ジンナー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンナー国際空港
قاۂد اعظم بین الاقوامی ہوائی اڈا
Jinnah International Airport
PK Karachi Airport asv2020-01.jpg
空から見た空港
空から見た空港
IATA: KHI - ICAO: OPKC
概要
国・地域  パキスタン・イスラム共和国
所在地 シンド州カラチ
母都市 カラチ
種類 公共
所有者 Civil Aviation Authority of Pakistan
運営者 Civil Aviation Authority of Pakistan
拠点航空会社 パキスタン国際航空
エアブルー
Shaheen Air International
標高 30 m (100 ft)
座標 北緯24度54分24秒 東経67度9分39秒 / 北緯24.90667度 東経67.16083度 / 24.90667; 67.16083座標: 北緯24度54分24秒 東経67度9分39秒 / 北緯24.90667度 東経67.16083度 / 24.90667; 67.16083
地図
パキスタン国内での空港位置
パキスタン国内での空港位置
KHI/OPKC
パキスタン国内での空港位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
07R/25L 3,400×46 コンクリート
07L/25R 3,200×46 コンクリート
統計(2011年)
旅客数 6,162,900
貨物取扱量 1,69,124
出典:DAFIF[1]より
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ジンナー国際空港(ジンナーこくさいくうこう、ウルドゥー語: قاۂد اعظم بین الاقوامی ہوائی اڈا‎、: Jinnah International Airport)は、パキスタン・イスラム共和国シンド州の州都カラチにある国際空港で、パキスタン国際航空の本拠地ハブ空港である。空港名は独立パキスタンの初代総督であるムハンマド・アリー・ジンナーから付けられた。

歴史[編集]

施設[編集]

空港ターミナルは二つのコンコースに分かれ、東コンコースが国際線用に、西コンコースが国内線用として使われる。

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線(東コンコース)[編集]

航空会社就航地
パキスタンの旗 パキスタン国際航空

中東 アブダビ国際空港アブダビ)、バーレーン国際空港バーレーン)、ドーハ国際空港ドーハ)、ドバイ国際空港ドバイ)、クウェート国際空港クウェート)、マディーナマスカット国際空港マスカット)、キング・ハーリド国際空港リヤド)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジッダ)、キング・ファハド国際空港ダンマーム)、ザーヘダーン英語版

アジア 北京首都国際空港北京市)、成田国際空港 (東京) (北京、イスラマバード経由) 、 インディラ・ガンディー国際空港デリー)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ)、シャージャラル国際空港ダッカ)、トリブバン国際空港カトマンズ)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール

アフリカ カイロ国際空港カイロ

ヨーロッパ バルセロナ・エル・プラット国際空港バルセロナ)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ)、ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、マンチェスター国際空港マンチェスター

北米 ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、トロント・ピアソン国際空港トロント

パキスタンの旗 エアブルー ドバイ国際空港(ドバイ)
パキスタンの旗 Shaheen Air キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジッダ)、キング・ファハド国際空港(ダンマーム)、ドバイ国際空港(ドバイ)
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ国際空港(ドバイ)
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ国際空港アブダビ
アラブ首長国連邦の旗 フライドバイ ドバイ国際空港(ドバイ)
アラブ首長国連邦の旗 エア・アラビア シャールジャ国際空港シャールジャ
エリトリアの旗 エリトリア航空 アスマラ国際空港アスマラ)、ドバイ国際空港(ドバイ)
バーレーンの旗 ガルフ・エア バーレーン国際空港(バーレーン)
イランの旗 イラン航空 メヘラーバード国際空港テヘラン
イラクの旗 イラク航空 季節運航バグダード国際空港バグダード)、バスラ国際空港バスラ
オマーンの旗 オマーン・エア マスカット国際空港(マスカット)
カタールの旗 カタール航空 ドーハ国際空港(ドーハ)
サウジアラビアの旗 サウジアラビア航空 キング・ファハド国際空港(ダンマーム)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジッダ)、マディーナ、キング・ハーリド国際空港(リヤド)
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ アタテュルク国際空港イスタンブール
スリランカの旗 スリランカ航空 バンダラナイケ国際空港コロンボ
バングラデシュの旗 ビーマン・バングラデシュ航空 シャージャラル国際空港(ダッカ)
タイ王国の旗 タイ国際航空 スワンナプーム国際空港バンコク)、マスカット国際空港(マスカット)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京首都国際空港(北京市)、成都双流国際空港成都市

国内線(西コンコース)[編集]

航空会社就航地
パキスタンの旗 パキスタン国際航空 イスラマバード国際空港イスラマバード)、バハーワルプール、Dalbandin、デラ・ガージ・カーン空港デラ・ガージ・カーン)、デーラー・イスマーイール・ハーン、Faisalabad、Gwadar、アッラーマ・イクバール国際空港ラホール)、Moenjodaro、ムルターン国際空港ムルターン)、Panjgur、バシャ・カーン国際空港ペシャワル)、クエッタ国際空港クエッタ)、ラヒームヤール・ハーン、Shaheed Benazirabad、Sialkot、サッカル英語版、Turbat、Zhob
パキスタンの旗 エアブルー イスラマバード国際空港(イスラマバード)、アッラーマ・イクバール国際空港(ラホール)、バシャ・カーン国際空港(ペシャワル)
パキスタンの旗 Shaheen Air イスラマバード国際空港(イスラマバード)、アッラーマ・イクバール国際空港(ラホール)、ムルターン国際空港(ムルターン)、バシャ・カーン国際空港(ペシャワル)

関連項目[編集]

事故[編集]

  • 現地時間2020年5月22日、ラホールから当空港に向かっていたパキスタン国際航空8303便(エアバスA320型機、機体番号:AP-BLD)が、当空港付近の住宅地に墜落した[2][3][4][5]。乗客99人と乗員9人の合計107人うち3名ほどの生存者がいたものの、97人が死亡した。また墜落現場となった住宅の一部が損壊し、周辺住民にも負傷者が発生、現場付近で救急隊などの賢明な救助活動を行う住民の様子をとらえるなど騒然とした。事故原因は「最初の着陸に失敗して滑走路に接触した後、高度を上げて再び着陸しようとしたが、そのまま墜落した」と生存者1名と話し、また無線の交信記録でエンジントラブルが発生したとあるが、現地の航空当局はさらに詳しい事故原因を調査する。なおパキスタン国内では、新型コロナウィルスの感染拡大防止のために空港を閉鎖していたが、5月16日より一部の便を再開したばかりの最中で事故が発生した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]