中国東方航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国東方航空
中國東方航空
China Eastern Airlines
B-7883@PEK (20180411170443).jpg
IATA
MU
ICAO
CES
コールサイン
CHINA EASTERN
設立 1988年
ハブ空港 上海浦東国際空港
上海虹橋国際空港
北京大興国際空港[1]
焦点空港 南京禄口国際空港
西安咸陽国際空港
昆明長水国際空港
武漢天河国際空港
マイレージサービス 東方万里行(イースタンマイルズ)
航空連合 スカイチーム
子会社 上海航空
中国貨運航空
保有機材数 430+機
就航地 165都市
本拠地 中華人民共和国上海市
代表者 劉紹勇(会長)
馬須倫(社長)
外部リンク jp.ceair.com
テンプレートを表示
中国東方航空
各種表記
繁体字 中國東方航空
簡体字 中国东方航空
拼音 Zhōngguó Dōngfāng Hángkōng
発音: ヂョングオ ドンファン ハンコン
日本語読み: ちゅうごくとうほうこうくう
英文 China Eastern Airlines
テンプレートを表示
中国東方航空と上海航空の本社
名古屋市事務所が入居する名古屋伏見スクエアビル(2014年8月)

中国東方航空(ちゅうごくとうほうこうくう、中文表記: 中國東方航空英文表記: China Eastern Airlines)は、上海に拠点を置く中華人民共和国航空会社である。1988年に分割解体された中国民用航空総局(CAAC)の上海管理局を引き継いで誕生した。中国における主要国内線および国際線を運航し、旧民航系航空会社の中でも大手エアラインのうちの一社である。英文の表記を読んでチャイナ・イースタンとも呼ぶ。また、中国語では略して東航と呼ばれる。

概要[編集]

1988年旧・中国民用航空総局 (CAAC)の上海管理局を引き継いで上海を拠点に設立される。

年間の旅客量1億人を超える世界で7番目に大きい航空会社である[2]

香港上海ニューヨークの3都市の証券取引所に上場した中国の民間航空業界最初のエアラインとなる[3]

2002年、旧民航系の航空会社の集約政策により、中国西北航空中国雲南航空長城航空武漢航空を併合し、中国東方航空股有限公司(中国東方航空株式会社)となる。

「お客様を第一にした献身的なサービス」を信条としている[3]

創立当初はMD-11Fを使って貨物輸送も行っていたが、1998年中国遠洋運輸集団(COSCO)との共同出資により中国貨運航空を設立し、2006年8月8日運航分からの貨物便は全て引き継がれた。

シンガポール航空シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスが2007年11月に24%、9億1800万米ドル出資するという案が出されており、コードシェアなどの業務提携も視野に入れていたが、2008年1月8日の臨時株主総会において、外資による出資を嫌気した株主の中国航空集団(中航集団)により出資案が否決された[4]

2008年11月5日からノースウエスト航空(現デルタ航空)とマイレージプログラムで提携を開始している。中国東方航空に搭乗したマイルをノースウエスト航空の「ワールドパークス」(現「スカイマイル」)に加算できた。

デルタ航空とノースウエスト航空の経営統合後もデルタ航空とは提携が行われており、中国東方航空と子会社の上海航空、デルタ航空の3社でアメリカ国内線30路線と中国国内線43路線、太平洋横断路線7路線で共同運航(コードシェア)を実施したり、デルタ航空の上海・浦東国際空港の利用ターミナルを中国東方航空と上海航空が利用する第1ターミナルに2015年4月13日から[5]移転しスムーズな乗り継ぎを実現させた[6]。その後2015年7月22日に中国東方航空とデルタ航空は香港証券取引所で取引されている中国東方航空の香港H株を4億5,000万米ドル分[注釈 1]購入する条件付き出資契約に同意し[3][6]、同年9月に出資した[2]

