
等時帯 Eastern Time Zone (UTC−05:00)
ZIPコード 11224
市外局番 718, 347, 929, and 917
左の半島がコニーアイランド、右の半島がロッカウェイ

コニー・アイランド(Coney Island)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区の南端にある半島および地区である。ニューヨークの近郊型リゾート地、観光地として知られる。かつてはだった。

概要[編集]

コニー・アイランドは、ルナ・パーク遊園地ニューヨーク水族館、ビーチなどがあるリゾート地として多くの観光客を引きつけている。木製ジェットコースターのサイクロンパラシュート・ジャンプは、ニューヨーク市の歴史的建造物として登録され、保存されている。サンダーボルトというジェットコースターが1925年から1983年まで運転していたが、2014年に新しく建設され現在も運転している。また、1920年から稼働している観覧車ワンダー・ホイールは、ルナ・パークに隣接するデノズ・ワンダー・ホイール・アミューズメント・パークにて営業している。大西洋に面する全長約4.0kmに渡るビーチが広がっており、遊園地とビーチの間にはボードウォークが整備されている。

毎年7月4日には当地にあるホットドッグ店「ネイサンズ」では、ホットドッグの早食い大会が行われる。マーメイドコスプレをした人たちが集まるマーメイド・パレードも有名である。夏の間は花火大会なども催される。

ニューヨーク市地下鉄DFN、およびQ線の南の終点である。

歴史[編集]

ヨーロッパ人入植者がやってくる以前はネイティブ・アメリカンがこのエリアに住んでいた。レナペ族はこの島をNarrioch(影のない島)と呼んでいた。これは、この島が南向きのため、日中は常に太陽に照らされていることからきている[1]

17世紀にヨーロッパ人によるニューヨークエリアへの入植が始まり、ニューネーデルランドのオランダ人によってこの島は"Conyne Eylandt"(現代のオランダ語ではKonijneneiland)と名付けられた[2]。17世紀後半には、ニューヨークはイギリスの統治下となり、この島も英語名の"Coney Island"という名前になった[3]。これはウサギの島 (Rabbit Island) という意味で、当時はロングアイランドの他の島と同様に、ウサギが多く生息していた。当時はヨーロッパ人によってウサギ狩りが行われたが、都市開発によって現在は野うさぎは見られなくなった。オランダ語名ではこの島は1639年には地図に記載されており、英語名の"Conney Isle"は1690年に[4][5]、Coney Islandは1733年には地図に現れている[6]

19世紀後半より、この島を自然保護地区として保存するか都市開発するかの議論が起こったが、現在ではこの地区には多くの建物が並んでいる。20世紀からアミューズメント・パークが建設され、かつてはシーライオン・パーク (1895-1903)、初代ルナ・パーク (1903-1946)、ドリーム・ランド (1904-1911)、スティープルチェース・パーク (1897-1964)、アストロランド (1962-2008) が、現在はルナ・パーク (2010-) が営業している。1885年から1896年まで、コニーアイランド・エレファントというゾウの形の建物が建っていた。

かつては島だったが、1930年代のベルト・パークウェイの建設および1960年代のヴェラザノ・ナローズ・ブリッジの建設の際にコニーアイランド川が埋め立てられ、ロングアイランドと陸続きの半島となっている。

大衆文化におけるコニー・アイランド[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Coney Island (PDF)”. 2014年3月1日閲覧。
  2. ^ Joan Vinckeboons (Johannes Vingboon), "Manatvs gelegen op de Noot Riuier", 1639. Coney Island is labelled "Conyne Eylandt". Image of Vinckeboons map at Library of Congress.
  3. ^ Library of Congress New Netherland website lists Conyne Eylandt as Dutch name for Coney Island.
  4. ^ "De Nieu Nederlandse Marcurius", Volume 16, No. 1: February 2000. This is the newsletter of the New Netherland Project. Cites New Netherland map labeling "Conyne Eylandt" in 1639 Johannes Vingboon map.
  5. ^ Robert Morden, "A Map of ye English Empire in the Continent of America", 1690. Coney Island is labelled "Conney Isle". Image of Morden map at SUNY Stony Brook.
  6. ^ Henry Popple, "A Map of the British Empire in America", Sheet 12, 1733. Coney Island is labelled "Coney Island". Image of Popple Map can be found at David Rumsey Map Collection

外部リンク[編集]