ジョン・F・ケネディ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・F・ケネディ国際空港
John F. Kennedy International Airport
JFK Airport Logo.jpg
Aerial view of JFK Airport from NE 02 - white balanced (9454546375).jpg
IATA: JFK - ICAO: KJFK
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ニューヨーク
種類 公共
所有者 ニューヨーク市[1]
運営者 NY&NJ港湾公社[1]
開港 1948年7月1日
拠点航空会社
標高 4 m (13 ft)
座標 北緯40度38分23秒 西経073度46分44秒 / 北緯40.63972度 西経73.77889度 / 40.63972; -73.77889座標: 北緯40度38分23秒 西経073度46分44秒 / 北緯40.63972度 西経73.77889度 / 40.63972; -73.77889
ウェブサイト 公式サイト
地図
空港の位置 (ニューヨーク市)
空港の位置 (ニューヨーク市)
JFK
空港の位置 (ニューヨーク市)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
4L/22R 3,460×46 アスファルト/コンクリート
4R/22L 2,560×61 アスファルト
13L/31R 3,048×46 アスファルト
13R/31L 4,442×46 アスファルト/コンクリート
ヘリパッド
番号 長さ (m) 表面
H1 18 アスファルト
H2 18 アスファルト
H3 18 アスファルト
H4 18 アスファルト
統計 (2015年)
旅客数 56,827,154人
発着回数 438,897回
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
FAAによる空港配置図 (2013年5月)

ジョン・F・ケネディ国際空港(ジョン・F・ケネディこくさいくうこう、John F. Kennedy International Airport)は、アメリカ合衆国ニューヨーククイーンズ区ジャマイカ湾に面した国際空港である。旧名アイドルワイルド空港 (Idlewild Airport)。

概要[編集]

ラガーディア空港ニューアーク・リバティー国際空港とともにニューヨーク都市圏を代表する空港で、その管理・運営・警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。

出発機の列

巨大都市ニューヨークの空の玄関口であるケネディ国際空港は、アメリカを代表する国際空港のひとつとしても位置付けられ、50を超える国々から100社近い航空会社の定期便が就航、1日の国際便の離着陸は400件に達する。しかも国内線の離着陸はその2倍近くもあり、夕方の繁忙期には数十機の出発待ちが発生するなど、世界でも有数の繁忙空港となっている。

ターミナル数は9つで空港施設の規模としては全米一、面積は約20平方キロメートル(成田国際空港の約2倍)で、マンハッタン42丁目通り以南の面積に匹敵する。なお、アメリカ以外の航空会社としてブリティッシュエアウェイズの専用ターミナルが存在していた。

ジョン・F・ケネディ国際空港はデルタ航空ジェットブルー航空ハブ空港にしているほか、アメリカン航空も準ハブ空港の一つとしており、その混雑はますます進んでいる(かつてはイースタン航空ナショナル航空パンアメリカン航空、タワーエアー、トランスワールド航空などもハブ空港としていた)。

名称[編集]

現地では一般に “ジェイ・エフ・ケイ” (JFK) と呼ばれている。“ケネディ・エアポート” でも通じるが、“ジョン・エフ・ケネディ・エアポート” とはまず言わないので注意。

歴史[編集]

  • 1942年:アイドルワイルド・ゴルフコースの一部を空港に転用。当初は4平方キロメートルしかなかったが、後に航空機産業の活性化に伴い後に16平方キロメートルが追加される。
  • 1948年7月1日:初の商業飛行。
  • 1948年7月31日ニューヨーク港湾公社に運営が移管され、国際空港となる。この際、正式名称として「ニューヨーク国際空港」(New York International Airport, IATAコード:NYI) が当初決定していたが、これが既存の「ニューヨークの空港」(All New York Airports, IATAコード:NYC) と紛らわしかったため使用を見送り、通称の「アイドルワイルド空港」(Idlewild Airport, IATAコード:IDL) をそのまま暫定空港名に使用することを決定。
  • 1963年12月24日:同年11月22日に暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の栄誉を讃え、同空港の正式名称を「ジョン・F・ケネディ国際空港」(John F. Kennedy International Airport, IATAコード:JFK) とすることを決定。
  • 1970年1月21日パンアメリカン航空のボーイング747型機の運航が開始。
  • 1976年4月25日:パンアメリカン航空のボーイング747SPで ニューヨーク - 東京(当時は羽田空港)ノンストップ便が就航する。
  • 1976年2003年ブリティッシュ・エアウェイズエールフランスによって大西洋上を超音速で飛行するコンコルドの運航が開始。
  • 2001年9月11日9.11テロの直後、最も早く一時閉鎖される。
  • 2008年8月1日と3日:エミレーツ航空により世界最大の旅客機エアバスA380が ドバイ - ニューヨーク間においてお披露目となるフライトが行われる。
  • 2008年8月8日:ドバイ - ニューヨーク間でニューヨーク行EK201便(日曜日運航)とドバイ行EK202便(水・金・日曜日運航)の往復便として商業飛行が開始された。アメリカ大陸では初の乗り入れ空港となった。しかし、2009年3月、採算の悪化を受け、エアバスA380による運航の撤退を決定し、ボーイング777-300ERに変更されたが他社のA380型機が軌道に乗り始めたことや同空港に乗り入れを開始したことで再度A380の乗り入れを開始した(以降欧州便が対象である)。