2009年6月、同じ上海を拠点とする上海航空と経営統合をすると報道され[7]2010年2月8日、上海航空を買収、完全子会社化したと発表した[8][9]。2010年4月16日に子会社の上海航空ともにスカイチーム加盟へ調印[10]、2011年6月21日に正式加盟した[11]

日本との関係[編集]

1988年の中国民航からの移管以前から日本路線に就航している。

中華人民共和国の航空会社では初めて日本人客室乗務員を日本路線(一部路線を除く)に乗務させ、また、上海浦東国際空港には日本人の地上スタッフも配置している(上海浦東国際空港開港前、日本人スタッフは上海虹橋国際空港で勤務していた)。

日本航空との提携[編集]

日本航空(JAL)とは、地上業務の受委託や総代理店契約等の営業面での協力が以前よりあったが、2002年9月1日よりそれぞれの日中路線の一部[注釈 2]においてコードシェアを開始した[12]。その後順次コードシェアを行う路線を拡大していき、2011年11月8日には対象路線が両会社の日中間の全路線と両社の一部国内線にまで拡大した[13]

2008年2月1日からマイレージプログラムで提携を開始しており、中国東方航空に搭乗したマイルのJALマイレージバンクへの加算、JMBマイルによるMU便の特典航空券の発行ができるようになった[14]。ただし、日本 - 中国間の便についてはマイル積算の対象外であったが、2011年6月1日搭乗分からはマイル積算対象となる[15]

2018年8月2日に、JALと共同事業(JV)実施に向けた覚書を締結したと発表した[16][17]。JVの対象路線は日中路線とJALの日本国内線、中国東方の中国国内線の一部で、JV開始後の両社のネットワークは、日本国内50都市以上、中国国内80都市以上になる[18]。JALはワンワールド、中国東方航空はスカイチームと異なるアライアンスに加盟していながらJVを行うのは特徴的である。同年10月5日に2019年度中のJV開始を目指し国土交通省独占禁止法の適用除外(ATI)の申請を行った[19]。適用除外後JVが開始されれば運航路線の新設や整理、ダイヤの調整、マイレージプログラムのサービス拡大などが可能になる[17]

来歴[編集]

就航都市[編集]

