ベルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルン
Bern
Berne
スイスの旗
ベルン歴史博物館(左上)、連邦院(右上)、旧市街(下)
ベルン歴史博物館(左上)、連邦院(右上)、旧市街(下)
ベルンの市章
基礎自治体(Einwohnergemainde)
位置
ベルンの位置の位置図
ベルンの位置
位置
ベルンの位置(ベルン州内)
ベルン
ベルン
ベルン (ベルン州)
ベルンの位置(スイス内)
ベルン
ベルン
ベルン (スイス)
ベルンの位置(中央ヨーロッパ内)
ベルン
ベルン
ベルン (中央ヨーロッパ)
ベルンの位置(ヨーロッパ内)
ベルン
ベルン
ベルン (ヨーロッパ)
座標 : 北緯46度57分0秒 東経7度27分0秒 / 北緯46.95000度 東経7.45000度 / 46.95000; 7.45000
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton)
Wappen des Kantons Bern
ベルン州
  (Verwaltungskreis)
Wappen des Amtsbezirk Bern
ベルン=ミッテルラント区
 基礎自治体(Einwohnergemainde) ベルン
地理
面積  
  基礎自治体(Einwohnergemainde) 51.6 km2 (19.9 mi2)
標高 542 m (1,778 ft)
人口
人口 (2015年現在)
  基礎自治体(Einwohnergemainde) 140,567[1]
    人口密度   2,724人/km2(7,064人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 3000–3030
市外局番 0351
公式ウェブサイト : http://www.bern.ch/

ベルン(標準ドイツ語Bern [bɛrn] ( 音声ファイル)アレマン語ベルン方言):Bärn [b̥æːrn](ベァールン)、フランス語Berne [bɛʁn](ベルヌ)[2]イタリア語Berna [ˈbɛrna](ベルナ)、ロマンシュ語Berna [ˈbɛrnə](ベルナ)、英語BernBerne [bərn]、[bɛrn] (バーン、ベアン)は、スイス連邦首都[3]

ベルン州州都でもある。人口は140,567人(2015年[1]で、チューリッヒジュネーヴバーゼルに次ぐ4番目の規模の都市である。「ベルン」の語源は伝承によれば熊であるとされ、熊が市の紋章にもなっている。スイス連邦議会議事堂の所在地であるほか、万国郵便連合などの国際機関も置かれている。ドイツ語圏に属する。

歴史[編集]

ベルン大聖堂

1191年、街はツェーリンゲン大公のベルトルト5世によってアーレ川沿いに創設された。伝承では市名は: Bär)に由来し、公爵が殺した熊に因んで名づけられたとされる。 ベルトルト5世が世継ぎの無いまま亡くなり、ツェーリンゲン家が断絶した後の1218年神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって街は帝国自由都市となり、積極的に周辺領域を購入して都市国家を形成してゆく。

1339年、西スイス貴族層の反発を「ラウペンの戦」での勝利で退け、1353年、初期のスイス連邦に加入し、新しい国家の主導的なメンバーとなった。1415年に他の小さな領地と共にアールガウに、1536年ヴォーに侵攻し、それによってアルプス以北で最も大きな都市国家となった。1798年フランス革命中は、フランス軍によって占領され、この時にほとんどの領土を奪われた。1831年、街はベルン州の州都となり、1848年にスイス連邦の首都となった。

街はアーレ川によって形成された半島の西の境の方向に成長していった。1191年から1256年までの間、時計塔(Zytglogge)が、市の西境を表していた。1345年までは、牢獄塔(Käfigturm)が西境の役目を引き継ぎ、その後1622年までクリストフフェル塔(Christoffelturm)がその役目を引き継いだ。三十年戦争の間、大シャンツェ、小シャンツェと呼ばれる2つの新しい城壁が半島地域全体を防御するために建てられた。城壁による防御によって、19世紀に至るまで市街は順調に成長した。

社会主義者による第一インターナショナル第二インターナショナルの数多くの会議が、特にスイスが中立を保った第一次世界大戦の間に、当地で開かれた。

地理[編集]

アーレ川とベルン

国土の中央からやや西寄り、ベルナーアルプスの20km北方に位置する。市の周囲は、氷期の氷河によって形成された。 アーレ川が形作る半島の小高い丘が市の発祥地であるが、19世紀以降は、多くの橋が建設され、市域は川を越えて拡大した。市域は平坦ではなく、かなりの高低差がある。市の面積の20.2%は農業用地、33.5%は森林である。

近隣の都市として、約80キロ南西にローザンヌ、95キロ北東にチューリヒ、65キロ北にバーゼルが位置している。

人口[編集]

2015年12月31日時点での人口は140,567人[1]2008年の統計では、人口は129,265人であったが、この内、 21.7 %は外国籍である。 言語別には、

気候[編集]

ベルンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.2
(36)
4.6
(40.3)
8.5
(47.3)
12.6
(54.7)
17.2
(63)
20.6
(69.1)
23.5
(74.3)
22.7
(72.9)
19.4
(66.9)
13.7
(56.7)
7.1
(44.8)
3
(37)
12.9
(55.2)
日平均気温 °C (°F) −1.2
(29.8)
0.5
(32.9)
3.7
(38.7)
7.3
(45.1)
11.5
(52.7)
14.9
(58.8)
17.3
(63.1)
16.4
(61.5)
13.3
(55.9)
8.6
(47.5)
3.1
(37.6)
−0.3
(31.5)
7.9
(46.2)
平均最低気温 °C (°F) −3.7
(25.3)
−2.4
(27.7)
−0.1
(31.8)
3
(37)
6.9
(44.4)
10.1
(50.2)
12.1
(53.8)
11.7
(53.1)
9
(48)
5.3
(41.5)
0.5
(32.9)
−2.6
(27.3)
4.2
(39.6)
降水量 mm (inch) 66
(2.6)
58
(2.28)
70
(2.76)
84
(3.31)
108
(4.25)
121
(4.76)
104
(4.09)
113
(4.45)
84
(3.31)
73
(2.87)
81
(3.19)
67
(2.64)
1,028
(40.47)
平均降水日数 10 9.8 11.3 11.6 13.7 11.8 10 10.9 8.1 8 10.1 10.2 125.5
出典: MeteoSchweiz 8 May 2009

文化[編集]

時計塔

アインシュタイン特殊相対性理論他の論文を執筆したアインシュタイン・ハウス、時計塔、大聖堂などが有名。またヨーロッパ最長(約6キロ)といわれるアーケードもある。 旧市街地の中心の一角には、市の名称・市の紋章の由来となった熊(ヒグマ)が飼育されている「クマ公園」があったが、現在は旧市街地の東側の川を挟んだ対岸に移されている。

19世紀末に活躍し、世紀末芸術の巨匠と呼ばれる画家フェルディナント・ホドラーの出身地である。

ベルン州立歌劇場は新古典主義建築風様式で1903年9月25日に設立され、初演にはリヒャルト・ワーグナーオペラタンホイザーが公演された。 ホセ・カレーラスレナート・ブルゾンプラシド・ドミンゴジェシー・ノーマンなどが歌っている。

芸術家パウル・クレーが半生を過ごした町で、2005年6月にクレー作品の大規模美術館「ツェントルム・パウル・クレー(パウル・クレー・センター)」がオープンした。

世界遺産[編集]

1983年に旧市街が「ベルン旧市街」の名でユネスコ世界遺産(文化遺産)として登録されている。

交通[編集]

ケーブルカー

スポーツ[編集]

スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフは、2005年に立て直されたサッカー球技場で、BSCヤングボーイズの本拠地であり、サッカースイス代表の主な試合会場でもある。

出身者[編集]

ギャラリー[編集]

ベルン.

行政区画[編集]

区画の種類[編集]

ベルン市(Stadt Bern)は6つの市区(Stadtteil)から成り、その下に32の統計地区(Statistischer Bezirk)がある[4]。統計地区はさらに以下のような区分がされており、それぞれ異なる区分目的を有している[5][6]

  • 市区(Stadtteil、6区):市内区(Innere Stadt、第一区)、レンクガッセ=フェルゼナウ区(Länggasse-Felsenau、第二区)、マッテンホフ=ヴァイッセンビュール区(Mattenhof-Weissenbühl、第三区)、キルヒェンフェルト=ショッシャルデ区(Kirchenfeld-Schosshalde、第四区)、ブライテンレーン=ロレーヌ区(Breitenrain-Lorraine、第五区)、ビュンプリッツ=オーバーボッティゲン区(Bümpliz-Oberbottigen、第六区)。最近の境界変更は2001年で、ボインデンフェルト統計地区が第五区から第四区に変更となった。
  • 統計地区(Statistisch Bezirk、32区):市政の統計的評価のために1960年から設けられており、各種の年報の最小単位である。口語では地区(Quartiere)と呼ばれることがある。
  • 大地区(Gebräuchlich Quartier、114区):ベルン市の市区行政委員会と協働して、より地元に密着した行政を展開するために、2011年に改定された行政単位。大地区ごとに格差が生じないようにするため、可能な限り均一の規模で市区を区分している[5][6][7]。統計地区と同名のことがあるが、まったく別の区分であり、地図上の範囲も一致しない場合が多い。
  • 小地区(Kleinquartiere、792区):大地区と同時に2011年に改定された、最小の行政単位。地域密着型の同質な行政のための単位であり、個人情報が特定されてしまう程度小さな単位なので小地区の統計は公表されない。
  • 学区(Schulkreise、6区):学校教育の方針を決定し、学校を運営する。市区の区分と多少異なる部分がある。
  • 文化財保護区(Denkmalpflege Quartiere、12区)
  • 企業国勢調査区(Betriebszählungsquartiere、164区):1975年の連邦企業国勢調査の際に定められ、労働状況の評価を行う。
  • 国勢調査区(Volkszählungsquartiere、292区):1980年の連邦人口家計国勢調査の際に定められ、可能な限り同質の1000人以下の住民を単位とする。
Karte Berner Quartiere.png