B747SP誕生のきっかけとなった空港[編集]

当時パンアメリカン航空の本拠地であったこの空港は、ロンドンパリローマからはノンストップで行けるのに対し、日本からのアクセスは747就航後でもアンカレジまたはホノルルシアトルロサンゼルスを経由する必要があった。そこで、極東からJFKまでの無着陸飛行のためにボーイング社が開発したのが超長距離用747SPである。

構造と機能[編集]

第3ターミナル(1960年代)

4本の滑走路が中央ターミナルを囲み、それぞれがペアで平行に走っている。13R-31L滑走路は商用滑走路としては北米最長の4440m。

1948年から1957年まではターミナルが1つしかなかった。その後国際線到着ターミナルは老朽化のために14億ドル掛けて2001年に第4ターミナルとして改装された。その他8つのターミナルは1958年から1971年にかけて各ターミナルはそのターミナルのメインとなる航空会社によって設計され作られた。これらのターミナルは貨物の取り扱いに関しても非常に大きな機能を持っている。

パンアメリカン航空のメインターミナルで「パンナム・ワールドポート」の愛称で呼ばれていた第3ターミナルは1962年に完成した。特筆する点として長円形の屋根が、放射状に32本ものケーブルで吊るされている。屋根は旅客エリアをカバーしている。これは乗客がスポットに泊められた飛行機に楽に移動するための特別な橋となっている。

トランス・ワールド航空のメインである第5ターミナルも1962年に完成した。家具デザイナーとしても知られるフィンランド生まれのアメリカ人建築家エーロ・サーリネンによって設計された。また第3ターミナル、第5ターミナルともに1970年代に改装されている。

貨物の取り扱い量も多く、現在コンチネンタル航空エミレーツ航空エバー航空大韓航空日本貨物航空ノースウエスト航空スカイチーム・カーゴユナイテッド航空の9社が貨物専用便を就航させており、敷地内には航空貨物を取り扱う施設も数多い。

ターミナル[編集]

第1ターミナル[編集]

第1ターミナル

当初はイースタン航空(1991年運航停止)によって占められていた。1998年に、同空港に乗り入れる複数の航空会社(エールフランス、日本航空、大韓航空、ルフトハンザ)によって建て替えられた。ゲート数は11。

第2ターミナル[編集]

1962年ノースウエスト航空、ノースイースト航空、ブラニフ航空により完成した。のちにパンナムも国内線が乗り入れてきた。デルタ航空が主に利用し、2006年4月までは同社の運営するソングが利用していた。ゲート数は11。

第3ターミナル (閉鎖)[編集]

1960年にパンナムにより完成し、パンナム専用ターミナルとなっていた。1971年には拡大し“フライングソーサ”という屋根が有名で最も大きなターミナルとなっていた。パンナムの倒産した1991年以降はデルタ航空が買い取り、改装された。ゲート数は17。通称「ワールドポート」。現在は、第3ターミナルの全機能が第4ターミナルに移管されており、第3ターミナルは完全に解体された。

第4ターミナル[編集]

第4ターミナル

2001年に改装された。唯一の24時間利用可能ターミナル。ゲート数は38。かつては国際線到着ターミナル (International Arrivals Terminal) と呼ばれていた。

第5ターミナル[編集]

第5ターミナル

エーロ・サーリネンの設計で1962年に完成し、旧トランスワールド航空のターミナルとして使用されていた。「サーリネンのターミナルビル」としても知られる優美なデザインは、第3ターミナルとともにケネディ空港を代表する建築物となっている。また、歴史的建造物にも指定されている。

第6ターミナル(現在閉鎖中)[編集]

I・M・ペイの設計で1969年に完成し、旧ナショナル航空のターミナルとして使用されていた。ナショナル航空が旧パンアメリカン航空に買収されると、隣接する第5ターミナルを使用していた旧トランスワールド航空が第6ターミナルを買収し、その一部をユナイテッド航空にリースした。2001年にトランスワールド航空がアメリカン航空に買収されると、ジェットブルー航空が同ターミナルを買収、750万ドルをかけた大改修の後、同航空のハブとして再デビューした。ゲート数は21。

第7ターミナル[編集]