中国東方航空 就航都市 (2016年6月現在)
都市 空港 備考
東アジア
中華人民共和国の旗 中国 上海 上海浦東国際空港 国際線ハブ空港
上海虹橋国際空港 国内線ハブ空港
南京 南京禄口国際空港
昆明 昆明長水国際空港
武漢 武漢天河国際空港
西安 西安咸陽国際空港
北京 北京首都国際空港
広州 広州白雲国際空港
成都 成都双流国際空港
杭州 杭州蕭山国際空港
天津 天津浜海国際空港
重慶 重慶江北国際空港
長沙 長沙黄花国際空港
大連 大連周水子国際空港
済南 済南遥墻国際空港
牡丹江 牡丹江海浪空港
青島 青島流亭国際空港
三亜 三亜鳳凰国際空港
瀋陽 瀋陽桃仙国際空港
深圳 深圳宝安国際空港
ウルムチ ウルムチ地窩堡国際空港
威海 威海大水泊空港
廈門 廈門高崎国際空港
銀川 銀川河東国際空港 [22]
延吉 延吉朝陽川空港
煙台 煙台莱山国際空港
鄭州 鄭州新鄭国際空港
ラサ ラサ・クンガ空港 [23]
日本の旗 日本 東京 成田国際空港
東京国際空港
大阪 関西国際空港
名古屋 中部国際空港
札幌 新千歳空港
旭川 旭川空港 [24]
盛岡 花巻空港 [25]
新潟 新潟空港
富山 富山空港 上海航空 運航
金沢 小松空港
静岡 静岡空港
岡山 岡山空港
広島 広島空港
松山 松山空港
福岡 福岡空港
北九州 北九州空港 [26]
長崎 長崎空港
鹿児島 鹿児島空港
沖縄 那覇空港
大韓民国の旗 韓国 ソウル 仁川国際空港
金浦国際空港
釜山 金海国際空港
済州 済州国際空港
大邱 大邱国際空港
清州 清州国際空港
光州 務安国際空港
香港の旗 香港 香港 香港国際空港
中華民国の旗 台湾 台北 台湾桃園国際空港
台北松山空港
南アジア
バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
インドの旗 インド デリー インディラ・ガンディー国際空港
コルカタ ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港
モルディブの旗 モルディブ マレ イブラヒム・ナシル国際空港
ネパールの旗 ネパール カトマンズ トリブバン国際空港
スリランカの旗 スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港 [27]
東南アジア
ミャンマーの旗 ミャンマー ヤンゴン ヤンゴン国際空港
マンダレー マンダレー国際空港
ネピドー ネピドー国際空港
カンボジアの旗 カンボジア シェムリアップ シェムリアップ国際空港
プノンペン プノンペン国際空港
インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港 [28]
デンパサール デンパサール国際空港
ラオスの旗 ラオス ヴィエンチャン ワットタイ国際空港
ルアンパバーン ルアンパバーン国際空港
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港
タイ王国の旗 タイ バンコク スワンナプーム国際空港
チェンマイ チェンマイ国際空港
チェンライ チェンライ国際空港
プーケット プーケット国際空港
クラビ クラビ国際空港
 ベトナム ホーチミンシティ タンソンニャット国際空港
ハノイ ノイバイ国際空港
ダナン ダナン国際空港
フィリピンの旗 フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港 [29]
セブ マクタン・セブ国際空港 [30]
ラオアグ ラオアグ国際空港 季節運航便
西アジア
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 ドバイ ドバイ国際空港
ヨーロッパ
フランスの旗 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
オランダの旗 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
ドイツの旗 ドイツ フランクフルト フランクフルト空港
イタリアの旗 イタリア ローマ フィウミチーノ空港
スペインの旗 スペイン マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
 チェコ プラハ ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 [31]
 スウェーデン ストックホルム ストックホルム・アーランダ空港 季節運航便[32]
ロシアの旗 ロシア モスクワ シェレメーチエヴォ国際空港
サンクトペテルブルク プルコヴォ空港
イギリスの旗 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
北アメリカ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港
ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
サンフランシスコ サンフランシスコ国際空港 [33]
シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
ホノルル ホノルル国際空港
カナダの旗 カナダ バンクーバー バンクーバー国際空港
トロント トロント・ピアソン国際空港
オセアニア
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー シドニー国際空港
メルボルン メルボルン空港
ブリスベン ブリスベン空港 [34]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド オークランド オークランド国際空港 [35][36]
北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 サイパン サイパン国際空港
休・廃止路線
日本の旗 日本 函館 函館空港 [37]
福島 福島空港
大分 大分空港
タイ王国の旗 タイ スラートターニー県 スラートターニー空港
ドイツの旗 ドイツ ハンブルク ハンブルク国際空港 [38]
オーストラリアの旗 オーストラリア ケアンズ ケアンズ国際空港 季節運航便

中国国内線[編集]

保有機材[編集]

現在[編集]

中国東方航空保有機材(2019年9月現在)
機材 保有数 発注数 座席数 備考
F C W Y
エアバスA319-100 35 8 114 122
エアバスA320-200 180 8 150 158
エアバスA320neo 24 46 8 12 138 158 Deliveries through 2020[39]
エアバスA321-200 77 20 155 175
12 166 178
12 170 182
エアバスA330-200 30 24 240 264
30 204 234
30 202 232
エアバスA330-300 24 38 262 300
32 32 230 294
エアバスA350-900 6 14 4 36 32 216 288 Deliveries through 2022[40][41]
ボーイング737-700 39 8 126 134
8 120 128
140 140
ボーイング737-800 111 4 8 156 164
8 162 170
12 150 162
20 138 158
8 18 150 176
ボーイング737MAX8 3 36 8 18 150 176 Deliveries through 2020[42]
ボーイング777-300ER 20 6 52 258 316 2014年9月24日、同社初のB777-300ER(機体番号:B-2001)を受領[43]。この機材は最初から新塗装で納入され、今後は20機まで導入される。
ボーイング787-9 3 2 4 26 28 227 285 Deliveries through 2022
COMAC ARJ21-700 35[44] TBA
COMAC C919 20 TBA ローンチカスタマー(予定)[45]
Total 552 157