市区(Stadtteil)[編集]

ベルン市の都市部の中心はベルン旧市街で、ほぼ市内区となっている。市内区は1798年ナポレオン・ボナパルトフランス軍統治以来、色による5地区で区分されている。市内区の北にはブライテンレーン地区(Breitenrain)やロレーヌ地区(Lorraine)がある第五区があり、市内区の東のショッシャルデ地区(Schosshalde)から南のキルヒェンフェルト地区(Kirchenfeld)にかけて第四区がある。アーレ川の上にこれらの地区へ向かって、北から時計回りにロレーヌ橋(Lorrainebrücke)、コーンハウス橋(Kornhausbrücke)、ニーデック橋(Nydeggbrücke)、キルヒェンフェルト橋(Kirchenfeldbrücke)が架かっている。アーレ川の西岸地方では、市内区の北西にレンクガッセ地区(Länggasse)のある第二区と、南西にマッテンホフ地区(Mattenhof)やヴァイッセンビュール地区(Weissenbühl)のある第三区がある。ビュンプリッツ地区(Bümpliz)やベツレヘム地区(Bethlehem)がある第六区は、さらに西にある。最西端には、1919年にベルン市に編入となったオーバーボッティゲン地区(Oberbottigen)があり、オーバーボッティゲン、ニーダーボッティゲン(Niederbottigen)、ブッフ(Buch)、リートバッハ(Riedbach)、マッツェンリート(Matzenried)などの集落のほか、いくつもの個別の農場がある。

市区 統計地区 面積
(ヘクタール)
人口 外国人の割合
第一区
市内区
(Innere Stadt)

黄区(Gelbes Quartier)
緑区(Grünes Quartier)
赤区(Rotes Quartier)
黒区(マッテ地区)(Schwarzes Quartier、Mattequartier)
白区(Weisses Quartier)

84 4,688 20.3 %
第二区
レンクガッセ=フェルゼナウ区
(Länggasse-Felsenau)

エンゲリート(Engeried
フェルゼナウ(Felsenau
レンクガッセ(Länggasse
ミューズマット(Muesmatt
ノイフェルト(Neufeld
シュタットバッハ(Stadtbach

1134 19,761 19.2 %
第三区
マッテンホフ=ヴァイッセンビュール区
(Mattenhof-Weissenbühl)

ホッリゲン(Holligen
マッテンホフ(Mattenhof
モンビジュー(Monbijou
ザントレーン(Sandrain
ヴァイッセンビュール(Weissenbühl
ヴァイッセンシュタイン(Weissenstein

693 31,350 23.1 %
第四区
キルヒェンフェルト=ショッシャルデ区
(Kirchenfeld-Schosshalde)

ボインデンフェルト(Beundenfeld
ブルンナデルン(Brunnadern
グリフェンヒューベリ(Gryphenhübeli
キルヒェンフェルト(Kirchenfeld
ムーリフェルト(Murifeld
ショッシャルデ(Schosshalde

844 27,130 20.7 %
第五区
ブライテンレーン=ロレーヌ区
(Breitenrain-Lorraine)

アルテンベルク(Altenberg
ブライテンレーン(Breitenrain
ブライトフェルト(Breitfeld
ロレーヌ(Lorraine
シュピータラッカー(Spitalacker

384 25,706 18.4 %
第六区
ビュンプリッツ=オーバーボッティゲン区
(Bümpliz-Oberbottigen)

ベツレヘム(Bethlehem
ビュンプリッツ(Bümpliz
オーバーボッティゲン(Oberbottigen
シュテッカッカー(Stöckacker

2023 34,643 35.1 %
ベルン市全体 5162 143,278 24.1 %

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Aktuelles - ベルン市公式サイト
  2. ^ ベルヌ条約による。
  3. ^ スイス連邦憲法では正式な首都は定められていない。法律上ベルンは「連邦都市」とされており、これを事実上の首都と見なしている。
  4. ^ ベルンの市区と統計地区
  5. ^ a b ベルン市の大地区(Gebräuchliche Quartiere)
  6. ^ a b ベルン市街図と大地区 map.bern.ch より。
  7. ^ Die Raumgliederungen der Stadt Bern: Kleinquartiere und Gebräuchliche Quartiere. Statistikdienste der Stadt Bern auf bern.ch

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
日本政府
観光