第7ターミナル

当初、ブリティッシュ・エアウェイズのターミナルとして1970年に完成した。1991年2003年にそれぞれ改装された。ゲート数は20。2008年4月現在、改装作業が進められている。

ブリティッシュ・エアウェイズはヒースロー空港とジョン・F・ケネディ国際空港にコンコルド搭乗客専用の空港ラウンジ『コンコルド・ルーム』を用意していた。現在はファーストクラス専用ラウンジとして利用されている[3]

当ターミナルを使用していたユナイテッド航空は、2015年10月24日をもって、当空港における全てのサービスを終了した。[4]

第8ターミナル[編集]

第8ターミナルのアメリカン航空のボーイング767

当初、アメリカン航空のターミナルとして1960年に完成した。ゲート数は15。 2007年8月に新しい第8ターミナルが完成して、従来2ターミナルに別れていた国際線、国内線などが統合された。ゲート数は29。

第9ターミナル(現存しない)[編集]

1959年に10のゲート数で完成した。アメリカン航空の国内線を中心に利用されていた。2007年に完成した新しい第8ターミナルは、第9ターミナル敷地を中心に建設されたので、現在は存在しない。


就航都市[編集]

国際線 [編集]

アジア
アフリカ
ヨーロッパ
北アメリカ
中央アメリカ
カリブ海
南アメリカ
オセアニア

アクセス[編集]

エアトレイン[編集]

エアトレイン

1998年から高速軽軌道システム「エアトレイン」の建設が始まった。2001年の9.11テロの影響で当初の計画を大幅に縮小し、予定より1年遅れの2003年12月17日に開業した。ケネディ空港内の各ターミナルや、駐車場レンタカー会社のオフィスなどを結び、そのまま南は地下鉄のハワードビーチ駅に、北は地下鉄/ロングアイランド鉄道ジャマイカ駅に接続する。ターミナル間の移動は無料、両駅まではそれぞれ運賃5ドルがかかる。

エアトレインを計画建設したのは、ニューヨークの空港を管理運営するニューヨーク・ニュージャージー港湾公社だが、同公社は崩壊したワールドトレードセンターをはじめ、テロ被害により一部使用が不能になったパストレインや、被災現場に近いことから通行規制が1年近く続いたホランドトンネルなども運営しており、これらの施設からの賃貸料、運賃、通行料などが途絶えたことや、観光客の激減で定期便のキャンセルが相次ぎ空港発着料をはじめとするさまざまな空港関連収益が減少したことで、深刻な財政難に直面することになった。そのため当初計画されていたジャマイカ駅からラガーディア空港を経由してマンハッタンの三番街59丁目通りの新駅に至る2期工事は中止となってしまった。

ケネディ空港は3空港のなかでもマンハッタンからは最も遠い。しかもエアトレインが接続するのは一般の地下鉄と通勤電車で、前者利用では時間帯により所要時間が90分から120分、後者でも乗り継ぎによっては45分から90分はかかる。大きな旅行カバンを抱えてこうした公共交通機関に乗り替えなければならないというのは、旅行者にとってはいかにも不便であり、来訪者はもとより地元市民でもマンハッタンへ向かう者のほとんどはこれを敬遠して、落ち着いて座ることのできる空港リムジンバスタクシー(3人で乗れば1人あたりの負担がリムジンバスの運賃とほぼ同じになる)を利用する傾向にある。このためエアトレインは開業以来採算割れが続き、これを改善するには2期工事を断行する以外に方策はないにもかかわらず、そもそも無い袖は振れないという、ジレンマの状態にある。

自動車[編集]

マンハッタンの中心部から約30分(渋滞がない場合)でアクセスできる。タクシー空港リムジンバスなどでのアクセスが一般的である。

事故[編集]

事件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Governor Pataki and Mayor Bloomberg Announce Closing of Multi-Billion Dollar Agreement to Extend Airport Leases” (プレスリリース), Port Authority of New York and New Jersey, (2004年11月30日), http://www.panynj.gov/AboutthePortAuthority/PressCenter/PressReleases/PressRelease/index.php?id=607 2007年8月8日閲覧, "The Port Authority has operated JFK and LaGuardia for more than 55 years. The original 50-year lease [with the City of New York] was signed in 1947 and extended to 2015 under an agreement struck in 1965." 
  2. ^ Aviation Department (2014年12月) (PDF). Traffic Report (Report). ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社. http://www.panynj.gov/airports/pdf-traffic/DEC2014_JFK.pdf 2015年8月30日閲覧。. 
  3. ^ Firstラウンジ - ブリティッシュ・エアウェイズ
  4. ^ United Airlines Strengthens New York/New Jersey Hub with Move of p.s. Transcontinental Service to Newark”. United Airlines (2015年6月16日). 2015年7月12日閲覧。
  5. ^ アイパッドミニ3600台盗難…JFK国際空港 読売新聞 2012年11月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]