2019年8月現在、中国東方航空の機材年齢は5.7年である。 なお、同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は9Pで、航空機の形式名は737-39P、737-79P、737-89P、777-39PERなどと表記される。

画像[編集]

退役機材[編集]

中国東方航空においてかつて運航されていたが、現在は退役して存在しない機材は次の通り。

マイレージサービス[編集]

同社のマイレージサービス『東方万里行(イースタンマイルズ)』では、スカイチーム加盟航空会社の他に以下とも提携している。

過去の事故・不祥事[編集]

  • 1989年8月15日上海南昌行きのAn-24RV (B-3417) が第2エンジンの故障で離陸直後に川へ墜落。乗員乗客40名のうち34名が死亡[48]
  • 1993年4月6日:北京から上海を経由してロサンゼルスに向かっていた583便のMD-11型機 (B-2171) が、アラスカ州アリューシャン列島から南に約1760キロメートル離れた太平洋上空を飛行中、乗組員がスラットのレバーに誤って触れてしまい、フラップが前方に稼動、機体は上下に揺れ、下降と上昇を何度か繰り返した後、5000フィートまで高度を落とした。この事故で2名の乗客が死亡、149名の乗客と7名の乗組員がケガをした[49]。そのうち乗客1名が両脚不随に、客室乗務員1名が頭に重傷を負った。事故による機体外部の損傷はなかったが、客室内は大きな損傷を受けた。
  • 1993年10月26日深圳から福州に向かった5398便のMD-82型機 (B-2103) が、福州空港に着陸の際、滑走路をオーバーラン。機体は3つに切断され、80名の乗員乗客のうち2名が死亡[50]
  • 1998年9月11日:上海から北京に向かう586便のMD-11型機 (B-2173) が上海虹橋国際空港から離陸後、ランディングギアが作動せず同空港に引き返した。ケガ人はいなかった[51]。この事故の後「緊急迫降」 (enという題名の映画が作られた。
  • 2004年11月21日中国東方航空5210便墜落事故包頭から上海に向かう5210便のCRJ-200型機が離陸後1分後内モンゴル自治区に墜落、47名の乗客、6名の乗組員全てが死亡した。また地上にいた2名がこの事故に巻き込まれ命を落としている。直接の経済的損失は1.8億といわれる。2006年12月21日安監総局監察部が事故の原因を発表した。事故機が離陸する際に翼についたが原因で翼の迎角が大きくなりすぎ失速した事が墜落の原因という。事故機は飛行前に霜取りをしていなかった。この事故で12名の責任者が処分を受けた[52]。なお、この事故によって中国東方航空は同型機の運航を中止した。
  • 2011年11月28日:関西空港発上海浦東空港行きの中国東方航空516便(エアバスA330-200型機、乗員乗客245人)が管制官の許可なしに滑走を始め、そのまま離陸した。幸い、運行への影響や他機と衝突するような切迫した状況には無かった。国土交通省によると、管制官が516便の操縦士に英語で「滑走路で待機しろ」と指示。数分後に管制官が別のヘリコプターの操縦士と無線で交信している最中に、516便は許可なく滑走し始めた[53]
  • 2012年7月5日:13時24分ごろ、那覇空港発上海浦東空港行きの中国東方航空2046便(エアバスA319型機、乗員乗客27人)が管制官の許可を得ずに滑走路に進入し、機体の前部が滑走路にはみ出した状態で停止した。この影響で着陸許可を得ていたエアアジア・ジャパンの訓練機が着陸をやり直した。国土交通省の運輸安全委員会は、重大インシデントとして2012年11月現在調査をしている[54]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 香港H株の約10%、全株式の3.55%にあたる
  2. ^ JAL運行の関空・成田-上海(浦東)、成田-青島と東方航空運行の関空・成田-上海(虹橋)、関空-青島

出典[編集]

  1. ^ 中国東方航空が北京新空港をスカイチームのハブに”. 日経ビジネス. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c 中国東方航空と米デルタ航空がエールフランスに出資、3.75億ドルで株10%を取得”. eastday. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c d China Eastern and Delta solidify strategic partnership”. cision. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ <中華経済>東方航空がシンガポール資本からの出資案を放棄―中国”. exciteニュース. 2019年10月4日閲覧。
  5. ^ デルタ航空、上海浦東国際空港のターミナル移転へ…上海航空とのコードシェアも”. response. 2019年10月4日閲覧。
  6. ^ a b デルタ航空、中国東方航空と提携強化”. traicy. 2019年10月4日閲覧。
  7. ^ a b “中国東方航空、上海航空と統合調整 政府、再編で競争抑制”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2009年6月10日). オリジナルの2009年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090627062945/http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090610AT2M0902R09062009.html 
  8. ^ a b 中国東方航空が上海航空を買収、資産総額は1兆円超に―中国 - レコードチャイナ
  9. ^ 新生「中国東方航空」が発足=上海航空との合併完了-航空連合加盟近く発表[リンク切れ] - 時事通信
  10. ^ 東方航空、スカイチームに加盟へ=南方航空と同陣営、国際航空に対抗-中国[リンク切れ] 時事通信
  11. ^ a b China Eastern Joins SkyTeam Archived 2013年7月10日, at WebCite - SkyTeam.com
  12. ^ 日本航空と中国東方航空、コードシェア提携で合意”. JAL. 2019年10月4日閲覧。
  13. ^ JAL、中国東方航空とのコードシェアを日中間全線へ拡大”. JAL. 2019年10月4日閲覧。
  14. ^ 日本航空、中国東方航空とメキシカーナ航空とマイレージプログラムを提携”. travel vision. 2019年10月4日閲覧。
  15. ^ JAL、中国東方航空とマイレージプログラム提携を拡大”. 日本航空 (2010年5月24日). 2010年5月25日閲覧。
  16. ^ JALと中国東方航空、共同事業に向けた覚書に合意”. JAL. 2019年10月4日閲覧。
  17. ^ a b JAL、中国東方航空と上海で会見。乗り継ぎの利便性向上やマイレージプログラム拡充など共同事業へ”. トラベルwatch. 2019年10月4日閲覧。
  18. ^ JAL、中国東方航空と共同事業へ 19年度から、アライアンス外との提携加速”. aviationwire. 2019年10月4日閲覧。
  19. ^ JALと中国東方航空、独禁法の除外申請 19年度から共同事業へ”. aviationwire. 2019年10月4日閲覧。
  20. ^ 中国東方航空のロゴが新しくなりました! 中国東方航空 上海航空 2014年9月9日
  21. ^ シートリップ、中国東方航空に出資 約513億円”. traicy. 2019年10月4日閲覧。
  22. ^ 中国東方航空、台北/銀川線に就航
  23. ^ 中国東方航空、上海・浦東/ラサ線の直行便を季節運航
  24. ^ 旭川=上海線定期便開設のご案内 中国東方航空 2014年6月12日付
  25. ^ 中国東方航空、花巻〜上海/浦東線に就航 1月30日から週2便 Traicy 2019年1月11日
  26. ^ 中国東方航空、8月に北九州/大連線を開設 就航記念運賃は1万円から Fly Team 2019年7月26日
  27. ^ 中国東方航空、9月22日から上海/コロンボ線に週4便で就航 Fly Team 2015年8月13日
  28. ^ 中国東方航空、7月から上海/ジャカルタ線に週6便で就航 8月にはデイリー Fly Team 2017年6月13日付
  29. ^ 中国東方航空、上海・浦東/マニラ線に就航へ flyteam.jp 2013年7月15日
  30. ^ 中国東方航空、上海・浦東/セブ線に就航 A320でデイリー運航 flyteam.jp 2017年10月24日
  31. ^ 中国東方航空、6月23日から上海・浦東/プラハ線に就航 週3便 Fly Team 2016年6月3日付
  32. ^ 中国東方航空、6月に上海・浦東/ストックホルム線を開設 A330で週4便 Fly Team 2018年3月7日付
  33. ^ [1]
  34. ^ 中国東方航空、12月から上海/ブリスベンに通年便で就航 デイリー運航 Fly Team 2016年5月18日付
  35. ^ 中国東方航空、12月から上海・浦東/オークランド線に就航 Fly Team 2014年10月1日付
  36. ^ 中国東方航空、9月下旬から上海・浦東/オークランド線に就航 通年運航へ Fly Team 2015年4月17日付
  37. ^ 中国東方航空、函館/杭州線を欠航へ 5月21日から10月末まで FlyTeam 2016年4月25日付
  38. ^ [2]
  39. ^ 解读:东方航空购70架空客A320NEO飞机 总价63.7亿美元”. ifeng. ifeng. 2017年7月15日閲覧。
  40. ^ Bloomberg News (2016年4月28日). “China Eastern to Buy 20 Airbus A350 Jets, 15 Boeing 787s”. Bloomberg.com. 2016年5月7日閲覧。
  41. ^ “Industry News / Opinions - Shanghai Airlines 787-9” (英語). http://asklucky.onemileatatime.com/threads/shanghai-airlines-787-9.28349/ 2018年7月22日閲覧。 
  42. ^ 东方航空向波音购买80架B737系列飞机 总价约74亿美元”. ifeng. ifeng. 2017年7月1日閲覧。
  43. ^ Boeing, China Eastern Airlines Celebrate Delivery of Airline's First 777-300ER
  44. ^ “China's top airlines to buy ARJ21 jets from COMAC”. reuters.com. https://www.reuters.com/article/us-air-china-comac/chinas-top-airlines-to-buy-arj21-jets-from-comac-idUSKCN1VK139/ 2019年8月30日閲覧。 
  45. ^ China Eastern To operate Comac C919 on Shanghai-Beijing Route”. ATW Online. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  46. ^ 中国東方航空、A340-600の商用運航を終了 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年9月9日閲覧。
  47. ^ 中国東方航空、777-300ER 20機発注へ A340-600は全機売却” (日本語). Aviation Wire. 2019年9月9日閲覧。
  48. ^ ASN Aircraft accident Antonov 24RV B-3417 Shanghai-Hongqiao Airport (SHA)” (英語). Aviation Safety Network. 2018年1月19日閲覧。
  49. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-11 B-2171 Shemya, AK” (英語). Aviation Safety Network. 2018年1月20日閲覧。
  50. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-82 (MD-82) B-2103 Fuzhou Airport (FOC)” (英語). Aviation Safety Network. 2018年1月20日閲覧。
  51. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-11 B-2173 Shanghai-Hongqiao Airport (SHA)” (英語). Aviation Safety Network. 2018年1月20日閲覧。
  52. ^ 东航包头空难事故原因公布 12名责任人受处分
  53. ^ 中国東方航空、許可なく関空離陸 航空法違反の疑いで事情聴取 国交省MSN産経ニュース
  54. ^ 中国機が滑走路に誤進入 那覇空港日本経済新聞

外部リンク[編集]